• 27 Feb
    • 丹沢/シダンゴ山&ロウバイと河津桜の花三昧♪後編・河津桜とあぐりパーク菜花まつり

      2017年2月15日(水) _____丹沢/シダンゴ山_____   目的は登山口近くの寄ロウバイ園と松田山の河津桜を見ること。花三昧でした。 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。  前編・・・新松田駅~寄バス停~ロウバイ園 中編・・・寄バス停~シダンゴ山~寄バス停   続きです。   「寄ロウバイ園」でロウバイの花を観てから、「シダンゴ山」に登りました。 シダンゴ山で展望を楽しんでから、往路を歩き、「寄バス停」に戻ってきました。 バス出発まで待ち時間があったので、大寺橋の架かる中津川の河原で水遊び~。 川面が光り、水もぬるむ春の河原でした。 バスで新松田に戻りました。   歩いて松田ハーブ園の「桜まつり」会場へ。レッツ・ゴー _____桜まつり開催期間・2月11日(土)~3月12日(日)______   今年は満開になるのが早いです。まだ”桜まつり”が始まったばかりです。   過去にもここでお花見をしました。参考にどうぞ! 過去レポ 2016年2月26日「松田山で満開の河津桜」   満開の河津桜と富士山のコラボをどうぞ。 富士山の上空に”パラグライダー”が飛んでいました。 偶然ですが、なかなか見られない光景です。 大好き富士山。ありがと~~う         うっすらですが、伊豆大島が見えました。   このあと、あぐりパーク嵯峨山苑へ。こちらは初めて入ります。 有料(300円)です。       菜の花と河津桜のコラボ。 こちらの方が「大島」が良く見えました。 高速道路。   あぐりパークの富士山展望台 桜とのコラボは無いです。 河津桜・菜の花・富士山を堪能しました。   最後に、アングルを変えてもう一度____「富士山」   この後、子供館で「雛のつるし飾り」を観ました。 番外編で”ひなまつりの日”にup予定です。お楽しみに~~~     完。   ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      NEW!

      26
      3
      テーマ:
  • 26 Feb
    • 東京マラソン2017・観戦☆

      きょうは____「東京マラソン2017」____   新ルートになり、新記録が期待されました。参加人数は3万6000人。 ブログ友さんが一人参加していましたが、見つけることはできませんでした。   私は沿道で走る選手たちを応援です。 最初に車いす選手が通過。がんばれ~と声援が響きます。   まもなく___トップ選手が走ってきました。 設楽選手。 日本人トップの井上選手。 撮り方が悪かったので初回載せませんでしたが、追加写真です。     目の前を、風のように、あっという間に走り過ぎていきます。   がんばれ~~。   男子優勝はケニアのキプサング選手2:03:58     女子選手トップが通過。   女子優勝はサラ・チェプチルチル(ケニア) 2:19:47     後半のこのあたりは、順位の競り合い。   素敵な応援ですね。   ここが折り返し地点。昨年の品川駅前から少し手前に変っていました。 応援したのは36㎞地点。 沿道で応援をしましたが、何だか私も走りたくなりました~~。(無理無理)     ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      92
      14
      テーマ:
  • 25 Feb
  • 24 Feb
    • 丹沢/シダンゴ山&ロウバイと河津桜の花三昧♪中編・シダンゴ山

      2017年2月15日(水) _____丹沢/シダンゴ山_____   目的は登山口近くの寄ロウバイ園と松田山の河津桜を見ること。花三昧でした。 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。  前編・・・新松田駅~寄バス停~ロウバイ園   続きです。   松田町「寄(やどりき)ロウバイ園」で、ロウバイの花を見てきました。 ロウバイまつりが2日前に終了していたので、無料で見ることができましたが、園内はまだロウバイの花や梅が咲き、綺麗でした~。もったいな~い。 「寄バス停」に戻ります。     寄(やどりき)バス停。 ここから、【シダンゴ山】へ登ります。 ロウバイ園とは反対の方向へ進みます。   シダンゴ山は昨年も登りました。恐怖の山ヒル被害事件勃発~~ヽ(;´ω`)ノ 過去レポ 2016年5月14日「あっぴろ登山部オフ会・シダンゴ山」     では___しゅっぱ~つ! 「大寺橋」を渡ります。 この橋には橋の欄干に”鉄琴”が設置されていて、鳴らすことができます。 私も遊んじゃいました。♪おうまのおやこは~♪なかよしこよし~♪うふふ。   今回は「宮地山」には行きません。 シダンゴ山から下山後、松田山の河津桜を観る予定です。 メインはお花見で~~す。 舗装道路の坂道をゆるゆる歩きます。 花が咲いているような樹木。黄色は新芽なのでしょうか。 やがて、公衆トイレの横を通過。ここで衣類の調節できます。休憩ベンチがありました。   振り返ると、山の中腹に「ロウバイ園」。斜面に広がっていました。 ロウバイの花は淡い黄色で、遠くからは目立たないですね。   道が狭く、見た目より急坂です。ゼイゼイ言いながら歩きます。 里山の道。陽だまりハイキングですね。 夏みかんがたわわに実っていました。   獣除けゲートをくぐると、山道に入ります。 イノシシやシカ除け扉。通過したら必ず閉めましょう。 シダンゴ山まで40分の案内。 ここには、雪が残っていました。 雪道ですが、溶け始めていました。無事通過。 やがて、道路に合流。 道路の方が、ガリガリに凍ているようでした。右の山道を歩いてきました。 道路はここで終わり、また、山道に入ります。 残り20分。 緩やかな登り。 山頂手前には雪。溶けだした雪なので、アイゼンは無しです。 山頂部のアセビの並木を通りすぎると・・・・ そして___山頂にとうちゃこ~ シダンゴ山(758m)山頂 山頂の祠。奥に白く富士山。 シダンゴ山の山名由来の碑。 富士山をズーム 富士さ~~ん、ありがと~う。     三等三角点。タッチ! そして、証拠写真。 後から登ってきた若者にシャッターを押していただきました。 お久しぶりに「山頂しぇ~」     山頂の馬酔木(アセビ)の蕾。満開に咲いたら綺麗でしょうね。 山ビルが怖く、満開時に登ったことがありません。     では、ここからの展望です。 蛭ヶ岳方面 塔の岳・大山方面。     相模湾の眺望がすばらしいです。 相模湾 ズーム・江の島 ↓箱根の山 若者さん、モデルになっていただきました。 決まってるね!     ここのテーブルで早めのランチタイムです。   さあ~。下山しましょう。 お先に~~と挨拶をして、往路を下り始めました。   下山時は、道路脇に咲く山野草を。 下山をして寄から路線バスで松田山へ移動しま~~す。 続きま~す。   続き・・・後編「松田山の河津桜&あぐりパーク嵯峨山苑の菜の花」 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。        

