↑ぽちっと押してくださいね。
 


 


 




 

 


 

 
 
 
 
 
 
 
 











  • 30 Sep
    • 百名山/笠ヶ岳・14時間日帰り山行♪②

      2016年9月17日(土)________百名山/笠ヶ岳(かさがだけ)________「笠新道」を往復して日帰り山行です。休憩なしのコースタイムは13時間15分。【抜戸岳】にも登頂しました。目的は買い忘れた「百名山・笠ヶ岳の山バッジ」を購入すること。エスケープとして笠ヶ岳山荘に宿泊を視野に入れていました。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その①・・・新穂高登山指導センター~笠新道登山口~1920m地点 続きです。「笠新道登山口」から入山。杓子平までの中間地点(1920m)に到着しました。槍・穂の展望が素晴らしいです。槍ヶ岳・大喰岳・中岳・南岳・大キレット・北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳が連なります。ナナカマドの紅葉が始まり、秋景色です。 青空~~。やはり嬉しいです。。でも、暑い~。手前が焼岳。奥が乗鞍岳。奥穂と前穂。穂高連峰~~。____もう一度、槍さま~~。新穂高温泉方面が谷沿いにみえます。この斜面は開けて展望が良いですが、登山道は岩ゴロ。よそ見、注意が必要です。何度も、何度も撮ってしまう槍ヶ岳。この展望があるから、この辛い登りも頑張れます。草紅葉が、少しずつ。わ~い。秋景色~~。見上げるような稜線。まだ、杓子平は遠いですね。シラタマの実。潰すとサロメチールの香りがします。  【標高2000m地点】。草付きです。登山口からここまでコースタイムは2時間30分。ナナカマドの紅葉。枯れて色は暗いです。スマホ画像で槍ヶ岳。  まだ、まだ続く岩ゴロ登山道。上ります。ここが長く感じました。ここはお花畑でした。草付きです。  やっと~。「杓子平」にとうちゃこ~~9時35分。 【杓子平(しゃくしだいら)】ここから、やっと【笠ヶ岳】を望みます。笠の稜線が見え、テンションUP。ズーム、笠ヶ岳と笠ヶ岳山荘。笠ヶ岳の左側に「クリヤノ頭」「錫杖岳」登山道は右に迂回するように続いています。杓子平から稜線上までコースタイム1時間30分。まだまだ長~~い。杓子平で休憩。この景色を眺めながら、おにぎりを食べます。今まで立ち休憩のみ。やっと座り込んで休憩しました。リーダーさんの背中の汗が登りの大変さを物語っていますね。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 では、食事を終え出発。ゆっくりできません。 休憩した場所のハイマツの向こうに大展望。こちらは進行方向。 「杓子平」の上り。右寄りの斜面に登山者が小さく見えます。 ____チングルマの穂と笠ヶ岳 この急斜面は見上げても岩ばかり。遠くに稜線かな~。〇印を探します。振り返ると、かなりの急斜面がわかります。杓子平を見下ろしています。後続の登山者が小さくみえます。眺めは最高ですが、この登りは汗をかきます。眺めがよいのが救いです。辛い上りを頑張れます。 もう少しで稜線上。がんばろう。 稜線手前に「抜戸岳」分岐。行きますか?行きましょう。10時50分。右に進路を変えました。山頂ですか?ケルンが見えます。ここは違いました。もう少し奥です。一番奥に山頂標識が見えました。進みます。【抜戸岳(ぬけどだけ)】2813m山頂三等三角点。三角点タッチ!証拠写真撮りました。奥に双六岳や双六小屋が小さく見えました~。大展望ですが。写真は次回です。。続きます。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。   

      NEW!

      52
      4
      1
      テーマ:
  • 29 Sep
    • 百名山/笠ヶ岳・14時間日帰り山行♪①

      2016年9月17日(土)________百名山/笠ヶ岳(かさがだけ)________「笠新道」を往復して日帰り山行です。休憩なしのコースタイムは13時間15分。【抜戸岳】にも登頂しました。目的は買い忘れた「百名山・笠ヶ岳の山バッジ」を購入すること。エスケープとして笠ヶ岳山荘に宿泊を視野に入れていました。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 前日(16日)の深夜、新穂高温泉「深山荘」の無料駐車場に到着しました。夜遅く到着しましたが、最上部にかろうじて1台分の場所を見つけて駐車。ここは満車になることが多いですから、駐車できてラッキーでした。次々に車が到着します。ここで3時間仮眠します。お天気が不安定で、17日も午後から雨予報です。 朝4時起床。予定では3時起床、4時出発でしたが。寝酒を飲んだからか寝坊してしまいました。慌てて朝食のサンドイッチを食べ、準備して出発です。私の荷物は膝の負担にならないように、極力減らしました。4時55分。「登山指導センター前」。まだ、真っ暗です。パトロールカーが赤色灯をつけて待機していました。ここでトイレを借りました。ここのトイレは駐車場よりとても綺麗です。「登山届」を書いて、投函。5時10分出発です。橋を渡って林道を歩き出しました。 昨年7月末、「双六岳」に登った時は4時45分に同じコースを歩き出しましたが、こんなに暗くなかったです。林道の様子は過去レポを見てください。花がとても多かったです。過去レポ2015年7月29日~31日【弓折岳・双六岳・三俣蓮華岳】 へッ電点けて歩いています。車止めゲートをくぐり、蒲田左俣林道を歩いています。 6時10分。【笠新道登山口】に到着。やっと明るくなりました。ヘッ電はザックに仕舞いました。【笠新道登山口】この登山口には「水場」があります。ここで給水。この先に水場はありません。水分は不足しないように上り用として1.5リットルをザックに入れました。 登りはじめから急登です。ゆっくり、ゆっくり汗をかかないように歩を進めます。リーダーさんのザックは日帰りですが大きいです。山頂でドリップコーヒーを点ててくれるそうで、楽しみです。岩ゴロの道。鉄ハシゴがあります。うわ~。樹林帯を抜けて、高度があがり、景色が見えてきました。わお~、槍さま。シルエットですが、テンションUP~~ こちらは焼岳と乗鞍岳。さらに登ります。短いハシゴが設置されています。 穂高連峰が目の前に連なります。晴れました。お天気を心配しましたが、嬉しいです。焼岳と乗鞍岳。ゴゼンタチバナの赤い実。秋ですね~。標高1920m。杓子平までの中間地点。わわ~~~。「大キレット」が目の前に見えています。 先月、槍・穂縦走したことが思い起こされます。大キレット縦走しました。過去レポ2016年8月18日~20日【大キレットに挑戦!最短日程で槍・前穂まで8座登頂♪】 ナナカマドの紅葉が始まっていました。秋景色。すばらしい風景です。 この先は、続きま~~す。 続き・・・その② ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      74
      12
      テーマ:
  • 28 Sep
    • 北八ヶ岳/縞枯山~白駒池~麦草峠★3最終回

