• 18 Apr
    • そのⅤ こんな悲しい蕎麦屋があるのか・・

      気になって夜も寝れなくなりました・・あの蕎麦屋 屋号もないし暖簾もなにもないし・・ 本当は蕎麦屋ではないかもしれない・・ 勝手に蕎麦屋だと思い込んでいるかもしれない!! しかし、気になる・・・   その気になるあの蕎麦屋?に又行ってきました。 薄暗い店に誰もいません・・・ 一人座って暫く待っていると親父さんは蕎麦が食べたくなってまた来んか って言うかのようににこりともせず皿を置いていきました。   でもこの蕎麦は旨い どこよりも旨い・・  

      1
      テーマ:
  • 13 Feb
    • こんな悲しい蕎麦屋があるのか そのⅣ

      この親父は蕎麦を出すと 又奥に行ってしまいました。 何も言わず 笑顔も当然ありません・・ 二度と厨房から出て来ないのです。   食べ終わると問題は一枚の蕎麦のお代をいかにして払うのか?ですが・・。 五百円札と千円札が何枚かあるその箱に、先客が言っていたあの箱に・・・   一枚の蕎麦になにがしかの代金を・・・払わなきゃと思い 千円札を入れて帰ることにしました。   ごちそうさまでした・・・小声で言ってその場を去りました。   暖簾はもとより屋号も表札もなにもない蕎麦屋 ただ黙って座っていると絶品の蕎麦が出てくる・・・   確かにどこよりも旨い 味と香り・・あのむせぶような感じは明日にでも又行きたくなる     軒先にあった赤い実をつけた山査子の花が・・・ 何も言わない、親父のせめてもの心づかいのように思えた・・・   続く    

      2
      テーマ:
  • 06 Feb
    • こんな悲しい蕎麦屋があるのか・・そのⅢ

      近づいて来たその親父に恐る恐る蕎麦ありますかって聞きました・・ その親父は首を縦に振り 奥にある釜場に戻って行きました。   しばらくして その親父は悲しげな表情をしながら器に盛り付けてある盛り蕎麦を 両手を添えて持ってきました・・・  そばつゆがない・・ (食べ終わるころにつゆを持って来てくれましたが・・・)   何かに耐えながら蕎麦を練り・打ち・切りでもしているような・・・親父の 顔とは違い  この蕎麦は何と・・・美しいエッジのきいた、切り揃え ほんの少々の水気だで十分な美味しさを感じさせてくれるのではないか・・   数本の蕎麦を食べてみる  口の中一杯にふわっと香りが立ち 間違いない美味しさを感じる ・・ 蕎麦なんて所詮ほかの食べ物と比べると無味無臭に近いもの 口に入れたその瞬間に研ぎ澄まされた感覚でしか味わえないもの・・   薬味とかワサビの香りで蕎麦を食べるんじゃない!! ここの親父はそう言いたそうな・・ 何もつけずに そのままで食べてみてくれと言われているような気がして しばらく何もつけずに食べていました。   旨い!!旨い!!   旨いは美味い(うまい)より奥の深いうまいか?? 問題は次に・・・・   続く                                

      2
      テーマ:
  • 03 Feb
    • こんな蕎麦屋があるのか・・・そのⅡ

      奥にあるあの箱って・・・なんだろう? 恐る恐る覗き込むと五百円が四枚 千円札が一枚   先客らしき人がお会計お願いしますって言ってます・・ 眼光鋭い親父は黙ってなにも言いませんでした。 困った先客は仕方なく箱を覗き込み なにがしかのお金を箱に入れ 逃げるように店を 後にしました・・・   わたしは 暫く黙って座っていました。 何をどうしていいのかわかりせん・・・ 入るのじゃなかったと後悔も・・   いくら待っても注文なんか取りに来ません・・・ 子供だったら泣き出すような暗い土間でわたしは 周りをキョロキョロしましたが土壁しかありません。   落ち着かないこの空気感は一体何なんだ・・・ 入った後悔と誰もいなくなった空間で一人ある種恐怖感さえ 憶える中・・・   眼光鋭いその親父が近づいてきました・・・   続く        

      1
      テーマ:
  • 01 Feb
    • こんな蕎麦屋があるのか その1

      あの日、私はとある街を歩いていました・・随分長い間歩いて疲れて・・疲れて・・お腹もすいたので何か食べたいけど・・お店はなかなか見つかりませんでした・・・・・・・・道行く人に尋ねたら、そこに蕎麦屋?か何かあるようですよ、指差しされたそこには何かを予感させてくれそうなお店らしきものも何もありません・・ 暫くすると一枚ガラスの開き戸から一人お客らしき人が出てきました・・覗いてみると屋号はもとより、暖簾も何もありませんが・・勇気を出して奥の黒い影の人物らしき人に  いいですか? 問い、黒いテーブルが三つある土間に入りました・・ ても、その人は睨んだまま、何も答えてくれません。先客らしき夫婦がヒソヒソと話をしています、あの箱・・・あの箱・・・と言っています??何のことなのか? 続く   

      2
      1
      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。