↑ぽちっと押してくださいね。
 


 


 




 

 


 

 
 
 
 
 
 
 
 











  • 25 Aug
    • 北アルプス/燕岳(花と出逢いと青春18きっぷ)③

      2016年8月3日~4日___ 北アルプス/燕岳(つばくろだけ)______その①・・・ムーンライト信州~穂高駅~中房登山口~第一ベンチ~富士見ベンチその②・・・富士見ベンチ~合戦小屋~三角点~燕山荘*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 続きです。新館に宿泊したので、出入りは玄関ではなく横の通路を通ります。山荘直下のお花畑。満開です。サンルームのジョッキ生ビールに誘惑されそうですが、先に山頂へ向かいます。下山後のお楽しみ~ですね。 では__しゅっぱ~つ!ガスガスで真っ白け~。雨が降らないで欲しいです。テントサイトは学生たちが到着して賑やかです。。 うわ~。【コマクサの群生地】に到着。花は終盤でしたが咲いていました。今回の目的。”コマクサの群生をみた~い”達成しました。コマクサ/ケシ科 高山植物の女王タカネスミレ/スミレ科 黄色い花が残っていました。 その先に、「イルカ岩」残念ながら、槍を遠望することはできませんでした(翌日、好天に恵まれ撮れました) イワギキョウ/キキョウ科チシマギキョウ/キキョウ科・・・花冠のふちにうぶ毛がある。ハクサンフウロ/フウロソウ科クルマユリ/ユリ科エゾシオガマ/ゴマノハグサ科・・花がいくつも集まって巴形。燕岳山頂が見えてきました。ここにもコマクサ群生地。可愛い~~。タカネツメクサ/ナデシコ科ここは雨で地割れのように亀裂が入った場所。 メガネ岩通過。北燕岳方面、分岐。最初の予定では、【北燕岳】まで行く予定でしたが、ガスがでています。夕立や雷も怖いので止めました。そして______山頂に到着~。燕岳(2.763m)山頂証拠写真撮りました。山頂に水溜まり~。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 往路を戻りました。【燕山荘】に戻り、山荘周辺のコマクサ群生地へ。シロバナコマクサを探しに行きました。 シロバナコマクサ、見っけ~~。2株、咲いていました。嬉しい~~。コマクサの群生を見て、山荘に戻ってきました~。お楽しみのジョッキで生ビール。かんぱ~~いその後、夕食です。夕食後、オーナーさんのアルプホルン。聞けました~。 2日目はご来光が見られました。ブログ友さんにばったり~ありました。ちょっとだけ。写真載せちゃいます。ばったり~。続きま~~す。↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      NEW!

      66
      5
      テーマ:
  • 24 Aug
    • 北アルプス/燕岳(花と出逢いと青春18きっぷ)②

      2016年8月3日~4日___ 北アルプス/燕岳(つばくろだけ)______その①・・・ムーンライト信州~穂高駅~中房登山口~第一ベンチ~富士見ベンチ*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 続きです!【富士見ベンチ】に到着。ここでも休憩しました。合戦尾根を半分以上登ってきました。燕山荘まで残り2,4kmの案内。では、出発で~す。だいぶ高度が上がってきました。合戦小屋がもうすぐです。10分の案内板。もうすぐだと思うと、ほっとしますね。合戦小屋まで5分。スイカマークがイイでしょう~。 _____【合戦小屋】にとうちゃこ~~この小屋はスイカが食べられます。1切れ800円。半分に切っていただき、山友さんと半分づつ食べました。合戦小屋でスイカを食べるのも目的の一つですね。目的達成!さあ~、ゆっくりしていると遅くなります。歩き初めました。この先から高山植物が咲いていました。ウサギギク/キク科 タカネニガナ/キク科クロトウヒレン/キク科 モミジカラマツ/キンポウゲ科入山を数えるカウンター通過。エゾシオガマ/ゴマノハグサ科そして________三角点。三角点タッチ!三角点から燕山荘まで1.3km。もうひと頑張りです。ガスが立ち込め、遠くは見えません。ネバリノギラン/ユリ科ミヤマリンドウ/リンドウ科エゾシオガマの道。 山荘直下の斜面はお花畑。百花繚乱~ミヤマトリカブト/キンポウゲ科テガタチドリ/ラン科ウメバチソウ/ユキノシタ科ミヤマコゴメグサ/ゴマノハグサ科トウヤクリンドウ/リンドウ科 ヤマハハコ/キク科まだまだ他にも載せていませんが、たくさんの種類の花が咲いていました。テン場。山荘にとうちゃこ~。ガスで燕岳は見えません。残念!燕山荘(えんざんそう)に到着。宿泊の手続きをしました。昼食のおにぎりをさっと食べて、ザックを部屋に置き、これから燕岳へ登ります。続きま~す。 続き・・・その3↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      86
      14
      テーマ:
  • 23 Aug
    • 北アルプス/燕岳(花と出逢いと青春18きっぷ)①

      2016年8月3日~4日___ 北アルプス/燕岳(つばくろだけ)______ ”青春18きっぷ”を使って【北アルプス】へ行こう~。今年は【燕岳】です。前日8月2日深夜、東京・新宿駅23時54分発「ムーンライト信州」に乗り込みました。立川駅から山友さんが乗車。夜行電車の中で眠ります。明るくて中々眠れませんでした。1日目/8月3日(水)松本駅4時35分~穂高駅4時54分着。JR穂高駅で下車しました。穂高駅前から中房温泉行きの路線バス5時10分発に乗り換えです。「中房温泉」に6時ちょうど着。登山口はすでにたくさんの登山者がいます。中房登山口。標高1,462m燕岳は今回で5度目です。過去レポ2014年8月20日~22日【中房温泉に宿泊。燕岳でモルゲンロート槍と富士山】*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ ここで朝食のおにぎりを食べ、トイレを済ませ、身支度を整えて出発です。6時20分。しゅっぱ~つ!登り始めにいきなりの急登。汗をかきます。 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。 【第一ベンチ】にとうちゃこ~。”仲良し道祖神”にまた会えました。登山口から1km地点。 第1ベンチ。登りは登山者が多く、下山時撮影。ヤマホタルブクロ/キキョウ科このあたりから階段があります。朝の森は清々しいですね。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 第2ベンチにとうちゃこ~燕岳はちょうど休憩しやすい場所にベンチがあり、「休憩ポイント」です。ギンリョウソウ/イチヤクソウ科とタマゴ茸★─☆。o゚。★─☆。o゚。 そして____第3ベンチ第3ベンチは奥にもベンチがあり、学生たちで賑わっていました。アキノキリンソウ/キク科テン泊装備のザックが重そうな学生たちの長い列が続きます。★─☆。o゚。★─☆。o゚。____富士見ベンチ。樹木の間から富士山が見える場所です。霧が出ていて、見えませんでした。ここで休憩。行動食を食べました。過去に見た富士山の写真を掲載します。お天気が良ければ素敵な富士山が見えます。 この先は続きま~~す。 続き・・・その2 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      84
      10
      テーマ:
  • 22 Aug
    • 南アルプス/鳳凰三山・夏の花