      2016年9月3日_______北八ヶ岳/縞枯山~白駒池~麦草峠____★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その1・・・北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅~山頂駅~縞枯山荘その2・・・縞枯山荘~雨池峠~縞枯山~展望台~茶臼山 ___続き・最終回です!___【茶臼山】に到着。樹林の中、展望はありません。その先に「展望台」があるので、これから行きます。展望台は、樹林の先。ピストンで、またここに戻ります。 樹林を抜けると開けた場所。ガスっていて残念!何も見えません。こちらの展望台は横長の広場でした。ちょこっとした岩場があり、そこに標識がありました。三角点もありました。【茶臼山展望台】茶臼山展望台・標高2.384mここに、四等三角点。タッチ! そして、来た道を戻り、茶臼山にとうちゃこ~。茶臼山で証拠写真。 似たような樹林帯の登山道。長い下りです。北八の風景。苔ワールド。人面岩?苔むして石仏みたい。樹林を下り切った場所が「中小場」。岩ゴロの展望台でした。【中小場】標高2.232mここからの展望。天狗岳方面が望めました。さあ~、下ります。「中小場」の岩場から、また樹林に入ります。まもなく【旧峠道跡】に着きました。ここが【大石峠】分岐です。オトギり平・五辻方面を分けます。まっすぐ麦草峠へ歩を進めます。木道になったら、麦草峠はもうすぐです。【茶水の池】北八ヶ岳には「485種類のコケが確認」されているそうです。『苔と原生林』パンフをいただいてきました。苔を探してみるのも楽しいですね。この「茶水の森」では【ホソバミズゴケ】がみられるようです。 そして、車道に合流。車道を横切り、渡ります。その先が「麦草ヒュッテ」のある【麦草峠】。【麦草ヒュッテ】ヒュッテの前が【麦草峠】バス停です。茅野駅行きと佐久平駅行きがあります。バスの発車時間15時20分まで1時間30分ほどあります。「白駒池」へピストンすることにしました。往復1時間くらい。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 バス停にザックをデポして、貴重品と水だけを持ち歩き出しました。白駒池・丸山方面へ。しゅっぱ~つ。整備された階段の道を急ぎ足で進みます。鹿除けフェンスを通過~。ちゃんと閉めてくださ~い。丸山・高見石方面分岐。いつかこちらも歩きた~い。少しだけ紅葉の下を通ります。【黒曜の森】黒曜石のかけらがたくさんあるそうです。風鈴のように垂れ下がった「フウリンゴケ」 そして、「白駒の奥庭」。木道が続きます。【白駒の奥庭】岩とハイマツが美しい~~。有料駐車場分岐。そして、【白駒の森】原生林の幹についた苔。見応えのある苔ワールド。 白駒池は右に行くか、左に行くか・・・。右に行きます。うわ~~。大きな池です。木々の間から湖面がみえます。【白駒の池】標高2115m/水深8.6m/周囲1.8km/池一周40分池のほとりに建つ山荘。【白駒荘】山荘の前のベンチでひと休み。時間があれば一周したかった~~。さあ~。バスの時間に乗り遅れると、足がなくなります。急いで引き返します。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 麦草峠の周辺に花が咲いていました。帰りは時間を見て、花撮影!ハクサンフウロ/フウロソウ科ヤマハハコ/キク科トリカブト/キンポウゲ科シラタマノキ/ツツジ科ゴマナ/キク科コバノコゴメグサ/ゴマノハグサ科ノアザミオヤマリンドウ/リンドウ科ワレモコウ/バラ科「麦草峠」15時20分発のバスで茅野駅へ。無事にバスに乗れました。北八ヶ岳。紅葉の時期にも行きたいですね。秋のトレッキングもお薦めです。同行していただいた山友さん、ありがとうございました。 完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。   

      69
      3
      テーマ:
  • 27 Sep
    • 北八ヶ岳/縞枯山~白駒池~麦草峠★2

      2016年9月3日_______北八ヶ岳/縞枯山~白駒池~麦草峠____ ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その1・・・北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅~山頂駅~縞枯山荘 ___続きです! 「縞枯山荘」に到着~。ここでコーヒータイム取りたいですが、先を急ぎます。縞枯山周辺の案内。確認しました。奥に見えるのが縞枯山です。山頂付近にガスがかかっています。 歩き出して・・振り返ると、縞枯山荘の青い屋根。コーヒー飲みたかったな~。シナノオトギリ/オトギリソウ科 【雨池峠】に到着。ここは分岐。雨池方面と雨池山・三ッ岳方面を分けます。茶臼山・縞枯山方面へ上ります。岩がごろごろした急登です。息を切らしながら登ります。30分ほどで、「縞枯山」とうちゃこ~。縞枯山(しまがれやま)2.403m山頂証拠写真で~す。ここは、一応2000m超えていま~す。 これから「茶臼山」へ向かいます。尾根上を進むと白く立ち枯れたシラビソが目立ちます。そして、「展望台の中間点」。ずっと、似たような標識です。 山腹で立ち枯れ。世代交代をしているそうです。縞枯れた風景。山名の由来になっています。 ここが「展望台分岐」。左側に大きな岩場が見えます。左折して、展望台へ向かいます。展望台に着きました。岩場に登山者の姿が見えます。【縞枯山展望台】2.386m天狗岳方面。手前が茶臼山。奥に双耳峰の天狗岳。ズーム天狗岳。岩場の向こうに、縞枯た山腹が見えます。こちらの岩場は賑わっています。展望台の標識がある奥の岩場。ここで__ランチタイムこの北八の風景がおかずです。昼食を終え、展望台を後にします。シラビソの森。 分岐に戻ってきました。茶臼山へ進みます。似たような登山道。下ります。ゴゼンタチバナの赤い実。鞍部の五辻・ロープウエイ方面分岐ここから、また登り返しです。立ち枯れた風景。何だか寂しいですね。このルートに花はほとんどありませんでした。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 あっというまに「茶臼山」茶臼山2384m山頂こちらにも展望台があるのでこれから行きます。その3に続きま~す。 続き・・・その3最終回 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      71
      8
      テーマ:
  • 26 Sep
  • 25 Sep
  • 24 Sep
    • 北八ヶ岳/縞枯山~白駒池~麦草峠★1