      69
      8
      テーマ:
  • 22 Feb
    • 丹沢/シダンゴ山&ロウバイと河津桜の花三昧♪前編・寄ロウバイ園

      2017年2月15日 _____丹沢/シダンゴ山_____   目的は登山口近くのロウバイ園と松田山の河津桜を見ること。花三昧でした。 ついでに、「シダンゴ山」に登ってきました。 松田山の河津桜と富士山。富士山上空にハングライダーが飛んでいました。 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。   2月15日(水)、小田急線・新松田駅で山友さんと待ち合わせ。駅前から路線バスに乗りかえます。 3番バス乗り場・寄(ヤドリキ)行き。7時30分発。   終点の「寄バス停」で下車。 ここからシダンゴ山へ行けますが、先にロウバイ園を見学することにしました。     バス停から少し戻るように車道を歩きます。 石垣に案内板。 鍋割山ルートと同じ入口です。   民家の横道をゆるやかに上ります。 冷え込んだ朝。 雑草が霜で凍り、砂糖菓子のようです。これ、凄いですね。 茶畑も霜で真っ白~~     振り返ると__宮地山とシダンゴ山方面 のどかな風景。     やがて、管理棟。 実は”ロウバイまつり”は2月12日(日)で終了していました。 まつり期間が過ぎ、だれもいませんので、無料で歩かせていただきました。     ルートに従って歩きます。 狭い園だと思い込んでいましたが、広さがありました。               このあと、バス停まで往路を戻りました。 そして、シダンゴ山へ向かいます。   続きます。   続き・・・中編・シダンゴ山 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      92
      6
      テーマ:
  • 21 Feb
    • 雪降る黒斑山でスノーシュー★③最終回

      2016年2月5日(日) _____浅間山外輪山/黒斑山(くろふやま)____ ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★ その①・・・高峰高原ホテル駐車場~車坂登山口~表コース~避難小屋 その②・・・避難小屋~槍ヶ鞘~中道分岐~トーミの頭~黒斑山山頂 続き・最終回です。 「黒斑山」の山頂に到着。残念ながら真っ白け~で何もみえません。 積雪は山頂標識の半分くらい。例年より少ないです。 黒斑山山頂 過去写真です。このような展望です。どうぞ。 あっ・・・山頂標識が古い~~。失礼しました~。 モンスターになり損ねた樹木で~す。 樹氷やモンスターは過去のブログでどうぞ。 過去レポ 2013年1月25日「スノーシューで黒斑山と蛇骨岳」 山頂にも監視カメラ。火山活動が活発化しているのですね。噴火しないでね~。 監視カメラが増えていました。 「蛇骨岳方面」を分けます。 ここから、夏時間で片道CT30分。 蛇骨岳へ行けますが、切れ落ちた岩壁の横を通ります。 過去レポ、参考にどうぞ。 「雪の黒斑山~蛇骨岳」 山頂でお湯を沸かしていただきました。 リーダーさんは不足分の水作りに、枝に積もった雪を溶かして作ってくれました。 暖かいココアと甘酒。温まりました。おにぎりも凍らずに食べられました。 山頂には先客が1組。 後から3組ほど登ってきましたが、皆さんすぐに引き返すように下山していきました。 でも、気になっていた登山口で先行した知り合いグループには会えませんでした。 さあ~。下山しましょう。 まだ、アイゼンのままです。 下山は早い。 トーミの頭を振り返りました。 ここを通過すれば、危険個所は無いです。 トーミの頭の先で、知り合いのグループに出会いました。 やはり、表コースの間違えやすい場所で道迷いしていたようです。 曲がらず、直進してしまったんですね。。 避難小屋でランチを取っていたので遅かったようです。 分岐にとうちゃこ~~。 下山は「中コース」へ。 登りは「表コース」でした。 中コースに入りましたので、途中からスノーシューに履き替えました。 何年ぶりにスノーシュー装着。履き方を忘れました。 登山道を外れて、最短ルートへ進みます。 登山道を外れて、斜面を下ります。 スノーシューを滑らせるように。雪原は気持ち良いですね。 ここは、振り返りました。スノーシューのトレースです。 下りは______はや~~い! かなり雪が降ってきました。 眼鏡,外しました。ゴーグルが欲しい~。 登山口の看板が見えてきました。 カメラのレンズが曇ってしまいます。 自然観察センターが見えてきました。 「車坂峠登山口」にとうちゃこ~。 無事に下山しました~^。 高峰高原ホテルの駐車場へ向かいます。 うわわ~。車に雪が積もり、フロントガラスも真っ白です。 最初から駐車していた車は真っ白でした。 さらさらな雪でしたが、意外に積もるものですね。 温泉!温泉!____早く温まりた~い。 本日の温泉「みづほ温泉・湯楽里館」 露天風呂から八ヶ岳、蓼科山、美ヶ原が見えるようですが、残念。 信州「物見湯産(ものみゆさん)手形」購入しました。 今年は何湯に入れるかな? このあと、温泉で、ぷは~。うまか~。 完。   ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      73
      11
      テーマ:
    • 私を構成する成分は・・・

