↑ぽちっと押してくださいね。
 


 


 




 

 


 

 
 
 
 
 
 
 
 











  • 08 Dec
    • 筑波山でグルっぽオフ会~☆前編

      2016年11月23日(勤労感謝の日)_____筑波山(つくばさん)_____コース筑波山神社~御幸ヶ原コース~御幸ヶ原~男体山~御幸ヶ原~女体山~おたつ石コース~ひつじヶ丘 グルっぽ「ハイキング仲間」のオフ会です。参加者は6名。ちょうど紅葉が見ごろでした。祭日でしたので登山者が多く、女体山の山頂への道は大渋滞。長い行列ができました。筑波山のこんな激混み、初めてでした。 11月23日(水)、秋葉原駅の”つくばエクスプレス”7時発に乗車します。 お得切符がありました___「筑波山あるきっぷ」_____つくばエクスプレスと直行筑波山シャトルバスの往復乗車券です。秋葉原駅からは3300円。北千住駅は3050円です。 似たお得切符で「筑波山きっぷ」はロープウェイとケーブルカーがセットになっていて料金も高いです。間違えて買わないようにしたいですね。 当日、お得切符を購入するために早めに家を出ました。売り場はどこ?改札口の横に「ご案内カウンター」がありました。ここで購入できます。改札口の横に「ご案内カウンター」早朝でも係員が一人いました。でも混むときは行列ができていました。 秋葉原(あきはばら)駅7時発に乗車。車窓からスカイツリーを眺めます。つくばエクスプレスの終点「つくばセンター」駅で下車。7時45分着。筑波山へのバス乗り場はA4出口。1番乗り場。「直行筑波山シャトルバス乗り場」ここでお得切符を持っているので、すぐ乗車できます。切符がないと、ここで購入。時間がかかりました。補助席を使って満員で8時出発。約36分乗ります。  「筑波山神社入口」でバスを降ります。バスは”ひつじヶ丘”までいきますした。筑波山神社入口で下車。ここでトイレ休憩。先のバスに乗り遅れたメンバーを待ちます。すぐ、次のバスがきます。トイレ横からの田園風景。 そして、【赤い大鳥居】メンバーが揃ったので歩き出しました。赤い鳥居をくぐっていきます。歓迎するように、真っ赤な紅葉。オフ会メンバー達。山の英ちゃんさん、我流さん、お気楽さん、きみちゃん、たけさん、私。  牛の置きもの   手水舎で清めます。   「筑波山神社」山門」    山門から拝殿を望みます【筑波山神社】筑波山神社は関東の霊峰「筑波山」を御神体と仰ぎ、約3千年の歴史を有する古社です。登山の無事を祈りました。 この先は続きます。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      NEW!

      36
      3
      テーマ:
  • 07 Dec
  • 06 Dec
    • 紅葉・高尾山!激混みでも紅葉を楽しむ心は皆同じ♬③最終回

      2016年11月20日(日)___景信山~高尾山____その1・・・JR高尾駅~小仏バス停~景信山登山口~小下沢分岐~景信山その2・・・景信山~小仏城山~一丁平~もみじ台 11月20日(日)、お天気に誘われ、半年ぶりに単独で高尾山へ出かけました。山頂の混雑は承知の上でしたが、この日は想像以上でした。でも、紅葉は見ごろで、タイミング良かったです。紅葉を楽しむ心は皆同じですね。私も激混みの一人でしたから。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・ 続きです! 奥高尾の「もみじ台」にとうちゃこ~。ここも激混みで~す。「もみじ台」名前のように紅葉狩りができます。茶屋のベンチは満席。紅葉の木の下で皆さんまったりしています。ここにもテレビカメラクルーがいました。すれ違い~!中央にマイクが見えます。道の両側は埋め尽くされていました。振り返ってみると、茶屋の手前も人・人・人・・・。ここでは休憩せずに進みます。階段下の分岐。新発見「これより先は奥高尾です」の新しい標識。ここもたくさん休憩中です。私は、休まず階段を上り、山頂へむかいました。階段を登りきると・・・わんさか人の波~~。激混みでも紅葉を楽しむ心は皆同じ~♬高尾山山頂の紅葉です。ふう~~。人をかき分けて進みます。「大見晴園地」富士山は雲に隠れて見えませんが、激混みです。「高尾山山頂」山頂標識は人の波~~。((((((ノ゚⊿゚)ノ写真を撮る順番待ちの長~い行列。稲荷山コースをやめて4号路を行くことにしました。トイレ前もずっと行列が途切れません。6号路は上り専用です。下りは禁止されています。そこでつり橋の4号路へ。滑りやすいから空いているかな?こちらも蟻のように長い行列~~。参りました~~。苦笑い! ↓吊り橋も行列。乗りすぎていない?ふう~。道が狭く、追い越すことができません。イライラ・・いや我慢。我慢。写真もブレブレ~。仕方ないです。4号道の紅葉を楽しみましょう。高速道路のジャンクション。  やっと、やっと、参道にでました。ううう~。ここも凄い!どこからこんなに人がやってきたのでしょう?お正月みたいでした。タコ杉の前まで、ケーブルに乗る人のなが~い列。わわわ~~。ケーブルに乗るのも一苦労ですね。私は、十一丁目茶屋の横から病院コースを下ります。ここは急斜面の下り。病院コースはさすがに行列ではありませんでした。6号路入口手前。6号路登山口にとうちゃこ~~。 ケーブル乗り場駅前の紅葉。ここも見ごろでした。下山は14時少し前。凄い、凄い人の波はまだ続行中です。この混雑に温泉はパス。すぐ、電車に乗ってしまいました。激混みの高尾山。私もその中の一人でした。こんな体験はめったにできないですね。高尾山の紅葉、楽しみました♬激混みの高尾山で紅葉狩り~のレポでした。 完。↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      72
      6
      テーマ:
  • 05 Dec
    • 紅葉・高尾山!激混みでも紅葉を楽しむ心は皆同じ♬②

