くろねこるーむ

自分の想いを書き留めておきたいときに更新しています。
・アラサ―主婦
・プレママ、2014年8月出産予定
・ラルクファン歴15年くらい


テーマ:
BUMP OF CHICKENの約3年ぶりのアルバム「orbital period」。

最近の私はラルクに傾倒しているけど、やっぱり気になっていたんだー。BUMPの新曲のことは。
メーデーと花の名のシングルは買わなかったけど、このアルバムも発売日には買わなかったけど、12月末に店頭でちゃんと見て、冊子付きなのもスゴい気になって、買っとかなきゃ!と買ってはいたものの、今日まで封印してた。

ラルクに忙しかったから、その合間に中途半端には聴きたくなくて。
大事に聴きたくて。

このアルバムには、「星の鳥」という冊子がついている。
それは、「星の鳥」という絵本のようなものがたり仕立てになっていて、そのものがたりの間に歌詞が入っているというもの。
絵は全てボーカルの藤くんが書いてて、味があってかわいいんです。

そのものがたりを読みながら、CDを通して聴いてみた。

BUMPの言葉には、強い力がある。
こころに深く届き、広がり、人のことを想わせる。
恋人のことを、友達のことを、会社の仲間のことを想わずにいられない。

ものがたりもメッセージが込められていて、
一緒に読みながら曲を聴いていると、すごく世界に入り込んで、じわーっと涙が浮かぶくらい心が動かされた。

このアルバムは、なんだかすごくあったかい唄が多いなあって思った。
音はシンプルですうっと入ってくるから、その分歌詞や声がダイレクトに届いてくるのかなと。
それだけそこに自信があるからなんだと思うけど。
メロディもすごく聴きやすくて、ほんとにすっと入ってくる感じ。それでいて気持ちよくて。
どっかで聴いたことあるような、とか違和感をホントに感じない。
あ、でもどの曲だったか、3拍子の曲は最初すぐにはついてけなかったけど。

BUMPの唄は、自然と自分に置き換えて聴いてしまう。
その言葉が人に届ける力はすごいものがあると思う。
日常何気なく過ごしていることが、すごく大切で素敵なことなんだと気付かせてくれたり。

「かさぶたぶたぶ」には思わず笑ってしまったけど(笑)
あまりにかわいくて、「みんなのうた」とかにありそう(*^^*)

supernovaもあらためて聴くとやっぱりじーんと来た。

1月10日からすでにツアーが始まってるんだけど、今回はすぐに「行くぞ!」という気にはなれてなくて、CDを聴いてから決めようと思ってた。

3曲目のメーデーを聴いた時点で、やっぱり生で聴きたいって思った。

BUMPに対しては、ラルクのライブに行くのとはちょっと違う心構えで臨む。
全然質が違うというか、比べることが間違ってる気がするけど、
BUMPの場合は、心と心で向き合うようなライブだと思う。
というか、自分の心に向き合うような感じかな。
盛り上がる曲はもちろん拳振り上げるんだけど、最近は特に聴かせる曲が多い気がするから、そういう曲はじっと噛みしめるように聴きたいな。

まだ今は2回目のリピート中なので、この曲がああだ、とか深くは語れないので一通り聴いた時点での初感を言葉にしてみた。

ラルクとBUMPのスイッチ切り替えが大変だ;
同時進行はちょっと難しい(>_<)
それだけ自分にとってどっちも大事なアーティスト。

曲を出す度、届けてくれてありがとうって思う。
消費される音楽ではなく、心に何かを創造してくれる音楽。
そういうものに魅かれる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、仕事中にFMからBUMPの「ワッショイ」が流れた!
いいんですか!それFMで流していいんですか!と思いながらも、
席を立った所だったので「ワッショイ」を背中に聞きながらデスクを離れました。