      昨日の夕方から、アメブロのシステムエラーでブログ更新ができませんでした。 遊び心で、私も挑戦。 刺激的な人生ですって。 これ、あたっているかも!   ▼私を構成する成分は・・・    \あなたはなにでできている!?/ 成分チェッカーで分析する  

      45
      4
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 雪降る黒斑山でスノーシュー★②

      2016年2月5日(日) _____浅間山外輪山/黒斑山(くろふやま)____ 登山口へ向かう時の高速道路から黒斑山と浅間山の眺め  ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★ その①・・・高峰高原ホテル駐車場~車坂登山口~表コース~避難小屋 続きです。 「表コース」を歩いてきました。「避難シェルター小屋」にとうちゃこ~。 中には入らず、外で立ち休憩して先へ進みます。 さらさらと雪が降っています。 このあたりの積雪は多いですが、樹氷にはなっていません。 細く長~いツララをみつけました。 剣のように鋭いツララ! 足に落ちてきたら・・凶器ですね。 踏み跡、しっかり見えています。 もふっと積もった雪。食べてみた~い。かき氷がイイかな~。などと妄想中。 そして「槍ヶ鞘(やりがさや)」に到着。 展望なし。がっくり。 リーダーさん、スノーシューを2つ担いでいるので重そうです。お世話になりま~~す。 ここは右側がスパッと切れ落ちた場所。 晴れていれば大展望ですが、残念。 吸い込まれそうな”断崖絶壁” 転がったら・・・妄想しちゃダメ。ダメです。 一応ロープで仕切られていますが、ホワイトアウトの時は危険です。 以前、このあたりでカモシカを目撃した場所。 「中コース」分岐にとうちゃこ~ 右の「表コース」から登ってきました。帰りはここを下る予定です。 山頂まで残り600m。 この先はトーミの頭まで、右側が切れ落ちた斜面の急坂を登ります。 「トーミの頭」 ドーンと浅間山の大展望が見られる場所です。 過去レポで写真をどうぞ 過去レポ でも、展望なし、寄らずに山頂へ進みます。 「湯の平」分岐。 過去にここから草滑りを経て、前掛山に登りました。 過去レポ 2013年6月23日「浅間山/前掛山からJバンド~黒斑山」 わお~~~。”樹氷”ができていました。 このあたりは寒い~~。 きょう降った雪です。 枝が白く変身中。お色直しですね。 出来立てほやほや樹氷。 冷蔵庫の中にいるみたい。白い世界。 もうすぐ樹林帯を抜けます。 樹林帯を抜けました。 監視カメラの場所にとうちゃこ~~。 火山活動を監視中 浅間山は火山活動が活発になってきています。 監視カメラが増えていました。 登る時は、火山情報を確認してください。 もうすぐ、黒斑山の山頂。 黒斑山(2404m)山頂 山頂で証拠写真です。 浅間山も何も見えない白い世界でした。 毛糸の帽子が凍っていました。髪が雪で白くなっています。眼鏡が曇ります。 ここで、ランチタイム。下山にスノーシューを使います。 続きます。 続き・・・その③最終回   ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      81
      18
      テーマ:
  • 17 Feb
  • 16 Feb
    • 雪降る黒斑山でスノーシュー★①