      2016年11月20日(日)___景信山~高尾山____ その1・・・JR高尾駅~小仏バス停~景信山登山口~小下沢分岐~景信山 11月20日(日)、お天気に誘われ、半年ぶりに単独で高尾山へ出かけました。山頂の混雑は承知の上でしたが、この日は想像以上でした。でも、紅葉は見ごろで、タイミング良かったです。紅葉を楽しむ心は皆同じですね。私も激混みの一人でしたから。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・ 続きです! 景信山の山頂にとうちゃこ~。かげ信山荘前から秀麗富士山を眺めました。富士さ~~ん ありがとう!かげ信小屋から移動して、景信茶屋・青木へ。景信山には2軒の茶屋があります。こちらの紅葉はみごとでした。「景信茶屋・青木」屋根が埋まるほどの落ち葉。このカエデは見事です。ここも、人が多いですね。こちら側からも富士山ビューポイントがあります。見てみましょう。ズーム、富士山! 少し角度が変わるだけですが、景色が違って見えます。相模湖。石老山方面 10時10分。昼食には早いので先へ進みます。景信山を下ります。圏央道。 サッサカ歩いて、「小仏峠」小仏峠の狸さん。小仏バス停方面分岐です。こちらから登ってくる人も多いです。   峠から上り返します。単独ですと、あまり休憩しないんですよね~。ここは「相模湖展望場所」。以前は季節茶屋がありましたが、取り壊させていました。相模湖の展望!相模湖と高速道路の中央道先へ行きま~す。この階段は小仏城山への上り。左に巻き道を分けます。もちろん直登。この辺りは樹林でも紅葉はありません。さくさく歩きます。電波塔が見えてきました。小仏城山にとうちゃこ~~。先ずは山頂標識を。小仏城山(670,3m)山頂木彫りの天狗さま。角度を変えると、目が優しい~~三角点タッチ! 小仏城山も大勢の登山者.。2軒の茶屋のベンチが埋まっていました。残念!「富士山」は雲の中。お隠れになってしまい、全くみえませんでした。 私もここでランチタイム!城山茶屋の”なめこ汁”を注文。いただきま~~す。 やっとゆっくり休憩しました。出発です。一丁平のウッドデッキ展望台は富士山が見えないので巻いてしまいました。真っ赤なもみじ。日差しが無く、暗い感じになってしまいました。あら、青空どこ行った? 一丁平のトイレ「一丁平」それぞれが紅葉狩り~。高尾山の紅葉は人気がありますが、激混みでも紅葉を楽しむ心はみな同じですね。ここは紅葉並木~。すごい、凄い! ハイカーが途切れて、静か~~。  ファミリーも多いですね。小さな子が元気に歩いています。この場所の紅葉は黄金色。皆さん足を止めていました。スポットライトのように、陽が当たって輝いています。黄金色の紅葉。き・れ・い~~。 このグラデーションも素敵!鮮やかな赤。華やかです。   そして、「もみじ台」にとうちゃこ~。ここも激混みです。高尾山の山頂はどうなっているでしょうか?最終回に続きま~~す。  続き・・・その③最終回↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      74
      6
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 紅葉・高尾山!激混みでも紅葉を楽しむ心は皆同じ♬①

