代替医療学会 The Society of Alternative Medicine from 1987

ヘリカル炭素、構造化微量要素、ホルミシスに関する特許・実施例を記載する。【キヤノン電子(株)酒巻久の支援に基づく】


テーマ:
4年越しの議論の末、薬の費用対効果を検証する取り組みが、そろりと始まった。中央社会保険医療協議会(中医協)の専門部会が27日、対象の薬を決めた。

 委員の前で事務方が読み上げたのは、C型慢性肝炎の治療薬「ソバルディ」とその類似薬、再発乳がんの治療薬「カドサイラ」、そして1人当たり年間3500万円かかるといわれる小細胞肺がんの治療薬「オプジーボ」など計7品目。会議は30分程度で終了した。

 命の話にコストを持ち込むことへの抵抗感からか、予定より2年遅れた「費用対効果」の導入。国が踏み切ったのは、次々に高額な新薬が登場し財政負担が増す中で、その価格は本当に効果に見合うか-という疑問が生じているからだ。

 薬に保険が適用され価格が決まる際には、患者の状態がどう改善し、寿命がどれだけ伸びるかという「効果」は反映されていない。

 値付けが透明性に欠けるという指摘もある。画期的な新薬では開発費が値付けの元になるが、ある官僚は「企業側の情報に依存せざるを得ず、グレーなところがある」と漏らす。

    × × ×

 費用対効果の分析は、既存薬と比較しながら、まずメーカーが行う。そのデータの再分析を経て、新たに発足する国の専門組織が評価を行う。


「1人が健康な状態で過ごす1年」を「1QALY(クオリー)」とし、それにかかる追加の費用が高ければ、費用対効果が「悪い」、安ければ「良い」とする手法が使われそうだ。問題はその境目。世界保健機関(WHO)は「1人当たり国内総生産(GDP)の1~3倍(日本では約380万~1140万円)程度」を目安に示し、日本の研究では「500万~600万円程度」との試算もある。

 「つきつめれば、1人の患者を1年生存させるのに、国民がどこまで負担できるのかというドライな話だが、議論自体が分かりにくい」。全国がん患者団体連合会の天野慎介理事長が指摘するように、患者側には導入に強い懸念がある。

 「費用対効果」で薬価引き下げのみが注目されることへの警戒感もある。「感冒薬を出し過ぎではないかとか、命にかかわる疾患では患者負担を軽減し、そうでないものは増やすべきではないか、といった本質的な議論が見えにくくなる」(天野氏)。

    × × ×

 世界で「費用対効果」をいち早く始めたのは、国内に大きな製薬会社のない豪州やカナダだ。そのカナダの抗がん剤審査機関は4月、「オプジーボ」の非小細胞肺がんに対する費用対効果評価を発表した。

 既存の治療薬「ドセタキセル」に比べて、「患者に利益をもたらすのは確かだが、費用対効果の良い選択肢とはいえない」とし、投与期間が不明なことや適応患者数の多さを挙げて、「財政的な影響や費用負担の観点から、価格は下げるべきである」と結論付けた。助言を踏まえ、カナダ各州は、企業と価格の引き下げ交渉を行う。


「日本の分析が、カナダと同じ結果になるとはかぎらない」と医学関係者。患者が働けなくなる損失や、家族が介護する社会的コストをどう見るか。若い人と高齢者の1年は同じ価値か。終末に近い1年とそうでない1年は同じ重みか…前提条件や価値観は、国によって異なるからだ。

 国際医療福祉大学の池田俊也教授は「評価には、社会的、倫理的な優先順位も含まれる。だからこそ、こうしたことを国民が議論しておくことが非常に重要だ」と指摘する。

 それでも課題は残る。「費用対効果が良い」ことと「買えるかどうか」はまた別物だ。値段も効果も高い「夢の新薬」が現れたとき、それを皆保険でまかなえるかどうかは、国民の選択にかかっている。高齢化で公的保険や財政に限りがある中で、何を選び何を捨てるか。その議論なしに夢の新薬は手に入らない。


http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/160430/lif16043017000014-n3.html

