• 26 Jun
    • 鎌倉/文学館の薔薇♫

      5月29日(日)小用があり鎌倉へ。 _______帰りがけ、鎌倉文学館に立ち寄りました。 ”ばら園”は終盤でしたが、誇らしげに咲く姿、撮ってきました。 鎌倉文学館___ホームページ この日、【言葉と音楽のコンサート】が開催されていました。 山レポを忘れて、散策レポです。ご覧ください。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      NEW!

      53
      3
      テーマ:
  • 25 Jun
    • 入笠山/開山祭とスズラン群生♫後編

      2016年5月28日(土) ______入笠山の開山祭に参加________ 前編 ・・・富士パノラマリゾート~ゴンドラ~入笠湿原 中編 ・・・開山祭と入笠山山頂 続きです! 開山祭に参加して、入笠山にも登ってきました。そして、”ゴンドラ山頂駅”に戻ってきました。このままゴンドラに乗ればすぐ帰れるのですが、欲張ります。 【ドイツスズランの群生地】へ。咲いていました! ソフトクリームを食べているハイカーの脇に咲いています。 ドイツスズラン 「ドイツスズラン」は花数が多く、花茎が長く、葉の間から良く見えます。 奥にゴンドラが通過中。わかりますか? ゆらゆらと可愛い花です。でも有毒植物です。 スズラン/ユリ科 花ことば____幸福、 純潔、 純愛 、清らかな愛 ドイツスズラン群生地はゴンドラ山頂駅からすぐです。でも、こちらの方が早く咲きますので、時期により終わっている場合があります。 群生地の先に八ヶ岳がどーんと見えるのですが、本日は雲隠れ~ スズラン群生地のはずれにある「恋人の聖地」へ 八ヶ岳を眺めながらベンチに座り語らう場所かな。 今回もこの鐘を鳴らしました~。あまりに強く鳴らしてしまい、びっくりされてしまいました。怒っているように聞こえたそうで、反省~。いえいえ、嬉しさが強かったんですよ~。 そして__植物園を一回り~ ササバギンラン/ラン科・・・・マイヅルソウ/ユリ科ゆk サクラソウ/サクラソウ科 ユキザサ/ユリ科 と クリンソウ/サクラソウ科 アマドコロ/ユリ科 【ヤマシャクヤク】がたくさん咲いていました。 ヤマシャクヤク/ボタン科 咲いて3日ぐらいで散ってしまうそうです。散りはじめもありました。 最後に、【釜無ホテイアツモリソウと山野草展】へ 丹精込めて育てられた植物。素晴らしいですね。 完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      55
      7
      テーマ:
    • 写真追加しました。なう!西穗高岳に登りました\(^o^)/

      なう!ホテル穗高で日帰り温泉!西穗高岳に登りました! 西穂高岳では360度の大展望。 富士山も白山も八ヶ岳も噴煙をあげる御嶽山も見えました。 ジャンダルム・奥穂高岳・前穂高岳がおいで~と招いているようでした。 富士山と南アルプス 一番奥に白山。 手前が乗鞍岳。奥に噴煙をあげる御嶽山。 雲海に浮かぶ八ヶ岳。 ジャンダルムと奥穂。 たくさんの高山植物にも出合いました。 梅雨時期なのに、私たちが登った時間だけ晴れてくれました。 楽しい山行でした。 詳細は後日です。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      98
      20
      テーマ:
  • 23 Jun
    • なう!西穗山荘!晴れ!

      なう!西穗山荘!晴れ! 詳細は後日です。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      85
      10
      テーマ:
    • 入笠山/開山祭とスズラン群生♫中編

      2016年5月28日(土) ______入笠山の開山祭に参加________ 前編 ・・・富士パノラマリゾート~ゴンドラ~入笠湿原 続きです! 湿原を歩き、開山祭の神事が行われる場所に到着しました。 アルプホルンの演奏が、開山祭を盛り上げてくれます。 祭壇が整えられ、準備は整っています。 まだ、開始時間まで待ち時間がありました。 アルプホルンの演奏者と記念撮影~~。アルプホルンに触ったのは初めてかな。ありがとうございます。 私たちが登山者の一番前でしたので、登山者の代表で出ていただけませんかと市の担当者から依頼がありました。マイフレさんが引き受けました。 こんな体験めったに出来ないですね。超ラッキーです。私も嬉しい~♪ 神主さんが登場しました。いよいよ神事が始まります。 【入笠山開山祭】の神事が始まりました。 来賓の方が次々に参拝。そして、登山者代表も参拝です。 マイフレさん緊張しているようです。 無事に参拝を終えました。 お神酒は「甘酒」でした。車で来られた人が多いのでしょう。 一年間の登山の無事を祈りました。 どうぞ、ご利益がありますように! 記念品を頂きました。 スズランがモチーフのバッジ。可愛い~。 ショッピングバッグとジュースいただきました。 これから、山頂へ登ります。 山頂へ向かう登山者が多いです。 上りは岩場コースへ(右)。下りを迂回コースで。 山頂手前のズミ(小梨)。まだ蕾が多いですが、綺麗でした。 入笠山の山頂にとうちゃこ~~。 にぎわっています。 入笠山(1955m)山頂 開山祭の神事中に雲が多くなっていました。八ヶ岳もチラリ。 方位版 三角点タッチ! 証拠写真。混雑していて順番待ちで撮りました。 山頂でランチタイム。お腹空きました~。 ランチを終え、下山です。迂回道で下ります。 私たちが表登ったのは「表登山道コース」です。 マナスル山荘横の駐車場は、開山祭の神事が片付けられていました。 マナスル山荘。ここでトイレ休憩。 往路を戻ります。 ニリンソウ/キンポウゲ科 シロバナエンレイソウ/ユリ科 きゃ~。こんなところに・・・見つけました。ヤマシャクヤクです。 ふっくらと白い花びら。清楚です。 3日くらいで散ってしまうそうですから、タイミング良く見ることができました。 ヤマシャクヤク/ボタン科 山彦荘に寄り道です。___あっ、【オオヤマレンゲ】が飾ってありました。 ヤマシャクヤクに似ていますが「オオヤマレンゲ」です。 比べてみました。違いますね。でも白い花びらは似ています。 ヤマシャクヤク/ボタン科_____オオヤマレンゲ/モクレン科 もちろん、葉が違います。 これも珍しい花。 キバナアツモリソウ/ラン科/アツモリソウ属 アツモリソウの蕾。開いたところを見たかったです。 入笠湿原の案内板に戻ってきました。 これから、スズランの群生地へ入ります。 日本スズラン群生地。あの木道を歩きます。 まだ蕾が多く、早かったです。奥の方が咲いていました。 スズラン/ユリ科 この後、湿原を出て、ゴンドラ乗り場へ戻ります。 そちらにはドイツスズランが満開でした。 後編に続きます。 続き・・・後編 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      49
      8
      テーマ:
  • 22 Jun
    • 入笠山/開山祭とスズラン群生♫前編