      2016年11月20日(日)___景信山~高尾山____*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・  11月20日(日)、お天気に誘われ、半年ぶりに単独で高尾山へ出かけました。山頂の混雑は承知の上でしたが、この日は想像以上でした。でも、紅葉は見ごろで、タイミング良かったです。紅葉を楽しむ心は皆同じですね。私も激混みの一人でしたから。朝、「JR高尾駅」に8時到着。すでに、8時12分発の小仏行きは長蛇の列でした。トイレもやめて、列に並びました~。これは陣馬高原行き?と間違えるほど。駅前の角を曲がるほどの大行列にびっくり~。定刻の8時12分発は臨時便と2台で出発。次の便、8時32分は3台。小仏行きは合計5台が出発。( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚やっと乗れました~~><  【小仏バス停】にとうちゃこ~この”ピンクの天狗バス”に乗りました。。バス停広場はどっとバスから降りた人で溢れています。トイレも長い行列でした。では、しゅっぱ~~つ。小仏バス停の横で新発見!大好き”エビスビール”の看板。えええ~。ここでビールが飲めるの?車での移動お店でした。店主さんとお話をして、名刺をいただきました。土・日・祝祭日のみ開店(ただし雨天休業)だそうです。「麦酒広場たかおの」かえりの待ち時間で飲めますね~。今回は高尾山へ抜けてしまうので、ビールを味わうことができませんでした。   「景信山登山口」に到着。分岐です。小仏峠方面を分けます。衣類調整をして、水分補給。上り始めます。 ここも登山者が多いです。ソロでいるのを忘れそうでした。団体さんの後ろにつき、歩き始めました。このあたりから紅葉狩り~~。赤・黄・緑のグラデーションがいいな~~。日差しがあたり、黄葉もきれい~~  そして「小下沢(こげさわ)」分岐にとうちゃこ~~じぇ、じぇ、じぇ~~「ツキノワグマ目撃情報」2016年11月12日ですって。奥高尾でも、熊さんがいるのにびっくり~この”分岐広場”も大勢の登山者が休憩中。想像以上です。 この先から急な登り。追い越します。ふかふか落ち葉を踏みしめて。木製階段を上りきると、トイレの横。ここも行列~~。景信山の山頂へ急ぎます。まだ、階段が続きます。 丹沢の山々がススキ越しに見えるビューポイント!一番奥に三角の山容の”大山”。 八王子市街を望みます。青い空に感動!  そして__景信山の茶屋にとうちゃこ~~一面落ち葉のじゅうたん敷き詰めて!  景信山(かげのぶやま)727m山頂証拠写真。あっ、三角点タッチ・・忘れちゃった~~わお~~。”スカイツリー”が右上に浮き上がっていますね。 そして、反対側へ。「かげ信小屋」 ここからの富士山、見えるかな?先ずは額縁の富士山! おおお~。秀麗富士山!富士さ~~ん ありがとうたなびく雲の白いスカーフ。美しい富士山に感動!しつこく何枚も大好き富士山の写真です。(笑)年賀状に使えそう~です。 この先は、続きま~~す。 続き・・・その②↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。      

      92
      14
      テーマ:
  • 03 Dec
    • 都立庭園「紅葉めぐりスタンプラリー」♪⑤旧古河庭園&とげぬき地蔵尊の御朱印

      都立庭園「紅葉めぐりスタンプラリー」 期間中(11月3日~12月11日)に都立庭園の9庭園の中から、5庭園のスタンプを集めると、来年度のカレンダーがいただけます。先着10.000名様。 その①・・・旧芝離宮恩賜庭園その②・・・浜離宮恩賜庭園その③・・・清澄庭園その④・・・六義園*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ _____旧古河庭園_____  11月16日(水)、紅葉スタンプラリーの最後は【旧古河庭園】へ。5ヶ所めです。六義園のあと、歩いて移動しました。石造りの洋館。大谷美術館です。ここはバラ園が有名です。秋薔薇がまだ咲き残っていました。バラ園です。   日本庭園へ。           紅葉スタンプラリー5ケ所を終え、2017年の都立庭園カレンダーをいただきました。   この後、巣鴨へ。cafe  & deli 「COOK」娘たちと合流してランチタイム 野菜たっぷりスパイシートマトカレー。うまうまです! この焼きたてキッシュは絶品でした。東京の地ビール”TOKYO  BLUES"    昼食を終え、巣鴨地蔵通商店街へ。ぶらぶら散歩~ ”とげぬき地蔵尊”の名で親しまれている「高岩寺」【高岩寺】「洗い観音」とげぬき地蔵尊の御朱印をいただきました。  ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。   

      53
      6
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 都立庭園「紅葉めぐりスタンプラリー」♪④六義園

      都立庭園「紅葉めぐりスタンプラリー」 期間中(11月3日~12月11日)に都立庭園の9庭園の中から、5庭園のスタンプを集めると、来年度のカレンダーがいただけます。先着10.000名様。 その①・・・旧芝離宮恩賜庭園その②・・・浜離宮恩賜庭園その③・・・清澄庭園*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ ______六義園(りくぎえん)_____ 11月16日(水)、都立庭園4ヶ所めは「六義園」に出かけました。大名庭園で、和歌の趣味を基調とする「回廊式築山泉水」です。六義園の名の由来は、中国の詩の分類法(詩の六義)にならった古今集の序にある和歌の分類の六体(そえ歌、かぞえ歌、なぞらえ歌、たとえ歌、ただごと歌、いわい歌)に由来したものだそうです。  正門です。煉瓦造りの重厚な入口です。 内庭大門をくぐり入ります。春は正面の枝垂れ桜のライトアップが有名ですが、今は秋。紅葉です。  都心でも、見事な枝ぶりの紅葉が楽しめます。和の灯篭と紅葉     雪吊りも絵になる光景です。 大泉水(池)と蓬莱島(洞窟石組の小さな島)    滝見茶屋 つつじ茶屋(つつじの古木材を用いて建てられた) 山陰橋    渡月橋(とげつきょう) 次の都立庭園は、旧古河庭園です。その5・・・旧古河庭園 ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。   

      68
      6
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 妙義山(石門コースで紅葉狩り)☆2