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

代替医療学会 
http://blog.goo.ne.jp/alternative_medicine_soc
http://ameblo.jp/socbhe


ヘリカル炭素学会
http://blog.goo.ne.jp/helical_carbon_soc
http://ameblo.jp/helical-carbon


精神神経学会
http://blog.goo.ne.jp/psychiatry_neurology_soc
http://ameblo.jp/psychiatry-neurology-soc/


ホルミシス学会
http://blog.goo.ne.jp/hormesis_soc


構造化微量要素研究会 
http://blog.goo.ne.jp/str_micronutrients
http://ameblo.jp/str-mn
AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「水素水」の宣伝はニセ科学

最近、目につくようになった「水素水」。大手飲料メーカーも参入している。検索すると、ガン治療に役立つ、ダイエットにいい、といったいかにも健康に効果がありそうな言葉を掲げる商品もある。その商品に、期待されるような効果が本当にあるだろうか。科学者が、水素水ビジネスに疑問の声をあげている。【石戸諭 / BuzzFeed Japan】

水にまつわるニセ科学研究の第一人者、山形大学の天羽優子准教授が運営する「水商売ウォッチング」は必見のサイトだ。

天羽さんは水素水を巡る宣伝を「ニセ科学」と断じる。具体的な臨床実験に基づき、効果を喧伝すべきなのに、肝心のデータがないと指摘する。

「臨床試験で結果を出す前に、健康にいいとか影響を及ぼす、という具体性を欠いた宣伝で水素水を薦めるのは、ニセ科学の主張ということになる」

明治大・石川幹人教授は「活性水素水」「電解還元水」について健康言説を検証している。

果たして、効果を裏付けるエビデンスはあるのか。

石川さんの結論は「疑似科学」(ニセ科学)だ。

「活性水素水言説では、抗酸化作用を健康効果における“大動脈“として用いているが、しかし本当にその抗酸化作用がヒトに対して効果があるのか、といったことにたいする根拠あるデータはない」

「電解還元水が特定の疾患に対して明確な効果があったという信頼できる研究は見当たらない」

「現在の活性水素水言説(電解還元水言説の一部)には行き過ぎたものもあり、商業的な側面の強すぎるものとなってしまっている。具体的な疾患への効果などは『まだよくわからない』とするのが妥当」

コメント欄では、さらに深掘りした議論が続いている。

ニセ科学ウォッチャーも発言

ニセ科学問題に詳しい、大阪大の菊池誠教授は自身のツイッターで繰り返し、注意を呼びかける。

「水素水について、メーカーや研究者が消費者に「健康によさそう」という印象を与えようとしているけど、今の時点での位置づけは「ただの水」です。どんな印象を受けようと、あれはただの水。水道水でも一緒。あとはただの水にいくら払いたいかという問題ですね。払いたい人が払うのは自由なので」

「水素水の効果を調べるために、さまざまな症状についてかたっぱしから臨床試験をしたところ、ひとつの症状について統計的に有意な効果が見られたとして、それをどう解釈するべきでしょう」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00010000-bfj-soci

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ数年、スーパーなどでも見かけることが増えた「水素水」。中には普通のミネラルウオーターの3倍以上の値段で売られているものもある。医薬品ではないので効果・効能の表示はできないが、何らかの健康効果を期待して購入する人が多いようだ。実は「水素水」は、かつて別の名前で売られていた。なぜ今、水素が注目されているのだろうか。(平沢裕子)

 現在の水素ブームは、平成19年に日本医科大の太田成男教授(細胞生物学)の研究チームが「水素ガスが有害な活性酸素を効率よく除去する」とする論文を「ネイチャー・メディシン」(電子版)に発表したことがきっかけとされる。

 活性酸素は、細胞や遺伝子を傷付け、がんや多くの生活習慣病を引き起こす元凶とされるだけに、ラットでの研究とはいえ、水素ガスの効能に注目が集まった。この論文の発表が報じられて以降、水素ガスを発生させて水素水を作る機器や水素を含むサプリメント、化粧品など水素をうたった商品が次々と登場した。