ちょっと急ぎめで戻って来た時には、流れてませんでした(笑)
さすがにフルコーラスはないか、、、とちょっとがっかりしました。

でも敢えてそのとんでもない隠しトラックを流した広島FMに、拍手を贈りたい気持ちでいっぱいでした。

もうすぐ広島のライブ♪明日明後日は幕張だね。
ちなみに広島のチケット1枚余ってますがどなたかいかがっすかー。
友達のものなのですが、なかなか譲り手が見つからないということなので、我こそはと言う方はぜひぜひ名乗りを上げて下さい!
2/3(金)広島サンプラザホール OPEN/START 17:30/18:30
→emigonchan2004@yahoo.co.にjpをつけてこちらまでメール下さい(*^^*)。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しまった。びっくりした。
もうBUMPのツアーが始まっちゃうんだ。
13日から札幌を皮切りに。
広島は2月だからと油断していたら、オフィシャルでグッズが公開されてた!

うさぎたんがかわゆい♪

パーカー以外買うかも。
リスバン、タオルは迷い無く買うね。
携帯ストラップもけっこうカワイイ。
メッシュキャップはいざという時、これならカワイイ。
Tシャツはやっぱヴィンテージ仕様のほうが欲しいかな~。黒とか白はいっぱい持ってるし。
パーカーはね、欲しいのは欲しいけど、ちょっと高いから…。部屋着にしてもいいんだけどね。

何か売り切れそうな予感大。
広島だと開演ギリギリになっちゃうしな~。
ダメなら福岡でゲットだ!

♪LIVE参戦予定地
2/3(金) 広島サンプラザホール OPEN/START 17:30/18:30
2/11(土) 福岡マリンメッセ OPEN/START 17:00/18:00

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
JAPAN1月号、藤くん2万字インタビュー。
これはやはり、買うしかないなと。

読み応えあった。
人生を考えさせられた。人間性を考えさせられた。
自分の生き方ってどうなのかなって思った。

藤くんは、小学生の時から自分を貫いて来た人で、自分の意見をしっかり持っていて、
例えそれが周りと違っていても考え方は人それぞれなんだからって解ってて、
自分の考えに自信を持っていたし、俺はこう思うっていうのをみんなの前ではっきり言える人だったんだな、と読んでいてわかった。
つまり自己主張が強い人だったのかな。

(こっからどんどん藤くんの言葉から遠ざかって自分のことばっか書いてます。悪しからず。)
私とは正反対と言ってもいいぐらいの場所に位置する人。

私はというと、自己主張が苦手で、人前ではあがるし、拙い喋りになってしまうし、
意見は周りに左右されやすいし。
こういう人の生き方にすぐ影響を受けるし。その時点ですでに影響受けやすい自分ってことに気付く。
まあもちろん、誰しも誰かに影響を受けながら、人生を生きて来てるはずなんだけど。

 私は自分がやったことが後でどうなるか、そういうことを気にしすぎて、思ったことをそのまま言ったり行動したりすることが怖かったりする。
 だから藤くんの行動力はほんとすごいなと思う。高1で高校やめちゃったりとかね。それでいてちゃんと家に家賃を入れたりしてて、自分の責任は負ってる。
 そりゃあ人間性なんて、みんな違ってるんだし、色んな人が居る中で、私のような人も必然的に存在しているんだよね。頭ではわかる。
 ただ、どうしても、こんな自分でいいのかなって思いは消えない。

そういうモヤモヤが、ストレスに繋がっていってるんだよね…。

それを発散させてるのは、今の私は間違いなくラルクへの愛。
(・・・BUMPの記事なのにやっぱりラルクが出ちゃうな;
それと、このブログ。

ラルクへ気持ちを向けることで、自分の興味の対象の存在がわかりやすくなるから、安心できるんだと思う。
自分という人間が自分で把握できていることへの安心感っていうのかな。
もうだって、ラルクに対しては好きっていう次元を超えて突っ走ってる感があるしね。