      2016年9月3日_______北八ヶ岳/縞枯山~白駒池~麦草峠_____ 北八ヶ岳の北横岳から縞枯山までは、今まで歩いていました。その先の茶臼岳や白駒池が未踏でしたので、山友さんに同行していただき、歩いてきました。 過去レポ2015年8月9日【北横岳&縞枯山】★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。  JR高尾駅ホームで山友さんと待ち合わせ。6時14分発松本行きに乗車しました。JR茅野駅に8時50分到着です。今回も「青春18きっぷ」使用。茅野駅前のバス乗り場「2番・北八ヶ岳ロープウェイ駅」行きに乗りました。バス代は片道1250円。案内所で購入してバスに乗り込みました。北八ヶ岳ロープウェイ駅に10時17分着。北八ヶ岳ロープウェイ駅。スイス風な建物が素敵です。山頂駅まで片道1.000円。帰りは麦草峠から路線バスに乗る予定です。ロープウェイは10時30分発に乗ります。ロープウェイ山麓駅の「標高1.771m」。 観光客も多く、ロープウェイはほぼ満員です。ロープウェイは真っ赤ですが、ガラス越しで色が違います。すれ違い~~。 山頂駅にとうちゃこ~。山頂駅の【登山計画書提出箱】。投函しました。登山届の提出は、習慣にしたいですね。 北八ヶ岳・坪庭のキツツキ。ここは「標高2.240m」今回、【坪庭】はパス~。時間が無いので行きません。北横岳へ登る人が多いです。 雨池峠・五辻方面へ進みます。 ハクサンフウロ/フウロソウ科ヤツタカネアザミ/キク科雲が多く、展望は良くないです。雨池峠・雨池方面へ。こちらは【坪庭】方面分岐。 長い木道が続きます。 【縞枯山荘】が見えてきました。縞枯山荘前の石仏。合掌。【縞枯山荘】 この先は、続きま~~す。 続き・・・その2 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      71
      6
      テーマ:
  • 23 Sep
    • 入笠山/秋の花⚘3最終回

      9月1日(木)____入笠山(にゅうかさやま)____ お天気が良いので、「青春18きっぷ」を使って、どこか出かけることにしました。どこに行こうか、迷いましたが、”秋の花咲く入笠山”に決めました。単独です。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その1・・・富士見駅~徒歩~富士見パノラマリゾート~ゴンドラ~山頂駅その2・・・ゴンドラ山頂駅~入笠湿原 続き・最終回です。【入笠湿原】です。湿原で秋の花を撮りました。この後は【入笠山】方面へ歩きだします。「山彦荘」の前から入笠湿原を見下ろしました。木道が張り巡らされています。小学生たちの下山の列が続いています。トイレあります。道路とのY分岐。左の小路に入ります。 この花は?教えていただきました。nemophyさんありがとうございました。ナンバンハコベ/ナデシコ科橋を渡ります。ゲンノショウコ/フウロソウ科ツリフネソウ/ツリフネソウ科マルバダケブキ/キク科オトコエシ/オミナエシ科車道に合流。マナスル山荘や大阿原湿原方面を分けます。第2のお花畑。獣除けゲートを開いて中に入ります。クサフジ/マメ科ヤナギラン/アカバナ科コバギボウシ/ユリ科ハクサンフウロ/フウロソウ科ゴマナ/キク科ノコンギク/キク科 シモツケ/バラ科サラシナショウマ/キンポウゲ科イヌゴマ/シソ科タムラソウ/キク科・・・葉に棘が無い。マツムシソウ/マツムシソウ科キキョウ/キキョウ科ツリガネニンジン/キキョウ科ウメバチソウ/ユキノシタ科ヤマホタルブクロ/キキョウ科キバナノヤマオダマキ/キンポウゲ科ハナイカリ/リンドウ科ヤマハハコ/キク科マツムシソウ/マツムシソウ科お花畑を出て、見下ろしています。これから入笠山へ登ります。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 山道になりました。上ります。山頂直下では、少しだけ紅葉。振り返ると八ヶ岳。上部は雲に隠れています。山頂にとうちゃこ~~。平日ですが、山頂は賑やかです。 平日ですが、賑やかです。 入笠山(1955m)山頂三角点。タッチ!方位盤。新しいです。いつから変わったのでしょう?↓過去に取り付けられていた方位盤。2015年6月はまだこれでした。今年5月28日の開山祭で新しくなっていました。過去レポ 2013年3月2日 「入笠山でスノーシュー」 2014年6月19日 「入笠山でスズランとホテイアツモリソウ」 2015年6月26日【入笠山・スズランやクリンソウの群生】   証拠写真。山頂でランチタイム~~。そろそろ、下山しましょう。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 マナスル山荘の「ビーフシチュー」がおいしいと聞きましたので立ち寄りました。残念ながら、メニューにはなかったです。特別注文かな?★─☆。o゚。★─☆。o゚。 帰りは少しルートを変えました。アケボノソウ/リンドウ科満開のエゾリンドウ。9月の入笠山で秋の花を楽しみました。富士見パノラマリゾートに咲いていたコスモス。 完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      65
      6
      テーマ:
  • 22 Sep
    • 入笠山/秋の花⚘2