 このうち、最もよく見かける水素水は、水素ガスが溶け込んだ水のこと。ネット通販やコンビニなどで水素水を販売する飲料メーカーは「水素は健康で話題の素材。今のところ効果は分からないが、人への研究がいろいろ進んでおり、素材としての価値が高い」と説明、売り上げも好調という。

 水素水は医薬品ではないので、商品の宣伝として健康や美容への効果をうたうことはできない。だが、ネット上には「がんが好転した」「ダイエットにいい」「うがいをすると口臭予防になる」など、一般論として水素水にさまざまな美容・健康効果があることをうたったサイトが多数存在する。

 こうした中、明治大情報コミュニケーション学部の石川幹人教授は、水素水(活性水素水、電解還元水)に一般に言われるような美容や健康への効果があるかを評定。「疑似科学である」と結論付け、運営するサイト「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」に1月、公表した。疑似科学は「ニセ科学」とも呼ばれ、科学的表現で科学を装っているが、とても科学とは呼べないものを指す。

 『なぜ疑似科学が社会を動かすのか』(PHP新書)の著書もある石川教授は、「今話題の水素水の多くは、電解還元水のことで、かつてアルカリイオン水と呼ばれたもの」と指摘。水素水の評定をしたことについて、「キャッチーな『水素』という言葉をつけることで、売り上げを回復しようという意図が見えたから」と説明する。

 アルカリイオン水は、アルカリ性の電解水のこと。一般的な水は、水素と酸素からできており、それを電気分解すると、酸素を多く含んだ水「電解酸性水」は陽極側に、水素を多く含んだ水「電解水素水」は陰極側に生成される。この陰極側に生成された電解水素水は、以前は「アルカリイオン水」と呼ばれることが多かったが、今は「水素水」といわれているわけだ。

 つまり、中身は変わらないのに、一時期を経て、同じ「水」が名前を変えて売られ、あたかも新しい「水」として注目されているのが実情だ。

 アルカリイオン水は、「体内を弱アルカリ性に変え、消化不良や慢性下痢、アトピー性皮膚炎に効果がある」などとされ、健康ブームに乗って、平成4年ごろから生成器が、15年ごろからボトル詰めの水が、それぞれ急激に売り上げを伸ばし、一時は数百億円の市場規模となった。今でもアルカリイオン水の生成器は市販されているが、水素水の勢いに押され気味だ。

 また、水素水の中には、水を電気分解するのでなく、濃度の高い水素水を水に溶け込ませるタイプもある。こちらの場合は、アルカリイオン水とは区別される。

 市販の水素水について、日本学術会議の副会長時代にホメオパシーなどの疑似科学問題を扱ったことがある東京大の唐木英明名誉教授(薬学、獣医学)は「高濃度の水素といっているが、それでも水素濃度が低過ぎる。飲んだ水素は胃の中で消えてしまうだろう。仮に、水素が血流に乗って体の組織に到達したとして、それがどのような作用を発揮して疾病治療につながるかの説明がない」とし、「水素には何かの効果があるかもしれない。しかし、市販の水素水に効果があるかと言われれば、ゼロだろう」と手厳しい。

 「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」の評定も、「ヒトへの健康効果についての具体的な研究成果と呼べるものはないといってよい」「仮にヒトに対しての抗酸化作用があったとしても、そこから健康効果に結びつけるためにはまだいくつもの段階を経る必要があり、仮説検証を繰り返し行わなければならない。具体的な疾患への効果などは『まだよく分からない』とするのが妥当」としている。

 石川教授は「水素の健康効果はいろいろな研究が行われているというが、結果はまだ出ていない。研究途上のものは、場合によっては効果がないだけでなく、有害という結果が出る恐れもある。一般市民に向けて利用を促してはいけないと科学的に判断すべきだ」と話している。