そういうのって誰でも何かしらあるよね。
あなたの趣味は何ですか?って聞かれてすぐ答えられるように、って答えを用意しておく、みたいな。
私はラルクを好きなことですって言うのもちょっと照れくさいので、非常に困るのですが(笑)
質問に対する答えとしても、何かずれてるし;
かといって他に特別ハマってることって、、ないかも!
っていうか色々手を出そうと思うには思うけどね、行動が伴わない。


さて、藤くんの言葉に戻るとしよう。
小学生の時から、学校の授業に疑問を持ってたっていうのは、すごい感受性の鋭さなんじゃないかなと思う。
私は何の疑いもなく、教えられるがままに授業を受けて、先生の話を聞いてた。
自分で考えてみるっていう力とか、自分の意志が弱いんじゃないかと思う。それは今でも多少思う。
自分の感情を他人に対して表現することが下手だし、他人に対しての興味が低いのかなとも思う。
つまり人付き合いが上手くないってこと。色々問題です。特に社会に出てからはひしひしと感じます。

藤くんは、小さい頃から今まで必死に、自分を伝えようとしてきた。
そのことは音楽を通して、私にもはっきり伝わってる。
私も例えば藤くんと同じくらいの強さで、人に何かを伝えることができるようになれたらと思う。
今の仕事の中でそれを発揮するのは正直難しいと思う。
どうやったらいいか、っていうのがすぐには思いつかない。
 けど、人に言われたからやるっていうんじゃなくて、自分で考えてやっているっていう自覚を持てたら、少しは自分に自信を持てるんじゃないかと思う。
 人に従って行動するのは責任がまぎらわされるから心理的に楽だけど、その分自分に対する自信が育たない気がする。
 芯の強い人、にはまだまだ遠いな。

とっても独りよがりな文章になってしまって、ここまで読んで下さった方には申し訳ない。。大変読みにくかったことでしょう。
そして、ありがとうございます。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも、朝っぱらからパンを3つもがっついたところです。

BUMPのオフィシャルがsupernova仕様になってますね!
思わず「おお~」とつぶやいちゃうぐらいカッコイイです★

『supernova/カルマ』購入しました♪
supernovaは、、すごく心に響く曲。
初めてラジオで聴いたときから、歌詞がこころにグッと届いた。
当たり前のことを歌ってるのに、藤くんが歌うと妙に説得力があったり、すうっと染み込んで来たり、じーんとしたり、はっと気づかされたりする。
きっと歌詞と楽曲の相乗効果が強いんだろうな。
楽曲は至ってシンプル。でもメロディは素敵。それが際立って聴こえるのかも。
2番くらいでゴスペルっぽいコーラスがバックに入っていて、この曲の壮大なスケールを感じさせてくれる。
全ての言葉が印象的なんだけど、最初に聴いたときに一番心にささったのは、
「人と話したりすると 気付くんだ 伝えたい言葉が無いって事」
ってとこ。
自分の人間性が垣間見えてしまうのでちょっと勇気がいるんですが。
何か喋りたくても喋れなかったり、口下手なのでうまく気持ちが伝わらなかったり、そういうことが日常でよくあるので、この言葉を耳にした時、ドキッとした。
それと同時に、あ、そう思ってるのは私だけじゃないんだな、っていう少しの安心感もあった。
BUMPの歌に救われるとまでは言わないけど、やけに心に響いてくるのはそういうことなのかもしれない。
心のどこかにしまってることをふと思い出させてくれたり、
悩んでることをバシッと言い当てられたりして動揺もするけど、
曲を通して同じ感情を共有してるって思えるから、
その曲だったり、BUMP OF CHICKENそのものが、自分の近くにいてくれて、支えになってくれる存在に感じられるんだと思う。
一言で言うと共感するってことなんだろうけど、つまりはそういうことなんだって、今書きながら気がついた。

