代替医療学会 The Society of Alternative Medicine from 1987

ヘリカル炭素、構造化微量要素、ホルミシスに関する特許・実施例を記載する。【キヤノン電子(株)酒巻久の支援に基づく】


テーマ:
風邪予防など健康の維持や増進に効果が期待される菌などを含む「機能性ヨーグルト」の販売が好調だ。乳業最大手の明治ホールディングス(HD)は今年度、年度ベースの売上高が初めて主力商品の牛乳を上回る見通し。少子高齢化で国内食品市場が縮小する中、消費者の健康志向の高まりを追い風に、乳業各社はさまざまな商品を売り出している。

 「きょうは内臓脂肪が減らせるタイプにしました。毎回いろいろ試しています」。東京都荒川区のスーパー、ライフ南千住店。近くに住む主婦(66)は、100グラム100円前後で売られている機能性ヨーグルトを品定めしていた。店頭には120種類以上が並び、担当者は「売り場の棚が足りない」と語る。

 機能性ヨーグルトは国の認証といった明確な定義はなく、メーカー側が「免疫力が高まる」など、通常のヨーグルトよりも期待できる効果をうたっているものを指す。確実に効くわけではないが、テレビ番組で「インフルエンザの予防につながった」などと紹介され、女性を中心に人気に火が付いた。

 明治HDの「プロビオ」シリーズは、痛風の一因とされるプリン体の吸収を抑える乳酸菌などを配合。2016年度の売上高は1080億円と5年前のほぼ3倍に達し、減少が続く牛乳(1041億円)を上回る見込み。00年ごろからいち早く投入し、11年度にヨーグルト全体(機能性以外も含む)の売上高が牛乳を逆転していた。

 業界2位の森永乳業も「ラクトフェリン」(母乳に含まれ免疫力を高めるたんぱく質を配合)が好調。16年度のヨーグルト全体の売上高は前年度比2%増の511億円と牛乳(6%減の585億円)に迫る見通し。

 3位の雪印メグミルクは、内臓脂肪を減らす効果を掲げる「ガセリ菌SP株 ドリンクタイプ」の16年度の売上高が前年度から倍増する見込み。7月には13億円を投じて生産設備を増強した。

 一方、牛乳は、15年の国民1人当たり消費量が23.7リットルと20年前から約3割減った(業界調べ)。少子化に加え、お茶などとの競合が要因とみられるが、各社にとって主力商品の一つであることに変わりない。明治HDは「のどごしをさわやかにするなど工夫を重ね、売り上げを伸ばしたい」としている。


http://www.msn.com/ja-jp/money/news/%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%80%A7%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%88%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%80%81%E6%98%8E%E6%B2%BB%E3%81%AF%E7%89%9B%E4%B9%B3%E4%B8%8A%E5%9B%9E%E3%82%8B%E8%A6%8B%E9%80%9A%E3%81%97/ar-BBw2y1M?li=BBgB3RV&ocid=spartanntp#page=2

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Reduction of Tumor Cells by Simultaneous Treatments with 7 methods****

1. Rn irradiation (Uranium 60 Kg) in Saitama City----Strong activity

2. Straightening body in Saitama City---Basic activity

3. Structured Micronutrients(10 ml/day)**-----Strong activity

4. Helical Carbon(65 mg/day)*-----Weak activity

5. β-ray irradiation----Weak activity

6. Far-Infra Red irradiation***-----Weak activity

7. Walking----Basic activity

 
US PAT**,  JPN PAT***, PAT PCT*The Award Winner of The Jpn Soc Chem. & The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.*

****Atopic dermatitis, Schizophrenia, Infertility, Ulcerative colitis, Lifestyle disease, Virus, Cancer


HC46

HC48

HC44

HC48

HC47

Helical Carbon
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★外科手術、抗癌剤、放射線療法、分子標的薬は対症療法です。
対症療法でなおるほど癌はあまくはありません。癌をなめてはいけません。最近話題の『免疫細胞療法』や『活性化自己リンパ球移入療法』も、対症療法です。対症療法ではたかがしれています。対症療法ではなく根本的治療方法を選ぶべきです。根本的治療方法でなければ、癌はなおりません。

