ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資

~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~


本日は数あるブログの中よりご訪問いただき、ありがとうございます。バフェット(という世界一の投資家)を研究している東条雅彦です。

ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、本ブログ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!株式投資の勉強などで役立つ知識を発信しています♪

最近は電子書籍も書いています。投資の知識を身につける上で少しでもお役に立てれば嬉しく思います。
◆書籍↓詳細はこちらをクリック↓

◎東条雅彦(とうじょうまさひこ)っていったい誰(?) ⇒ 私のプロフィール
◎1日1クリックしていただけると励みになります! ⇒ ブログランキング
◎アメブロ読者登録はお気軽にお願いします!(100%承認) ⇒ アメブロ読者登録
アメンバー申請も大歓迎!コメントは過去記事であっても遠慮なくしてくださいね。

まぐまぐ大賞2016『マネーボイス賞・第3位』を受賞しました!

★1日1回、いつも応援クリックありがとうございます!
※人気ブログランキングに参加してます。東条雅彦は今、何位(?)
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

◆アメブロ人気記事
【1】ウォーレン・バフェット投資法実践報告「資産6000万円突破!」
【2】長期投資における8つの失敗パターン
【3】バークシャー・ハサウェイ◇最新動向◇
【4】一休さんも知っていたバフェット投資法の要である『複利マジック』
【5】イチオシ投資本(ドラゴンボールのセルになろう編)

◆目次⇒1日1万PV達成★人気記事の「目次」はコチラです!

◆Twitterで毎朝7時に配信!『バフェットの名言』を読んで投資力UP↑↑

テーマ:
特に近年になって、財務がより柔軟になっています。実のところ、これほど上手に財務管理ができている大企業は他に思いあたりません。IBMの株主にとって望ましい利益を著しく増やしてくれているのです。

同社は借金をうまく活用し、儲けにつながる買収を続けています。買収の対価はほとんどの場合、現金払いです。さらには、自社株買いを積極的に行っています。

ウォーレン・バフェット
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:


大バーゲンセールになる銘柄となりにくい銘柄


本稿では、金融危機のドサクサで「億万長者への特急券」を買う方法を学ぶべく、2008年前後のバフェットの行動を追っていきます。

前回の「リーマンショック2に打ち勝つ最強のバフェット銘柄はどれ?」の続きとなります。

リトマス試験の結果、2008年のリーマンショックでは、バフェット銘柄ビッグフォー全てが激安になりました。

<公式>
リーマンショック最安値 ÷ 2015年度のEPS = PER

(金融株)
ウェルズ・ファーゴ: 8.61ドル ÷ 4.12ドル = 2.08倍
アメリカン・エキスプレス: 10.26 ÷ 5.05 = 2.03倍

(非金融株)
IBM: 74.88 ÷ 13.42 = 5.57倍
コカ・コーラ: 19.55ドル ÷ 1.67ドル = 11.7倍

金融株と非金融株で分けて考えるとその差は歴然です。

PERとは1年間で稼ぐ利益に対して株価が何倍の値段で売られているかを表した指標です。

通常は15倍前後が一般的です。

PERが2倍になるのはほぼありえない水準だと言えます。

そういう暴落時にこれらの銘柄を購入しておけば、「3年ぐらいで資産が7倍以上に増やせる」ことが判明しました。

しかしながら、「暴落後の回復力」を知って、暴落したバフェット銘柄が億万長者への特急券であることがわかっても、暴落前である現在における行動の指針にはなりません。

そこで、リーマンショックの2年前にあたる2006年12月末を基準にして、バフェットのポートフォリオがどのように変化していったのかを今から追っていきます。

リーマンショック直前と直後のポートフォリオ


2006年12月末を基準にして、2007年にポートフォリオがどのように変化していったのかを調べました。

全銘柄を追っていくと大変なので、金額の変動が大きいものだけピックアップしています。

±4億ドル以上の売買で最大5銘柄までを取り上げます。

あと、金融株が特に激安(億万長者への特急券)になることがわかったので、目印として金融株は「●」、非金融株は「〇」を銘柄名の先頭に付けました。

※取得単価はバークシャーの報告を元に取得総額÷増減株数で算出しています。
※取得単価の小数点第3位以下を切り捨てとしています。
※1万ドル未満は切り捨てとしています。

<2007年の主な売買(リーマンショック前)>

購入銘柄:

〇バーリントン・ノーザン・サンタフェ(鉄道)
⇒83.23ドル×60,828,818株=50億6,278万ドル

〇クラフトフーズ(食品)
⇒32.62ドル×132,393,800株=43億1,868万ドル

●ウェルズ・ファーゴ(金融)
⇒30.19ドル×85,237,768株=25億7,332万ドル

〇ジョンソン・エンド・ジョンソン(医療関連)
⇒66.69ドル×37,165,648株=24億7,857万ドル

●US・バンコープ
⇒31.74ドル×=44,274,626株=14億527万ドル

売却銘柄:

●アメリプライズ・ファイナンシャル(金融)
⇒55.11ドル×-7,608,895株=-4億1,932万ドル

購入銘柄を見ると、非金融株の金額が多いことがわかります。

次に2008年の主な売買を追っていきます。

リーマン・ブラザーズが倒産した日は2008年9月15日です。

よって2008年の売買動向を見ることでリーマンショックを受けて、バフェットがどのような銘柄を売り買いしたのかがわかります。

<2008年の主な売買(リーマンショック後)>

購入銘柄:

〇コノコフィリップス(エネルギー)
⇒51.8ドル×62,387,573株=32億3,167万ドル

〇バーリントン・ノーザン・サンタフェ(鉄道)
⇒75.7ドル×9,261,011株=7億105万ドル

〇コンステレーション・エナジー・グループ(エネルギー)
⇒25.09ドル×19,897,322株=4億9,922万ドル

売却銘柄:

〇ジョンソン・エンド・ジョンソン(医療関係)
⇒59.82ドル×33,142,857株=-19億8,260万ドル

〇プロクター・アンド・ギャンブル[P&G](消費財)
⇒61.81ドル×9,530,990株=-5億8,911万ドル

リーマンショック直後、実際には金融株も売買されているのですが、金額が少ないため、まったく上位に上がってこなくなりました。(●印が見事に消えています。)

バーリントン・ノーザン・サンタフェ(鉄道)を引き続き、購入しています。

サンタフェは2009年11月にバークシャーの完全子会社になっています。

元々、完全買収する予定だったので、買い増しを続けたのでしょう。

リーマンショック後に最も買い増ししたのはコノコフィリップスです。

32億ドルを超えていて、金額が突出しています。

他にもエネルギー関連銘柄を大量に買っています。

最も注目すべきはリーマンショック後にジョンソン・エンド・ジョンソンやプロテクター・アンド・ギャンブルを大幅に売っている点です。

「この金融危機のドサクサに鉄板のバフェット銘柄を売る理由は何?」と思った人も多いでしょう。(その理由は後でわかります。)

◆ここまでのまとめ◆

リーマンショック前:

非金融株 > 金融株 ・・・金融株も買うが、非金融株の方が多く買っている。

リーマンショック直後:

・金融株の売買を極端に少なくして、様子を伺っている。

・鉄板のバフェット銘柄(Johnson&Johnson、P&G)を大量に売った。
 (一見、この売りは理解しがたいものです。)

注目すべき大バーゲンセール中の2009年の動向


ダウ平均株価は次のような動きをしていました。

<ダウ平均株価>
年月日株価備考
2007年10月12日14,093ドル 
 ↓  
2008年9月15日11,388ドルリーマンショックが起きた日
 ↓  
2009年3月5日6,594ドル実際の底値は約半年後にやって来た
 ↓  
2012年3月16日13,232ドル底値から3年程度で概ね回復した

この2009年は「億万長者への特急券」が売り出されていた時でした。

その時、バフェットはどう動いたのでしょうか。それがこちらです。

<2009年の主な売買(大バーゲンセールの年)>

購入銘柄:

〇ウォルマート(小売り)
⇒53.45ドル×19,092,842株=10億2,051万ドル

●ウェルズ・ファーゴ(金融)
⇒26.98ドル×29,843,517株=8億517万ドル

〇バーリントン・ノーザン・サンタフェ(鉄道)
⇒98.62ドル×6,687,200株=6億5,949万ドル

売却銘柄:

〇コノコフィリップス(エネルギー)
⇒51.07ドル×-42,184,943株=-21億5,438万ドル

〇プロクター・アンド・ギャンブル[P&G](消費財)
⇒60.62ドル×-534,219,751株=-5億3,421万ドル

〇ムーディーズ(格付け会社)
⇒26.8ドル×-16,185,390株=-4億3,376万ドル

売り越し銘柄でコノコフィリップスが21億ドルとなっていて、2008年に投入した32億ドルの大半を帳消しにしています。

あれ??去年、大量にコノコ株を買っていたのに!なぜ1年も経たないうちに撤退したのか?