      9月1日(木)____入笠山(にゅうかさやま)____ お天気が良いので、「青春18きっぷ」を使って、どこか出かけることにしました。どこに行こうか、迷いましたが、”秋の花咲く入笠山”に決めました。単独です。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その1・・・富士見駅~徒歩~富士見パノラマリゾート~ゴンドラ~山頂駅 続きです。ゴンドラに乗り、山頂駅に到着。春のような賑わいはありません。ハイキングコースをどのルートにしましょうか。今回は電波塔のあるスズラン群生地入口から入笠湿原へ行くことにしました。今は季節外れ。スズランは咲いていません。電波塔を左へ。案内図の現在地です。秋の花が咲いていました。ヤマハハコ/キク科ノコギリソウ/キク科ホソバトリカブト/キンポウゲ科ここは”スズランの群生地”ですが、今は”秋の花”が咲いていました。蝶々がたくさん飛んでいました。クジャクチョウ マツムシソウ/マツムシソウ科オミナエシ/オミナエシ科ノハラアザミ/キク科ワレモコウ/バラ科ウスユキソウ/キク科ハナイカリ/リンドウ科ウメバチソウ/ユキノシタ科コバギボウシ/ユリ科アキノキリンソウ/キク科ノコンギク/キク科キンミズヒキ/バラ科アカバナ/アカバナ科ツリフネソウ/ツリフネソう科ヤナギラン/アカバナ科エゾリンドウ/リンドウ科エゾリンドウは頂だけではなく葉の脇にも花がつく。 サワギキョウ/キキョウ科このあと、入笠山へ向かいます。途中、もう一つお花畑を通過します。 続きます。 続き・・・その3最終回 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      78
      6
      テーマ:
  • 21 Sep
    • 入笠山/秋の花⚘1

      9月1日(木)____入笠山(にゅうかさやま)____ お天気が良いので、「青春18きっぷ」を使って、どこか出かけることにしました。どこに行こうか、迷いましたが、”秋の花咲く入笠山”に決めました。単独です。 高尾駅6時14分発松本行きの電車に乗りました。中央本線「富士見駅」で下車。8時38分着。無料バスの時間は10時です。【富士見駅】ホームには、大きなひまわりが咲いていました。駅前の「富士見パノラマリゾート行き無料バス」乗り場。 10時まで、まだ時間があるので、駅舎で朝食のおにぎりを食べました。食後、”駅からハイキング”パンフレットに【観光案内所】があるのを知っていたので、立ち寄りました。「平日は無料バスはないですよ」____(がーん。きょうは木曜日)。「歩いても40分くらいでいけますよ。平日はタクシーですね」「歩こうと思いますので、街の地図をお願いします。」 【エリアマップ】と【割引券付の入笠山お手軽ハイキング】パンフもいただきました。9時に観光案内所が開いていてよかったです。早い時間に着いたので、バスを待つつもりで歩き出しました。タクシーには乗りません。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 お天気も良く、駅から歩くのもイイものです。ハイキング日和~。駅前を少し歩き、T字を右折。まっすぐ進むと、大きな道路にぶつかります。歩道橋があります。歩道橋「富士見」です。R20に合流します。右へ。コンビニの駐車場に【御柱】が飾ってありました。諏訪・茅野方面へ歩きます。交番の前を通過。【富士見峠】この、交差点を左折です。左折した方が近いです。が、私は道がわかりやすいR20をまっすぐ進みました。タンポポヒルガオトンボ東京から183km地点。うわ~、蕎麦の花畑。遠回りしたから見られた風景です。 その先に交差点。富士見パノラマリゾートの案内がありましたので曲がります。この交差点はJR「すずらんの里駅」に近いです。ここからが長かった~。入笠山マイカー規制の案内。また、蕎麦の花~。 のんびりと田園風景を眺めながらハイキング~~。 中腹にゴンドラが動いているのが見えました。あれに乗ります。 日帰り温泉【ゆ~とろん水神の湯】(木曜定休)。 コスモス富士見市のマンホールの蓋は”スズランがモチーフ” ここを曲がると間もなく駐車場。平日ですから車も少ないですね。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 【富士見パノラマリゾート】にとうちゃこ~~~。10時30分着。だいぶ遠回りしてしまいました。チケットを購入して、ゴンドラ乗り場へ。入笠山は今年2度目。5月、スズランの季節に来ています。レポ参考にどうぞ。 過去レポ2016年5月28日【入笠山/開山祭とスズラン群生】 入笠山の開花中の花図鑑。わくわくしちゃいますね。ゴンドラ【スズラン】乗り場。本日の情報ボード。天気/晴れ・山頂16℃。麓22℃ゴンドラからの八ヶ岳。あっ、富士山が見えました~~。富士さ~~ん、ありがと~う。間もなく山頂駅です。 続きます。 続き・・・その2 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。   