癌患者やその親族は次のことを心がけるべきです。
1.○○大学病院信仰をやめること。
★○○大学病院や○立癌センターなら安心だろうなどという意味もない信仰を捨てること。特に国立がんセンター、癌研有明、聖路加国際病院に入院したら、絶対に死ぬということを肝にすえることです。
2.外科手術、抗癌剤、放射線療法などの3大療法で癌が治ったなどということはありえません。
3.抗癌剤が効くということと、癌がなおるということはまったく違う意味です。
4.癌で死んだ人間やその遺族の云う事には絶対に耳をかさないようにしましょう。
5.癌から生還した人の体験談などを繰り返し、見聞きして、頭にいれること。
6.確実に再発・転移をとめられる代替医療の専門家に診てもらうこと。
7.潰瘍性大腸炎も治せないヤブ医者に癌を治すことはできないということをはっきり認識すること。
8.場合により手術したり、時には抗癌剤を使ったりするような方針の定まらないいいかげんな医者は信用してはいけません
9.抗癌剤をつかってから、手術をするなどというようないきあたりばったりの治療をする医者は信用してはいけません

参考

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1083022315

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

代替医療学会 
http://blog.goo.ne.jp/alternative_medicine_soc
http://ameblo.jp/socbhe


ヘリカル炭素学会
http://blog.goo.ne.jp/helical_carbon_soc
http://ameblo.jp/helical-carbon


精神神経学会
http://blog.goo.ne.jp/psychiatry_neurology_soc
http://ameblo.jp/psychiatry-neurology-soc/


ホルミシス学会
http://blog.goo.ne.jp/hormesis_soc


構造化微量要素研究会 
http://blog.goo.ne.jp/str_micronutrients
http://ameblo.jp/str-mn

資料は、「構造化微量要素研究会参加」と明記の上、住所、氏名、電話番号を明記して、PCメールにて申し込みください(a1@eidaka.com)。、「構造化微量要素研究会参加」と期することによって何ら、責務、義務は発生しません。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
米中西部ミネソタ州の検視官事務所は2日、4月に57歳で急死した人気歌手プリンスさんの死因について、強力な鎮痛剤であるフェンタニルの過剰投与による中毒死と断定する報告書を公表した。同剤を自ら投与したことによる「不慮の死」と判断した。

 プリンスさんはミネアポリス郊外の自宅エレベーター内で遺体で発見された。米メディアは遺体と自宅から鎮痛薬が見つかったと報じていた。
 ハイヒールを履いて高い場所から飛び降りる公演中のパフォーマンスが原因で腰を痛め、数年前に手術を受けたとされる。鎮痛剤の投与量や期間は不明だが、スター・トリビューン紙(電子版)によると、死の前日、薬剤依存からの離脱症状を緩和してもらうため地元の医師を受診していた。


http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060300050&g=int

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
米カリフォルニア(California)州北部のサクラメント(Sacramento)一帯で、強力な鎮痛成分が混入した違法薬物がまん延し、この数週間で10人が死亡、数十人が過剰摂取の症状を呈したことが分かった。

 当局者らによると、一帯で症例がみられ始めたのは3月末。路上で購入し、処方薬の鎮痛剤ノルコ(Norco)と思い込んで服用した白い錠剤が、実はヘロインの50倍、モルヒネの100倍も強力な鎮痛作用を持つフェンタニルが混入した薬物だった。

 6日までに10人が死亡し、38人が過剰摂取に陥った。被害者は16歳から67歳に及ぶ。

 サクラメント郡保健福祉局の広報担当者ローラ・マッカスランド(Laura McCasland氏は、このような事態は初めてだと説明。被害者は服用から数分以内に気分が悪くなったと訴えており、中には意識を失ったり心停止に陥ったりした人もいたという。