 国民生活センターは今年3月、水素水生成器による活性酸素の抑制機能は、必ずしも体内の活性酸素の量を減らすといった健康面への効果を示すものではないとして、消費者に対し「買う際は慎重に判断して」と注意を促した。同時に、「水道水に含まれる活性酸素の量を抑制する」とうたって水素水生成器を販売する2事業者に対して、水の活性酸素の量を抑制するとどんな効果があるのかを明確に記載するよう要望した。2事業者は同センターに対し、効果については明らかにせず、「法律遵守を徹底していきたい」と回答した。

 また消費者庁は今年3月、「がんに効く」などとうたって水素水を販売した事業者に対して、商品の効能に関する不実告知(実際は認められていないのに告知すること)などを理由に一部業務停止命令を出した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160514-00000526-san-life

 

<加湿器殺菌剤事件>“オキシーに有利な報告書”ソウル大教授に拘束令状請求=韓国検察

「加湿器殺菌剤」の有害性研究結果を操作してオキシーに有利な報告書を作成した疑いを受けているソウル大学獣医科大のチョ某教授(57)に対し、拘束令状を請求した。

 ソウル中央地検の加湿器殺菌剤被害者事件特別捜査チームは6日、オキシー・レキット・ベンキーザー」(現RBコリア)側に有利な報告書を作成した疑いを受けているチョ教授に対して証拠偽造、収賄後不正な措置などの容疑で拘束令状を請求したと明かした。

 先立って検察は去る4日、チョ教授の研究室や住居などを家宅捜査していた中、チョ教授を緊急逮捕した。検察はこの日、同様の疑いを受けている湖西大学のユ某教授の研究室や住居なども家宅捜査した。

 チョ教授とユ教授は2億ウォン(約1800万円)以上の雇用費を受け取りオキシー側に「加湿器殺菌剤と肺損傷の因果関係が明白ではない」という内容が込められた研究報告書を提出したという疑いを受けている。

 検察は彼らがオキシーと共謀して加湿器殺菌剤の有害性研究結果を操作したものと疑っている。オキシーは2011年11月、疾病管理本部が「加湿器殺菌剤は人体に有害だ」と発表すると、これに反論するためにソウル大と湖西大に実験を依頼した。

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2016/0506/10165638.html

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ワシントン州シアトルを本拠とするバイオ企業BioViva USAのCEO、エリザベス・パリッシュは、同社が開発した「若返り」のための遺伝子治療を自身の体でテストしたところ、細胞が20歳若返ったと主張している。

取材に応えるパリッシュCEO、動画はこちら

パリッシュCEOは現在45歳で、サイエンス分野での正規の教育は受けていない。彼女はこの実験的な治療を、2015年9月にコロンビアのクリニックで受けたという(詳細は未公表)。こうした型破りな臨床試験が海外で行われた背景には、米国の規制を回避するという目的があったが、この臨床試験の強行により、BioViva USAの科学顧問の1人が辞職している。

BioViva USAの科学諮問委員を務めていたが辞職したワシントン大学名誉教授のジョージ・マーティンは『MIT Technology Review』誌で、「これは大きな問題であり、このような事態に大きな憤りを感じています。わたしは非臨床試験(動物実験)を繰り返し行うよう強く求めてきました」と語っている。

臨床試験の詳細は明らかにされていないが、パリッシュCEOの説明では、治療の一環として、遺伝子組み換えウイルスの静脈内注射が行われたという。このウイルスによって、「テロメラーゼ」と呼ばれる酵素を生成する遺伝物質が細胞に運ばれたようだ。

テロメラーゼは、人体の細胞における「テロメア」と呼ばれる部分の長さを伸ばす。テロメアとは、染色体の末端で、DNAの「保護キャップ」的な役割を果たす部分だ。テロメアは細胞の老化とともに自然にすり減ってゆくが、テロメラーゼの投与によってそれを保護しようとする手法だ。