      2016年7月26日~27日 ___南アルプス/鳳凰三山(ほうおうさんざん)_____ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ルート 1日目:御座石鉱泉~西ノ平~燕頭山~鳳凰小屋泊 2日目:鳳凰小屋~地蔵岳~観音岳~薬師岳~中道~青木鉱泉 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ その① ・・・韮崎駅~御座石鉱泉~西ノ平~燕頭山 その② ・・・燕頭山~鳳凰小屋 その③ ・・・鳳凰小屋~地蔵岳~鳳凰小屋分岐その④・・・鳳凰小屋分岐~観音岳~薬師岳~中道コース~青木鉱泉 ______番外編・鳳凰三山夏の花______タカネビランジ/ナデシコ科シロバナタカネビランジ/ナデシコ科 イワギキョウ/キキョウ科  ミヤマコゴメグサ/ゴマノハグサ科 トウヤクリンドウ/リンドウ科 シラネヒゴタイ/キク科 イワインチン/キク科 タカネグンナイフウロ/フウロソウ科ヤナギラン/アカバナ科ゴゼンタチバナ/ミズキ科 バイケイソウ/ユリ科 ハクサンシャクナゲ/ツツジ科 ミヤマホツツジ/ツツジ科 クルマユリ/ユリ科 メタカラコウ/キク科 キリンソウ/キク科 タイツリオウギ/マメ科 コバノイチヤクソウ/イチヤクソウ科 ミヤマウスユキソウ/キク科 キバナノコマノツメ/スミレ科 クモマナズナ/アブラナ科 セリバシオガマ/ゴマノハグサ科 エゾシオガマ/ゴマノハグサ科 キソチドリ/ラン科ホソバトリカブト/キンポウゲ科 ヨツバシオガマ/ゴマノハグサ科  ヒメシャジン/キキョウ科 フシグロセンノウ/ナデシコ科 ヤマユリ/ユリ科 ホザキイチヨウラン/ラン科 ギンリョウソウ/イチヤクソウ科 コイチヨウラン/ラン科  ミヤマウイキョウ/セリ科  ミヤマシシウド/セリ科   ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。      

      62
      8
      テーマ:
  • 21 Aug
    • 速報!大キレットに挑戦。最短日程で槍~前穂高まで8座登頂♪

      今年の夏山の集大成は【大キレット】に挑戦!2泊3日で「北アルプス8座」を登頂してきました。槍ヶ岳~大喰岳~中岳~南岳~北穂高岳~涸沢岳~奥穂高岳~前穂高岳 奥穂高岳でご来光! 槍ヶ岳でご来光!   槍ヶ岳から穂高連峰 幻想的な槍さま! 大キレットに挑戦です!  飛騨泣き 槍ヶ岳から大キレット縦走路そして____いろいろなラッキーなことがありました。ブロッケン現象 前穂高で虹  ライチョウの親子に遭遇オコジョにも遭遇しました。  そして__素敵な出逢い!Mさん、ありがと~~う!  証拠写真は南岳で。 満月と影奥穂高岳とジャンダルムのモルゲンロート2泊3日の最短日程での大キレットからの縦走。シルバーエイジの私が挑戦しました。 詳細は後日です。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。    