      67
      10
      テーマ:
  • 20 Sep
    • 百名山/御嶽山・五ノ池小屋泊☆その⑤最終回

      2016年8月26日~27日__________【御嶽山(おんたけさん)】________2014年の大噴火からまもなく2年を迎える【御嶽山】。まだ「火口周辺警報レベル2」です。剣ヶ峰周辺1kmは規制中です。でも、御嶽山域には入山できます。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その1・・・小坂(濁河温泉)登山口~御嶽神社飛騨里宮~仙人滝分岐~仙人橋その2・・・仙人橋~ジョーズ岩~湯の華峠~蛙岩~のぞき岩避難小屋跡その3・・・のぞき岩避難小屋~お助け水~雷鳥岩~五の池小屋その4・・・五の池小屋~飛騨頂上~池めぐり~五の池小屋泊 ___続き・最終回です! 2日目/8月27日(土)朝、外に出るとガスで真っ白~。目的だった”摩利支天山でご来光~”は残念です。今回は諦めました。また、いらっしゃいということですね。天気予報も下り坂です。。朝食後、すぐ下山をすることにしました。【五の池小屋】朝食をしっかりいただきました。食後、薪ストーブカフェ・ぱんだ屋でコーヒータイム。小雨が降り出したので雨具を着ました。「お世話になりました」小屋番さんに挨拶をして、外に出ました。★─☆。o゚。★─☆。o゚。こんなガスの天候時は【雷鳥】がでてきます。”雷鳥に会いた~い”。きみちゃんの声。でも見つけられませんでした。居たのは鳥ですが・・・「イワヒバリ」かな?単独の中年男性とにわかパーティを組み、4人で下山です。鐘も雨に濡れていました。急がず、怪我をしないように下山します。キャンプ場分岐通過。仙人橋を通過。10時4分。無事に登山口に戻ってきました。お疲れさまでした。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 この後は温泉へ直行。すぐ近くの「濁河(にごりご)温泉」へGO~~。【濁河温泉】下呂市公式温泉サイトです。標高1800mの通年営業温泉で日本でも有数の高所温泉。濁河温泉・市営露天風呂。入場券500円。森の中、特に看板もないです。これが温泉?と疑いそうになりました。こちらは女性用露天風呂。森の中で野趣あふれる露天風呂でした。内湯はありません。露天風呂のみ。男性用はもっと広いそうです。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 温泉のあとは_____【岐阜そば・開田高原そば】を食べます。開田高原「そば処・嶽見(たけみ)」2枚が普通盛りでした。開田高原・【蕎麦祭り】情報です。平成28年10月2日開催★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 お蕎麦を食べて、次のお楽しみが「奈良井宿」へ。盛りだくさんです。きみちゃんが、ブログ友のにゃんたさんと連絡を取って、お逢いすることができました。奈良井宿については___奈良井宿観光協会 きみちゃん、ふみ君、にゃんたさん、私で記念撮影(=⌒▽⌒=)三色五平餅をいただきました。 【奈良井駅】レトロです。開業明治42年ですって。 そして、【木曽大橋】。総檜造りの太鼓橋。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 最後に____【撮り鉄】__今回も電車に遭遇。御嶽山登山・温泉・グルメ・そしてブログ友さんとお逢いできました。盛りだくさんな、とても楽しい山旅になりました。同行させていただいたきみちゃんご夫妻に感謝です。ありがとうございました。 完。↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      66
      10
      テーマ:
  • 19 Sep
  • 18 Sep
    • 速報!百名山/笠ヶ岳(日帰り14時間山行)

      昨日(17日)、百名山/笠ヶ岳に登ってきました。笠新道を往復して日帰りです。14時間のロングタイムでした。ヘッ電の明かりで笠新道の下り、キツカッタ~。あの新穂高温泉までの林道も長かった~。 でも、目的の【百名山・笠ヶ岳山バッジ】getしました。99個目です。笠ヶ岳は8年ぶり2度目の登頂でした。残り、最後の百個目は来年ですね。 デジカメを自宅に忘れるハプニング。予備のカメラとスマホ映像です。今回も雷鳥に出会いました。雷鳥が飛びました~。びっくり~。蛇にも遭遇。 _____速報_____笠新道から眺めた槍・穂。紅葉が始まっていました。槍ヶ岳とナナカマドの紅葉。8月に大縦走した槍・穂高岳。【大キレット】の展望に歓声をあげました。こちらは杓子平。草紅葉が色づきはじめていました。笠ヶ岳とチングルマの穂。秋景色です。8年ぶりの笠ヶ岳。素晴らしい山岳風景です。笠ヶ岳山荘で【笠ヶ岳の山バッジ】getしました。抜戸岳山頂。360度の大展望。日帰り登山の証拠写真です。詳細は後日です。↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      94
      22
      テーマ:
  • 17 Sep
    • なう!笠ヶ岳

      なう!笠ヶ岳 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      82
      8
      テーマ:
  • 16 Sep
    • 百名山/御嶽山・五ノ池小屋泊☆その④

      2016年8月26日~27日__________【御嶽山(おんたけさん)】________2014年の大噴火からまもなく2年を迎える【御嶽山】。まだ「火口周辺警報レベル2」です。剣ヶ峰周辺1kmは規制中です。でも、御嶽山域には入山できます。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その1・・・小坂(濁河温泉)登山口~御嶽神社飛騨里宮~仙人滝分岐~仙人橋その2・・・仙人橋~ジョーズ岩~湯の華峠~蛙岩~のぞき岩避難小屋跡その3・・・のぞき岩避難小屋~お助け水~雷鳥岩~五の池小屋 ___続きです! 五の池小屋の裏側にある【飛騨頂上】。頂上には立派な神社が祀られています。【飛騨頂上御嶽神社】に参拝しました。参拝後、これから「池めぐり」に出かけます。お天気が良ければ【継子岳】周辺をグルリ一周できたのですが、ガスで真っ白け~。飛騨山頂を下りてきました。「五の池小屋に戻りますか?」【摩利支天】も真っ白けっけ~~。「まだ15時前。もう少し歩きましょう。」三の池方面と摩利支天の分岐。すぐ登れそうですが、ホワイトアウトは怖いですね。摩利支天はやめて、【四ノ池方面】へ歩き出しました。四ノ池方面分岐。うわわ~。今までガスに隠れていた【三の池】が現れました。【三ノ池】神秘的です。三ノ池の奥に剣ヶ峰方向がチラリ見えました。 そして【継子岳】を従えた【四ノ池】へ。【四ノ池】は雄大に広がる”高層湿原”でした。少しだけ草紅葉が見られました。そして、真ん中に小川が流れています。標高2700mにある湿原。雪解けの時期にはこの小川から流れた水で「幻の滝」が現れるそうです。【継子岳】は御嶽山の最も北部に位置します。登ってみたかった~~。 この周辺に咲いていた花。ミヤマコウゾリナ/キク科イワギキョウ/キキョウ科ヨツバシオガマ/ゴマノはグサ科ミヤマダイコンソウ/バラ科”三ノ池方面分岐”に戻りました。【剣ヶ峰】方向が浮かびあがりました。噴煙は見えません。荒々しい峰。溶岩でしょうか。 そして、手前の三ノ池の色がコバルトブルーにみえます。神秘的な色です。イワギキョウがオブジェのようです。”三の池避難小屋分岐”方面まで歩いてみました。砂礫の登山道。剣ヶ峰方向へ続く道。三の池避難小屋分岐はまだ遠かったです。三の池の湖畔の鳥居。登山道からズームしました。チングルマの穂。【オオヒョウタンボク】の赤い実。2つの実がくっついてヒョウタンのようです。結局、分岐まで行かずに戻ってきました。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 お天気が目まぐるしく変わります。神秘的な三の池。湖面をよく見ると___さざ波が立っています。手前の岸寄りにさざ波。湖面の色も微妙に違います。風で波だったのではない、細かな振動のようでした。不思議発見!神秘の池です。最大深度は約13mとか。【御嶽のエメラルド】と言われるそうです。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 小屋に戻りました。散歩を終えて喉がカラカラ~~。薪ストーブカフェ【ぱんだ屋】。ジョッキ生注文!お疲れさまでした。かんぱ~い。泡・あわ・アワ~タイム~~しばし、ゆったりとした時間が流れました。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 誰かが__晴れて素晴らしい景色が見えますよ~~。えええ~~。慌てて、カメラを持ち、外に飛び出しました。素晴らしい~~~。青空の風景が広がっていました。御嶽山最高峰【剣ヶ峰】がくっきり。きみちゃんご夫婦。大噴火に遭遇して、無事生還。込み上げる何かがあったことでしょう。しばらく佇んだままでした。早く、噴火が治まってほしいです。亡くなられた方々に。合掌。御嶽山は自然豊かな良い山です。北御嶽エリアも初めてでしたがとても魅力的でした。三人の影で記念写真。きみちゃん、素敵な山行に同行させていただき、ありがとうございました。 これが、三ノ池の【御嶽のエメラルドブルー】です。見たかった~。念願叶いました。こちらは【継子岳】。四ノ池も見えました。なだらかな稜線も見えました。こちらは、【摩利支天】明日、早朝に摩利支天登りましょ~~う。登れるかな?五の池小屋に帰ります。素敵な休憩所。「山床」(きみちゃん命名)で寝転がってVサイン。心が解放されていきます。★─☆。o゚。★─☆。o゚。小屋に戻りました。ワインを注文。夕食までの楽しい時間です。日本酒の品ぞろえ。岐阜の銘酒です。夕食です。家庭的なお料理。おいしくいただきました。いつか、薪ストーブで焼く特製ピザを食べてみたいです。ランプがともりました。夕日は、またガスに遮られ見られませんでした。おやすみなさい。1日目が終わりました。 2日目に続きます。  続き・・・その⑤最終回・温泉・グルメ・観光編↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      61
      14
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 百名山/御嶽山・五ノ池小屋泊☆その③