      2016年11月12日(土)_____妙義山(みょうぎさん)_____妙義山は赤城山、榛名山とともに上毛三山のひとつです。最高峰は「白雲山」の”相馬岳(1104m)”。また、「金洞山」は”東岳(1094m)”です。白雲山と金洞山を縦走する上級コースと、中腹を歩く中間コース、大砲岩などの石門めぐりコースがあります。 過去に白雲山コースや鷹戻しの東岳コースを、分けて登りました。過去レポを参考にどうぞ。今回はさくっと「石門コース」で紅葉狩り~~。過去レポ2014年1月18日「妙義山・相馬岳(北稜バリルート)」2013年11月30日「妙義山・相馬岳(国民宿舎ルートからバラ尾根)」2013年5月5日「妙義山・相馬岳(白雲山コース)」2012年12月2日「妙義山・鷹戻しコース」2012年5月6日「妙義山・石門めぐり」 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。その①・・・中乃岳神社駐車場~第一石門~カニの横ばい~第二石門~第三石門~第四石門続きです! 第四石門に到着。少し休憩して写真タイム。アーチの向こうに大砲岩が見え、素晴らしい光景です。では__第四石門から先へ進みましょう~。大砲岩とゆるぎ岩。奇岩が聳えています。そして、分岐。妙義神社・妙義温泉方面を分けます。ちらり、山名忘れちゃいました~。鹿岳かな? 中道コースとの分岐。ここから大砲岩方向へ。岩を歩いていくと大展望。     ズーム「見晴台」に立つ人。このあと私たちもこの後行きます。高速道路 一旦下って。 横へ移動上へ。 大砲岩には先行者がいましたので、天狗のひょうていへ。 【天狗のひょうてい】「天狗のひょうてい」から、大砲岩の先客にカメラを向けるとポーズしてくれました。貴重な写真になりました。↓うわ~、右上を見てください。カメラマンさん、落ちそうになりながら撮影中。ポーズしてくれた先客はカメラマンでした(右上)。大砲岩で落ちそうになりながら長時間シャッターを切っていました。紅葉の妙義山は、すばらしい眺望です。中央に「中之岳神社駐車場」。歩き始めた駐車場です。ズーム「中之岳神社駐車場」。   台形の「荒船山」 白雲山紅葉の妙義山、素晴らしい眺望です。大砲岩に次の登山者が上り始めました。過去レポ2012年12月2日に大砲岩に上りました。(過去レポ)この時は鷹戻しコースの小手調べ。大砲岩の岩上からの風景(過去レポ)大砲岩から第四石門(過去レポ)  では、下ります。「第四石門」へ戻りました。ちょっと風景を見るため石門の右上へ上ります。少し見える風景の角度が変わりました。大砲岩とゆるぎ岩。  そして「見晴台」にとうちゃこ~ 岩の上が「見晴台」。祠があります。見晴台の祠。見晴台からの眺め~。中之岳・東岳の岩壁山頂に登山者がいるのがわかりますか?ザイルが垂れています。   こちらは第四石門や大砲岩  第四石門。石門の横に登山者が見えます。 こちらは大砲岩。少し傾いています。ズーム!大砲岩と、先ほど休憩していた「天狗のひょうてい」   奇岩が林立する風景岩稜と紅葉。絵になります。  見晴台から中之岳神社へ下ります。真っ赤な紅葉。鮮やかです。落ち葉の”影しぇ~”。 【中之岳神社】 鳥居と階段。鳥居の横に登山者カード入れ。登山届はここでも提出できます。金の布袋様  妙義山の石門めぐり、これにて終了です。 長野県へ移動。途中で信州そばを。 こちらにもお立ち寄り~~。ここで”登山グッズ”を物色しました。  完。↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      66
      16
      テーマ:
  • 30 Nov
    • なう!房総で紅葉狩り~(*⌒▽⌒*)

      なう!房総で紅葉狩り~(*⌒▽⌒*)   養老渓谷の紅葉、楽しんできました~。房総の紅葉は今が見ごろで~す。濃溝の滝にも立ち寄りました。東京ドイツ村のイルミネーション。これも楽しい~~。海ほたるで証拠写真!で~す。↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      63
      4
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 妙義山(石門コースで紅葉狩り)☆1

      2016年11月12日(土)_____妙義山(みょうぎさん)_____妙義山は赤城山、榛名山とともに上毛三山のひとつです。最高峰は「白雲山」の”相馬岳(1104m)”。また、「金洞山」は”東岳(1094m)”です。白雲山と金洞山を縦走する上級コースと、中腹を歩く中間コース、大砲岩などの石門めぐりコースがあります。 過去に白雲山コースや鷹戻しの東岳コースを、分けて登りました。過去レポを参考にどうぞ。今回はさくっと「石門コース」で紅葉狩り~~。過去レポ2014年1月18日「妙義山・相馬岳(北稜バリルート)」2013年11月30日「妙義山・相馬岳(国民宿舎ルートからバラ尾根)」2013年5月5日「妙義山・相馬岳(白雲山コース)」2012年12月2日「妙義山・鷹戻しコース」2012年5月6日「妙義山・石門めぐり」 中之嶽神社無料駐車場からの妙義山の眺めです。冬桜に見送られて駐車場を歩き出しました。舗装道路を少しだけ進みます。 「「石門群登山道入口」にとうちゃこ~今回は「金洞山」や「白雲山」には行きません。 ルート第一石門~カニの横ばい~第二石門~第三石門~第四石門~天狗の評定~大砲岩~第四石門~展望台~中乃岳神社ここが登山口です。登山者カード入れ。滑落事故が多いそうです。登山者カード提出しましょう。金洞山縦走コース”鷹戻し”の鉄ハシゴ取り替え作業中のため、通行禁止です。  では、石門群へ出発~絵葉書などの有名な石門は”第四石門”です。先ずは”第一石門”から周回します。  第一石門おお~~ぉ。紅葉キレイです。いきなり、第一石門で紅葉狩り~~。 第一石門から覗く風景岩陵と紅葉のコラボ。荒々しさと優しさの競演。        「カニの横ばい」カニの横ばいの先で渋滞中。待ちます。 カニの横ばいから見える奇岩。人の横顔に見えます。 渋滞は「たてばり」。鎖の上り”たてばり”の上部が「第二石門」。アーチになっています。第二石門からの展望!妙義山らしい林立する奇岩の風景。  そして「つるべさがり」上部から見ると、ほとんど垂直です。【つるべさがり】下り終えて見上げています。長~~い鎖でした。  「片手さがり」狭い場所。片手で鎖をつかみ、片手で岩を。下ります。 緊張した心をほっとさせてくれる紅葉。 ”第三石門”への分岐。「第三石門」は行き止まりです。また、ここに戻ってきます。 行きましょ~う。      【第三石門】とうちゃこ~行き止まりですので、来た道を戻ります。  そして、石門で一番有名な「第四石門」に到着。ここには、あずまやがあるので、休憩する人が多いです。私たちも写真タイム。休憩です。 石門の奥に【大砲岩】大砲のような奇岩。ズーム。大砲岩と私を自撮り~サイン!  絵葉書のような光景です。 この先は続きま~~す。 続き・・・その2最終回↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。   