      112
      28
      テーマ:
  • 17 Aug
    • 南アルプス/鳳凰三山・タカネビランジに魅せられて♪④

      2016年7月26日~27日 ___南アルプス/鳳凰三山(ほうおうさんざん)_____ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ルート 1日目:御座石鉱泉~西ノ平~燕頭山~鳳凰小屋泊 2日目:鳳凰小屋~地蔵岳~観音岳~薬師岳~中道~青木鉱泉 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ その① ・・・韮崎駅~御座石鉱泉~西ノ平~燕頭山 その② ・・・燕頭山~鳳凰小屋 その③ ・・・鳳凰小屋~地蔵岳~鳳凰小屋分岐 続きです。 2日目/7月27日(水) 鳳凰小屋を6時に出発、地蔵岳に登りました。オベリスクを眺めました。富士山も頭だけでしたが見えました。そして、稜線にでて薬師岳に向かいます。 ここは「鳳凰小屋分岐」。白砂の世界です。 こちらが、鳳凰小屋方面へ下山道。 歩いてきた尾根を振り返ります。オベリスクがだいぶ小さくなってきました。 オベリスクの奥に続く尾根は早川尾根かな。甲斐駒に続く黒戸尾根かな? 手前にタカネビランジ咲く♪ やっと一番奥の雲の中に、甲斐駒ヶ岳がチラリ! タカネビランジ撮ります。この花を撮るのが目的でした。 ミヤマコゴメグサ/ゴマノハグサ科 トウヤクリンドウ/リンドウ科 もっと、多くの高山植物が咲いていました。 ”番外編”で鳳凰三山の花特集を載せたいと思います。 うわ~。この株はブーケみたい。清楚な淡いピンクが素敵です。 ↑がスマホ撮り。↓がデジカメ。 満開です。感動! アングルを変えて。タカネビランジとオベリスク。 雲が沸いてきました。隠れるように咲いているビランジちゃん。かわゆィ。 急がないと、観音岳にいる男性陣にお叱りを受けそうです。 そして___山頂です 鳳凰山・観音岳(2.840m)山頂 三山でここが最高峰。 山頂の石仏。お札が納められていました。 二等三角点。タッチ! 観音岳山頂に咲くタカネビランジ。美しい~。 観音岳から地蔵岳の展望。 証拠写真。青空にばんざ~い。 広がる雲海。私たちは雲上にいます。 これから向かう薬師岳。少し雲がかかっていますね。 では、出発です。9時15分。 薬師岳までCT30分。 タカネビランジロード。花道です。 あっ、奥に富士山が・・・。 わお~~。富士山が先ほどの地蔵岳より良く見えます。 雲海に浮かぶ【富士山】です。 薬師岳と富士山。get! 富士さ~~ん ありがと~う 可愛いハート型の花びら5枚。タカネビランジちゃんにメロメロ~。 白花タカネビランジも気品があって良いですね。 このあたりも砂礫です。 この先のハイマツ帯で「ホシガラス」 途中見つけたハイマツの実を食べた跡。 そして、写真には撮れなかったのですが【オコジョ】にも出合いました。 鳳凰山・薬師岳(2.780m)山頂 北岳や間ノ岳などは雲の中。残念ながら見えませんでした。 こちらは薬師岳小屋方面下山道。 薬師小屋は改築に伴う休業期間があります。 平成28年8月22日~29年9月末まで。ホームページで確認しましょう。 ここでランチタイム。夏雲が出てきたので早めに食べ終えました。 あとは下山です。 下山は【中道コース】。「青木鉱泉」へ下ります。 10時ちょうど。下山開始。タクシーを14時に予定より早めてお願いしました。下りのCT4時間。長いです。 樹林帯に入りました。 大岩。新しい道標です。 綺麗なキノコ見っけ~~。 青木鉱泉まで1時間40分の標識。 【サルオガセ】水滴が輝き素晴らしい~。レースのカーテンのようです。 笹原の樹林帯。 雲海の中。ガスに包まれていました。 【薬師岳登山口】に無事到着。長かった~~。 でも、この先の青木鉱泉までは、35分の道路歩きが続きます。これが辛いです。 35分の林道歩き。ぐるり道路を廻り込んで、橋を渡らなけらばならず、おしゃべりしながら、とことこ歩きました。 途中、渡渉をする近道がありますが、雨で水量が多く、渡りませんでした。 予約しておいたタクシーが来てくれていました。 【青木鉱泉】 現在は閉館されています。 今回のもう一つの目的。 買い忘れた”百名山鳳凰山の山バッジ”を買うこと。目的達成です。 鳳凰三山のバッジもありましたが、ピンクのタカネビランジとオベリスクがモチーフのこのカラフルな山バッジにしました。 番外編・・・鳳凰山夏の花   完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      89
      12
      テーマ:
  • 16 Aug
    • 南アルプス/鳳凰三山・タカネビランジに魅せられて♪③

      2016年7月26日~27日 ___南アルプス/鳳凰三山(ほうおうさんざん)_____ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ルート 1日目:御座石鉱泉~西ノ平~燕頭山~鳳凰小屋泊 2日目:鳳凰小屋~地蔵岳~観音岳~薬師岳~中道~青木鉱泉 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ その① ・・・韮崎駅~御座石鉱泉~西ノ平~燕頭山 その② ・・・燕頭山~鳳凰小屋 続きです。 2日目/7月27日(水) 【鳳凰小屋】に宿泊しました。夜中、雨音が激しく聞こえて目覚めました。 テン泊者は大丈夫かしら、などと考えているうちに、また眠りに落ちました。 朝、4時に目覚めると雨は止み、青空が少し覗いています。 夜の雨で濡れたベンチ。早朝5時で出発する登山者たち。 歯磨きをしながら眺めた青空。あんなに降った雨が嘘みたい~。 5時半朝食。ごはんをしっかりいただきました。完食。 お世話になりました。私たちも6時出発です。 鳳凰小屋のオーナーさん。花の名前を教えていただきました。お世話になりました~。 先ずは地蔵岳へ。登り始めは樹林帯です。 昨日の急登の疲れがでて、ペースが遅くなります。健脚の男性陣は先へどうぞ~。 たなびく霧が幻想的な光景。う~ん。す・て・き! 足元にはミヤマコゴメグサの群生。花に癒され、頑張れます。 木々の間から、雲海。 うわ~。オベリスクがチラリ。 でも、この白砂のザレ場の登りはキツイです。歩きにくいです。 頑張って上ります。 振り返ると、雲海。滝雲のように流れ落ちています。 昨夜の雨でしっとりとした砂。茶色です。いつもは乾いて白色です。 奥に【観音岳】。白砂の傾斜の向こうに聳えています。   少し登っては休みます。このザレ場を登り切れば、今日のハイライトに到着。あとは稜線歩きです。 キャ~。素敵!【タカネビランジ】があちこちに咲いています。 あと少し。 オベリスク基部に到着~。 「早く、登ってきて。富士山が見えるよ~~」。「えっ、富士山が見えるの?」 ザックを放り投げて岩場を登りました。 わ、わ、わ~~富士山隠れちゃう~~ 観音岳の左側に小さくみえます。 ズーム富士山 富士さ~~ん、ありがと~~う オベリスクの基部から。こちらは甲斐駒と仙丈ヶ岳かな。 そして、シンボリックな岩。 オベリスク 登ろうという人はいませんでした。基部に立ち、景色を眺めるだけで充分です。 _____岩場にけな気に咲くタカネビランジ___ 賽ノ河原のお地蔵さま 鳳凰山・地蔵岳(2764m)山頂 地蔵岳で証拠写真!いつものバンザイポーズ。 鳳凰三山は8年ぶり、2度目です。 過去レポ 2008年9月14日【鳳凰三山(夜叉神峠~御座石鉱泉)】 オベリスクと賽ノ河原 この後、「赤抜沢ノ頭」へ行くつもりでしたが・・・ 斜面を登っていきます。もうすぐ稜線に出ます。 何度もオベリスクを振り返ります。 あらら~、だいぶ左側の稜線に出てしまいました。 赤抜沢ノ頭方面は離れてしまったようです。 戻らないで先へ進みます。 何枚も、何枚も撮ります。タカネビランジに魅せられて♪   タカネビランジ/ナデシコ科 ハート形の花びらが5枚。葉の先は尖っている。花期は8月。南アルプスの高山帯の岩場に生える。 シロバナタカネビランジ。 北岳方面   観音岳はまだ遠い。 振り返るとオベリスク。 今朝登ってきた地蔵岳の白砂の斜面。トレースが見えます。 今年はタカネビランジの当たり年?ほんとうにたくさん咲いていて驚きました。 鳳凰小屋分岐に到着。 この先は、続きま~す。 続き・・・その4 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      62
      8
      テーマ:
  • 15 Aug
    • 南アルプス/鳳凰三山・タカネビランジに魅せられて♪②