カルマは、今までのBUMPらしい勢いのある曲!
でもちょっと憂いが入ってるというか、ちょっとマイナーコードっぽい。そこがまた渋かったり。
最近よくラジオで流れてます。
♪約束が交わされる~の部分と、♪カルマの「カ」の声が好き。(←聴けばわかりますから!)
藤くんの声は、ここ最近どんどんクリアでまっすぐ届いてくるようになってきた気がする。
この曲絶対ライブで盛り上がるな~★
これまたメロディラインが上下したり、テンポも速くて割と早口なので、何度か聴いただけではつかむのが難しい。
要練習です。ライブで恥をかかないように(笑)

BUMPのツアー“run rabbit run”は、広島と福岡のチケットを既に先行でgetしちゃいました♪
今回は会場が広いので、今までよりチケット取りやすくなったんじゃないかなあ。
そうはいっても、発売日に買うのは賭けが大きいので、先行で確実に取りました。
思ってたよりあっさり取れた感がある。
問題は席がどのへんかってコトだけどね~。

あ、今回の隠しトラックも笑えました。ふふっ、と。
タイトルそのまんまやん。みたいなね。
声色変えて歌ってるのがおもしろすぎ。声色というかあの訛りっぷりがね(笑)
ネタがつきないのもある意味すごいよBUMPさん。。。
・・・いま、クレッシェンドしながら太鼓の音が響いてきて、本気でビビった(笑)
ビビってる自分に笑えるから~。はーやられた。


話は変わりますが。今日は午後から「リバーダンス」を観に行きます!!
先行でチケット取ったら、一番前の端っこ!!
端っこってのがちょっと微妙だけど、一番前だからね!びっくりした。
たぶん一列にずらっと並んでダンシングしてくれると思うので、しっかり堪能して来よう。
今からワクワクです♪

明日も休みっていう土曜日が一番幸せだなあ。ではよい週末を!!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
J-WAVEでバンプのブログが期間限定オープンとのTBを、直々に頂きました!
行ってみたら、メンバーのイラストあり、ロッキンオンフェスの写真ありと、何か充実しそうな予感♪
バンプファンのあなた、是非是非行ってみて*
コメントはチェックした後反映されるようなので、荒らしとか気にせず安心して見れると思います♪

去年もエキサイトでツアー中ブログやってたよねー。
これからの夏フェスレポが見れそうなので、楽しみです☆

◇「BUMP OF CHICKEN blog」
http://www.j-wave.co.jp/blog/mp_artist2/
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
記事にするのが遅くなったけど、バンプのシングルも
ラルクのと一緒に買った。

こちらは7月21日発売。

少し前からラジオで聴いたり、SSTVで見たり、
bridgeという音楽雑誌で藤くんのインタビューを読んだりして
わたしのラルク熱の中に、バンプの占める割合がまた徐々に増えてきたところだった。

いや、さすがバンプとゆうか。

音はシンプルなギターがメインなんだけど、毎度のことながら
すごく惹き付けられる曲で。

藤くんの声と歌詞がすぅーっと染み込んでいって、聴いてて気持ちいい。
ほとんど違和感もないの。
むしろ、初聴きで泣きそうになるほど、入り込めちゃう。

買って帰った日は、ラルクのLinkもあるので
きゃーどうしよ、どっちから聴こう?って暫しあわあわしたけど、
バンプのほうは後からゆっくり聴いた。

歌詞を見つめながら、じっと耳を傾けて。

プラネタリウムは、多くの人の予想と同じく、
天体観測につながるものをタイトルから感じていたのだけど
内容はちょっと違って、一人の世界みたいな感じ。(…うまく言えない)