      2016年8月26日~27日__________【御嶽山(おんたけさん)】________2014年の大噴火からまもなく2年を迎える【御嶽山】。まだ「火口周辺警報レベル2」です。剣ヶ峰周辺1kmは規制中です。でも、御嶽山域には入山できます。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その1・・・小坂(濁河温泉)登山口~御嶽神社飛騨里宮~仙人滝分岐~仙人橋その2・・・仙人橋~ジョーズ岩~湯の華峠~蛙岩~のぞき岩避難小屋跡 ___続きです! 【のぞき岩避難小屋跡】に到着。ガスっていて、のぞき岩からの展望はありませんでした。昼食を済ませ、出発です。高度があがり、霧がたちこめています。道標番号25番通過ユキザサの実____ハリブキの実あと1.3kmの案内・・お助け水がもうすぐです。8合目の【お助け水】にとうちゃこ~~標高2450m「八合目・お助け水」「小さな祠と石仏」。参拝しました。水場のようですが、どこに湧き水があるかわかりませんでした。ここで少し休憩。水分補給します。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 道標番号32番は「森林限界」ハイマツ帯になりました。鳴き声に振り返ると、【ホシガラス】が赤矢印の木にいます。【ホシガラス】黒いからだに星を散りばめたような白模様。ハイマツの実を食べます。そして___青空~~___森林限界で晴れました~。きみちゃんたちも空の青さに見入っていました。綺麗な青色。雲が切れて,、麓の道路などが見えています。左に継子岳の稜線です。青空に向かって登ります。右に摩利支天が見えてきました。登りは岩ゴロですが、ルンルンです。ナナカマドの実が色づき始めました。36番。ジグザグ道。登山道わきの石仏。合掌。そして__【雷鳥岩】雷鳥には遭遇しませんでしたが・・・・お花が咲いていました。トウヤクリンドウ/リンドウ科イワギキョウ/キキョウ科オンタデ/タデ科ここが「コマクサの群生地」でした。すでに花期は終わっていたはずですが、咲き残っていました。高山植物の女王と言われる【コマクサ/ケシ科】あらら・・・摩利支天にガスが覆いはじめました。建物を確認しました。五の池小屋に到着です。左に継子岳分岐。五の池小屋の裏側には神社があります。14時10分。先に小屋へ行きましょう。【五の池小屋】ホームページ宿泊手続きはきみちゃんのご主人がしてくれました。きみちゃんありがとう。お世話になりま~~す。入ってすぐ、食堂兼談話室。新しい木材で木の香りがします。赤々と燃える暖炉。中央で目立ちました。マキを割りもするそうです。そして、売店と喫茶「ぱんだ」この後、ビールとワイン飲みました。宗教色のない明るい山小屋でした。若いご夫婦の小屋番さんがとてもフレンドリーでした。お部屋はカーテンで仕切られ、お布団も清潔でした。2階にもお部屋があります。収容人員100名。トイレは外です。洗面所は中に鏡付き。乾燥室は小さめですがありました。★─☆。o゚。★─☆。o゚。小屋のすぐ前が「五の池」です。ザックを部屋に置き、【池めぐり散策】します。【五の池】水はほとんど涸れていました。【飛騨頂上(2811m)】【飛騨頂上御嶽神社】参拝します。きみちゃんご夫婦は、真剣な祈り。大噴火から生還できた御礼に手を合わせます。大噴火で亡くなれた方々のご冥福を祈り、鎮魂の鐘を鳴らしました。合掌。祈りを終え、【池めぐり】に出かけます。神秘的な色の【三ノ池】続きます。 続き・・・その④↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      65
      12
      テーマ:
  • 14 Sep
    • 百名山/御嶽山・五ノ池小屋泊☆その②