      78
      18
      テーマ:
  • 28 Nov
  • 27 Nov
    • 明治神宮で”御朱印”と”パワースポット”&神宮外苑のイチョウ並木♫

      『明治神宮』で”御朱印”とパワースポット昨日(11月26日)、都心の名所へ夫と出かけてきました。七五三や結婚式など、たくさんの参拝者でした。パワースポットの井戸でパワーアップ。御朱印パワースポットの清正井(きよまさのいど)清水がこんこんと湧きだしていました。紅葉を映し、神秘の空間でパワーアップしてきました。 都心でも深い森。鳥居をくぐると、祈りの場所です。   明治神宮御苑の紅葉  そして、神宮外苑のイチョウ並木へ神宮外苑のイチョウ並木。ツアーバスも多かったです。今年はすでに終盤でした。    終盤でしたが、たくさんの見物人。外国人が多かったです。落ち葉で埋め尽くされ、黄色い絨毯。きれい~~。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。    

      92
      10
      テーマ:
  • 26 Nov
    • 丹沢/鍋割山で”鍋焼きうどん”★後編

      2016年11月10日(木)______丹沢/鍋割山_____ 目的は丹沢で”鍋焼きうどん”を食べましょ~う。そして、紅葉が見た~い! ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。前編・・・県民の森~二俣~後沢乗越~鍋割山 続きです。 鍋割山荘にとうちゃko~。鍋割山頂をgetしました。鍋割山荘で鍋焼きうどんを注文。おいしくいただきました。。今回の目的達成!鍋焼きうどんおいしくいただきました。  ちょうど、カメラクルーがいて取材中。鍋割山荘のオーナーさんが対応していました。どこの取材でしょう?鍋割山山頂証拠写真撮りました。 では、下山しましょう!陽が短い時期ですので、塔ノ岳には寄らずに下ります。ふかふか落ち葉の道。箒杉沢方面かな。沢が見えます。晴れていたお天気が崩れてきました。ガスってきました。黄葉がきれい~。鍋割山を振り返りました。一旦下って小丸へ上り返します。 ジグザグ登山道がおもしろ~~図柄。パッチワークのような紅葉。 わお~、あっという間に稜線がガスで包まれています。鍋割山が霧に包まれそう~~。 そして最初のピーク「小丸」に到着。小丸(1341m)山頂   ここは小丸尾根分岐。二俣に続く道。今は通行止めでした。  カラマツの紅葉。黄金色に色づきました。 もう一つのピーク「大丸」大丸(1386m)山頂 この辺りもガスってきました。山の天気は変わりやすいです。登山道が落ち葉で隠れています。霧で幻想的な光景 塔ノ岳分岐「金冷シ」に着きました。標高1368m昨年の5月には塔ノ岳へ行きましたが、今回はやめて「大倉尾根」を下ります。やせ尾根を進みます。大倉尾根になり、緊急時番号が変わりました。目立つ黄色です。ここは42番。 歩いてきた大丸方面。斜面の紅葉が見ごろでした。ガスっているので霞んでしまいました。大倉尾根の特徴。遮るものがありません。塔ノ岳への表尾根が左側に見えます。 【花立山荘】トイレが新しくなっていました。花立山荘前から、富士山~~。うれしい~~富士さ~^ん、ありがとう~~そして、相模湾と江ノ島。さあ、暗くならないうちに下りましょう。12時35分。 フジアザミ/キク科まだ咲き残っていました。 【堀山の家】堀山の家は工事中でした。13時15分。  駒止茶屋  見晴茶屋新しく「山床」とトイレができていました。ここで休憩。  ここは「雑地場」ここもトイレと山床が新しく設置されていました。すごい。大倉尾根のトイレが新しくきれいです。トイレはチップ制です。 途中、この石の資材を運んでくださいの案内。石の資材を歩荷ですね。  無事に「大倉」に下山しました~~。14時55分。靴を洗いました。バスが来るまで、お疲れ様で泡タイム。お疲れ様でした! 完。↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。    

      66
      6
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 丹沢/鍋割山で”鍋焼きうどん”★前編