スペインの研究グループが2012年に行ったマウス実験から、同様の手法によりマウスの寿命は20パーセントも延びうることがわかっている。

パリッシュCEOは、3月に行われた血液検査の結果(ピアレヴュー科学誌には発表されていない)により、彼女の白血球のテロメアは6.71から7.33キロベース(kb)に伸びていることが明らかになったと主張している(同CEOは今回の治療を受ける以前の2015年9月に同じ検査を受けており、年齢の割にテロメアが異常に短い[6.71kb]ため、人生の早期に加齢性疾患にかかるリスクが高いことがわかっていた)。このテロメアの数値差は、20歳分の細胞年齢差に等しいと同CEOは推定する。

しかし科学者たちは、いくつかの理由から、これら一連の結果と主張に懐疑的な見方をしている。

まず、科学者たちは健康とテロメアの長さのあいだになんらかの関係は見出しているが、その一方で、短くなったテロメアが実際に健康問題を引き起こすのか、あるいは、それが単なる老化によるものなのかは明らかになっていない。

次に、おそらくより重要なのが、テロメアの長さと健康の明確なつながりが判明していないということだ。たとえば、心血管疾患は短めのテロメアと関連しているが、がんは長めのテロメアと関連しているのだ。

「一般集団において、相対的に短いテロメアは悪く、相対的に長いテロメアは良いという考え方はナンセンスだ」とラトガース大学でテロメアを研究するエイブラハム・アヴィヴ教授は『The Scientist』の取材にメールで回答している。

最後に、今回報告されたテロメアの数値差、つまり9パーセントという伸び率は、大半のテロメア長測定において標準誤差の範囲内に収まるという点も理由としてあげられる。

それでも、パリッシュCEOはこの遺伝子治療により若返りが実現すると確信している。同CEOは現在、さらなる臨床試験の実施を許可してくれる規制当局とのパートナーシップを諸外国に求めている。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160508-00010000-wired-sctch

いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■抗生物質やレーザーとは違う! 新しい殺菌システム
成人の80%が患うといわれる歯周病。一般的に歯周病治療としては歯石取りなどが行われますが、歯周ポケット内には、機械的に取り除かききれない細菌などが存在していることも多くあります。

これらを普通の消毒薬で殺菌しようとすると、薬剤が触れた関係のない部分にまで薬の効果が働いてしまいます。消毒効果の高い薬を使うと、細菌だけでなく健康な組織にもダメージを与えてしまうことがあるのです。今海外で行われている「光殺菌療法」は、専用の薬剤と、光をあてる照射器の2つをセットで使用し、細菌のみを選択的に殺菌できる治療法です。

光殺菌療法で使用する薬剤は、組織や細菌につけただけでは消毒効果はありません。薬剤に含まれる染色剤が細菌のみに働きかけ、光が照射された時に初めて反応が起こり、活性酸素が発生して細菌を破壊するというシステムです。細菌が原因で起こる歯ぐきや顎の骨などを溶かす原因物質なども破壊することができるため、歯ぐきや骨が減少するのを止める効果もあります。これらの反応は細菌のみに起こり、健康な組織などは影響を受けません。

歯周ポケット内に残っている細菌を炎症が起きないレベルの量になるようコントロールしたり、増えすぎた細菌を少しでも減少させたりすることに役立ちます。さらにインプラント周囲炎やメンテナンス時に利用することもできます。歯周病の場合には歯石取りなどを行った後の歯ぐきに利用するとより良い効果が発揮されるようです。

これまでのレーザー治療や抗生物質を利用した治療と違ったアプローチで細菌を死滅させる画期的なシステムと言えそうです。

■光殺菌療法のメリット・デメリット
それではこの最新の治療法のメリット、デメリットはなんでしょうか?