 米疾病対策センターによると、米国では2014年に処方薬としての鎮痛剤やヘロインを含むオピオイドの過剰摂取による死者が2万8000人を超え、過去最多を記録した。1日平均78人が死亡している計算になる。(c)AFP/Jocelyne ZABLIT

http://www.afpbb.com/articles/-/3083377?utm_source=yahoo&utm_medium=news

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
枇杷構造水は、モルヒネに代わる副作用のない鎮痛剤として機能し、モルヒネ過剰投与による事故死を忌避できる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12日に急性呼吸不全のため82歳で亡くなった大橋巨泉さんの妻・寿々子さんが文書でコメントを発表した。

 コメント冒頭では、「本来は、私がインタビューをお受けするべきかとは存じますが、結婚以来47年、何処に行くのも、何をするのも一緒でという生活を重ねてきたので未だに心落ち着かず、皆様から優しい言葉をかけられると直ぐに涙で声が詰まりお話しできなくなります」と、今もなお、悲しみにうちひしがれている状況を説明し、文書での心境発表への理解を求めた。

 そして「どうぞ大橋巨泉の闘病生活に“アッパレ”をあげて下さい」とつづり、何度も病に侵されながらも頑張り抜いた夫へ賛辞を送った。

 文書の中では「もし、一つ愚痴をお許し頂ければ」と書かれた箇所があり、「先生から『最後に受けたモルヒネ系の鎮痛剤の過剰投与による影響も大きい』と伺いました。最後の在宅介護の痛み止めの誤投与が無ければと許せない気持ちでいっっぱいです」と、在宅介護中に起こった出来事に悔しさをにじませていた。


http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%E5%B7%A8%E6%B3%89%E3%81%95%E3%82%93%E5%A6%BB%E3%83%BB%E5%AF%BF%E3%80%85%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%8C%E7%97%9B%E3%81%BF%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%81%AE%E8%AA%A4%E6%8A%95%E4%B8%8E%E3%81%AA%E3%81%91%E3%82%8C%E3%81%B0%E2%80%A6%E3%80%8D%E8%A8%B1%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E5%BF%83%E5%A2%83%E5%90%90%E9%9C%B2/ar-BBuxsvx?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
科学者チームは17日、モルヒネと同等の鎮痛効果を持つが、副作用がないと考えられる合成薬剤を開発したと発表した。モルヒネなどのオピオイド系鎮痛薬は強い副作用があるため、非常に危険で中毒性が高いとされている。

 英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された研究論文によると、研究チームが用いたビッグデータの手法は、革新的な薬剤の開発に前途有望な道を開くものだという。

「数兆」に及ぶ候補のふるい分けによって同定されたこの新化合物は、マウスを用いた実験で、痛みの抑制作用を誘発する脳内の既知の分子経路を活性化した。

 だが、この化合物は、モルヒネや、オキシコドンやオキシコンチンなどの処方薬とは異なり、正常な呼吸を減速したり阻害したりする可能性のある第二の経路を活性化することはなかった。

 オピオイド類による呼吸の抑制により、米国だけで毎年約3万人の死者が発生している。米国では、オピオイドの使用と乱用がまん延のレベルにまで達している。

 また「PZM21」と命名されたこの新薬は、実験用マウスに依存性を形成しなかった。マウスはモルヒネや処方鎮痛薬に対して、人間と同様に容易に中毒になる。

 実験では、PZM21を投与される小部屋と、中性食塩水を投与される小部屋のどちらかをマウスが好む傾向はみられなかった。

 研究チームは、PZM21が「呼吸障害の明らかな排除を伴う、長く持続する無痛覚」をもたらすと総括した。

 さらに、この新化合物の3つ目の利点は、便秘を引き起こさないことだと、研究チームは指摘している。米国では、オピオイド類に起因する便秘症を緩和するための薬のコマーシャルがテレビで放映されている。

 アヘンとその誘導体は、痛みを和らげる(さらには多幸感をもたらす)ために4000年以上前から使われてきた。

 近代医療の時代になっても、アヘン原料のケシから抽出されるモルヒネは、手術後の回復のためや戦場などで、最適の鎮痛薬として今なお用いられている。


論文の主執筆者3人のうちの一人で、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(University of California, San Francisco)薬学部のブライアン・ショイシェット(Brian Shoichet)教授は「だが、これも危険であることは明白だ」と話す。