      2016年7月26日~27日 ___南アルプス/鳳凰三山(ほうおうさんざん)_____ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ルート 1日目:御座石鉱泉~西ノ平~燕頭山~鳳凰小屋泊 2日目:鳳凰小屋~地蔵岳~観音岳~薬師岳~中道~青木鉱泉 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ その① ・・・韮崎駅~御座石鉱泉~西ノ平~燕頭山 続きです。 御座石鉱泉登山口から登り始め、樹林帯の急登を終えて「燕頭山」に到着。 山頂の樹木には【サルオガセ】 が垂れさがり、奇妙な光景です。 ここで、休憩。雨は小降りですが、霧が立ち込めています。 ここから、急な登りは終わり、なだらかな道になりました。出発です。 急登は終わりましたが、路肩注意の油断できない登山道を進みます。 セリバシオガマ/ゴマノハグサ科 崩落した場所の横を通過。樹木が剥がれ落ちていました。 ここは砂地を横切ります。お助けロープが設置されていました。 丸太の滑りそうな道を通過。 コイチヨウラン/ラン科 キソチドリ/ラン科 ヨツバシオガマ/ゴマノハグサ科 コバノイチヤクソウ/イチヤクソウ科 足元注意!新しく板張りが整備されていました。 ギンリョウソウ/イチヤクソウ科 キリンソウ/ベンケイソウ科 ハクサンシャクネゲ/ツツジ科 足元注意!木製の階段を慎重に一歩、一歩。 ここも砂礫地帯をトラバース。 この枯れ枝。何にみえますか? 連続する砂地。 ゴロンと落ちそうな岩が・・。? バイケイソウ/ユリ科 前方に、小屋が見えました~。14時55分。予定より早く到着です。 テン場に、急遽参加した同行者のテントがすでに張られていました。早い! 鳳凰小屋にとうちゃこ~~。 小屋のスタッフさんが優しく迎えてくれました。 雨はすっかり止んでいましたが、全身ずぶぬれ~。すぐ着替えます。 ただ、乾燥室が無く、雨具などをつるして滴を落とすだけ、全く乾きませんでした。ストーブが1個あると乾くんですが・・・。 お世話になりま~~す。 部屋は2階です。2団体と個人3グループほどで、ゆったりお布団1枚使えました。 談話室のこたつ。これは暖かくて良かったです。夕食前に泡~。 夕食はカレーライスでした。お替わりできました。 ここが水場。洗面はここです。トイレは外の別棟。 山小屋のお花畑を散策。 最初に出合ったタカネビランジ。 タカネビランジ/ナデシコ科 タカネグンナイフウロ/フウロソウ科・・エゾシオガマ/ゴマノハグサ科 ヤナギラン/アカバナ科…まだ蕾が多く咲き初め。 ヒメシャジン/キキョウ科 クルマユリ/ユリ科_______ホソバトリカブト/キンポウゲ科 ミヤマウスユキソウ/キク科____キオン/キク科 夕食後、トイレに行くとテント場は学生たちで賑わっていました。 この時間は、雨があがりました。 歯磨きをしながら眺めた「地蔵岳」。明日は晴れるでしょうか。 2日目に続きます。 続き・・・その3 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      74
      8
      テーマ:
  • 13 Aug
  • 12 Aug
    • 南アルプス/鳳凰三山・タカネビランジに魅せられて♪①

      2016年7月26日~27日 ___南アルプス/鳳凰三山(ほうおうさんざん)_____ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ルート 1日目:御座石温泉~西ノ平~燕頭山~鳳凰小屋泊 2日目:鳳凰小屋~地蔵岳~観音岳~薬師岳~中道~青木鉱泉 1日目/7月26日(火) JR韮崎駅8時40分にコミュ仲間5名が集合。私は東京・新宿駅から特急あずさで下車。韮崎駅から登山口へは、季節限定の御座石温泉行き行路線バスがありますが、時間が早くて、間に合いません。駅前などに前泊すれば可能です。 8時45分に予約してあったジャンボタクシーに乗り換えます。このタクシーは定員9名。 タクシーで【御座石鉱泉】へ。9時30分着。到着すると雨が降りだしました。 慌ててトイレの横で雨具を着ました。 韮崎駅では降っていなかったのですが・・・。残念。 この駐車場で飛び入り参加されたコミュ仲間が1名様。6名で出発です。 公衆トイレの横が登山口です。。 ヤマユリ/ユリ科 フシグロセンノウ/ナデシコ科 雨が強くなり、カメラを仕舞いました。防水カメラは・・忘れました~。 いきなりの急登です。雨の登りはキツイです。樹林帯を登ります 一旦、樹林帯から抜け出し、崩落防止のコンクリートで固めた箇所を通過。 そして、西ノ平の平坦地。ここを横切ります。 また、樹林帯に入ります。ここからは、かなり長い急登です。 タマガワホトトギス、シモツケソウ、レンゲショウマ、オケラなどが咲いていました。 マルバダケブキ/キク科 ホザキイチヨウラン/ラン科? このあたりで、健脚男性は先に行ってもらいました。急斜面の雨降りです。ザックが濡れて重いです。一歩一歩、ゆっくり登ります。 やっと道標。 ギンリョウソウ/イチヤクソウ科 ここも崩落個所。雨が霧に変わってきました。少し休憩。行動食を食べます。 ここで、下山中の登山者とすれ違いました。 「あら~、ばったりです。」「昨年8月、槍ヶ岳を案内していただいたガイドさんでした」 ガイドさんも覚えていてくださり「昨年、涸沢でもすれ違いましたね」 ご縁があるようで、昨年9月にも涸沢でばったりしました。 過去レポ 2015年8月27日~30日「槍ヶ岳・天狗原ルート」 旭岳山頂。祠がありました。 また、崩落個所がありました。 この先がこのルートの一番の急登。ゼイゼイしながら登りました。 燕頭山(つばくろあたまやま)にとうちゃこ~~。 燕頭山(つばくろあたまやま)2104.5m山頂 平らな山頂。ベンチがあり、休憩しました。急登を終えほっとしました。 樹木に【サルオガセ】が垂れさがり、独特の雰囲気です。 続きま~す。 続き・・・その2 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      80
      8
      テーマ:
  • 11 Aug
    • 今日は山の日/谷川岳・夏の花特集♪