●メリット
・副作用がない
消毒薬や抗生物質ではなく、光からのエネルギー利用するため、副作用がないと言われています。

・連用しても耐性菌が作られない
抗生物質ではないため、効果が発揮されるのは瞬時で、時間がかかりません。そして、たとえ繰り返しの使用になったとしても、耐性菌が作られる心配がありません。さらに抗生物質による耐性菌も破壊することができます。

・簡単で痛みが出にくい
歯周ポケットに薬剤を入れて1分程度の光をあてるだけなので、簡単で刺激が最小限ですみます。

・歯周病だけでなく虫歯などの細菌にも効果がある
難治性の根の治療や、インプラント周囲炎、大きな虫歯の治療時など、口の中の細菌が原因する部分にはほとんど使えます。

・余分なダメージを与えない
同じ光でも高出力のレーザーのような高エネルギーは発生しないため、歯ぐきや歯の内部の神経などの温度上昇が起こらないため、健康な部分には、ダメージを与えません。

●デメリット
・薬剤が触れないと効果がない
抗生物質のように血液中に溶け込んで全身くまなく細菌をやっつけるような働きはありません。細菌に薬剤が触れなければ、光を当てても何も起こません。

・光が届かないと効果がない
薬剤は光が届いて初めて活性化して細菌を破壊します。そのため必要な場所に必要なだけ光が届くように専用のチップが用意されています。

・保険適応ではない
最先端の治療のため、保険が適応されません。

■通常の治療のオプションとして使うのがベスト?
例えば歯周病であれば、毎日のしっかりしたブラッシングと機械的な歯石の除去。虫歯治療であれば、虫歯に感染した部分を機械的に取り除くことが治療の基本になります。光殺菌療法はこれらの基本治療にプラスして利用するスタンスになると思います。

特に有効だと思われるのは、難治性の歯周病やインプラントの周囲炎など、取り除くことが困難な細菌コントロールです。どうしても機械的に取り除くことができない歯周病菌などの影響で、ときどき腫れたりすることはよくあります。この時、腫れと同時に顎の骨も溶かされるスピードが増加してしまうため、短時間で細菌量を減少させることは骨が溶けることを減らす効果が期待できます。

現在は、機材や薬剤を海外から輸入して使用しなくてはならない治療法ですが、おおむね1本あたり1000~5000円程度で治療を受けることができるようです。保険が適用されない新しい治療の割には、それほど高額ではない治療費ともいえますので、歯周病で悩まれている方は検討してみるのもよいかもしれません。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160505-00000006-nallabout-hlth

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
若々しく年を重ねる人がいる理由を、優良遺伝子で説明できることは誰でも知っているが、このたび発見されたのは、実際の年齢より約2歳老けて見える原因となり得る遺伝子変異だ。研究結果が28日、米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に発表された。

 研究論文によると、問題とされたのは遺伝子「MC1R」。この遺伝子は、赤毛や白い肌の発生に関与することが、すでに科学的に解明されているが、今回の研究では、人を実際より早く老けさせると思われる変異が特定された。

 オランダ・エラスムスMC大学医学センター(Erasmus MC University Medical Center)の研究者、マンフレート・カイザー(Manfred Kayser)氏は「実年齢より老けて見える人もいれば、若く見える人もいる理由を部分的に説明する遺伝子を、世界で初めて発見した」と話す。

 見た目の年齢については、個人の遺伝的要因と環境的要因とが同等に関与していることが、これまでの研究で判明していた。また、何歳に見えるかは、その人の実際の健康状態と若死にするリスクに関連している可能性があるため、重要な特性であることが、別の研究で示唆されている。

 今回の研究では、オランダの高齢者2600人あまりのゲノム(全遺伝情報)を対象に「顔のデジタル画像から推定される顔の見かけの年齢としわの差異に関連するDNA変異」がないかが調べられた。その結果、「顔の見かけの年齢に関して最も強い関連性が認められたのが、MC1R遺伝子のDNA変異だった」のだという。

 研究チームによると、欧州で行われた別の2つの大型研究でも、今回の結果を検証することができたと述べている。

 MC1R遺伝子変異の影響は、年齢、性別、肌の色、日焼けによる損傷などに左右されなかった。

 またMC1Rは、炎症とDNA損傷の修復に関与することが知られており、これらのプロセスは、人がどれほど若く見えるかに影響を及ぼす可能性があると、研究チームは指摘している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00000018-jij_afp-int
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Reduction of Tumor Cells by Simultaneous Treatments with 7 methods****