仕事終わりに自転車を漕ぎながら聴いていたら、
まさにその世界にどっぷりハマれて、泣きそうに。
疲れた心が、バンプの音に癒された。

c/wの銀河鉄道は、これもまたアコースティックで心に染み入る曲。
最初は静かに始まって、途中からベース、ギター、ドラムが加わって。
更にマンドリンが加わって♪

歌詞が、情景をはっきり思い浮かべさせてくれるので、
銀河鉄道の世界にすぐに引き込まれて、初聴きでじいーんと来てしまった。

藤くんの声と歌詞って、こちらに語りかけてくる感じで、
優しい気持ちがビンビン伝わってくるの。
だからまじめに聴けば聴くほど、泣きそうになっちゃうのかな。

バンプの場合は、わたしはミーハーな気持ちは一切除いても、
素直に聴いて、好きだなあって感じる。
(ミーハー部分がラルクに行っちゃってる分、相対的に私の中で占める割合がラルクに偏ってしまうということも事実。)

藤くんは、年齢的には近いんだけど
インタビューで答えている内容はとても深くて、感動する。
常に生と死を意識して、唄を唄っている藤くんからは
容赦なく意思が伝わって来る。

それを真正面から受け取ってしまった人は
きっとバンプのことが忘れられなくなるんだろうな。
それだけの力が、バンプの音楽にはあると思う。
受け取ることができた私は、幸運だと胸を張って言える。

いよいよ明日は、セットストックでバンプに逢える♪
何を唄ってくれ、何を語りかけてくれるのだろう。
真っ白な気持ちで、バンプの音楽を吸収してこようと思う。

・・・あっ、大事なこと書き忘れてた。
隠しトラックはね。大ヒット!!!
あの○○を連呼するサビが来たら、声に出して笑わずにいられないほどの力があります(笑)
何回聴いても、笑いがこらえきれません。
なんであそこまでふざけた曲が作れるのか!!
そのギャップがまたバンプらしいんだけどね~。

毎回楽しませてくれるよ、ほんとー。
今回はタイトル見た時点で動揺(笑)
サビの勢いで爆笑!って感じでした。
(しかもだんだんタイミングが早くなるし!)

・・・以上。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
バンプが新曲発売決定だって!!
夏フェスに先駆けて何か出るかな~、っと何となく期待してたけど、
今日オフィシャルHPを見たら載ってて、びっくりうれしかった♪
タイトルもバンプらしいイメージで、天体観測に通じるものを感じます。
カップリングのタイトルは「銀河鉄道」。
なんか宇宙的だね~。夏っぽいなー何となく。

バンプはカップリングも新曲が入ってて、アルバムには収録されないから
シングルも買いなのです。
おまけの隠しもついてるし(笑) わかる人にはわかる。
でも出るシングルで私がチェックしてるのってバンプとラルクだけだから、(せまっっ!
他のアーティストのシングルがどのような構成なんかはわからん。
カップリングも新曲って普通なのかも?最近少ないのかな??
ラルクは最近ない。代わりにパンクアンシエルが入ってるけど、リミックスばかり。
両A面はたまにあるけど。。
1000円出して買うには、1曲じゃちょっと高いよねー。
もう1曲(もしくは2、3曲?)にも価値がないと、シングル買う気にはならない。
プラス、ジャケットの価値も含まれるかな。

最近はレンタルとか、ネットでダウンロードという方法もある。
シングルをわざわざ買う人はよほどのファンか、その曲だけが大好きか、めんどくさいので買っちゃう人ぐらいに絞れるのではないか、と私は思っているけれども。
(私はよほどのファンの部類です。言うまでもなく・・・