      2016年5月28日(土) ______入笠山の開山祭に参加________ JR韮崎駅でマイフレさんにピックアップしていただき、スキー場「富士パノラマリゾート」の駐車場へ向かいました。 この日、入笠山の開山祭があるそうです。 今年一年間の登山の安全を願って、私たちも参加したいです。 ゴンドラの往復チケットを購入。 入笠山は冬スノーシューで2度。初夏スズランを見に2度登っています。 今回で5回目です。スズランの群生は毎年見たくなりますね。 過去レポ 2013年3月2日 「入笠山でスノーシュー」 2014年6月19日 「入笠山でスズランとホテイアツモリソウ」 2015年6月26日【入笠山・スズランやクリンソウの群生】 この日はMBT(マウンテンバイク)の大会が開かれていました。 ちびっこたちもいたよ~。 ゴンドラ乗り場もマウンテンバイクを抱えた選手の行列です。 掲示板には___5月28日の開花状況やMTBコース状況 ゴンドラの下にはMTBのコースがあり、凄いスピードで通過していました。 ゴンドラからは八ヶ岳がドーンと眺められます。 5日前に登ったばかりの八ヶ岳。特別な想いがありますね。 過去レポ 2016年5月23日【ツクモグサの八ヶ岳・横岳日帰り登山】 うわ~~。何度もこのゴンドラに乗りましたが、富士山が初めて見えました。 富士さ~~~ん。ありがと~~う。テンションUP。 ゴンドラを降りて入笠湿原へ。 山野草公園を抜けていきます。 いきなり、スズランに出会いました~。 ______入笠に咲く花。花図鑑ができそうです。 スズラン/ユリ科 イカリソウ/メギ科 マイヅルソウ/ユリ科 サクラソウ/サクラソウ科 ミヤマニガイチゴ/バラ科 ツバメオモト/ユリ科 シロバナエンレイソウ/ユリ科 シロバナエンレイソウとツバメオモトの競演。 タチツボスミレ/スミレ科 ズダヤクシュ/ユキノシタ科 クマガイソウ/ラン科/アツモリソウ属 扇型の大きな葉が特徴。 この花は、すでに終盤でした。かろうじて何本か残っていました。ラッキー 林道を横切り入笠湿原へ。新しい木道階段が整備されていました。 開山祭はマナスル山荘の前の広場で行われるようです。 鹿除けゲートの扉を開けて入ります。またきちんと閉じますよ~。 ホウチャクソウ/ユリ科/チゴユリ属 シロバナノヘビイチゴ/バラ科 ウマノアシガタ/キンポウゲ科 湿原の木道です。 ズミはまだ早く蕾でした。 エゾノコリンゴ スズランの群生地は帰りがけにいきます。先にお花畑へ。 【入笠湿原】 ここにも鹿除けゲート。 鹿除けゲートの先にトイレと山彦荘があります。 ちょうど通りかかったおじさんが、オオヤマレンゲの花束を抱えていました。 「この湿原に咲いているのですか?」「違うよ。家から持ってきたんだ」 「山荘のテーブルに飾るから見てね」山彦荘に帰りに寄ることにしました。 オオヤマレンゲ このあたり、いつも咲いているクリンソウがまだありませんでした。 沢の中、クリンソウは蕾です。ここにシロバナがあっけど見当たりません。 ニリンソウ/キンポウゲ科 クリンソウ/サクラソウ科 ここには群生していました~。 ちょっと遠いのでズームしています。 カントウタンポポ/キク科 道路を横切り斜面のお花畑へ。右に歩くとマナスル山荘です。 鹿除けゲート。入ります。スズランが咲いているかな?咲いていました。 スズラン/ユリ科 日本スズランは葉に隠れるように咲き、目立たないです。 ↓ドイツスズランはたくさん咲き、目立ちます。 この2枚がドイツスズラン。後半に別の場所でドイツスズランを見ました。   ここは日本スズランの群生地。でも、少し時期が早いようです。 サクラソウ/サクラソウ科 ツマトリソウ/サクラソウ科 あら、アルプホルンの音色が聞こえてきます。 そろそろ、【開山祭】の準備が整ったのでしょうか。 入笠山の山頂に行くと間に合わないので、神事の行われる場所へ先に行きました。 開山祭を盛り上げるアルプホルンの演奏です。 神事の準備も整っていました。 開山祭の様子は___続きま~~す。 続き・・・中編 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      60
      12
      テーマ:
  • 21 Jun
    • ツクモグサの八ヶ岳・横岳日帰り登山☆パート③最終回