      2016年11月10日(木)______丹沢/鍋割山_____ 目的は丹沢で”鍋焼きうどん”を食べましょ~う。そして、紅葉が見た~い! ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。 11月10日(木)、小田急線・渋沢駅で山友さんと待ち合わせ。渋沢駅前からタクシーで「県民の森」へ向かいました。もし路線バスを利用する場合は大倉行きに乗り、大倉から鍋割山登山口の「二叉」まで約1時間歩きますので、陽の短い時期ですから、時間短縮しました。。 過去に大倉から二俣まで歩いたことがあります。過去レポを参考にどうぞ。過去レポ①2009年3月29日「丹沢・鍋割山で鍋焼きうどんを食べましょう」 こちらは「県民の森」から鍋割山と塔ノ岳でシロヤシオ。そして怖い「雷」に遭遇。②2014年5月29日「鍋割山と塔ノ岳でシロヤシオそして雷遭遇」 「表丹沢県民の森」の駐車場にタクシーで到着しました。7時50分。車止めゲートの前で下車。ここから、先ずは「二俣」へ向かいます。しゅっぱ~~つ! やがて、勘七橋を通過。  その先にもう一つのゲートを通過。閉まっている時は横から通れます。  前方に大倉方面からのルートと合流。ここを左折。鍋割山への道標があります。ここから緩やかな上り道。 やがて、左側の森に銅像があります。 【二俣】の道標。緊急時番号は0番。  最初の木製橋を渡りました。  登山道通行禁止箇所。”小丸尾根は通行止め”  向こうの尾根の紅葉がイイ感じ~~。伐採作業中でう回路になっていました。川岸の”う回路” ”本沢”分岐に掛かる橋を通過。 鍋割山荘用のペットボトルの歩荷。山積みでした。私たちはザックの重さを考慮して歩荷しません。ここで水分補給と行動食を食べ休憩。衣類調整しました。 ここから本格的な登りになります。ここでも、沢を通過。ミズヒ沢です。沢を過ぎ、急斜面を上って、振り返りました。ここから樹林帯に入りました。  マツカゼソウ/ミカン科ピント合わせが難しい小さな花。アズマヤマアザミ/キク科 やがて、”乗越”が見えてきました。ジグザグな階段状の斜面を登ります。   【粟ノ木洞方面】分岐。ここが乗越です。【後沢乗越】このあたりから、紅葉がとてもきれいでした。  あまり紅葉を期待していなかったので、大感激。何とも言えないグラデーション。  緊急時番号6番通過 いいでしょ~う。オレンジ色とグリーンの取り合わせ。 リンドウ/リンドウ科   江の島が見えました~~。光る海に感動~~。まだまだ紅葉ロード階段が多くきつい上りですが、疲れを忘れさせてくれます。紅葉に魅せられて何枚も撮りました。  木々の間から____富士山みっけ~~~わお~。大好き富士さ~~ん!富士山ありがと~~う。富士山の表情いろいろ~~。 そして、鍋割山荘にとうちゃこ~~。【鍋割山荘】 鍋割山(1272,5m)山頂からの富士山このあと鍋焼きうどんを食べましたが、その間に雲が出て富士山は隠れてしまいました。 皆さん、鍋焼きうどんを食べています。私も目的達成!熱々の鍋焼きうどん、いただきま~す。うまうまです。 この後は続きます。 続き・・・後編↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。    

      76
      12
      テーマ:
  • 23 Nov
    • なう!紅葉の筑波山(∩´∀`∩)

      なう!紅葉の筑波山 紅葉が見ごろでした~。     女体山へ続く道。大渋滞中。こんなにすごい人出は初めてでした。    詳細は後日です。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      98
      12
      テーマ:
    • 山梨百名山・羅漢寺山/弥三郎岳~白砂山~仙娥滝を周回☆⑤最終回

      2016年11月8日(火)___山梨百名山/羅漢寺山(弥三郎岳)___ 山梨県の「昇仙峡」は渓谷美で有名です。昇仙峡の主峰は『覚円峰』ですが、 弥三郎岳・展望台・パノラマ台を総称して【羅漢寺山(らかんじやま)】と呼ぶそうです。羅漢寺山は山梨百名山です。 知られざる登山道を歩いてきました。 コースロープウェイ~パノラマ台~弥三郎岳~パノラマ台~白砂山~太刀の投石~白山展望台~昇仙峡口~グリーンライン~仙娥滝~昇仙峡滝上 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その①・・・甲府駅~バス~昇仙峡滝上~ロープウェイ~パノラマ台その②・・・パノラマ台~弥三郎岳~パノラマ台その③・・・パノラマ台~富士山遥拝所~白砂山その④・・・白砂山~白山展望台~太刀の抜岩~長澤橋  _______続き・最終回です! 「長澤橋」に下りてきました。橋の上からの紅葉に歓声をあげました。昇仙峡の渓谷美に感動です。青空が水面に映り、青く光っていました。  これから昇仙峡の見どころ、”渓谷美”と”奇岩”を眺めながら、「滝上バス停」へ。グリーンラインを歩き出しました。 紅葉がイイ感じ~~  渓谷美です。オットセイ岩奇岩はたくさんありますが・・・ 猿岩大仏岩これが大仏岩かな。 まつたけ岩ほんと、松茸に見えますね~!   皆さん、観光で訪れているようで、サッサか歩いています。 そして「愛のかけ橋」愛のかけ橋には行きませんでした。眺めるだけ~~。 紅葉狩り~  有明橋を渡るハイキングコースがありました。   こちら「羅漢寺橋」。こちらからも羅漢寺へ行けるようです。  馬車乗り場。この日は馬車を見かけませんでした。   覚円峰の大展望紅葉がとてもきれいです。ちょうど見ごろでした。 ここは観光客が多いです。  そして、【石門】通過  【仙娥滝】高さ30mの美しい滝水量が多く、水しぶきが霞ます。記念写真撮りました~。 観光客が楽しめるおみやげ屋さん通過~時間があれば、寄り道したいですね。 昇仙峡滝上バス停に戻ってきました。ちょうどグルリップしました。バスの待ち時間があったので、有志だけで売店で泡をグビッ~。すると、タクシーの運転手さんからお誘いがありました。タクシー2台で甲府駅まで乗車。予定より早く帰ることができました。 完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。     