これは早めにセットストックのチケット買っとかなきゃ!と焦ってきた。
野外フェスだし、売り切れとかはないと思うんだけど、、、何が起こるかわかんないからねー。
保証はないからね。念には念を。
でもセットストックへのツアーの締め切りが、チケットの一般発売より早いっておかしいよ。
たぶん、締め切り延長してくれるんだろうけど。(去年もそうだったし)
私は広島在住だけど、何せ会場が辺鄙な場所なので、車で行くにもパーク&ライドチケットを買わねばならん。
今までは友達が車で連れてってくれてて、その友達の知り合いの家が会場の近くだから停めさせてもらってたんだけども、今年はその頼りにしてる友達が行くかどうか微妙なので、交通手段がちょっと不安。
電車も一応あるけど、コンサートの終わる時間まで終電がないような田舎なので、使えないし。
安心してチケットを買えるように、もうちょっと考えてほしいなー。
ここに書いてもしかたがないけどね。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
『人間という仕事』。

タイトルに書いたBUMPの曲に出てくる言葉なんだけど、鋭い喩えだと思う。

誰でもふと考えること、何で自分は生きてるのか。
生きていると、自分の意思とは関係なく、しなければならない事は多い。
仕事や学校もそう、人付き合い、果ては食事やお風呂、睡眠。

人間って自由な様でいて、いろんな所で束縛されている。
周りと協調してないと、生きにくい世界。
けれどあまり悲観的にはならない私。
そういうことにすら気付かず日々を過ごしている。
BUMPの歌を聴くと、そういう普段考えてないことに気付かされたりする。


美しくなんかなくて 優しくも出来なくて
それでも呼吸が続く事は 許されるだろうか


すごく好きなフレーズ。
哀しいんだけど、きれいに聴こえるのはなんでだろう。
メロディもきれいで、ぴったりはまってる。


夜と朝を なぞるだけの まともな日常。
気が狂う程 まともな日常。


藤くん、その通り。って言いたくなるぐらい、うなずけた。
でもライブ(記事書いてます)
では、最後のとこだけ、“素敵な日常”って唄ってくれた。
粋だね、藤くん♪ 思わず笑顔になってしまった。(*^^*)
そういうさりげなさが、カッコいいんです。


愛されたくて吠えて 愛されることに怯えて

この曲の中で、一番テンション上がるところ。
なぜかこのフレーズだけすごく飛び抜けて聴こえる気がする。
曲の構成的にも盛り上がる部分だからとも思うんだけど、
やっぱり言葉の力が大きいよ。
吠えて、なんて言葉には違和感があったけど、
逆にどうしようもなく惹き付けられてしまうみたい。

それよりも、“愛される”って言葉に弱いのかもしれない。

考えてみれば、「Sailing day」の中でも、

“数えたら キリが無い程の 危険や不安でさえも
 愛して迎え撃った 呆れたビリーヴァー”

ってフレーズがすごい好きなのよ。

愛する、愛されるってことに憧れてんのかなぁ?
自分のことなのにわかんない。無意識的なもの?

だって普段はそんな言葉は使わないし、考えないのに。
こうして書いてるうちに気付く事って結構あるんだよね。
気持ちを言葉にするって、大事。
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
白いブラウス似合う女の子。

青いスカート似合う女の子。

アルエって一体どんな子なんだろう、って想像しながら聴いてた。
想像の中で自分に青いスカート着せてみたりして。(自己満(^_^;)

そのモデルは意外な人だった。
「新世紀エヴァンゲリオン」ファーストチルドレン:綾波レイ。
R.A.というイニシャルからつけたという「アルエ」。
それで今まで興味がなかったエヴァンゲリオンとやらを見たりするミーハーな私。←感想書いてます

「青いスカート」は、私のイメージではビビッドな濃いめの
まさにリンク色みたいな。
そんなの履いてる子はなかなかいないから、アルエはすごく幻想的で繊細なイメージだったんだけど、アニメキャラとは。なるほどね~って思った。
綾波レイは確かに、アルエのイメージによく似た女の子だった。

BUMP OF CHIKEN『FLAME VEIN』を聴いた時、最初に心に響いた曲。
すごく優しい詩。
ハートに包帯を巻く程にキズついたことは覚えてない私だけど、
アルエのことを思うと切なくなり、アルエを思っているこの曲を聴くとじいんとします。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。