バフェットはその年の株主宛ての書簡(バフェットからの手紙)で下記のように述べて、コノコ株への投資を反省していました。

「石油・ガス価格が上昇することはあっても、取得したタイミングがまずかったことでバークシャーに数十億ドルの損失を被らせた」

タイミングを間違えたとのことです。(バフェットでもそういう間違いを犯すんですね。)

そして、購入の方はウォルマートとウェルズ・ファーゴをそれぞれ10億ドル、8億ドルと大量に買い増ししています。

PERが2倍になったウェルズ・ファーゴを見逃さずに購入している点は注目すべきでしょう。

リーマンショック直後にジョンソン・エンド・ジョンソンの一部を売却して、20億ドル弱を調達しています。(参照:2008年の主な売買)

その資金をウォルマートとウェルズ・ファーゴに充てています。

10.8億ドル+8.5億ドル=19.3億ドル、金額的にもほぼ一致しています。

バフェットはリーマンショックが発生して、「億万長者への特急券」を購入するために資金を作る必要がありました。

去年、ジョンソン・エンド・ジョンソンやプロテクター・アンド・ギャンブルの非金融株を売却した理由がこれでした。

◆ここまでのまとめ◆

・バフェットの有名な発言「株式の適切な保有期間は永久です」は全ての銘柄をバイ&ホールドするという意味ではない。

・バフェットはイメージと違って、頻繁に売買している。

・金融危機時はポートフォリオ・リバランスを実施して、激安になった株を容赦なく、買い向かっている。

バフェットのポートフォリオ・リバランス


今までは個別の銘柄を追っていたので、ちょっと全体像が掴みにくくなったかもしれません。

今度は目線を変えて、バークシャーのポートフォリオ全体を見ていきましょう。

<2016年6月末時点(最新) バークシャーの業種別割合>
業種割合備考
金融業32%←金融業の割合が最も大きい!
消費財15% 
情報技術12% 
サービス4% 
ヘルスケア4% 
工業製品2% 
その他31% 

過去の推移からも金融株は概ね30%~40%になっています。

<バークシャーのポートフォリオ 金融株の割合>
割合備考
2006年41% 
2007年31% 
2008年28%←リーマンショック発生、非金融株で資金作り
2009年31%←以降、長期にわたって、金融株を買い増し
2010年39% 
2011年33% 
2012年38% 
2013年43% 
2014年47%←ここまで増やす(金融株の遅い回復力をうまく利用している)
2015年36% 
2016年32% 

バフェットは元々、金融株に多く投資しています。

金融株の内訳を保有比率の高い順に並べると次の通りです。

<2016年6月末時点 金融株の保有比率>
銘柄名割合
ウェルズ・ファーゴ17.5%
アメリカン・エキスプレス7.1%
USバンコープ2.64%
ゴールドマン・サックス1.25%
バンク・オブ・ニューヨーク・メロン0.62%
VISA0.58%
M&Tバンク0.49%
マスターカード0.33%

バフェットは保有銘柄を頻繁に売買しますが(これは意外ですが、事実です)、これらの金融株についてはほとんど売りません。

保有比率の高い金融株は売却どころか、逆に買い増していく傾向にあります。

次に、2006年12月末時点と現時点の保有数を示します。

<金融株の保有数の推移 2006年12月末⇒2016年6月末>
 銘柄名株数の変化
ウェルズ・ファーゴ204,022,100株 ⇒ 479,704,270株 (2.35倍)
アメリカン・エキスプレス151,610,700株 ⇒ 151,610,700株
USバンコープ23,307,300株 ⇒ 85,063,167株 (3.64倍)
M&Tバンク6,708,760株 ⇒ 5,382,040株 (20%減)
ゴールドマン・サックス0株 ⇒ 10,959,519株
バンク・オブ・ニューヨーク・メロン0株 ⇒ 20,827,212株
VISA0株 ⇒ 10,239,160株
マスターカード0株 ⇒ 4,934,756株
☆印…リーマンショック後に追加した銘柄