      2016年2月5日(日) _____浅間山外輪山/黒斑山(くろふやま)____ 登山口へ向かう時の高速道路から黒斑山と浅間山の眺め  ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★ 2月5日(日)、高崎でピックアップしていただきました。出発した時は青空でした。 岩陵の妙義山と真っ白な浅間山の眺望に歓声をあげました。 登山口の車坂峠の「高峰高原ホテル」駐車場に8時45分に到着。 今季初めての雪山に心が躍ります。 途中の高速道路からは「浅間山」が良く見え、独特の縞模様の山容が美しかった~。 【高峰高原ホテル】 高峰高原ホテルの駐車場に入り、館内の有料トイレを使わせていただきました。 除雪した駐車場はほぼ満車です。 この日の天気予報は昼頃から降雪。早めに戻る予定で身支度を整えました。 すでに駐車場が凍っていたので、私は5本爪アイゼン装着。 私用のスノーシューはリーダーさんから借用。背負っていただきました。 スノーシューは下山で使用します。 登山口前の「自然観察センター」は閉館。トイレは使えません。 「車坂峠登山口」 浅間山は火山活動が活発です。登山届を提出します。 登山届は大事ですね。必ず提出しましょう。 ここで、リーダーさんの知り合いグループと遭遇。 先に出発していきました。 案内図の横には火山活動についてのお知らせ。 お知らせ 浅間山は火山活動が活発なため、火口から2km以内立ち入り禁止 噴火警戒レベルは2 黒斑山の過去レポです。参考にどうぞ。 ④2013年6月23日「浅間山/草すべりから前掛山~Jバンドから黒斑山」 ③2013年1月26日「雪の黒斑山と干支の蛇骨岳」 ②2010年3月6日「雪の黒斑山」 ①2009年7月11日「シャクナゲ咲く黒斑山」 「黒斑山登山口」 左が中コース、右が表コース 5回目の黒斑山。表コースから入山です。 やがて一つのピークを通過。ブレブレの写真ですが・・・ 車坂山の山頂標識 過去に気づかなかった標識です。 たっぷり積もった雪。トレースがはっきりついていました。 ここは、トレースが放射状に延びています。迷ったんですね。 この表コースで一番迷いやすい場所です。 この先、右へ曲がります。 樹林の中には赤テープ。 このあたりから、ハラハラと雪が舞い始めてきました。降るのが早いぞ~。。(´д`lll) 写真を撮ると遅れるので、同じような写真ばかりです。 積雪に喜ぶ私。久しぶりに雪の感触を楽しんでいます。 たっぷりの雪ですが、樹氷は見られません。 気温が高いんですね。 ようやく、避難用シェルターにとうちゃこ~ 避難小屋です。中に入らず、外で立ち休憩で歩き出しました。 続きま~~す。 続き・・・その2   ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      80
      10
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 速報!松田山の河津桜と寄のロウバイ(*'▽'*)

      今日、松田山の河津桜と寄のロウバイを見て来た~~(*'▽'*) 河津桜、満開でした。   ロウバイも観てきました~~。   詳細は後日です。 詳細ブログ・・・「丹沢/シダンゴ山&ロウバイと河津桜の花三昧♪」 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      85
      14
      テーマ:
  • 14 Feb
    • 春の味覚「ふきのとう」が届いた~♪

      _____春の味覚「ふきのとう」_____ 親友から今年も宅急便で送られてきました。 季節を知らせてくれる、嬉しいお届け物です。 早速、天ぷらでいただきました。 ”ふきのとう”が箱にいっぱい~届きました。 天ぷらです。 岩塩でいただきます。独特の苦みが口いっぱいに広がりました。 アクをぬいて、お浸し。こちらの方が苦さを感じました。 こんな料理にはYEBISUの「琥珀エビス」 ようちゃん、嬉しい贈り物をありがと~~う。 昨日は悲しい1日でした。訃報に涙しました。 見守っていてね。 そして、きょうは____バレンタイン___ 夫へ感謝を込めて贈りました。   ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      88
      10
      テーマ:
  • 12 Feb
    • 節分に高尾山/薬王院で福豆getそして”シモバシラ”にも出合った♫後編

      2017年2月3日(金) _____高尾山/薬王院の節分会_____ コミュのイベントです。「薬王院で福豆を拾いましょ~う」。参加者5名です。 ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* 前編・・・高尾山口駅~一号路~男坂~薬王院(節分式) _________続き・後編です。 「薬王院・大本堂」で”節分式”が始まりました。本日3回目の10時30分です。 ほら貝の音とともに僧侶や参加者の入場。そのあと大本堂で祈祷です。 僧侶の読経が外のスピーカーを通して流れ、独特の雰囲気に包まれました。 本堂での読経が境内に響きわたります。 豆まきを待つ間に本堂の彫刻をじっくり眺めました。 龍や虎が彫られていました。こんなにじっくり眺めたのは初めてです。 あっ、「豆まき」が始まりました~~。 お相撲さんや芸者さん、八王子車人形の方々。 福豆を拾うために大きな袋を広げています。 福はうち~~。福はうち~~~ 薬王院は 右側と左側に分かれて、豆を撒きます。 私たちは左側にいますので、右側にいる歌手やスポーツ選手は見えませんでした。 私が拾った「福豆」 殻付きピーナツが多いです。福豆はかりっとおいしいお豆でした。 特別招待された方々。 今年の節分会のポスターです。北島三郎さんが目立ちます。 この後、高尾山の山頂へ向かいます。 うわ~。境内で、マイフレさんとばったりです。 混雑していたので、お会いできて、とても嬉しかったです。 この混雑の中でばったり。本当にラッキーでした。 「飯縄大権現」 幸せな1年でありますように! 高尾山のトイレの場所でマイフレさんと別れました。 マイフレさん。また、どこかでお会いしましょう。 おみやげを頂き、ありがとうございました。 そして__山頂にとうちゃこ~~ 高尾山(599.15m)山頂 富士山、ばっちり見えました。綺麗~~。 青空に映える秀麗「富士山」 大好き富士山を掌に乗せて証拠写真~~ このあと、少し下った場所でランチタイム。 ”恵方巻”をお弁当に持参された、お二人がいました。 きょうは節分。さすがですね。 参加者の一人がまだ”シモバシラ”を見たことがないそうです。 私も今季2度も来ましたが、全く見られませんでした。 階段を下り、もみじ台の北側巻き道へ。 2月です。この暖かさ。時間的にもう昼過ぎです。 条件が悪いので、見られませんよ。と出かけました。 何とラッキーなんでしょう。奇跡的に残っていました。 氷の華「シモバシラ」 一番喜んだのは私でした。 今年は諦めていたんですが、奇跡的に撮ることができました。 ふふふ・・我流さん、隠し撮りしちゃいました~~よ。ごめんなさ~い。 真剣に、本格的に撮影中~~。 下山は「稲荷山コース」へ 大好き富士山を最後に〆ます。 京王線高尾山口駅に14時ちょうど。予定通りに下山できました。 ここで解散。 ご参加された皆さん、お疲れ様でした。 初管理人のイベントを無事に終え、安堵に包まれました。 次回もぜひ、ご参加ください。 完。   ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      77
      14
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 節分に高尾山/薬王院で福豆getそして”シモバシラ”にも出合った♫前編

