猫好き警備員の○○な日常

S&T OUTCOMESの代表であり、猫好き警備員でもあるRenyaが、日常の安全の事や、猫の事や、防犯やネコの事をつづります。


テーマ:

前回、自分自身の危機管理が重要であることに触れました。

 

隙をつくらない、他者に見せないようにする事で、犯罪等に巻き込まれる可能性を小さくすることが出来ます。

 

それでは、ここでいう【隙】って、そもそも何なのでしょうか?

 

 

 

●防犯に限った話ではありませんが、第三者的視点で見たり、考えたりすることは大切です。

 

防犯に関しては、犯罪者の視点で見てみる、ということになります。

 

 

例えば、携帯電話での話に夢中になっている姿は、第三者的視点で見れば無防備な状態に見えてしまうでしょう。

 

悪意を持った者からすれば、実行に移すチャンスと見えていても不思議ではありません。

 

大音量で音楽を聴きながら歩いている。

 

観光地などで周囲ばかりに気を取られている。

 

 

このような状態では、犯罪者が背後に近付いて来ていても気付かないことがあるかも知れません。

 

まさに、これが【隙】になります。

 

 

 

●例えば、仮に貴方が犯行の機会をうかがうべく街中を歩いている時に、

 

A、イヤホンで両耳をふさぎ、外に洩れるほどの音量で聞いている女性

 

B、しっかり前を見て、時折周囲に目を向ける女性

 

 

AとB、2人の女性を目にした場合、どちらを狙おうとするでしょうか?

 

殆どの方は、Aの女性を狙うと思います。

 

もちろん、実際には相手の体格、年齢、雰囲気などから総合的に判断すると考えられます。

 

バッグを手に持っているか、たすき掛けにしているか。

 

道路側に持つか、反対側に持つか。

 

道路の横断時やエレベーターの使用時などに1度立ち止り、何気なく周囲を見渡す。

 

こういった何気ない仕草やほんの少しの心掛けで、【隙】が生じたり、逆になくしたりすることが出来るのです。

 

必要以上に恐れる必要はなく、防犯や防災の基本である『冷静に恐れる』事が重要になります。

 

 

 

●まずは意識をすることだけで、仕草が何となく変わることがあります。

 

それだけでも防犯上の効果は十分にあるとも言えます。

 

買い物などで外出した時、通勤や通学の途中に、一度立ち止まり、顔を上げて周囲を見渡してみて下さい。

 

こちらの視線に気づく人が、果たして何人いるでしょうか。

 

貴方の視線に気づかない人達や、その姿をどのように感じるでしょうか?

 

もしも、【隙】と感じるのであれば、人のふり見て我がふり直せ、という事で、直ぐに自分自身の行動を見直して頂きたいと思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。