      2016年5月23日(月) _____八ヶ岳/横岳で”ツクモグサ”_______ ルート 美濃戸口赤岳山荘駐車場~南沢~行者小屋~地蔵尾根~三又峰~横岳~台座の頭~~硫黄岳~赤岳鉱泉~北沢~美濃戸口赤岳山荘駐車場 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ パート① ・・・赤岳山荘駐車場~南沢~行者小屋~地蔵尾根~稜線分岐 パート② ・・・主稜線分岐~三又峰~横岳 続きです。 「地蔵尾根」から主稜線に出て、【横岳】に到着しました。手前にはツクモグサの群生地がありました。咲き始めたばかりのツクモグサに感動。 ツクモグサ/キンポウゲ科 横岳に咲いていた黄色い花 ミヤマキンバイ/バラ科 イワウメ/イワウメ科 証拠写真も撮りました。下山は硫黄岳から赤岳鉱泉へぐるりっぷ。 ここからの下りは要注意です。 鉄ハシゴを慎重に下ります。 ハシゴをおりて眺めたダケカンバの風景。樹林帯です。 さらに岩場の鎖。 鎖場の先に硫黄岳と蓼科山が望めます。 峰の松目と硫黄岳。奥に小さく蓼科山 ここがコマクサ群生地。昨年、日帰りでコマクサを見に来ました。 シロバナコマクサを見つけました。 過去レポ 2015年7月15日【硫黄岳からコマクサ群生地へ】 この先でまた、ばったり~。 「ゆきえさん?」と呼ばれて気づきました。以前ツアーでご一緒した方でした。「こんにちは~」「お久しぶりです」「ブログ見てますよ~」「ありがとうございます。」と短い会話でしたが、本日2度目のばったりにびっくり~~。 お久しぶりです。偶然お会いして嬉しかったです。 これからもブログ見てくださ~い。 あっ、今度は「イワヒバリ」みっけ~。頭が濃い灰色。背は茶色と黒。 青い屋根の「硫黄岳山荘」が見えてきました。 【硫黄岳山荘】。トイレ休憩はせずに通過。14時49分。先を急ぎました。 硫黄岳の登り、ふう~。なだらかにみえますが、意外にキツイです。 だいぶ上ってきたので、振り返りました。 ケルンをいくつも通過。7つのケルンがあるようです。 奥に南アルプスがみえています。くっきりと、良いお天気で~~~す。 景色の良さにもう1枚。 まだケルンが見えています。この大ダルミの登りは長く感じますね。 赤岩の頭へ急ぎますよ~~。 硫黄岳(2760m)山頂・・・・・写真だけでパス。 うわ~素晴らしい風景です。 オーレン小屋方面分岐です。コマクサの時はこちらに下山しました。 【赤岩の頭】分岐。左へ下ります。 くっきりと横岳と赤岳。 今度は【硫黄岳】を振り返りました。 15時23分下山開始。 午後3時を過ぎてしまいました。 秋でしたら、大変です。 ここから樹林帯。トレイルランナーのように足早に下山。 大同心分岐。 【赤岳鉱泉】にとうちゃこ~~。 16時05分。CT1時間20分の所、45分で到着。はや~~い。 予定より早く着いたので休憩です。喉が渇きました。 私は小屋で缶を購入。プシュ~。うまか~~。 ここからは北沢へ。陽が長いので暗くならないでしょ~~う。 アイスキャンディーの残骸。 大同心・小同心、見納めです。 【北沢】は橋が多いです。何度も何度も橋を通過しました。 北沢に咲いていた花。 キバナノコマノツメ/スミレ科・・・・タチツボスミレ/スミレ科 コミヤマカタバミ/カタバミ科 シロバナヘビイチゴ/バラ科 たくさん咲いていました~。 コヨウラクツツジかな オオカメノキ/スイカズラ科 17時30分。美濃戸山荘前に無事下山。疲れた~~。ピンボケです。 とにかく暗くならないうちに戻ってこれました。 ヘッドランプを使う覚悟で登りましたが、大幅に時間短縮ができました。 目的のホテイランとツクモグサにも出会えました~。 同行していただいたマイフレさんに感謝します。ありがとうございました。 完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      68
      10
      テーマ:
  • 20 Jun
    • ツクモグサの八ヶ岳・横岳日帰り登山☆パート②

      2016年5月23日(月) _____八ヶ岳/横岳で”ツクモグサ”_______ ルート 美濃戸口赤岳山荘駐車場~南沢~行者小屋~地蔵尾根~三又峰~横岳~台座の頭~~硫黄岳~赤岳鉱泉~北沢~美濃戸口赤岳山荘駐車場 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ パート① ・・・赤岳山荘駐車場~南沢~行者小屋~地蔵尾根~稜線分岐 続きです。 【地蔵尾根】を登り、赤岳からの主稜線分岐に到着しました。 お地蔵さまが見守っている場所です。これから横岳方向へ。 お地蔵さまが見守る登山道。主稜線に出ました。 この辺りには、コメバツガザクラがたくさん咲いていました。 コメバツガザクラ/ツツジ科 キバナシャクナゲ/ツツジ科   あと少しで開きそう~。 中央に先行する登山者がみえますね。二十三夜峰 稜線で最初の鉄ハシゴ。右下切れ落ちています。注意。 二十三夜の石碑。 まだ、ツクモグサは見当たりません。 クモマナズナ/アブラナ科・まだ蕾です。 チョウノスケ/バラ科・葉が小判のような形です。 イワベンケイかな。 ここは急斜面の下り。鎖が設置されています。スリップ注意! 赤岳を振り返りました。富士山は見えません 赤岳・中岳・阿弥陀岳。 ズーム___南アルプス・甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳。 阿弥陀岳の右に「諏訪湖」が見えます。 ズーム___赤岳頂上小屋 ズーム___赤岳展望荘。 こちらは進行方向です。 回り込むように慎重に通ります。 ガラガラした岩場通過。 オヤマノエンドウ/マメ科 咲いていました~。 これは?ハクサンイチゲの蕾かな? ミヤマタネツケバナ/アブラナ科 清里方面。高原野菜のビニールハウスが工場のようです。 この先に【ツクモグサの群生地】。遂に見られました。 凄い~すごい~スゴイ~を連発。目的達成です! ツクモグサ(九十九草)/キンポウゲ科 絶滅危惧種。 ふんわりとしたうぶ毛に包まれている。気品のある淡いクリーム色。 まだ咲きはじめ。初々しい立ち姿ですね。 何とも愛おしい花です。 ツクモグサの群生地。 谷に向かった斜面にもびっしり。 ほら、見て! 岩場にも。誇らしげに。 感動です。ツクモグサを見るために登ったのは3度目ですが、一番初初しい姿でした。 過去レポ 2010年6月5日【八ヶ岳日帰り縦走・ツクモグサ】 ここで、同行者Hさんの知り合いのマイフレさんとばったり~。 逆コースで登られたようです。 やはり、ツクモグサを見に来ていたようでした。しばし歓談。 あっ、諏訪湖が良く見えました。 お二人と別れて先へ進みます。 暗くならないうちに赤岳鉱泉へ下山したいです。 オヤマノエンドウが満開。 大権現の石碑 二列に並んだハシゴ。 【杣添(そまぞえ)尾根】分岐。 【三又峰】を振り返りました。左が【杣添尾根】です。 前方にハシゴ。 ハシゴの連続。でも登山者が少ないので渋滞がありません。 大胆な構図で赤岳。 まだ、南アルプスが見えています。 前方に山頂標識。横岳に到着です。 横岳(2.829m)山頂 証拠写真撮りました。 14時16分。まだ陽は高いですが急がなければ暗くなります。 ヘッデン点けて下山は危ないですから、急ぎます。 続きま~~す。 続き・・・パート③最終回 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      64
      8
      テーマ:
  • 19 Jun
    • ツクモグサの八ヶ岳・横岳日帰り登山☆パート①