この10年間で金融株はほとんど売られていません。

お気に入りの銘柄であるウェルズ・ファーゴ、USバンコープについては金融危機のドサクサに紛れて、それぞれ2.35倍、3.64倍に増やしています。

ゴールドマン・サックスはリーマンショック直後に50億ドルを出資して優先株を得ました。(今は普通株に転換して保有しています。)

(参考)2008年9月24日「バークシャー、ゴールドマンに50億ドル出資へ」

VISAとマスターカードはバークシャーの運用マネージャーであるトッド・コームズが2011年に購入しました。

バフェットのアメリカン・エキスプレスへの投資を参考にこの2銘柄を選定したのでしょう。(コームズの判断はバフェットと似ています。)

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは2010年に買い付けています。

2006年からの追跡では金融株で唯一、大幅に減らしたのはM&Tバンクのみでした。

アメリカン・エキスプレスへの追加投資は見送っています。(株価の回復が予想外に早くて、その後、急上昇したせいかもしれません。)

平常時は「非金融株」、有事の時は「金融株」に投資せよ!


前回のメルマガではリーマンショック後の回復力を強調するあまり、次のような意見が寄せられました。

「ダメージを食らった後の回復力の話をされても・・・。そのダメージを回避したいのに、それは不可能なのでしょうか?」

この答えの一つが「非金融株」への投資です。

実際にバフェットもそうしています。

リーマンショックなどの有事の際には「金融株」に投資して、平常時の時は「非金融株」に投資しています。

参考までに代表的なバフェット銘柄(ビッグ4)がリーマンショックでどのくらいダメージを受けたのかをもう一度、確認しておきましょう。

<ビッグ4 金融株と非金融株のダメージの違い>(単位:ドル)

金融株:★70~80%の下落を被る

ウェルズ・ファーゴ 株価
年月株価備考
2007年12月末30.19 
2008年12月末29.48←リーマンショック
2009年3月6日8.61←2007年から約70%下落(ダメージ大)
2009年12月末26.99←9ヵ月で3.13倍へ
 ↓  
2012年12月末34.18←ゆっくりと上昇
 ↓  
2016年現時点45.09←現在は最安値から5.23倍へ

アメリカン・エキスプレス 株価
年月株価備考
2007年12月末52.02 
2008年12月末18.55←リーマンショック
2009年3月6日10.26←2007年から約80%下落(ダメージ大)
2009年12月末40.52←9ヵ月で3.94倍へ
 ↓  
2012年12月末57.48←ゆっくりと上昇
 ↓  
2014年12月末93.04←高値圏へ!最安値から9.6倍
 ↓  
2016年現時点67.36←現在は最安値から6.56倍

非金融株:★30~37%の下落を被る

コカ・コーラ 株価
年月株価備考
2007年12月末30.68 
2008年12月末22.64←リーマンショック
2009年3月6日19.55←2007年12月末から約37%の下落(ダメージ小)
2009年12月末28.50←9ヵ月で1.45倍へ
 ↓  
2012年12月末36.25←横ばいながらやや上昇
 ↓  
2013年12月末41.31←ここから以降は横ばい
 ↓  
2016年現時点42.13←現在は最安値から2.15倍

IBM 株価
年月株価備考
2007年12月末108.1 
2008年11月21日74.88←最安値、2007年から約30%の下落(ダメージ小)
2008年12月末84.16←元々、ダメージが少ないため、上昇も小幅
2009年12月末130.9←2年で1.75倍へ
 ↓  
2016年現時点149.63←現在は最安値から1.99倍

金融株の方が非金融株よりもダメージが大きいことは明らかです。

バフェットは「億万長者への特急券」(金融株)を手に入れるためジョンソン・エンド・ジョンソンやプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)等の優秀なバフェット銘柄を売却してまで、資金(合計約25億ドル)を作っています。

それぐらい有事の際の金融株は魅力的なのです。

運用マネージャーのトッド・コームズ(事実上のバフェットの後継者)もVISAとマスターカードの取得に動きました。

バフェットは次のように述べています。

Be fearful when others are greedy and greedy when others are fearful.

-Warren Buffett

みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。

もし近い将来、リーマンショックが訪れるのなら、確実にチャンスとなります。

バフェットのポートフォリオ・リバランスを真似んで、第2のリーマンショックを切り抜けましょう。

次回、バークシャーの現金比率に着目して、バフェットが金融危機に備えて、どのように資産をコントロールしているかを学んでいきます。

金融危機を切り抜けて、資産を増やしていくことは可能なのか?・・・次回も乞うご期待です!