      2017年2月3日(金) _____高尾山/薬王院の節分会_____ コミュのイベントです。「薬王院で福豆を拾いましょ~う」。参加者5名です。 今回は私がコミュの管理人です。初めてのイベントを立てました。 ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* 京王線・高尾山口駅前に9時に集合。参加される皆さんが予定時間より早く到着していました。15分前には全員が揃いました。 本日のメインイベントは”薬王院の節分式”です。”福豆をget”することです。 高尾山口駅の改札口にも薬王院の節分会の案内がありました。 駅前で参加者が集合。自己紹介のご挨拶をしました。 よろしくお願いします!(#⌒∇⌒#)ゞ 高尾山ケーブル乗り場駅へ歩き出しました。ちょうど9時。 清滝駅前には薬王院の節分式に参加される人の受付所。 薬王院に向かうため、今回は1号路へ。 ゆるゆるとした道。おしゃべりしながらゆっくり上ります。 やがて、リフト駅の建物が見えてきました。 リフト「山上駅」にとうちゃこ~~ ここの広場でトイレ休憩。 広場に咲いていた「ミツマタ」 可愛い黄色い花。陽ざしをたっぷり浴びて輝いています。 広場からの展望。八王子市街と都心の高層ビル群が眺められます。 東京スカイツリーも見えました~ 休憩を終えて歩き出します。 一号路は車も通ります。 この日は節分式に参加される人を運ぶために、すれ違った車が多かった~。 有名人も豆まきするそうです。楽しみですね。 ケーブル乗り場「高尾山駅」へ遠回りします。 高尾山の隅々まで知って欲しいからです。 天狗焼きのお店。参加者の一人がさっそく購入していました。 ここからの展望。以外に皆さん知らないようでした。 大岳山・日の出山などが見えます。 高速道路・小仏トンネルのインター付近 遠く武甲山や赤城山・日光白根山なども見えるようです。 うわお~~。( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚ ここで、電車が通過しました。撮り鉄に早変わり~~~ 慌てて、シャッターを押しました。 高速道路の下方に電車。中央本線の特急電車「あずさ」が通過中 ふふふ・・・鉄子です。今回も撮れました~~~。 先へ歩きます。 十一丁目茶屋横のビューポイント。 海が見えます。光っています。逆光の風景もイイですね~~。 カメラはコンデジですが、この構図はお気に入り~ この先の「サル園・野草園」でも寄り道~~ 中には入りませんでしたが、じっくり観察。 ”酉年なのに猿ですよ”これ、面白い~。 我流さんはおサルの写真に夢中です。お好みの猿さんいましたか? こんなにのんび~り高尾山を歩くことは中々無いですね。 開運「ひっぱりだこ」にタッチ! 「浄心門」 ハイカーが多いです。私たちは10時30分の豆まきに参加予定です。 表参道を歩いていきます。 この階段は”男坂”。女坂もありますが、男坂へ。 「四天王門」 【節分会特別招待修行者名】 有名人がたくさんご招待されていました。 境内の高尾山天狗さま。 仁王門の階段を上り、大本堂へ。 ”豆まき会場”の大本堂境内に着きました。 場所取りに忙しく楽王院の正面写真を撮っていませんでした。 先に参拝を済ませ、待ちます。 ただ今10時15分。 もうすぐ10時30分から始まります。待ちます。 豆まきの時、目立つように、こんなお面をつけている人がいました。 待ち時間に福豆を拾うコツを伝授していただきます。 過去に私はたった10粒でした。ビニール袋がちいさかったからですね。 福豆を拾うには、こんなに大きなビニール袋を用意するそうです。なるほどー。 過去に私は福豆を拾いました。 過去レポ 2013年2月3日「高尾山から城山へ。薬王院で節分祭」 10時30分、ほら貝の音が響いてきました。 僧侶が入場。参加者が続いています。 いよいよ節分式が始まります。ほら貝の音が響きます。 この後、大本堂での祈祷が始まりました。 スピーカーで流れる読経に思わず手を合わせてしまいます。 この祈祷時間が30分くらい。長かったです。まだ、豆まきを待ちます。 続きま~~す。 続き・・・後編(最終回)   ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      73
      10
      テーマ:
  • 10 Feb
    • 関東百名山/富山(とみさん)☆その⑤最終回・水仙遊歩道と夕日

