くろねこるーむ

自分の想いを書き留めておきたいときに更新しています。
・アラサ―主婦
・プレママ、2014年8月出産予定
・ラルクファン歴15年くらい


テーマ:
昨日の宣言通り、今朝、読破しました!
この本はもともと、ティーンズ向けの小説なので、字も大きく、言葉もわかりやすくて読みやすい。
『バッテリー』のあさのあつこさん作、というとご存知の方も多いのでしょうか。
わたしはお恥ずかしながら、バッテリーという作品も知らなかったんですけどね;

最初はごく普通の中学生のお話だと思っていたけど、登場人物のいろんな家庭の背景があって、
それを絡ませつつ、文化祭を舞台にした爽やかだけどリアルな話、という感じでしょうか。
リアルっていうのは、子供から見た大人の醜さとか、内面の葛藤とか、そういった事も描かれているんです。
これはまだ1巻なので、続きが気になるところなんですが、文庫化が3月なんですね。
ここで書評を書くのも中途半端ではあるんですがね、一応読み終えた!って証として記事に。

読んでいると自分の学生時代を思い返してしまいます。
甘酸っぱいような思い出と言うのでしょうか。
今思えば狭い世界で生きていたような気がします。
今もよっぽど狭いかもしれないけどねぇ。

登場人物に好感が持てるし、自然な感じで入り込みやすく、おもしろかったです。
読んでてフッと笑えるところも。
基本漫才シーンがでてくるしね。
ああいう掛け合いがパッと言葉になって出てくるのはスゴいなあと思う。
私は言葉にして口にする時に、慎重に選んでしまうので。あせって発言すると、ろくなこと言わないっていうか、言葉足らずで誤解を生んでしまうことが怖くて。
・・・まあシリアスな会話してる訳じゃないから、そこはひらめきが大事なんでしょうけどね(笑)
そうそう、ひらめきが足りないのですよ。自分としては。
あとあと、こう言えばよかったな…とか反省することが多い。
まあそんな自分と比べながら読んでしまった訳ですが。
続きが出たら、また貸してもらおうっと。(セコっ

ついでにバッテリーも持ってたら貸してもらおうっと♪

あさの あつこ
The MANZAI 1

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しばらく前に読み終わっていたんだけど、なかなか感想を書く時間を取れなかった。
そんな間に記憶もうろ覚えになってしまった;
なので大雑把な記憶を頼りに思ったことを筋道立てずに(ぉぃぉぃ;まあいつもの事ですが)書いてみる。


ピアノが天才的に上手な少女。彼女が弾いていたピアノ曲が気になる。
私はピアノ習ってたくせに、名曲をあまり聴いたことがない。
『小犬のワルツ』『月光』、タイトルは聞いたことあるけど、どんな曲なんだろうな。
今度聴いてみよう。映画版を見たら流れるかもしれないし、映像化されたものにも興味があるのでビデオをレンタルするとしよう。

脳の障害についての記述も興味深くて面白かった。
未だに解明しきれない、謎に満ちた身体の一部。
脳の謎についてももっと知りたくなった。

脳と、心は別のものなのか。そんな謎もこの話には含まれていた。
例えば、脳死状態になってもごく稀に人の言葉に反応することがあるというエピソードがあった。
私は科学で解明しきれない何かって、きっとあると思う。

とはいっても、幽霊とかオカルトものは経験したことがないので、あまり信じてないんだけど。
あえて経験したくないってのもあるし。怖いもん。だからそういうのはないと思い込んでる節もある。
でもhydeさんがホラー好きっていうなら、hydeさんお薦めの『ゾンビ』とかいうビデオ借りてみようかなと思ったり(笑)

最初はちょっと言葉が小難しくて気になったけど、描写も細かくて映像が頭の中に浮かびやすかったかな。
あまり数多くの本に触れてないので、これは個人的な印象。
でも彼女が石田ゆり子には結びつかなかったな~。本の中ではもっとよく喋るおばさんっぽい人ってイメージだったし。
吉岡くんはなんかすんなりハマったな。
女の子は映画ではどんな雰囲気なんだろう。
などなど気になることがいくつかあるので映画版を見たい。



浅倉 卓弥

四日間の奇蹟

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。