      47
      4
      テーマ:
  • 22 Nov
    • 山梨百名山・羅漢寺山/弥三郎岳~白砂山~仙娥滝を周回☆④太刀の抜岩

      2016年11月8日(火)___山梨百名山/羅漢寺山(弥三郎岳)___ 山梨県の「昇仙峡」は渓谷美で有名です。昇仙峡の主峰は『覚円峰』ですが、 弥三郎岳・展望台・パノラマ台を総称して【羅漢寺山(らかんじやま)】と呼ぶそうです。羅漢寺山は山梨百名山です。 知られざる登山道を歩いてきました。 コースロープウェイ~パノラマ台~弥三郎岳~パノラマ台~白砂山~太刀の投石~白山展望台~昇仙峡口~グリーンライン~仙娥滝~昇仙峡滝上 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その①・・・甲府駅~バス~昇仙峡滝上~ロープウェイ~パノラマ台その②・・・パノラマ台~弥三郎岳~パノラマ台その③・・・パノラマ台~富士山遥拝所~白砂山  続きです! 【白砂山】にとうちゃこ~。ここは花崗岩の白い砂山でした。展望が素晴らしいです。紅葉は、少し遅れているようでしたが、そこそこ見られました~。山頂でランチタイム。食事を終え、出発です。奥から眺めると、かなり急斜面。滑ったら谷へ真っ逆さま~。要注意!  さあ~出発です。「獅子平」分岐まで戻ります。分岐にとうちゃこ~~~。獅子平・ふるさと自然観察路の案内。ここを左へ曲がります。右はパノラマ台。歩いてきた道です。 ここからは、あまり歩かれていないようで、倒木あり~。苔むした炭焼き窯跡あり~。  でも、このあたりは___素敵な森林風景!和みま~す。やがて___素敵な森の広場~こんな奥深い場所に『この付近の地質の解説』。ふむふむ。右に「白山展望台」の案内です~。行きますか?行きましょ~~~う。GO~【白山展望台】の案内板。(@Д@;右に伸びる痩せ尾根を進みます。   突き当りに・・・・・驚きの白砂の展望台がありました~。何だか得した気分。奥に茅ヶ岳と金ヶ岳。偽八ツです。前方に__南アルプス・白根三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)の展望! 霞んでいて、白根三山はぼんやり~~。ここからの展望はこんな感じ。 ズームイン!鳳凰三山 甲斐駒ヶ岳 砂浜のような場所。そろ~り、そろ~り白砂の先へ進みました。私、バンザイポースしちゃいました~~。証拠写真。やったーこちらスマホ撮り。紅葉の色がきれい。  白山展望台で同行者の皆さん勢ぞろい。素敵な眺めに歓声が上がりました。  では、登山道へ戻りましょう!  やがて、分岐。進む方向は長澤橋方面です。が、太刀の投石の案内があります。 また、寄り道で~~す。期待しちゃいますね。急ぎ足~。ジャ~ン!「太刀の抜石」オブジェのようです。紅葉した樹木がアクセント!うっすら富士山とコラボってみました~ここからの展望は、紅葉がいまいちでした~~。でも、花崗岩の岩が覗く独特の景観です。また、また、登山道へ戻ります。  (゜д゜;)怖~い案内板。昇仙峡口・長澤橋へ向かいます。  落ち葉で道が不明瞭。荒れた登山道になってきました。道標を見落とさないように、きょろきょろ。あった!。ほっ。(;´▽`A`` ぎょ。ぎょ。ぎょ~~。頭部だけの石仏。合掌。(°Д°;≡°Д°;)石仏の奥に、岩壁が彫られたような場所です。不思議発見~~。ハンマーのような道具見っけ~~。あの石仏をここに戻すのでしょうか?謎ですね。それとも梵字? さあ~。ミステリアスな場所を後に、進みます。倒木が多いです。アスレチックレースのように、荒れた登山道。分岐。三叉路です。長澤橋方面へ。右折。分岐を間違えては大変。慎重に進みます。でも、このあたりは整備されていません。千田方面へここは、どっち?左です。天神森へ。道がよくなってきたので、ここで休憩。おやつ食べました。おやつがいっぱいおすそ分け~~。 まだまだ、歩きます。 この先で思いがけず出遭った「富士山」.うれしい~♪富士さ~~ん。ありがと~~う!   道標を探します。うわお。キノコの群生。パン屋さんの甘食みたい。  そして___舗装道路に出ました。長澤橋方面へ。しばらく道路歩き。道路から入る近道がありました。下ります。以外に急斜面の道。 民家の近くで、獣除けフェンスを通過。弥三郎岳・羅漢寺山登山道入口の案内。道路に出ました。このおみやげ屋さん(ふるや)の横が登山道。わかりにくいですね。ここからまた、舗装道路を少しだけ歩きます。  舗装道路を下るように歩くと、目的の橋「長澤(ながとも)橋」「ながとも橋」は難しい漢字です。変換できませんでした。一級河川【荒川】に架かる橋。 渓谷の紅葉が素晴らしい~~。このあと、グリーンラインを歩き、奇岩群を眺めながら「仙娥滝」へ。最終回に続きま~~す。 続気…その5最終回  ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。   