1. Rn irradiation (Uranium 60 Kg) in Saitama City----Strong activity

2. Straightening body in Saitama City---Basic activity

3. Structured Micronutrients(10 ml/day)**-----Strong activity

4. Helical Carbon(65 mg/day)*-----Weak activity

5. β-ray irradiation----Weak activity

6. Far-Infra Red irradiation***-----Weak activity

7. Walking----Basic activity

 
US PAT**,  JPN PAT***, PAT PCT*The Award Winner of The Jpn Soc Chem. & The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.*

****Atopic dermatitis, Schizophrenia, Infertility, Ulcerative colitis, Lifestyle disease, Virus, Cancer


HC46

HC48

HC44

HC48

HC47

Helical Carbon
いいね!(69)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"乱用しなければ問題ない" 解明にも解消できず
芳香剤・殺虫剤など工産品は監督の死角地帯


(注意)この記事の内容は韓国に関するものです。


月齢13ヶ月になる息子を持つ主婦ナ・ジンジュ(35・ソウル、城北区(ソンブクク)、貞陵洞(チョンヌンドン))氏は加湿器用殺菌剤をまだ捨てていない。彼女は「販売会社の前に持って行って示威でもするつもり」としつつ「誰も謝罪の一言もしないのを見れば腹が立つ」と語った。さらにこの頃は手消毒剤の安全性についてもより一層気になる。2年前に妊産婦と幼児を恐怖に追い詰めた新型インフルエンザのせいで坑菌手消毒剤をしばしば使っているためだ。彼女は「政府が手消毒剤に入っている化学物質をまともに管理していないようで不安だ」と話した。
 

去る4~5月、妊産婦ら9人の命を奪った‘原因未詳肺損傷’の原因が加湿器用殺菌剤であることが確認され、主婦たちの間でウェットティッシュ・手消毒剤・脱臭剤・芳香剤などの生活用品に対する不安感が大きくなっている。皮膚に触れたり呼吸器から吸入された時に健康に有害だという漠然とした恐怖感のためだ。


食品医薬品安全庁のある関係者は14日 「個別生活用品が安全性が確実でないため現時点では話すことが難しい」としつつも「ウェットティッシュや手消毒剤の場合、決められた使用法と容量を守るならば別に問題はないと見る」と話した。


しかし、トイレや自動車の中など密閉された空間で噴射型芳香剤などを使用する時はより注意しなければならないという指摘が出ている。換気が良くない空間では有害物質を吸入する可能性が高まるためだ。昨年、女性環境連帯と緑色病院労働環境健康研究所が11種製品の芳香剤を分析した結果、すべての製品から毒性物質のフタレートが検出された。女性環境連帯コ・クムスク チーム長は「芳香製品にフタレートが多く含まれている」として「芳香剤は生活の中から減らすことができるので可能な限り避けた方が良い」と話した。


保健福祉部が去る11日に回収命令を下した加湿器殺菌剤の主成分である‘ポリヘキサメチレングアニジン ホスフェート’と‘オリゴ エトクシエチル グアニディウム クロライド’はかび除去剤と食器洗浄剤に主に含まれる物質だ。問題はこの成分が呼吸器を通じて肺に入ると肺疾患を起こすとは誰も思わないという点だ。


したがって吸入が可能な製品の毒性有無に対してはより一層徹底して点検し、使う時にも注意しなければならないと専門家たちは助言する。特に市中で販売されている芳香剤は大部分が‘医薬品’でも‘医薬外品’でもなく、‘工産品’に分類されており管理・監督の死角地帯に置かれている。


イム・ジョンハン仁荷(インハ)大病院産業医学科教授は「手消毒剤やウェットティッシュは用途に合うように乱用しない範囲で使えば大きな問はがない」としつつも「安全性検討が十分になされていない噴射型芳香剤や防虫・殺菌スプレーなどは肺の中に深々と浸透し吸入毒性を誘発する可能性がある」と話した。福祉部関係者は「今後、生活用品安全管理の不備点を補完していく計画」と明らかにした。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/9727.html

いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。