「標準的なオピオイド類に代わる、より安全性の高い鎮痛薬を探求する取り組みが数十年続けられている」

 こうした取り組みの大半では、副作用を取り除くために薬剤の化学構造に手を加えることが試みられてきた。

 ショイシェット教授と、米スタンフォード大学(Stanford University)、米ノースカロライナ大学(University of North Carolina)、独フリードリヒ・アレクサンダー大学(Friedrich-Alexander University)などの共同研究者らは、従来とは根本的に異なるアプローチを採用した。

■「完璧な薬」を目指して

 研究チームは、脳内にある「オピオイド受容体」に新たに着目した。この受容体は、活性化されると痛みの抑制作用を引き起こす化学反応を誘発する。

 錠を開ける鍵のように、受容体とうまく「ドッキング」できる分子だけが機能すると考えられる。

 だが、中毒や呼吸障害を回避するために、この同じ分子は、モルヒネがするような、望ましくない反応を誘発する2番目の受容体とのドッキングをしないようにしなければならない。

「薬剤発見の従来型のアプローチでは、化学物質の小さな箱の中に閉じ込められてしまう」とショイシェット教授は説明する。

「だが、対象とする受容体の構造を始点にすると、こうした制約をすべて取り払うことができる」

 研究チームは、コンピューターシミュレーションを用いて、市販の化合物300万種と、それぞれの化合物が取り得る100万パターンの立体配置について、受容体に最もよく合うのはどれかを調べる試験を行った。

 実験室内で数兆通りに及ぶ選択肢をくまなくチェックするには、膨大な費用と時間がかかると考えられる。


約2500の分子が、この試験を通過した。

 オピオイド類との類似性が高すぎる分子を除外すると、23個しか残らなかった。

 さらに詳細な分析の結果、「悪い」分子経路を誘発せずに「良い」分子経路を活性化する分子は、それらの中の1個だけであることが分かった。この場合にも、分子に対してさらなるカスタマイズ処理を実行する必要があった。

 カナダ・マギル大学(McGill University)精神医学部のブリジット・キフェル(Brigitte Kieffer)教授は、ネイチャー誌に掲載された解説記事で「コンピューターを用いた、構造に基づくふるい分けが、薬剤発見のペースを加速することはほぼ間違いない」と述べている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000038-jij_afp-int&p=1

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リオデジャネイロ五輪で行われた競泳競技では、米国のマイケル・フェルプスが自身が持つ五輪金メダルの最多獲得記録をさらに伸ばすと同時に、肩に赤くて丸い奇妙なあざがある状態でレースに臨み、注目を集めた。

 このあざは、中国伝統の「カッピング(吸玉)療法」によるものだ。中国語で「抜罐(ばっかん)」と呼ばれるこの治療法は、熱した小さなガラス瓶を肌に置き、その熱によって皮膚を瓶の内側に3センチほど吸い込ませて患部に血を集めるもので、主に痛み軽減効果があるとされている。

 熱したガラス瓶の代わりに、吸引カップが用いられることもある。インスタグラムの公式アカウントの投稿によると、フェルプスが受けているのは後者の方式のようだ。

 中国では、以前から年齢・性別を問わずカッピング療法が浸透していたが、フェルプスがこのあざのある体を披露して以来、その人気は急上昇している。北京のエステティックサロン経営者によると、五輪開幕後、カッピングを受けに訪れた客は3割増えたという。

 中国メディアは、カッピング療法が五輪選手にも利用されたことで、中国伝統文化の価値が証明されたと絶賛。国営新華社通信と中国共産党の機関紙・人民日報はともに、カッピングのソフトパワーがもたらす恩恵をほめちぎる記事を掲載した。

 しかし、カッピングに何らかの効能があることを示す決定的な証拠はほとんどない。過去に行われた複数の研究では、患者がカッピング治療により痛みが和らいだと語っているものの、プラシーボ(偽薬)効果による思い込みの可能性が排除できないため、実際に因果関係があるかどうかは分からないとの結論が出されている。

 これまでカッピングの臨床試験実施例は比較的少なく、中国以外の国々では主に代替医療を手掛ける施設で提供されるにとどまっている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3097276

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。