      63
      4
      テーマ:
  • 21 Nov
    • あなたの性格を診断!鍋占い

      なぜか気になっていた「鍋占い」。 私も、性格判断してしまいました~! ”しゃぶしゃぶ”をチョイス_____性格はスタンダード・優等生タイプ__ですって。  ▼あなたの性格診断はこちらあなたの性格を診断してみる

      62
      6
      テーマ:
  • 20 Nov
    • なう!紅葉の高尾山

      なう!紅葉の高尾山。激混みーー!                久しぶりに単独で歩きました。激混みで高尾山温泉はパスしました~ 詳細は後日です。↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      96
      16
      テーマ:
  • 19 Nov
    • 山梨百名山・羅漢寺山/弥三郎岳~白砂山~仙娥滝を周回☆③白砂山

      2016年11月8日(火)___山梨百名山/羅漢寺山(弥三郎岳)___ 山梨県の「昇仙峡」は渓谷美で有名です。昇仙峡の主峰は『覚円峰』ですが、 弥三郎岳・展望台・パノラマ台を総称して【羅漢寺山(らかんじやま)】と呼ぶそうです。羅漢寺山は山梨百名山です。 知られざる登山道を歩いてきました。 コースロープウェイ~パノラマ台~弥三郎岳~パノラマ台~白砂山~太刀の投石~白山展望台~昇仙峡口~グリーンライン~仙娥滝~昇仙峡滝上 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。その①・・・甲府駅~バス~昇仙峡滝上~ロープウェイ~パノラマ台その②・・・パノラマ台~弥三郎岳~パノラマ台  続きです! 【弥三郎岳】に登りました。往路を下山。また、「パノラマ台」に戻ってきました。山梨百名山「羅漢寺山」(1058m)   これから”うぐいす谷”方向へ行き、『白砂山』へ登ります。案内板の右方向へ。階段を下りていくと、「富士山遥拝所」「富士山遥拝」富士山~山頂部に雲がかかっていますが、ここも富士山ビューポイント。何度も富士山に出会えました~~。   「うぐいす谷」の案内がありましたので、行ってみます。「うぐいす谷」岩の展望台。南アルプスが浮かんで見えました~~。ここは、行き止まり。遥拝所まで戻りま~~す。(o´・ω・`o)ノシ   富士山遥拝所の右に小さなピーク。行きましょう~。好奇心旺盛ですよ!【龍の松】写真ではわかりにくいですが、松の木が龍のようにみえました。  さらに上へ。何があるかな?約束の丘「出愛の鐘」素敵な出逢いがありますように!私も鐘を鳴らしました。うふ。(♡ >ω< ♡)パノラマ台はお楽しみがとても多いですね。    ここで、「白砂山」への案内がわかりません。みんなで地図を確認。どこかな~?コミュの管理人さんが売店で入口を聞いてきました。 「富士山遥拝」の左に踏み跡。ここから入山です。歩き出すと「獅子平方面」の案内板がありました~~  観光客がいない静かな樹林帯。  「獅子平方面」への案内がいくつも出てきました~。ほっ!このあたりは踏み跡もしっかりありますから、登山者が歩いているようです。  「鞍かけ岩」昔の馬道だったんでしょうか。梵字のように彫られた岩その脇には手水のような窪みのある岩。馬の水飲み場かな?往時を忍ばせる場所でした。   先へ進むと”分岐”。【白砂山方面】への案内。左へ進みます。ここにも白砂山の案内がありました~~。  倒木を回り込むように歩きます。痩せ尾根です。  大~きな赤松。幹が分かれているので”夫婦松”かな?目印になる樹木ですね。   樹木の間から、ちらり、切り立った岩壁。前方に白い岩群~~。  「白砂山」にとうちゃこ~~【白砂山】花崗岩の山頂です。山頂標識や三角点はありませんでした。     特徴のある丸い白い岩「覚円峰」が目の前に。   ロープウェイの山頂駅「パノラマ台」もよく見えます。   うぐいす谷のむこうに「茅ヶ岳」  細長い山頂。もう少し先へ進んでみました。ここでランチタイム~~眺めがごちそうです。ザックを落とさないように、食事です。 食事を終えて、山頂へ戻ります。狭い斜面。落ちないように枝に掴まりながら通過。この後は、先ほどの分岐に戻り、獅子平方向へ行きます。 まだ、まだ、続きま~~す。 続き・・・その④↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      58
      3
      テーマ:

プロフィール

ゆきえ

性別:
女性

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 812

読者になる

テーマ

一覧を見る

クリックで救える命がある。

ランキング

総合ランキング
12656 位
総合月間
10414 位
お散歩
47 位
アウトドア
127 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。