      2017年2月1日、__房総の山/富山___  千葉の山/関東百名山___「鋸山」「高宕山」「富山」「伊予ヶ岳」「御殿山」 今回のコース 道の駅~学校分岐~万福寺登山口~5合目~南峰~北峰~伏姫籠穴~ 尾根ルート~伏姫籠穴登山口~スイセン遊歩道~道の駅 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 その①・・・東京駅高速バス乗り場~アクアライン~ハイウエイオアシス富楽里 その②・・・道の駅富楽里~学校分岐~福満寺登山口~5合目~富山南峰 その③・・・南峰~北峰~伏姫籠穴入口 その④・・・伏姫籠穴~尾根ルート~伏姫籠穴登山口~水仙遊歩道入口 _____________続き・最終回です! 「富山(とみさん)」から下山しました。これから、水仙畑を巡る「すいせん遊歩道」へ。 山の斜面にスイセン畑があります。房総といえば、スイセンや菜の花が有名ですね。 下山後、欲張って、こちらにも行きます。 では__「すいせん遊歩道」へ__しゅっぱ~つ。(=⌒▽⌒=) いきなり、「白梅」のお出迎え~~。良い香り~~。 ゆるゆると山中へ歩きだしました。 サザンカかな ついに「スイセン畑」にとうちゃこ~ 梅とスイセンのコラボ 最盛期は過ぎたのかな。花は少なめでした。 スイセンとサクラ 「桜」も咲いていました。「河津桜」ですね。 花びらが大きく、可愛い~です。 みかん。収穫せずに、小鳥の餌になりそうですね。 ビワの花。房総はビワが特産品です。 こちらの桜はだいぶ咲いていました。 「すいせん遊歩道」の案内標識 この道標の先に小さな神社がありました。 そして、「展望台」の案内。右折して行ってみましょう。 あら~。ここの「展望台」は___以前来たことがある場所でした~~。 東屋の柱に「枇杷(びわ)」の絵。びわは特産品です。 房総の武甲山「津辺野山」に登った時、帰りがけに立ち寄りました。 過去レポ 2016年10月23日「千葉の山/津辺野山・(房総の武甲山)」 ここからの展望。 岩井海岸方面 ズーム__道の駅富楽里と高速道路 先ほどの「すいせん遊歩道」の案内標識まで戻ります。 最初にここを通った時は昨年10月でした。スイセンは無かったです。 あの時、スイセンの時期にこの道は良いですよ~と話していたのがわかりました。 うわ~。ここの”スイセン畑”は見事に咲いていました。 民家の横道を通り、舗装道路にでました。民家の犬が吠えています。 ここから右に曲がり”道の駅”まで車道歩きです。 途中、朝歩いた「富山登山口」を通過。 14時25分。【道の駅 富楽里 とみやま】戻ってきました~~ 先に、高速バスの切符を購入しました。15時55分発を購入。 高速バスの出発時間まで、道の駅レストランで「お疲れ様会」です。 海鮮レストラン・漁師の台所「網納屋(あみなや)」 岩井漁港直営の海鮮レストラン。9時~18時 昼食時間を過ぎていたので、ガランとした店内。貸し切りです。 ジョッキでおつかれさま~~。乾杯! 海鮮サラダとアラ煮。 ごちそうさまでした。 飲みすぎて高速バスに乗り遅れては大変。そこそこに切り上げました。 高速バス乗り場 屋根のある待合所がありました。 バス乗り場から、先ほどの”スイセン遊歩道”の「展望台」がみえました。 16時前です。展望台には誰もいませんでした。こんなに良く見えるんですね。 高速バスに乗り込むと、すぐに睡魔に襲われました。 気持ちよく眠っていると、後ろの席から山友さんが起こしてくれました。 「綺麗な夕日がみえるよ~。起きて~。」 わお~~。綺麗な夕日~~。凄い。凄い。 東京湾の夕日。船舶と飛行機のコラボ! 動くバスからの撮影は難しかったですが、撮れました。 この光景に眠気が吹っ飛びました。 何てラッキーな景色を見られたんでしょう。 起こしてくれた山友さん、ありがとうございました。 夕景。富士山かな? JR東京駅に無事到着。ここで解散です。 登りたかった「富山」。踏破できました。同行していただいた山友さんに感謝です。 完。   ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      71
      8
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 関東百名山/富山(とみさん)☆その④伏姫籠穴と尾根ルート

      2017年2月1日、__房総の山/富山___  千葉の山/関東百名山___「鋸山」「高宕山」「富山」「伊予ヶ岳」「御殿山」 今回のコース 道の駅~学校分岐~万福寺登山口~5合目~南峰~北峰~伏姫籠穴~ 尾根ルート~伏姫籠穴登山口~スイセン遊歩道~道の駅 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 その①・・・東京駅高速バス乗り場~アクアライン~ハイウエイオアシス富楽里 その②・・・道の駅富楽里~学校分岐~福満寺登山口~5合目~富山南峰 その③・・・南峰~北峰~伏姫籠穴入口 続きです! 富山の双耳峰・南峰~北峰を歩き、展望を楽しんで下山してきました。 「伏姫籠穴」の山門に到着。これから籠穴を見に行きます。趣のある山門ですね。 伏姫籠穴の山門 里見八犬伝の舞台です。 山門を入ると階段を上ります。ふり返りました。 途中、お休み処の東屋。観光客用ですね。 丸太状の階段を上ります。 舞台のような雰囲気。 階段を登りきると「紅梅」が出迎えてくれました。満開です。 その先の狭い岩の間の石階段を進みます。 洞窟の前で、振り返りました。苔むした岩。 行き止まりです。洞窟の中に白い球が並んでいました。 「南総里見八犬伝」 【伏姫籠穴(ふせひめろうけつ)】 八犬士は、それぞれに仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の文字のある数珠の玉 伏姫籠穴の説明 舞台のようなお休み場所が下方にみえました。 この後、山友さんと別行動です。 山友さんは学校方面の車道へ行きました。 私はここから「尾根ルート」を歩きます。単独です。 注意書きを横目に、斜面を登り始めました。 踏み跡はみえますが、 草が生い茂っています。踏み外さないように! 途中、右側に富山の山頂がみえました。 急な斜面をゼイゼイ言いながら登りました。 尾根上に出ました。誰にも会わない一人歩き。 案内標識があり、ルートを間違えていないのを確認しました。ほっ! さあ~富楽里方面へ~~。 ちらり海が見えました。 踏み跡を追いながら上ります。 時々見える海と街並み~。イイね~~。 土地勘がないので、集落の名前などわかりません。 また下り。 下っては上るを繰り返します。 アップ・ダウンが多い。 そろそろ下山口かなと思うと、小さなピークに登り返します。 名もないピークを通過。 急斜面で滑りやすい下り道。急ぐ時ほど慎重に。 動物が出てきそうな藪道。 登山口はまだかな?初めての道は長く感じます。 やっと、道標。ルートを間違えていません。ほっ。 滑りそうな斜面の下り。捻挫注意です。振り返っています。 やがて、茅の道。 集落が見えて、ここで初めて立ち休憩。水を飲みました。 もうすぐです。 山友さんが心配をして「お~い」と呼ぶ声が聞こえました。 道路からの方がだいぶ早く着いたようです。 道路が見えて、やっと安心しました。思わず笑顔。 伏姫籠穴登山口に無事に下山。 山友さんと合流しました。 下山時間は13時27分。 約45分の単独山歩きでした。 この尾根は山を歩いた気分になりました。 このあと、”スイセン畑”を見に行きます。 車道を歩きながら、さっきまで歩いていた尾根を眺めます。 こうして見ると、低山ですがアップダウンの連続ですね。 累積標高が上がります。 道路歩きの途中で見かけた牛さん。一瞬、本物かと思っちゃいました~~。モー。 ここがスイセンロード入口 地図の”現在地”にいます。 これから、グルリップします。 長くなってしまいましたので、スイセンロードは最終回です。 続きま~~す。 続き・・・その⑤最終回(すいせん遊歩道と夕日) ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。            