本稿はメルマガ(2016年10月23日号)の一部となります。

もしよろしければ、下記のリンクよりまぐまぐ公認の殿堂入りメルマガも合せてチェックしていただけると嬉しく思います。

※続き(最新号)はまぐまぐ公認!殿堂入りメルマガ(購読無料)で読めます。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:


ゆうちょ銀行の窓口で見たチラシにビックリ!


東条雅彦です。

今日、お昼に久々にゆうちょ銀行の窓口に行きました。

税金の支払いでミスが発覚して、その修正分を納めるために昼休みの間隙をついてダッシュしました。

私は普段の買い物はほぼネットで済ませており、現金をほとんど使いません。

銀行に給料が振り込まれても、すぐに証券会社に送金してしまうので、ほとんど銀行とは縁のない生活を送っています。

日本株をやっていた時は配当金を受け取るためによくゆうちょ銀行に足を運んでいたのですが、今ではそういうこともなくなりました。

待ち時間がものすごく長くて「この急いでいる時に~、早く~。」と思いながら、長椅子に腰を掛けて待っていました。

そこでふと目の前にあったチラシの文字が目に飛び込んで来て、ビックリしてしまいました。

銀行預金の金利があまりにも低すぎる件


私が見て驚いたのはコチラの「金利一覧」です。

<ゆうちょ銀行 金利一覧(2017年01年16日現在)>
ゆうちょ銀行 金利一覧(2017年01年16日現在)

ええーー、なんだんだ!これは正気か?

通常貯金の金利が0.001%で、10年の定期貯金の金利が0.010%と書かれているチラシを見て、穴を開ける勢いでそのチラシを凝視しました。

初めは指折り数えて計算してしたのですが、途中でわからなくなって、その場でスマホを取り出して、電卓機能を使いました。

「えーと、待て待て。100万円を貯金して、1年後に10円。10年の定期貯金で1年後に100円、10年間の合計で1000円の金利がつく・・・」

銀行預金はもう完全に終わっていますね。

私は普段、銀行預金をほとんどしておらず、興味関心がなくて、金利もまともに見ていませんでした。

そのため、余計にショックを受けてしまいました。

昔の銀行預金と比較すると、さらに驚きが・・・


1980年(昭和55年)時点では、10年の定期貯金の年利回りが11.91%と書かれています。

なんと定期貯金がインデックス投資を上回っていた時代があったのです。

<1980年(昭和55年)郵便局の定額貯金>
1980年(昭和55年)郵便局の定額貯金

さらに通常貯金でも年利4.56%という驚きの金利になっています。

<1980年(昭和55年)えらびぬかれた郵便貯金>
1980年(昭和55年)えらびぬかれた郵便貯金

素晴らしい!本当に「えらびぬかれた」という文言に嘘偽りはありません。

こちらは1990年の(平成2年)の定額貯金です。

<1990年の(平成2年)の定額貯金>
1990年の(平成2年)の定額貯金

「この高利回りを10年間お約束します」という熱すぎる文言が入っています。

いやー、素晴らしい。

10年定額貯金で年利回りが8.848%となっています。

インデックス投資とほぼ互角の戦いと言ってよいでしょう。

1990年時点では通常の金利でも3.48%という値をキープしていました。

<1990年(平成2年)郵便貯金の利率>
1990年(平成2年)郵便貯金の金利

昔の金利が異常だったのか?それとも今の金利が異常なのか?


日経平均株価は1989年12月29日に最高値38,957円をつけて、そこから一度も復活することはなく、下り坂に入っていきます。

ちょうど、1990年はバブルが崩壊し始めた直後です。

つまり、この時点で郵便局の定額貯金(年利回り8.848%)で契約していた人は大儲けする結果になりました。

今から37年前が1980年、27年前が1990年。

20年、30年という時の流れは偉大です。

世界が180度変わるぐらいのインパクトがあります。

今の20代の人はおそらく「金利0.001%」という数字を見ても何の違和感もないはずです。

30代の人(私もですが…)はなんとか受け入れられるかもしれません。

ところが、50代以上の人にとっては「銀行預金の金利が0.001%なんて、ほとんどあり得ない」と感じるでしょう。

1980年代、1990年代の金利が異常だったのか?それとも今の金利が異常なのか?・・・謎は深まるばかりです。
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(1)