      山登り、好き? ▼本日限定!ブログスタンプ限定 あなたもスタンプをGETしよう 今年から祭日になった「山の日」。皆さん、お山にお出かけでしょう。 私は、家でのんびり~。歩いてきた谷川岳の稜線を思い出しています。 2016年7月19日(火) ______百名山/谷川岳______ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ その1 ・・・水上駅路線バス~ロープウェイ天神平~リフト~天神峠 その2 ・・・天神峠~熊穴沢避難小屋~天狗の留まり場~肩の小屋 その3 ・・・肩の小屋~オキの耳~トマの耳~往路下山 _____番外編・花特集_____ 1 シモツケソウ/バラ科 2 ハクサンフウロ/フウロソウ科 3 ミヤマウツボグサ/シソ科 4 ジョウシュウオニアザミ/キク科 5 ヒメウスユキソウ/キク科 6 ミネウスユキソウ/キク科 7 ミヤマカラマツ/キンポウゲ科 8 カラマツソウ/キンポウゲ科 9 オトギリソウ/オトギリソウ科 10 ミヤマキンポウゲ/キンポウゲ科 11 ウサギギク/キク科 12 キンレイカ/オミナエシ科 13 14 ミヤマキオン/キク科 15 ミヤマダイコンソウ/バラ科 16 ハナニガナ/キク科 17 ニッコウキスゲ/ユリ科 18 クルマユリ/ユリ科 19 ヤマハハコ/キク科 20 ミヤマニガイチゴ/バラ科 21 ヒメシャジン/キキョウ科・・・おしべが短い   22 ミヤマシャジン/キキョウ科・・・花柱が花冠から突き出ている 23 イブキジャコウソウ/シソ科 24 タカネアオヤギソウ/ユリ科 25 ネバリノギラン/ユリ科 26 エゾシオガマ/ゴマノハグサ科 27 キソチドリ/ラン科 28 オオバギボウシ/ユリ科 29 オトコヨモギ/キク科 30 ウラジロヨウラク/ツツジ科 31 ミヤマホツツジ/ツツジ科 32 コメツツジ/ツツジ科 33 ノリウツギ/ユキノシタ科 34 ヤマアジサイ/ユキノシタ科 35 トリアシショウマ/ユキノシタ科 36 ヨツバシオガマ/ゴマノハグサ科 37 イワアカバナ/アカバナ科 38 イワアカバナ 39 40 41 ツルアリドオシ/アカネ科 42 モウセンゴケ/モウセンゴケ科 43 ツルリンドウ/リンドウ科 44 ノギラン/キンコウカ科・・・ショウジョウバカマに似た葉だが、花茎が中心から立たない 45 シシウド/セリ科 46 47 ギンリョウソウ/イチヤクソウ科 48 タマガワホトトギス/ユリ科 49 ツクバネソウ/ユリ科 50 ホソバコゴメグサ/ゴマノハグサ科 51 ヨツバヒヨドリ/キク科 52 クガイソウ/ゴマノハグサ科 53 タカネコンギク/キク科 54 アキノキリンソウ/キク科 55 ワレモコウ/バラ科 花の名前が間違えているかもしれません。 分からない花名もあります。ぜひ、コメントで教えて欲しいです。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      60
      10
      テーマ:
  • 10 Aug
    • 百名山/谷川岳・夏の花♪その3

      2016年7月19日(火) ______百名山/谷川岳______ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ その1 ・・・水上駅路線バス~ロープウェイ天神平~リフト~天神峠 その2 ・・・天神峠~熊穴沢避難小屋~天狗の留まり場~肩の小屋 続きです! 天神平から【肩の小屋】に到着。ここでランチを済ませ、いよいよ山頂へ登ります。ザックは小屋前にデポして、身軽で登ります。 【肩の小屋】 肩の小屋の入口。帰りに山バッジ購入しました。 こちらは、万太郎山方面分岐があります。 では、出発~。 すぐ分岐。西黒尾根方面を分けます。 (下山時撮影)分岐の様子。 お花畑が広がります。 そして、山頂です。。 【トマの耳】に到着。谷川岳は双耳峰。2つの山頂があります。もう一つは【オキの耳】 山頂の【トマの耳】は混雑していました。 三角点タッチ! そして___証拠写真撮りました。 あらら・・・山頂に着いたら、ガスがでてしまいました~。真っ白け~。 谷川岳「トマの耳」(1.963m)山頂 方位盤が岩の間に埋め込まれていました。 晴れていれば越後駒や中ノ岳、会津駒や至仏・燧、富士山も見えるようです。 もう一つのピークへ向かいます。一旦下って上り返します。 オキの耳。ガスが切れて山頂が見えてきました。 お花畑~。 ジョウシュウオニアザミ タカネコンギク 谷を見下ろす花たち。 途中、トマの耳を振り返ります。 岩の間に植え込まれたような自然の美。 ミヤマウツボグサとジョウシュウオニアザミ ヒメシャジン シモツケソウ・ミヤマウツボグサなど色とりどりに咲いています。 ミネウスユキソウ イブキジャコウソウ 振り返ると【トマの耳】山頂に登山者がいます。 そして__もう一つの山頂に到着。 谷川岳「オキノ耳」(1.977m)山頂 証拠写真こちらでも撮りました~。 山頂に咲いていたヒメシャジン では、往路を戻ります。 ガスが沸いたり、切れたり、目まぐるしく展望が変わりました。 肩の小屋に戻りました。下山します。 暑い登山道。汗をかきながら下山です。 行きに通過してしまったザンゲ岩。 ニッコウキスゲ。下方に見える天神平へ。 クガイソウの群生 ロープウェイ駅の「天神平」に無事に下山しました。 肩の小屋で購入した「谷川岳山バッジ」ホソバヒナウスユキソウがモチーフ 谷川岳の夏の花特集は番外編で載せる予定です。 番外編・・・夏の花特集 完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      66
      3
      テーマ:
  • 09 Aug
    • なう!乗鞍岳