      2016年5月23日(月) _____八ヶ岳/横岳で”ツクモグサ”_______ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ _______プロローグ________ ツクモグサの開花情報を山梨在住のマイフレさんから土曜日にメール受信。(土曜日は丹沢檜洞山に登っていました) そして、急遽、月曜日に登ることに決定。 前泊をしてゆっくり花を探しながら登りたかったのですが、宿が取れません。 当日、遅い時間に南沢登山口を出発。八ヶ岳を日帰り登山はかなり厳しいものでした。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 5月23日(月)、私は最寄り駅4時32分の始発電車に乗り、待ち合わせの「小淵沢駅」へ向かいました。各駅停車なので時間がかかりました。小淵沢8時29分着。すでに家をでてから4時間経過していました。遠い~~。 マイフレさんと[小淵沢駅] で合流。美濃戸口へ向かいました。 バス停や駐車場のある【美濃戸口】。 新しい建物がありました。J&N レストラン・宿泊・入浴の看板.調べてみたら11月1日にオープンしたようです。ここに泊まれば良かったかな?オープンしたのを知りませんでした。 八ヶ岳山荘の仮眠室は何度か利用したことがあります。 美濃戸口より先の赤岳山荘の駐車場に停めました。ほぼ、満車。すでに登山者は居ません。 駐車場から歩きだして【美濃戸山荘】到着が9時22分でした。 登山届提出。 八ヶ岳の案内図。 ルート 美濃戸口赤岳山荘駐車場~南沢~行者小屋~地蔵尾根~三又峰~横岳~台座の頭~~硫黄岳~赤岳鉱泉~北沢~美濃戸口赤岳山荘駐車場 【南沢】へ。9時30分入山です。 花を探しながら登ります。 クロユリ/ユリ科 イカリソウ/メギ科 イチヨウラン/ラン科・葉が1枚なのでその名がついた。 ホテイラン/ラン科・絶滅危惧種。波打った葉が特徴。 「ホテイラン」貴重な高山植物です。今年も見られました。嬉しい~♪ 本日ひとつ目の目標達成~。 ツバメオモト/ユリ科 (時間がないのでピント合わせ無し) ズダヤクシュ/ユキノシタ科 花を写しながら、サクサク進みます。 ピントずれしていますが、この日咲いていた花です。 注意!南沢で道迷うが発生しています。黄色いテープが目印です。 キバナノコマノツメ/スミレ科 ツルネコノメソウ/ユキノシタ科 イワカガミの蕾 ウスバオウレン/キンポウゲ科 花が淡い黄色。茶色い茎の先に2~3個。 樹林を抜け沢筋にでました。 ヘリポート通過。 そして、最初の休憩地点にとうちゃこ~~ 【行者小屋】に到着です。11時24分。開山祭前で閉じられていました。 ここでランチタイム。予定通りに登れましたので15分休憩できます。 トイレはお借りしました。有料です。 赤岳と中岳。文三郎尾根方面です。今回、こちらはパス。 以前、こちらから日帰り登山をしたことがあります。 過去レポ 2010年6月5日【赤岳~横岳~硫黄岳縦走日帰りツクモグサ】 2014年6月1日【赤岳・晴天の開山祭】 今回は【地蔵尾根】を登ります。 地蔵尾根登山口へ。 過去レポ 地蔵尾根は2007年6月17日【八ヶ岳・赤岳】 横岳は2008年7月5日【八ヶ岳・花登山】 地蔵尾根の登りはじめは樹林帯。   その先、尾根は赤土で荒れています。 振り返れば天狗岳方面。 階段になりました。整備された登山道ですが、階段はキツイです。 左側に大同心と小同心。 また、また階段。傾斜があるのでゆっくり登ります。 振り返ると___山小屋が見えます。 ランチを食べた行者小屋 さらに上ります。崩れそうな土砂。下りはスリップしやすいです。 右側に赤岳の展望。手前にコメバツガザクラ。 コメバツガザクラ/ツツジ科・小さな葉が米粒に似ている。 地蔵尾根の【お地蔵さま】。横を通らせていただきます。 もう少しで赤岳からの稜線に着きます。 登山道は急斜面で滑りそうです。急ぎますが慎重に登ります。 右側に展望荘が見えてきました。あと少し~。 あっち向いたり、こっち向いたり忙しい~~。 左側に横岳方面。一番奥に蓼科山。 ズーム蓼科山。 稜線のお地蔵さま。分岐に到着です。ふう~。 ここにはコメバツガザクラがたくさん咲いていました。 コメバツガザクラ/ツツジ科 これから横岳方面へ。 続きま~~す。 続き・・・パート② ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      81
      12
      テーマ:
  • 18 Jun
    • シロヤシオ満開の檜洞丸でHappy誕生日山行♪♪その4番外編

