充実した自身の時間

仕事の効率をあげるには、自身のパフォーマンスを上げる必要がある。

 

そのためには、「自分自身にあった充実した時間」がとても大切である。

 

 

あくまでも、「自分自身にあった」時間である。

 

誰から良いよと聴いたとしても、

 

それが自身にあうとは限らない。

 

 

ましてや、多様な生活スタイルになっていく時代に、

 

他の人の生活スタイルがあうとは限らない。

 

 

充実した時間を過ごせた時、

 

心身が休まり、その時間が糧となり、

 

仕事の潜在的な情報の向上と、メンテナンスに繋がる。

 

 

自分のペースにあった「充実した時間」は、

 

長期的に見た時に大変重要な時間となる。

 

 

自分自身の時間を自身で活用することは、

 

多忙な時代にはとても必要なことである。