      乗鞍岳です。霧が凄い。風がすごい! ご来光は見られませんでした~~(泣)初めてです。 詳細は後日です。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      78
      10
      テーマ:
  • 08 Aug
    • 百名山/谷川岳・夏の花♪その2

      2016年7月19日(火) ______百名山/谷川岳______ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ その1 ・・・水上駅路線バス~ロープウェイ天神平~リフト~天神峠 続きです! リフトで【天神峠】に着きました。お花畑があります。これから登る谷川岳のピークが大きく聳えて見えます。あそこに登るんだ~と思うと身震いしそうです。 どっしりとした山容の谷川岳。天神峠からの眺望。 この【天神峠】私は初めてでした。 天神山への登山道が別にあるようです。高倉山への途中には、”ミズバショウの群生地”や”カタクリの群生地”などあるそうです。いつか行ってみた~い。 谷川岳山頂方向の登山道を歩きだしました。 うわ~、綺麗! シモツケソウ/バラ科・・・葉が掌状 トリアシショウマ/ユキノシタ科 ミヤマシャジン/キキョウ科 クロヅル? 連なる谷川の峰。 手前の山が高倉山かな。 白毛門のジジ岩・ババ岩が見えます。白毛門(しらがもん)は過去に登ったことがあります。 過去レポ 2014年7月15日【谷川岳/白毛門・大汗かいて登りました】 ここはお花畑です。 ヨツバヒヨドリ/キク科 黄色い花・アキノキリンソウ/キク科 あっ、トンボが飛んでいま~す。わかるかな? 狭い下りの道。あまり歩かれていないようです。 何アザミ?ジョウシュウオニアザミかな。 ヤマアジサイ/ユキノシタ科 天神平からの登山道に合流しました。 木道の道を進みます。 ツルアリドオシ/アカネ科 先ほどリフトで降りた天神峠。展望台が見えています。 ↓ユキザサの実 ツルリンドウ/リンドウ科 うわわ~。珍しい花を見つけました~。 モウセンゴケ/モウセンゴケ科・・・白い小さな花です。食虫植物。 そして、熊穴沢避難小屋にとうちゃこ~~。 熊穴沢避難小屋 避難小屋の内部。 ここで休憩。行動食を食べ、水分補給しました。 こちらは、別ルート【いわお新道】。ロープが張ってあります。 いわお新道。注意書気がありました。崩落している箇所があるようです。山ビルが多いそうです。 休憩を終え、歩き出しました。ここは天神尾根。 避難小屋の先から斜面がきつくなってきました。 暑いので、少しでも樹木の陰を探して登ります。あちィ~~ 振り返ると、急な傾斜が分かります。天神峠が遠くなってきました。 この鎖場は、ちょっとした難所。 上部を見上げます。まだ、遠いです。 ヤマアジサイ/ユキノシタ科 クルマユリ/ユリ科 まだまだ登ります。登ります。 振り返ります。 このあたりから、お花が多くなってきました。 オトギリソウ/オトギリソウ科 オオバギボウシ/ユリ科 お花畑~ ミヤマセンキュウ/セリ科 ヒメシャジン/キキョウ科 コメツツジ/ツツジ科 天狗の留まり場 岩場があるので、寄り道です。 眺めの良い岩場。下方に高山植物が咲いていました。 登ってきた天神平方面。 これから登る登山道。 緑溢れる尾根です。 では、歩き始めます。 肩の小屋にとうちゃこ~~。 谷川岳肩の小屋 西黒尾根方面分岐。 ここでランチタイム。有料トイレあります。 食事後、ザックをデポして山頂へ向かいます。たくさんの花に出合いました。 続きま~す。 続き・・・その3 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      65
      10
      テーマ:
  • 07 Aug
    • 百名山/谷川岳・夏の花♪その1

      2016年7月19日(火) ______百名山/谷川岳______ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ 7月19日(火)、コミュのイベントで谷川岳に登りました。参加者は10名です。JR水上駅に8時20分コミュ仲間が集合しました。 JR水上駅 駅前の【観光案内所】で”お得切符”を購入。 路線バスとロープウェイの往復セット券です。代金は2.920円。(ロープウェイ片道1230円ですからバス代も含めてお得です) 3番バス乗り場・「谷川岳ロープウェイ行き」。8時25分発に乗車。 谷川岳ロープウェイ乗り場に到着~~。 登山者カード入れ。今回はコミュ参加ですからネットで提出済み。 天神平ゲレンデ内に熊出没しています!((((((ノ゚⊿゚)ノここにも熊さん ロープウェイ土合口駅は標高746m。空中散歩~。 ロープウェイを降りました。天神平駅。 天神平駅の外にでました。標高1319m。 冬季、ここはスキー場です。リフトがいくつもあります。天神平スキー場です。 天神平からの眺め。笠ヶ岳・朝日岳・白毛門がドーンと見えます。 この展望は素晴らしいです。 あらら~、凄い気温が高いです。 天神平の気温26℃。すでに蒸し暑いです。 元気な人は歩いて登ります。が、暑さに弱い人はリフトに乗ることにしました。私もリフトにのりま~~す。 リフトで天神峠へ。 私は初めて乗ります。リフト代片道410円。お得切符には含まれていないので購入。良いお天気で暑いですから楽して登ります。 リフトの下はお花畑でした。 ヨツバヒヨドリ、トリアシショウマ、ヤマアジサイ、クガイソウ、オオバギボウシなど・・ クガイソウがいっぱい~。 一気に上がってしまいました。風が気持ち良いです。 【天神峠】にとうちゃこ~~ 標高1500m。天神峠。 証拠写真撮りました~。これから、あそこに登りま~す。 これから登る谷川岳。トマの耳とオキの耳がくっきり~。 アングルを変えて、お花畑越しに谷川岳。(スマホ画像) ヨツバヒヨドリが主役。 (スマホ画像)笠ヶ岳と朝日岳がくっきり。 笠ヶ岳や白毛門とお花畑~~。 良い眺めですね~。何枚も撮ってしまいました。 天神平ロープウェイ駅が小さく見えます。 では、これから、天神峠を一旦下ります。谷川岳山頂を目指して歩きます。 この先は、続きま~~す。 続き・・・その2 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      76
      6
      テーマ:
  • 06 Aug
    • シャクナゲ咲く「国師ヶ岳と北奥千丈岳」ハイキング☆後編