      2016年5月21日(土) _____丹沢/檜洞丸(ひのきぼらまる)________ ルート 西丹沢自然教室~ゴーラ沢出合~ツツジ新道~檜洞丸~テシロの頭~ 石棚山~ヤブ沢の頭~板小屋沢ノ頭~箒沢~駐車場 ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ その1 ・・・プロローグ。箒沢~路線バス~西丹沢登山口~ゴーラ沢出合 その2 ・・・ゴーラ沢出合い~ツツジ新道~箒沢分岐~檜洞丸山頂 その3 ・・・檜洞丸~テシロノ頭~石棚山~ヤブ沢ノ頭~板小屋沢ノ頭~箒沢~駐車場 続き、_____番外編___ 檜洞丸を下山後、一路、車を飛ばして湘南へ戻りました。 きみちゃんご夫妻がレストランを予約してくれていました。 新江ノ島水族館前のレストラン。 夕日が沈む時間です。 ご主人が車を置きにいきましたので、先に、きみちゃんと「かんぱ~い」 五臓六腑に染み渡るおいしさです。うまか~~。 プハ~。ごくごく。おいしいですね。 きみちゃんのご主人が愛犬のプリンちゃんと共に到着~。 プリンちゃんがおとなしくて、とっても可愛いの。 私にもなついてくれました。 全員揃いましたので、もう一度”かんぱ~~い”。 きょうは誕生日山行にお付き合いしてくださり、ありがとうございました。 恵比寿ビール追加しちゃいました~。うまうま~。 お料理が運ばれてきます。食べてしまい、撮っていないものもあります。 店員さんがホイルを切り開いてくれました。 牡蠣のホイル焼き。レモンをかけていただきました。絶品。 きゃ~。びっくり~。HappyBirthday~の歌です きみちゃんたちが申し込んでくれていたようです。ありがと~う。(ウルウル) 美味しいBirtydayケーキでした。 きみちゃん、ご主人様、山を歩き、お疲れなのに夜遅くまでお付き合いしてくださりありがとうございました。 こんなに素敵なレストランで食事。忘れられない思い出になりました。 感謝しています。 きみちゃん、すてきな御朱印帳のプレゼント、ありがと~~う。 完。 過去の誕生日山行です。 2015年5月21日・【誕生日は信州の山・独鈷山デート♫】 2014年5月21日・【誕生日山行は雨の男山と天狗山~♪】 2013年5月25日___「アポイ岳」 2012年5月21日____「金冠山で金環日食」 2011年5月20日___「袈裟丸山でアカヤシオ満開」 2010年5月22日____「上州・武尊山」 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      44
      6
      テーマ:
  • 17 Jun
    • シロヤシオ満開の檜洞丸でHappy誕生日山行♪♪その3

      2016年5月21日(土) _____丹沢/檜洞丸(ひのきぼらまる)________ ルート 西丹沢自然教室~ゴーラ沢出合~ツツジ新道~檜洞丸~テシロの頭~ 石棚山~ヤブ沢の頭~板小屋沢ノ頭~箒沢~駐車場 ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ その1 ・・・プロローグ。箒沢~路線バス~西丹沢登山口~ゴーラ沢出合 その2 ・・・ゴーラ沢出合い~ツツジ新道~箒沢分岐~檜洞丸山頂 続きで~す 檜洞丸の山頂に到着。ちょうど昼時です。たくさんの登山者がいました。 山頂には祠があり【祈安全登山】の文字。 山頂でランチタイム~。 先に、【青ヶ岳山荘】のトイレへ。山頂から少し下った場所にあります。 青い屋根が目立ちます。 有料トイレ。使用した紙は持ち帰りです。 青ヶ岳山荘で山バッジ購入してきました。 檜洞丸の山バッジ。シロヤシオがモチーフです。 山頂に戻り、食事を済ませました。 すると_______サプライズ!_____ きゃ~~きみちゃんから【誕生日プレゼント】をいただきました。 きみちゃん、ありがと~~う きみちゃん手作りの「御朱印帳」。和紙で丁寧に作られた逸品です。 きみちゃんが心を込めて作ってくださった御朱印帳、大切に使います。 ありがとうございました♪とっても嬉しいです。 心弾んでいますが、そろそろ下山です。 箒沢方面へ。分岐まで往路を戻ります。スキップしたい気持ちを抑えました。 あら、可愛いクワガタソウみっけ~。 ピンクのクワガタソウ 私の嬉しい心を反映したような素敵な色合いです。 シロヤシオも咲き誇っています。 分岐。つつじ新道と箒沢の分岐。石棚山稜へ。 わお~~、こちらのルートもシロヤシオが満開です。 すごい~~凄い!を連発。 花付きが良くて、花びらがとても綺麗。感動~~ マイヅルソウ/ユリ科 トウゴクミツバツツジ/ツツジ科 まだ蕾が多いです。 ユーシン分岐。 分岐の先にすてきなブナ林。こちらも歩いてみたいですね。 石棚尾根も登山道が整備されて遊歩道のようでした。 あら~、道標が新しい。見逃しそうな山頂でした。 テシロの頭(1491m)山頂 ここのシロヤシオが素晴らしい~。 通りかかった登山者にシャッターを押していただきました。 気温があまりにも高く、私、半ズボンになりました。 ↓のシロヤシオは自然からの誕生日プレゼント。花束みたい~ 10年に一度の当たり年。素晴らしい~~。 この先もずっとシロヤシオの道。何枚も何枚も撮りました。 鹿の食害を防ぐためかフェンスが目立ちます。 このベンチで休憩。森林浴できますね。 この森の主のような古樹。苔むした木肌が樹齢の古さを物語っています。 あら、見落としそうな場所に山頂がありました。 この山名から【石棚尾根】と言われるんですね。 石棚山(1351m)山頂 三等三角点。三角点タッチ! 証拠写真撮りました。 山頂からの展望。 木道など整備された登山道です。 【玄倉分岐】。箒沢公園橋まで残り3.3km 痩せ尾根になり、急斜面の下りです。 ヤブ沢の頭 通過してしまいそうな登山道の途中に山頂標識がありました。 このあたりから、急斜面の下り。石車に乗らないように。 残り2.8km。 地図には迷い道。整備されてロープが張られ、迷わなくなりました。 板小屋沢ノ頭 ここから沢沿いにでました。板小屋沢です。 木製ハシゴを登ります。 木製ハシゴ、下ります。     下山口が近くなりましたが、まだまだ変化に富んだ登山道。 対岸に黄色い標識。この川を渡ります。雨量が多い時注意です。 この日は涸沢ですが、水量に注意。 そして__3段の鉄ハシゴ。下ります。 3段もあり、中々面白いです。 その先で、また沢を横切ります。 対岸に黄色い標識 渡渉です。 回り込むように沢沿いを歩き、板小屋橋を渡ります。 渡るとキャンプ場。 階段を上り、箒沢公園橋を渡ります。一般道に出ました。 渡ってきた箒沢公園橋。橋の近くに路線バスのバス停。 新松田行のバスが通過していきました。 渡ってきた板小屋橋とキャンプ場。 箒杉駐車場へしばらく歩いて到着しました。 この後、番外編・(Happyレストラン)があります。 続き・・・番外編 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      60
      10
      テーマ:
  • 16 Jun
    • シロヤシオ満開の檜洞丸でHappy誕生日山行♪♪その2