      78
      6
      テーマ:
  • 08 Feb
    • 関東百名山/富山(とみさん)☆その③北峰

      2017年2月1日、__房総の山/富山___  千葉の山/関東百名山___「鋸山」「高宕山」「富山」「伊予ヶ岳」「御殿山」 今回のコース 道の駅~学校分岐~万福寺登山口~5合目~南峰~北峰~伏姫籠穴~ 尾根ルート~伏姫籠穴登山口~スイセン遊歩道~道の駅 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 その①・・・東京駅高速バス乗り場~アクアライン~ハイウエイオアシス富楽里 その②・・・道の駅富楽里~学校分岐~福満寺登山口~5合目~富山南峰 続きです! 「富山」の”南峰”に到着。展望もなく、寂れた山頂でした。観音堂がありました。 南峰では休憩なし。先へ進みます。 北峰へGO~~ 分岐です。「伏姫籠穴方面」を分けます。 北峰・展望台方向へ進むと「鐘」がありました 「愛の鐘」 皇太子ご夫妻がここに登られてから「愛の山」として広く知られるようになったそうです。 そして、この「愛の鐘」が設置されたそうです。 私も、「愛の鐘」鳴らしました。うふ~、届いたかな? 奥には、縁結びの大杉「ボタンスギ」があるようです。 そして、東屋のある広場にとうちゃこ~ 「里見八犬士終焉の地」 杖がたくさん置いてありました。利用者が多いんですね。 ここからの展望です。 海の色がき・れ・い! ちらり、富士山。 ここには簡易トイレありました。 吉井農村公園分岐。案内板が素敵~~。 「富山双耳峰見取図」 では北峰へ。 こちらはよく整備された登山道です。 途中にお社。 あっ、展望台~~。よく写真でみました。 この広場の右側に「北峰山頂」があります。 富山(とみさん)349.5m山頂 関東百名山一座get! 三等三角点。タッチ! 証拠写真。自撮り~。 山頂標識からの展望で~す。 伊予ヶ岳 展望台広場へ。やった~貸し切りです! ___展望台からの眺望___ 手前に富山南峰。 海の向こうにぼんやりと大島 館山方面 見えました~~~。 富士山 マザー牧場方面 東京湾観音 鋸山 東京湾と三浦半島 すばらしい展望でした。 皇太子ご夫妻ご散策記念碑 記念碑の横に咲いていた桜 ここでランチタイム。お湯を沸かしていただき、コーヒーも飲みました。 山友さんにいただいた干支の置物。コッコちゃん可愛い~~。 ランチも済みました。さあ~先へ。 先ほどの分岐まで戻り、伏姫籠穴方面へ。 あかい(仏に備える水をくむ井戸) 井戸はなかったです・・・ 影しぇ~で遊んでいます。 長い階段状の登山道 登山道わきに咲いていた「スミレ」 ヤブツバキ そして___林道にぶつかりました~~。 ここが伏姫籠穴登山口。 ここから、林道を歩き「伏姫籠穴」へ向かいます。 富山遊歩道入口の案内板 こちらはトイレ。 ここが伏姫籠穴。りっぱな門構え。マイカーで観光でも来るようです。 【伏姫籠穴】 伏姫籠穴について。 この先が楽しみですね。 長くなりました。続きま~~す。 続き・・・その④ ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      63
      8
      テーマ:
  • 07 Feb
    • 関東百名山/富山(とみさん)☆その②南峰