      2016年8月26日~27日________【御嶽山(おんたけさん)】________2014年の大噴火からまもなく2年を迎える【御嶽山】。まだ「火口周辺警報レベル2」です。剣ヶ峰周辺1kmは規制中です。でも、御嶽山域には入山できます。あの大噴火に遭遇した山友の【きみちゃんご夫妻】に誘っていただき登ってきました。今回は鎮魂と噴火時に無事生還できたご夫妻の御礼の山旅に、同行させていただきました。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その1・・・小坂(濁河温泉)登山口~御嶽神社飛騨里宮~仙人滝分岐~仙人橋 続きです!【小坂(濁河温泉)登山口】を10時に出発して、仙人橋に到着。休憩を終えて歩き出します。あっ・・・橋のたもとで見っけ~~。シラタマノキ/ツツジ科・・・・白い実を潰すとサロメチールの匂いがする。ヤマハハコ/キク科【ヒゲナガゴマフカミキリ】・・・触覚が長い。ゴマフとは白黒のゴマ模様から。自然がいっぱい~。仙人橋を渡ります。右岸に出ます。【草木谷】の源流部に架かる吊り橋です。道標番号7番。通過。苔むした樹林帯を登ります。9番通過~きゃ~素敵~~。小さな秋見っけ~~もみじの紅葉。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 渡り廊下のような木製の階段。濡れたら滑りそう~~。標高2000m地点。ここは7合目です。?危険な所?危険な所。この板張りの廊下道かな?うわわ~~。危険な所にとうちゃこ~~。樹林の中に「ジョーズ岩」確かに。襲われそうですね。【人喰いサメのジョーズさま】。逃げろ~。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 オオカメノキの赤い実セリバシオガマ/ゴマノハグサ科ギンリョウソウもどきかな。ギンリョウソウと少し違いますね。調べてみました。【ギンリョウソウモドキ】別名【アキノギンリョウソウ】/ツツジ科/シャクジョウソウ属(以前はイチヤクソウ科に分類されたがツツジ科に)秋に開花する。中の花柱が黄色。ギンリョウソウは紫色。ギンリョウソウは初夏に開花。カニコウモリ/キク科・・・葉がカニの甲羅のよう。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 草木谷方面から硫黄の香りがしています。「湯の花峠」に到着。【湯の花峠】【鐘】がつるされていました。鐘を鳴らし、大噴火で犠牲になられた方々に鎮魂の祈りをしました。合掌。標高2.103m。道標番号16番。 さあ~まだ先は長いです。進みます。階段が外れそうで左側に迂回路。心配されたきみちゃんの足の痛みは大丈夫そうです。良かった~。★─☆。o゚。★─☆。o゚。  今度は_____【蛙岩(無事かえろ)】”無事かえろ~”で頭を撫でたり、写真を撮ったりしました。証拠写真。無事にかえれますように!色々な岩があり楽しい登山道です。20番通過。右側の草木谷が木々の間から見えています。分岐です。胡桃島(くるみじま)キャンプ場を分けます。 そして___【のぞき岩避難小屋跡】ここにも【鐘】鐘を突き、鎮魂の祈りをしました。合掌。以前は【のぞき岩避難小屋】があったようですが、今は何もありません。11時50分。ここでランチタイム。のぞき岩に立ち、見えた景色。ガスで真っ白~。でも、時々青空です。この先は___続きます。 続き・・・その③ ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      71
      14
      テーマ:
  • 13 Sep
    • 百名山/御嶽山・五ノ池小屋泊☆その①

      2016年8月26日~27日________【御嶽山(おんたけさん)】________2014年の大噴火からまもなく2年を迎える【御嶽山】。まだ「火口周辺警報レベル2」です。剣ヶ峰周辺1kmは規制中です。でも、御嶽山域には入山できます。あの大噴火に遭遇した山友の【きみちゃんご夫妻】に誘っていただき登ってきました。今回は鎮魂と噴火時に無事生還できたご夫妻の御礼の山旅に、同行させていただきました。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 1日目/8月26日(金)早朝、私は最寄駅を始発電車に乗り、JR東海道線の駅でピックアップしていただきました。走行中、車窓から見えた秀麗・富士山。”行ってらっしゃい”と見送ってくれました。途中、高速道”諏訪湖パーキング”で休憩。パン屋さんの人気メニューのカレーパン。おいしそうです。お買い上げ~~。諏訪湖を眺めながら、頬張りました。うまい~~。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 快調に進みます。登山口の【濁河温泉】へ向かいます。。途中、開田高原の道路脇で【そばの花畑】。秋の蕎麦の花~、今、満開でした。車を停めて~~~。そばの花畑の撮影会~~あっ、手前はコスモス街道でした。秋景色~~。帰りはお蕎麦を食べましょうね~~。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 濁河(にごりご)温泉街を通過。最上部の「市営駐車場」に着きました。登山口に一番近い駐車場です。駐車場の右手に「御嶽山濁河温泉登山口」があります。周辺には「自然探勝遊歩道」。「小坂の滝めぐり」コースがあるようです。【登山届】提出しました。これとても大事ですね。御嶽山登山道入口噴火前に私が登ったのは最短コース「田の原」から王滝口登山道でした。過去レポ2013年9月1日【御嶽山・田の原から王滝口登山道】 本日の予定は「五の池小屋」まで。4,3kmです。【火口周辺警報レベル2】です。立ち入り禁止区域を確認しました。登山口に【バイオトイレ】があります。周辺の滝めぐりができるようです。 そして【嶽橋】を渡ります。10時出発。橋の欄干に黄金色のりっぱなプレート。雷鳥と二ホンカモシカです。橋を渡ります。「嶽橋」から見えた滝。何滝でしょうか。【滝見台】があるようです。橋を渡り切ると、鳥居。階段を上ります。鳥居の先に「平成のおさすり七福神」良いことがありますように、皆で撫でました。御嶽神社飛騨里宮。里宮は建物が倒壊の恐れがあり、立ち入り禁止でした。湿った木道。壊れそうな板張りです。所々修繕してありました。【仙人滝】分岐。時間が無いので滝はパス。まっすぐ進みます。ゴゼンタチバナの赤い実が森の中で目立ちます。 湿った登山道。沢沿いなので湿気が多いです。ここは、【う回路】が作られていました。壊れていた板張りの道。途中で点検に来たという地元人に出会いました。噴火のあと、入山禁止で登山者がなく、荒れてしまったんですね。信仰のお山です。登山道の祠に合掌。朽ちかけた道は続きます。左側に【仙人滝】迫力ある滝でした。ほっとする風景。道標の番号は「5」。最後は42番。補修された箇所。そして「仙人橋」にとうちゃこ~草木谷の源流部に架かる吊り橋。橋の手前で休憩です。お腹すいた~~。行動食を食べました。この先は___続きま~~す。 続き・・・その② ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      90
      10
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 9月の鎌倉散策♪