      2016年5月21日(土) _____丹沢/檜洞丸(ひのきぼらまる)________ ルート 西丹沢自然教室~ゴーラ沢出合~ツツジ新道~檜洞丸~テシロの頭~ 石棚山~ヤブ沢の頭~板小屋沢ノ頭~箒沢~駐車場 ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ その1 ・・・プロローグ。箒沢~路線バス~西丹沢登山口~ゴーラ沢出合 続きで~す 【ゴーラ沢出合】に到着。河原で休憩しました。 休憩を終え、【つつじ新道】に入ります。 河原の奥に山道。ここががルートです。 2ヶ所渡渉がありました。雨季は水量に注意ですね。 きみちゃん渡渉中。注目の的です。 この階段が登り始め。 補助的に鎖が設置されています。 ギンリョウソウ/イチヤクソウ科 カントウマムシグサ/サトイモ科・・仏炎苞が緑色 新緑の中に赤い「ヤマツツジ」 ヤマツツジ/ツツジ科 展望台にとうちゃこ~~ 富士山は見えず、テーブルも混み合っていました。 水分補給ですぐ出発です。 クワガタソウ/ゴマノハグサ科 シロバナが多かったです。 木ハシゴが出てきました。 樹木を撮ったり・・。 まだ【シロヤシオ】は咲いていません。 今年はすでに終わってしまったのでしょうか・・・。少し不安。 シロヤシオの葉。五葉つつじです。透けた葉が文様を描いています。 あっ・・・・ピンクのツツジ~~。 きれいですね~~。 やっと咲いていたツツジに大はしゃぎ。♪(*^ ・^)ノ⌒☆ トウゴクミツバツツジ/ツツジ科 そして___待ちに待った【シロヤシオ】が登場。テンションUP シロヤシオ/ツツジ科・別名ゴヨウツツジ(葉が5枚あるので) 登山道にはハシゴ。でもツツジに夢中です。慎重に登ります。   紅白競演。 ここで終わりかなと思いましたら・・・これからがもっと凄かったんです。         きみちゃんたちも撮ります。撮ります。 仲良しご夫妻、記念撮影。笑顔を公開したいくらいです。 私も撮っていただきました。シロヤシオのトンネルです。 ここは山頂まで800m地点。 ベンチがありますが満席。皆さん腰かけてシロヤシオを見ていました。 私も撮っていただきました~~。 満開のシロヤシオに嬉しくって~~。 今年は花付きが良く隙間なくびっしりと咲いています。 この木は特に枝ぶりがよろしいです。 箒沢方面分岐。下山はこちらからです。 木道になりました。 バイケイソウの群生地。 モデルはきみちゃんご夫妻.。絵になります。 大きな楓。しなやかな葉が魅力的でした。 山頂直下のソーラパネル。 眺めが良くなりました。 登山者が多くいます。山頂に到着しました。 檜洞丸(1601m)山頂 きみちゃんご夫妻とも記念撮影。 山頂写真を撮るのも順番待ちでした。 この先は___続きます。 続き・・・その3 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      49
      6
      テーマ:
  • 15 Jun
    • シロヤシオ満開の檜洞丸でHappy誕生日山行♪その1

      2016年5月21日(土) _____丹沢/檜洞丸(ひのきぼらまる)________ ━─━─━─━─━─プロローグ━─━─━─━─━─ ブログ友のきみちゃんに”丹沢の山に行きた~い”と話しましたら、快く引き受けていただきました。日程が5月21日に決定。偶然この日がマイ誕生日ということは告げませんでした。 きみちゃんご夫妻の他に、関西からひっちゃんも参加予定でしたが、お家の都合で今回は不参加。きみちゃんの優しい旦那さまと3人で登ることになりました。 でも、私、以前もきみちゃんご夫妻とご一緒したことがありますが、若いラブラブなお二人の山行に「お邪魔虫」かな~と・・・。お二人の親の年齢の私ですから。 ところが、この誕生日山行、下山後には、びっくりする【サプライズ】が待っていました。もう、嬉しくて、お二人の【おもてなし】を忘れることができません。ありがとうございました。 きみちゃんのブログ・・・こちら ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ ルート 西丹沢自然教室~ゴーラ沢出合~ツツジ新道~檜洞丸~テシロの頭~ 石棚山~ヤブ沢の頭~板小屋沢ノ頭~箒沢~駐車場 ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 5月21日(土)、きみちゃん家の最寄り駅でピックアップしていただき、ご主人の運転する車で丹沢へ向かいました。 【箒杉公園】の駐車場に到着。ここに車を停め、下山は箒沢からここまで歩く予定です。 登山口の西丹沢自然教室へは路線バスで移動します。 道路脇に駐車場と可愛いトイレ。すでにこの駐車場も満車。かろうじて1台入れました。ラッキー♪ ここから路線バスで登山口へ行きます。きみちゃんたちの山行計画は緻密です。 【西丹沢自然教室】にとうちゃこ~~。 路線バスは臨時便もでました。駐車場は満杯です。続々と登山者が降りてきます。ちょうどツツジの時期。ここは畦ヶ丸や大室山などの起点になる場所。混み合っていました。 登山届を提出。8時25分スタートです。 林道をしばらく歩き、登山口に入ります。 檜洞丸登山口。つつじ新道ルートです。 ここから入山。最初は沢ですがすぐ樹林帯になります。 道標もたくさんあり迷うことはありません。 気持ち良い緑のトンネル。森林浴~~。このような道がしばらく続きます。 そして__沢沿いの河原が見えてきました。 沢を渡って対岸へ。の案内板。 【ゴーラ沢出合】に着きました~~。 水量は少ないですが、渡渉です。 きみちゃんのご主人の後ろに着きました。沢を渡ります。 あら、きみちゃんは、別の場所をトントンと飛び越えてきました。 この河原で休憩。 おやつ食べ、水分補給して、この先の”つつじ新道”に備えます。 この先からがこのコースのメインルート。もう一度、沢を越えます。 つつじ新道の入口。 短いですが、その2へ続きま~~す。 続き・・・その2 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      65
      10
      テーマ:
  • 14 Jun
    • なう!岩場講習!日和田山

      なう!岩場講習!日和田山 私も登攀中 証拠しゃしんで~~す。 最寄駅・西武池袋線「高麗(こま)」駅 詳細は後日で~~す。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      67
      18
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 房総/鋸山(アドベンチャールート)★後編