      2016年7月10日 金峰山の東側に位置する国師ヶ岳~北奥千丈岳をハイキング。 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○● 前編 ・・・塩山駅~大弛峠~夢の庭園~前国師岳 ____続きです。 大弛峠から入山。【夢の庭園】を歩き、「前国師岳」に到着しました。 ここまで、シャクナゲがとても綺麗に咲いていました。 前国師岳 これから、国師ヶ岳へ。 整備された木製の階段を下ります。 やがて分岐。真っすぐ行くと国師ヶ岳。右に北奥千丈岳へ。 先に国師ヶ岳へ行きます。 国師ヶ岳方面は甲武信ヶ岳への縦走路です。 あっという間に~とうちゃこ~~~。 国師ヶ岳(2592m)山頂 山梨百名山です。get! 三角点タッチ! 証拠写真撮りました~~。 こちらは甲武信ヶ岳方面縦走路。ここは歩いたことがあります。 過去レポ 2011年6月10日~11日「甲武信ヶ岳~金峰山縦走」 西沢渓谷方面は通行禁止の案内。天狗尾根かな? 先ほどの分岐まで戻ります。北奥千丈岳へ向かいます。 ミツバオウレン/キンポウゲ科 分岐に戻りました。ここを左折。 登山道脇は___ふかふかの苔。 シャクナゲロード そして、3座目。北奥千丈岳にとうちゃこ~~。 先客がいました。 北奥千丈岳(2601m)山頂 奥秩父最高点です。でも、三角点は見つけられませんでした。 金峰山方面。雲の中。 ちらり、五丈石。 ここでランチタイム。     先客の山ガールさんに撮っていただきました。後ろ姿でVサイン。 あら、雲が切れて、晴れてきましたね~~。 金峰山の山頂が見えてきました。 手前は金峰山の登山道。登山者が見えます。 そして、奥千丈岳の石楠花新道。こちらは破線のトサカ・黒金山への縦走路です。 奥のピークが先ほど登った「国師ヶ岳」 国師ヶ岳ズーム。 では____往路を戻ります。【大弛峠】へ下山です。 また、シャクナゲロード通過。撮りました~~。 ゴゼンタチバナ/ミズキ科 帰りは余裕で花を撮りながら下山できました。 目的のシャクナゲを見ることができました。楽しいハイキングでした。 大弛峠からタクシーで柳平へ。ここからバスで塩山駅に到着しました。 完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      57
      8
      テーマ:
  • 05 Aug
    • シャクナゲ咲く「国師ヶ岳と北奥千丈岳」ハイキング☆前編

      2016年7月10日 金峰山の東側に位置する国師ヶ岳~北奥千丈岳をハイキング。 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○● 7月10日(日)、山友さんとJR高尾駅ホームで待ち合わせ。甲府行き電車に乗りました。塩山駅に下車。 塩山駅。武田信玄像があります。 7時30分発の焼山峠行きバスに乗ります。このバスは予約制。人数によりバスの大きさが違います。この日は金峰山に登る人が多く、満席でした。 焼山峠でタクシーに乗り換え、「大弛峠(おおたるみとうげ)」向かいます。 大弛峠に到着。 ここは、「金峰山登山口」があり、ほとんどの登山者はそちらに行きました。 最近整備された駐車場。混んでいました。トイレを済ませ出発です。 私も昨年、ここから金峰山に登っています。 過去レポ 2015年9月5日【金峰山】 国師ヶ岳・甲武信ヶ岳方面入口。 【大弛小屋】の前を通過していきます。 この小屋は甲武信ヶ岳~金峰山縦走の時、宿泊したことがあります。 過去レポ 2011年6月10日~12日【甲武信ヶ岳~金峰山縦走】 国師ヶ岳は真っすぐ進みますが、【夢の庭園】へ寄り道。 シャクナゲ咲いているかな? 分岐。 夢の庭園は右へ。 うわ~、目的のシャクナゲ、咲いていました~~。 ハクサンシャクナゲ/ツツジ科 階段を上ると、見えてきました「金峰山」 ズーム五丈石 階段が回廊になっています。展望が良いです。 瑞牆山方面かな。 【夢の庭園】の案内板。 金峰山と朝日岳。下方に駐車場が見えます。 アングルを変えて!もう1枚。 分岐に到着。ここで国師ヶ岳方面と合流しました。 こちらにもシャクナゲが咲いています。これが見たかった~~。 綺麗です。美しいです。気品があります。 あらら~。金峰山の山頂付近に雲が出始めました。 国師ヶ岳までは、この木製階段が長~く続きます。 振り返りました。長~い階段が回廊の様です。 でも、ここは【シャクナゲロード】疲れを癒してくれます。   ゴゼンタチバナ/ミズキ科 コケモモ/ツツジ科 シャクナゲの先に北奥千丈岳。 そして__最初のピークにとうちゃこ~~。 前国師岳(2.576m)山頂 証拠写真。 前国師岳から北奥千丈岳 この先は、続きます。 続き・・・後編 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      47
      6
      テーマ:
    • 写真追加しました!速報!燕岳登りました!