      登山日記はひと休みです。9月9日(金)______鎌倉散策________東慶寺の9月の花コスモスノブドウセン二ンソウシロバナマンジュシャゲシモツケ/バラ科白花シモツケシュウメイギクカクトラノオホトトギスアカバナゲンノショウコジンジャークリーム色ジンジャースイフヨウ(酔芙蓉)タカサゴフヨウ(高砂芙蓉)オミナエシとススキ残暑厳しい日でしたが____山野草はもう秋の花でした。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 鶴岡八幡宮に参拝。小町通りをぶら~り散歩~とても暑い日でした。でも、古都鎌倉は賑わっていました。夫と久しぶりに鎌倉散策をしてきました。↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      86
      8
      テーマ:
  • 11 Sep
    • 大キレットに挑戦!最短日程で槍~前穂高まで8座登頂♪⑦ 前穂高登頂★(最終回)

      2016年8月18日~20日2泊3日で北アルプスの【大キレット】と___【8座(槍・大喰・中岳・南岳・北穂・涸沢・奥穂・前穂高)登頂】__シルバーエイジの私が挑戦しました。コミュ仲間3人のプライベート山行です。 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その1・・・沢渡~上高地~明神~徳沢~横尾その2・・・横尾~槍沢ロッジ~ババ平~大曲~天狗原分岐~殺生ヒュッテ分岐~槍ヶ岳山荘その3・・・槍ヶ岳山荘~槍ヶ岳でご来光~槍ヶ岳山荘その4・・・槍ヶ岳山荘~大喰岳~中岳~南岳~大キレット~Hピーク~A沢のコルその5・・・A沢のコル~飛騨泣き~北穂高山頂~涸沢岳~穂高岳山荘泊その6・・・穂高岳山荘~奥穂高岳ご来光~南稜ノ頭~最低コル~紀美子平 ____続き、最終回です!【紀美子平】に到着。ここは【前穂高岳】分岐。私たちもこれから登ります。その前に腹ごしらえ。行動食を食べました。【紀美子平】キャ~~。素敵!上空に「虹」【環水平アーク】でしょうか。それとも【彩雲】また、ラッキーな自然現象を見ることができました。嬉しい~~。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 それでは、「紀美子平」にザックをデポして、【前穂高岳】へ登ります。サブザックに貴重品を入れて出発です。今回も私はマイペースで行きたいので、同行者には先に登っていただきました。振り返ると、スタートした「紀美子平」に登山者が多いです。ご来光をながめた奥穂高岳方面。あの頂から下りてきたんですね。前穂も岩ゴロの登りです。ザックをデポして身軽に登る人が多いです。高度が上がりました。御嶽山・乗鞍岳・霞沢岳・焼岳など大パノラマです。こちらは奥穂高・涸沢岳鞍部に穂高岳山荘が見えました。右に涸沢岳と涸沢槍。中央に「穂高岳山荘」イワギキョウ/キキョウ科山頂直下の展望。分岐は明神岳方面を分けます。山頂への最後の登り。前穂高岳(3.090m)山頂 一等三角点。_______三角点タッチ!槍・穂縦走。8座目get。前穂高岳は2度目の登頂です。過去レポ2010年7月20日【奥穂高岳と前穂高岳】 同行者、見つけました。リーダーさんがお湯を沸かしていました。山頂でコーヒータイム♪おいしいです。フルーツも差し入れ。元気がでます。広い前穂山頂。奥穂上空に雲が沸いてきました。槍ヶ岳方面は隠れてしまいました。手前の前穂北尾根。5・6のコルの岩場に登攀中。凄いですね。2人の登山者が見えました。横尾大橋と横尾山荘。徳澤園の赤い屋根。往路を下山です。紀美子平に戻ってきました。この先「重太郎新道」も長いです。出発です。岳沢・上高地方面へ。いきなり、鎖のついた1枚岩を通過。ハシゴの先が渋滞中。【岳沢パノラマ】ここもハシゴ。下ります。【カモシカの立場】通過。岳沢のお花畑。【岳沢小屋】にとうちゃこ~~。10時53分。ランチタイムです。カレーライスを食べました。11時30分、上高地へ向けて出発。上高地まで4km。西穂展望所。にわか雨が降ったりやんだり・・・。【風穴】ここで休憩。冷たい風が気持ち良い~。上高地エリアに入りました。13時45分。無事に河童橋を渡りました~~。穂高岳は雲の中。 【河童橋】観光客で賑わっています。上高地バスターミナルからタクシーで沢渡へ。相乗りできました。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 さあ~~温泉。温泉。_____白骨温泉「泡の湯」へ。3日ぶりにさっぱり~~。 槍・穂縦走を成し遂げました。シルバーエイジで初めての大キレット踏破。半端じゃない達成感に包まれました。ブロッケン現象、ご来光、虹など驚くことばかり。自然からの雄大な天体ショーの贈り物。そして、素敵な出会いがありました。雷鳥やオコジョとの遭遇、素敵な青年との出会いなど。 同行していただいたリーダーさん、Aちゃんに感謝です。ありがとうございました。 そして___長い(7回)詳細ブログを最後まで読んでいただいた皆様にも御礼申しあげます。 完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      91
      12
      テーマ:

プロフィール

ゆきえ

性別:
女性

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

このブログの読者

読者数: 796

読者になる

テーマ

一覧を見る

クリックで救える命がある。

ランキング

総合ランキング
6702 位
総合月間
6051 位
お散歩
23 位
アウトドア
62 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。