      2016年5月15日(日) _________房総/鋸山(アドベンチャールート)_______ ルート 海浜プール駐車場~車力道コース~アドベンチャールート~石門~ 鋸山山頂~東の肩~林道口~保田駅 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 前編 ・・・海浜プール駐車場~車力道~アドベンチャールート~石門~鋸山山頂 続きです。 鋸山山頂に到着~。全員集合写真を撮りました。三角点もタッチ。 鋸山の説明。ふむふむ。皆さんもどうぞ! では、先へ進みます。【東の肩】を経由して林道口へ。林道口まで1.4km 【東の肩】にとうちゃこ~~ 分岐があります。沢コースを分けます。昨年ここを登りました。 危険「安兵衛井戸・沢コースは上級者向けコース」の案内 過去レポ 2015年2月11日【鋸山/安兵衛井戸・沢コースからロープウェイ下道】 ここで___ランチタイム。。 樹林に囲まれ展望はありません。ここは登山者が少なく静かです。 食事を終え出発~~。 痩せ尾根を進みます。 イノシシ注意。おぉ~猪突猛進出てこないで~。 痩せ尾根の下りで展望が開けました。 房総の名山。低山には見えない雄大な風景です。 右方向には太平洋。海が見えるとテンションUP。 おお~~。素晴らしいと声があがります。 そして、房総には無いと思っていたヤマツツジが咲いていました。 そして____沼?湖?初めて見えました。 くっきりみえますね。エメラルドグリーンの綺麗な湖です。 皆さん、初めてみたようです。 途中、枝ぶりが見事な樹。 映像で遊びます。ポッキー摘まみま~す。アハッ 【林道口】に到着~。 ここからJR保田駅へ向かいます。まだ4.6kmも残っています。 この林道はバイクが通ります。13時19分着。 てくてく林道歩き~~ ここから、長~い林道歩き。1時間以上歩きます。 ダム湖。これが尾根から見えたんでしょうか。 このあたりは、おしゃべりに夢中です。 高速道の高架下を通過。 保田駅が近くなりました。もうすぐです。 JR保田駅。 ここから一駅だけ電車に乗り【JR浜金谷駅】で下車。集合場所の駐車場に戻りました。 JR浜金谷駅の陸橋から眺めた鋸山全容。拡大するとロープウェイが小さく見えました。 コミュ仲間とは海浜プール駐車場で解散です。 お疲れさまでした~~~。(=⌒▽⌒=) ____番外編______ *:..。o○☆【道の駅「保田小学校」】 *:..。o○☆゚・:,。*: 廃校になった小学校を再利用してできた道の駅。小学校の教室などをそのまま生かしています。 ホームページ より。 体育館を使った直売所、教室を使った宿泊施設など、小学校の雰囲気を残しつつリノベーションした道の駅は、全国的にもユニークな存在。他にも温浴施設や公共施設、食堂を含めた都市交流施設となります。 日帰り湯に入りました(温泉ではありません) 入浴手形。帰りに返します。シンプルなお風呂です。 食堂で海の幸をいただきました。シラス丼とアジフライ。おいしい~。 宿泊施設も見学できました。廊下に素敵な花飾り。 体育館を利用した直売所。 新しくできた道の駅「保田小学校」。廃校の小学校をそのまま生かしたアイデアが光っていました。 房総に出かけた時、皆さんもぜひ立ち寄ってみませんか? 帰りに車から眺めた夕日。楽しい1日でした。 ピックアップしていただいたBさん、今回もお世話になりました。<m(__)m> ありがとうございました。♪(*^ ・^)ノ⌒☆ 完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      62
      4
      テーマ:
  • 12 Jun
    • なう!奥多摩の山!高岩山と御岳山

      なう!奥多摩の山!高岩山と御岳山 大岳山 御岳山 御岳山山頂 ロックガーデン 青梅・「銀嶺」でお疲れさま会 かんぱ~~い。お疲れさまでした~~・。うま~~い。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      64
      6
      テーマ:
  • 11 Jun
    • 房総/鋸山(アドベンチャールート)★前編

      2016年5月15日(日) _________房総/鋸山(アドベンチャールート)_______ ルート 海浜プール駐車場~車力道コース~アドベンチャールート~石門~ 鋸山山頂~東の肩~林道口~保田駅 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 集合場所の「浜金谷プール駐車場」には、総武線の途中駅でピックアップしていただき、車で向かいました。コミュのイベントです。8名参加。 駐車場の海寄りには芝生の広場。ストレッチをしていると、「鋸山」がみえました。(↑の写真) 9時45分全員集合、出発~~。 私は、鋸山に登るのは5回目です。このルートも過去2度登っています。 しかし、2度とも非公開。 JR内房線の線路高架を越えます。 そして、すぐ分岐があります。 ここは「安兵衛井戸・沢コース」を分けます。 過去レポ 2015年2月11日【鋸山・沢コースからロープウェイ下道】 その先にも分岐です。 左が「車力道方向」へ。今回はこちらへ進みます。 真っすぐ石階段を登るのは「観月台」方向を分けます。関東ふれあいの道。 過去レポ 2015年1月16日【鋸山・観月台・関東ふれあいの道コース】 【車力道コース】入口。車力の説明板があります。 重さですり減った車力の道。往時が忍ばれます。 一般コースから、【アドベンチャールート】へ。藪をかき分け入ります。 入口には赤いテープが目印。バリルートです。あえて入口の場所は公開しません。 【石門】が見えてきました。アドベンチャールートのシンボリックな石門です。 妙義山を彷彿させる石門ですね。 石門には大きな石がごろん、ごろん。越えていきます。 石門の先には、ちょっとした広場。苔むした【石の祠】。 独特な丸い三つの穴。顔に見えてしまいます。 ここで、しばし休憩。水分補給。 _____休憩しながら眺める風景がこれ↓ 緑と岩壁がとても美し~~い。 次はお助けロープが設置された場所へ。 しっかりロープをつかまり下ります。 滑りやすい土砂と苔の石。振り返りました。 ____この先には、驚く光景が待っていました。 円形劇場のような回廊。壁には苔が付き見事なカラーリングです。 思わず証拠写真撮りました~~。 回廊の先は劇場のような空間。見上げる岩壁は異次元の世界です。 新緑に彩られた壁面。迷い込んだ異次元の世界。しばし佇みました。 大きなイワタバコの葉。陽を浴びて輝いてみえます。 回廊を戻り、先へ進みます。 かなり急斜面を登っています。 次の難所。お助けロープあります。 短い岩登りですが足がかりが見つけられないと振られます。苔で滑ります。 ここは、全員が登るまでかなり時間を要しました。 リーダーさん、お手本。ポイントは先に右足ね。 続いて先へ進みます。 折れそうな枝にお助けロープ。でも、急斜面なので使います。 お助けロープが長く張られていました。谷に落ちないで~~。 枝につかまり、這うように登ってきます。 ここからは石の階段。予想よりかなり長いです。 落ち葉に石段が隠れているので、慎重に歩を置きます。 やっと、石段が終わりました~~。 「炭焼き跡」に到着。難所は終了です。ほっ。(°Д°;≡°Д°;) 石切りの時代、活躍したのでしょうか。カマドのよう跡がありました。 アドベンチャールートの難所を終え、休憩。 あと、少し樹林の中を進み山頂です。 バリルートですが、歩きやすくなりました。 笹をかき分けて行くと、いきなり鋸山山頂にとうちゃこ~~。 外人さんグループがいました。 鋸山(329.5m)山頂 三角点タッチ! コミュ仲間8名で記念撮影。 展望です。 バリコースの途中で、展望台のような眺めの良い場所がありました。 海が見えます。山並みも明るいグリーンです。 林道口へ下山します。 続きま~~す。 続き・・・後編と番外編 ↓ぽちっと押してください。ブログを更新の励みになります。