      2017年2月1日、__房総の山/富山___  千葉の山/関東百名山___「鋸山」「高宕山」「富山」「伊予ヶ岳」「御殿山」 今回のコース 道の駅~学校分岐~万福寺登山口~5合目~南峰~北峰~伏姫籠穴~ 尾根ルート~伏姫籠穴登山口~スイセン遊歩道~道の駅 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 その①・・・東京駅高速バス乗り場~アクアライン~ハイウエイオアシス富楽里 続きです! 東京駅から高速バスで「道の駅・富楽里とみやま」に到着。高速道路の渋滞がなく予定時間より早く着きました。「富山」ハイキングはここから歩き出します。 トイレを済ませ、「富山」ハイキングに出発です。8時50分。 高速道路の高架横の信号を右に曲がります。 「スイセン遊歩道」の案内あり。 道路沿いにはスイセン。 やがて右側に「伏姫籠穴・富山」の案内地図 ここを右折。 田んぼ道を進みます。 途中、橋の工事中でしたが、通していただきました。 道端にもスイセン。濃い黄色がとてもきれいです。 田んぼ道の先に「登山口」が見えました。 「伏姫籠穴登山口」 今回はここから登りません。下山でここに出てきます。 舗装道路の右側を先へ進みます。 やがて、学校前へ。工事中でした。 【南房総市立富山中学・小学校】 ここで左へ行くと「伏姫籠穴登山口」がありますが、行きません。 「福満寺」からの登山口へ行くので、右へ直進。大きな道路にぶつかります。 右に行くと岩井駅方面。 富山中学校と伏姫籠穴入口の案内板がありました。 ここのT字路を左折。 左方面の奥に「富山」の山並みを望みます。 富山(とみさん)の北峰(アンテナ)と南峰(右)。双耳峰です。 道路沿いの花を眺めながら歩いています。 ホトケノザ・シソ科 民家の塀沿いに咲いていた菊 菜の花と富山の稜線。房総らしい風景です。 カーブ道の左に福満寺の案内板が見えてきました。 富山裏登山道の碑。ここを左折。   福満寺入口。 「仁王門」 赤い仁王様 【福満寺】 境内に入り、参拝。 梅と桜が同時に咲いていました。 福満寺のトイレ。ここが「富山登山口」 登山者の方へ、この杖をご自由にお使いください。 歩き始めは墓地の横道。 振り返ると、海が見えました。街並みは岩井駅方面。 樹林の道。 階段状の道。 一合目。合目石です。 三合目通過。 途中にはスイセン畑。 四合目。下り道です。 そして、五合目通過。 五合目の先に休憩ベンチ。水分補給とおやつ食べました。 水分補給とエネルギー補給が終了。 この先から急斜面の登りになりました。 登山道が崩れないように階段状に整備されていました。 眺める風景は房総の山。 まだ、まだ急斜面を登ります。 八合目通過。 うわ~。海~~。海が見えるとテンションup。 岩井の街をズームイン。 この建物は温泉施設があり、最上階に展望風呂。過去2度入湯しました。 カンアオイ・ウマノスズクサ科 「南峰山頂」にとうちゃこ~~ ベンチがあり、案内板がありました。 左側の階段を上ります。 樹林に囲まれた南峰山頂。 壊れそうなお社と奥に電波塔。観音堂です。 寂しい感じの山頂です。 左側の電波塔へ少しだけ上ります。 苔むした観音菩薩 為菩薩 この石仏も過去には信仰されていたでしょう。 電波塔と壊れかけた東屋 富山の南峰山頂到着 富山(342m)南峰山頂 この後、北峰へ向かいます。 続きま~~す。 続き・・・その3 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      67
      6
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 関東百名山/富山(とみさん)☆その①

      2017年2月1日、__房総の山/富山___ 関東百名山ですが、チャンスがなく未踏だった山です。山友さんが同行してくれました。 千葉の山/関東百名山___「鋸山」「高宕山」「富山」「伊予ヶ岳」「御殿山」 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 2月1日(水)、東京駅「JR高速バス乗り場」で山友さんと待ち合わせ。 高速バスで千葉県・房総へ向かいます。このバスは座席指定のため、事前にチケットを購入しました。料金は片道2300円です。事前に購入すると少しだけ割引あります。 8番乗り場。房総なの花号・7時20分発・南房パラダイス行きに乗車。 ”ハイウェイオアシス富楽里”で下車します。 7時20分、東京駅を出発しました。 東京アクアラインを通過します。乗客は平日ですから少なかったですね。 車窓からの風景。お台場のフジテレビ前を通過。   羽田空港が近いので飛行機が飛んでいます。 東京湾を通過。たくさんのタンカーが航行中。   千葉県木更津方面。 アクアラインから木更津本線料金所通過。館山道へ。 「ハイウェイオアシス富楽里」にとうちゃこ~~ 道路の渋滞がなく、8時35分に予定より早く到着しました。 高速バス乗り場。 早めに着いたので、お店で「つみれ汁」を食べました。 こちらが一般の駐車場です。 駐車場の脇に咲いていたスイセン。 トイレを済ませ、ハイキングに出発で~す。 続きま~~す。 続き・・・その2 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。      

      85
      8
      テーマ:
  • 05 Feb
    • なう!雪山、黒斑山

      雪山、黒斑山に登りました!雪が降っています。 詳細ブログは後日です。 詳細ブログ・・・「雪降る黒斑山でスノーシュー★」  

      116
      16
      テーマ:

プロフィール

ゆきえ

性別:
女性

読者になる

AD

このブログの読者

読者数: 826

読者になる

テーマ

一覧を見る

クリックで救える命がある。

ランキング

総合ランキング
7209 位
総合月間
11712 位
お散歩
31 位
アウトドア
68 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。