      昨日から燕岳。ご来光見られました~~(*⌒▽⌒*) 高山植物の女王【コマクサ】 シロバナコマクサ見つけました~~。 そして____今回も偶然ばったり~。 3名さまにお逢いしました。おひとりはガイドさんでした。 仲良くツーショット写真、撮らせていただきました。 また、どこかのお山でお逢いしましょう! 最後に、槍ヶ岳と【しぇーポーズ】 詳細は後日です。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      110
      14
      テーマ:
  • 03 Aug
    • 八ヶ岳/編笠山&霧ヶ峰お散歩~♪その3

      2016年7月3日(日) _____八ヶ岳/編笠山_____ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* その1 ・・・富士見平~観音平~雲海展望台~横手川 その2 ・・・横手川~編笠山山頂~青年小屋 続きです。 編笠山の山頂に登り、青年小屋に下りてきました。ここで休憩。 ここから権現岳へはCT1時間30分くらいです。晴れていれば・・・。 トイレを済ませ、行動食を食べて外に出ると、霧が雨になっていました。 雨具を着ます。予定通り行きましょうか? 権現岳の案内。歩きはじめました。 小雨です。ひどい降りではありません。 キバナノコマノツメ/スミレ科 ちょっと開けた場所に出ると、風が強いです。 シロバナノヘビイチゴ/バラ科 この先で、「ごめんなさい。この先は雨や風があると危険な岩場もあるので止めて下山したいです。」「もう少し天候が良いと良かったですね」 この先、ノロシバやギボシを通過します。西ギボシの頂上直下は岩場です。 その先にも鎖場。そして、核心部が連続します。晴れていれば問題無い岩場も雨で難度があがります。 今年、別のコミュですが、違う山で2人の女性が滑落して亡くなられていました。1月にはヘリで救助されているのを見ました。 結果が良かったではなく、安全第一を優先しました。 青年小屋に引き返しました。無理はしません。安全登山です。 下山して、温泉に入りたいです。 お昼は、山梨県の名物【ほうとう】を食べましょう。 ここは、標高2280m地点。 横手川分岐までぐるりっぷ~。 この大岩の先が展望台でした。 上空に、重い黒雲が垂れこめています。 うわ~。綺麗! 満開のベニサラサドウダン。とっても鮮やかできれいです。 ベニサラサドウダン/ツツジ科 ここで、この花を眺めながら休憩。フルーツを食べました。 そして、分岐にとうちゃこ~。 分岐の「横手川」通過。 そして、雲海展望台。富士山は見えないよね~~。 富士山、ありがとう~~。雲の衣を着ていましたが、見えました。  観音平登山口。下山しました。12時15分でした。 ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ お腹空きましたね。先に昼食です。甲州名物の「ほうとう」食べましょう。 甲州ほうとう「小作」 【ほうとう】。食べきれないほど量が多いです。 このあと、時間が早いので、「霧ヶ峰」のニッコウキスゲを見に行きま~す。 ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 車を飛ばして寄り道です。 霧ヶ峰~~お散歩~~。うわ~~。晴れていま~~す。 高原歩き。気持ち良いです。 車山。奥に白いドームが見えます。 今回は、車山の山頂には行きませんでした。 過去レポ 2014年7月21日「霧ヶ峰・高原の風と花は優しさに満ちて♪」 まだ、ニッコウキスゲは咲き初めでした。 初初しいです。 ニッコウキスゲ/ユリ科 ハクサンフウロ/フウロソウ科 ぐるり~お散歩してきました。 ________最後に温泉です_________ 信州春日温泉「かすが荘」 でした。 早かったので誰も居ません。 完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      61
      6
      テーマ:
  • 02 Aug
    • 八ヶ岳/編笠山&霧ヶ峰お散歩~♪その2

      2016年7月3日(日) _____八ヶ岳/編笠山_____ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* その1 ・・・富士見平~観音平~雲海展望台~横手川 続きです。 「観音平登山口」から樹林帯を登ってきました。「横手川」に到着。 分岐です。青年小屋方面を分けます。 ここから、左側の登山道へ。編笠山頂を目指します。 横手川の分岐を左側の登山道へ。 マイヅルソウやゴゼンタチバナが咲いていました。 ゴゼンタチバナ/ミズキ科(緑色) ここからの登りが頑張り所。岩ゴロと急斜面です。 ちょっと一息ついて。 根っこ道に突入。 自然界の罠に足を取られないように。 擬態をさがし~。ポケモン? 苔むした樹林帯。苔ワールドが広がります。 岩が踏み込まれて照りが出ています。 コケモモ/ツツジ科 振り返ると____うわ~~富士山です。 富士山。まだ見えていました。雲海に浮かぶ姿~。雲の帽子ですね。 南アルプスかな。 少し登って、また振り返ります。     富士さ~~ん、ありがと~う 怪しい雲が上空にありますが、まだ、雨は降っていません。 ここから右折するように登山道が続きます。 短いですが、鉄ハシゴ。 ハクサンシャクナゲ/ツツジ科 ドウダンツツジ/ツツジ科 タカネバラ/バラ科 振り返ると、かなり急斜面を登ってきました。 ツマトリソウ/サクラソウ科 ゴゼンタチバナ/ミズキ科(白色) 山頂まであとちょっと!頑張って!青年小屋の看板が出てきました。 あと少しです。開けてきました。 岩の間にお花が咲いています。 オオカサモチ/セリ科 ヨツバシオガマ/ゴマノハグサ科 ウスユキソウ ミネウスユキソウ/キク科 ヤマハハコ/キク科 編笠山にとうちゃこ~~ 編笠山(2,523.7m)山頂 二等三角点。タッチ! ガスガスで真っ白な山頂で、証拠写真~。 【編笠山】は同じルートで過去に登ったことがありました。2度目です。 霧に包まれ、何も見えないので青年小屋へ下山です。 キャ~素敵。ここからはシャクナゲロード。 登山道わきにハクサンシャクナゲが満開です。 これが見たかった~~~。 お天気が良ければ、前方に権現岳が見えてくるはず・・・残念 ヒカリゴケ。わかります? 冠のようなゴゼンタチバナが素敵! 青年小屋が見える場所ですが、ガスで真っ白け~~。 岩がゴロゴロした場所を下りていきます。 青年小屋に着きました~。 ここは分岐です。西岳方面、権現山方面。観音平方面を分けます。 【青年小屋】 「遠い飲み屋」の赤ちょうちんが有名ですが、本日は出ていません。 有料トイレを貸していただくため、小屋の中に入りました。 遠い飲み屋の赤ちょうちん、ありました~。 雨と風で中に取り込んだようです。 トイレお借りしま~~す。登山靴を脱いであがりました。 有料お手洗い100円です。チャリン~。 トイレを済ませ、おやつを食べていると雨が降り出しました・・・。 この先、権現山、どうなりますか?続きま~~す。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      54
      5
      テーマ:

プロフィール

ゆきえ

性別:
女性

読者になる

AD

このブログの読者

読者数: 787

読者になる

テーマ

一覧を見る

クリックで救える命がある。

ランキング

総合ランキング
8313 位
総合月間
5449 位
お散歩
26 位
アウトドア
85 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。