      63
      8
      テーマ:
  • 10 Jun
    • 丹沢/シダンゴ山であっぴろ登山部オフ会開催~♪その2最終回

      2016年5月14日(土) _____あっぴろ登山部オフ会_____ _______丹沢/シダンゴ山____ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ その1 ・・・新松田駅~寄~宮地山~シダンゴ山 続きです! シダンゴ山にとうちゃこ~~。山頂にはたくさんの登山者がいます。 あっ・・・ひろさんいた~。あっこさん。ロイさんもいた~。 まだ、誰も私に気づきません。静かに黙って、山頂写真を撮りました。(ウヒヒ) シダンゴ山(758m)山頂 三等三角点タッチ! 山頂の祠と山名の由来。 山頂写真を撮っていても、他の登山者もいましたから、気づかないですね。 あっ・・・・。ひろさん、ロイさんが笑顔で見つけてくれました~。 mariさん、えどりんちゃん一家、キムさんあっちゃんもいた~。 あれ、ひっちゃん?どうしてここにいるの?急遽参加されたそうです。 ひろさ~~~ん、逢いに来ちゃった~~。 大好きひろさんにハグ。ぎゅと抱きついちゃいました~。(画像はmariさん) 優しいひろさんの手。嬉しいな~(だから好き) 皆さん~~。お久しぶりで~~す。昨年の石老山以来です。 過去レポ 2015年4月25日【あっぴろ登山部・石老山】 asaさんは初めてお会いしました。 しゅーちゃん、ぶるーちゃんは2度目でしたね。 テーブルを囲んで昼食の準備中。 えどりんさんのお子ちゃん2人にも逢えて嬉しい。(=⌒▽⌒=) 3度目ですね。ずいぶん成長されていました。         いろいろ準備中。並んでいます。 レッツ・クッキング~~! あっこさんお味見いかが?うま~~い。 asaさん___あらおいしそ~~う。 ↓この2人はアツアツ・ラブラブ中。傍に寄れません。婚約中。おめでとうございま~す。 お揃いの手ぬぐいお似合いですね。あれ?手を握っているような・・・。熱い! rayさんの「ブタブタみそみそ」初めてごちそうになりました。おいし~い~。 特製お味噌が抜群においし~い。 しゅーちゃん、ぶるーちゃんも腕をふるいます。ロイさん、俺もつくりた~~い このトマトは・・・誰でしたっけ。 凄いごちそうが並びました。みんなでいただきます。ハムはひっちゃんのお土産かな。       ちょっと遅れてMONちゃん登場~。明るくなったような~~。 デザートもたくさん並びました。誰がどれを持ってきたのか分からな~い。 あら、えどりんさんの手作りケーキ撮っていませんでした~。 ごちそうさまでした~~。 最後に、5月生まれのハッピー・バースディ。 歌ってお祝いしていただきました。 rayさん,えどりんさん、私の3人です。 ありがと~~~う。♪(*^ ・^)ノ⌒☆ では、では次は無線タイムで~~す。 隠れて交信中かな? 誰か繋がったようです。登山部のお仲間だジィさんです。 声、聞こえていますよ~~。 あっ、ロイさんが・・・やっとおしゃべりしてた~~。 さあ~、お片付け。帰りましょ~~う。 ところが・・・・・・・・・・・ ここで事件発生。 山ヒル被害者が・・・いました~ ぎゃ~~。rayさんの足・・・ 両足の被害。まだ1匹残っていました。 山ヒルはつぶさないこと。卵が飛び散るそうです。 ひっちゃん、私も・・・・ mariさんも・・・ えっ、あっこさんも?首?コワイ~。怖い~。 痛くも痒くもなかったそうです。どこで噛まれたのか不明です。 スポイトで吸い取り、消毒して治療を済ませました。 さあ、下山です。 足にも虫よけをたっぷり。フードを被って完全武装。 下山は道路ルート。早い~~。 大寺橋の鉄琴「お馬の親子」 ひっちゃんもトライ! お馬の親子は~♪仲良し~♪ こよし~~♪ 楽しいですね。 「寄」の駐車場で解散です。お疲れさまでした~~。 ひろさん、あっこさん、ありがとうございました。 私は、初めてロイさんのマイカーに同乗させていただき、新松田駅で降ろしていただきました。 ロイさん、ありがとうございました。 完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      52
      12
      テーマ:
  • 08 Jun
    • 速報!日光男体山でシロヤシオ~

      今日は、男体山登頂!シロヤシオに出会った~(*⌒▽⌒*) 証拠写真です。 御神像の二荒山大神 二荒山神社奥宮 山頂から雲海を眺めました。雲上の人になれました。 梅雨の季節に青空~。晴れ女証明しちゃいました~♪ シロヤシオ ベニサラサドウダン 詳細は後日です。 ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      84
      8
      テーマ:
  • 07 Jun

プロフィール

ゆきえ

性別:
女性

読者になる

AD

このブログの読者

読者数: 780

読者になる

テーマ

一覧を見る

クリックで救える命がある。

ランキング

総合ランキング
8866 位
総合月間
5316 位
お散歩
30 位
アウトドア
99 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。