2008-07-05 14:18:26

Natural High

テーマ:人生これ如何に

そういえば最近はまったく気にしなくなったがよく考えてみればちょっとどうだろうということがある。




うちの会社は神社さんのすぐ前にあるのでお宮参りの記念写真のお客さんというのが多い。


通常の家族写真とは違い赤ちゃんがメインなわけで。


そのお子様が起きていてこちらを向いていないと写真的におはなしにならない。


しかし赤様に


「こちらのカメラのほうぼんやりとご覧下さい。」


と言ってもきくわけもなく。


なんらかの方法で注意をひきつける必要がある。



そこでうちの会社ではタンバリンを使って目線を引き付けるわけであるが





tambourine

こんなかんじ。


とりあえずタンバリンで必死に呼ぶ。



入社した当初はかなり抵抗があったがこれが有効的でありさすがに1年半もいると慣れる。


たまにお客さんにクスッと笑われるがそれも慣れっこ。




しかしわたくしのことを知ってる人が見たら大爆笑やろなー とちょっと思うのでございます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-05-31 15:28:17

ポッキーの作り方

テーマ:人生これ如何に

年齢より若く見られがちなわたくし。

あまりおじんくさいとは言われたことがない。



しかしジジくさいと言われることがままある。



それは覇気のない雰囲気と食べ物などの好みに由来すると思われる。




わたくしが好きな食べ物はイワシなどの塩焼きとか春の野草の天ぷらとか湯葉とか。


だいたい和食。中華も好き。

どちらかというと草食。そして肉より魚派。


お酒もビールとかカクテルより刺身などを肴に日本酒をチビッとやるのが好き。


ちなみにハニーの好みは濃い味付けのもの。

そしてお酒も甘いものが好き。



食べているものが全てというわけではないだろうが好んで食べているものを分析すると間違いなく好みの差がメラメラ型の差にドクロ目ているんだろうなぁとしみじみと感じます。



それはさておきこないだ学校の撮影の帰りお昼なに食べるか考えるのがめんどくさかったので駅前のマ○ドでなんとかバーガーセットを買って会社で食べることにした。



ふーやれやれと自分の机でもそもそ食べてると



社長「おっ。珍しく若いもん食べてるな。」


と言われた。


えーとわたくしまだぴちぴちの二十代なわけで。

社長は今年六十代後半なわけで。



そういえばいっつも社長のほうが油ギッシュな濃い味付けのもん食っとるな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-05-10 09:36:18

AtoFes ’08

テーマ:人生これ如何に

実は震災以来、美容院とかとこやさんに行ったことがない。


気が向いたときに自分でチョキチョキやっている。



こないだもそろそろ暑くなってきたからちょっと切ろうかと思いハサミを入れた。



チョキチョキシャキシャキサクサクショッキリ



切りながら少し考え事をした。

今思い出せないようなどうでもいいことを。


風呂場で切っていたため三面鏡のような便利なものはなく、鏡をふたつ使って側面や後頭部の確認をするのであるがあることにふと気が付いた。


あきらかに後頭部の一部がうすい。


ちょっと考え事をしていたためジャッキリいってしまったらしい。



マンガの一コマなら


「ギョッ」


という擬態語とともに目が飛び出しているくらい驚いた。

齢26にして大失敗。


ちょっとだけ切るつもりやっとのに急遽ベリーショートに変更。男でもベリーショートっていうのかな?


全体的にかなり短くするもそれでもなお目立つ。


ならいっそ坊主にしてやると後ろをチョキチョキやる。

しかしうちにある道具はスキバサミと素人用カットバサミ。


今までしたこと無かったから知らなかったけどハサミで坊主にすんのってめっちゃ難しいのな。

すんごいまだらなかんじになってよけいドツボにはまった。

なにやら悲しくなってきた。



結局さらに全体的に短くして後ろも時間をかけてなるべくそろえるようにしてなんとかごまかした。

ごまかせてるかどうかは別として。



そういえば一番どうしようもない状態のとき虎の模様に似てなくもなかったな。

虎刈りとはよく言ったもんだ。


「自分今髪の毛虎っすから。」といえばかっこいいようなよくないような。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-05-05 12:48:47

KY  (今日はよか天気ばい)

テーマ:人生これ如何に

県庁でやっている「~県の匠(仮)」の認定式の記念撮影に行ってきました。


県庁のすぐ近くにある某ホテル のようなとこで。




なにやらうちの社長もそのたくみのひとりらしく、緊張感がゼロ。


そんなわけでわたくしも全然普通にしてたんですが




社長「ちょっと三脚どこ立てるか見とこか。」

ということで会場に入ってみました。




そんなに広くなく天井も低い学校の教室2個分くらいの部屋。


ものっすごいシーーンとしていて ありゃっ場違い。と感じるも社長は気にせず。




社長はもともとよくしゃべる人で声がでかいので、小声でこちらに話しかけてるつもりでも普通に周りに聞こえている。


社長的にはヒソヒソしゃべってるつもりなんだろうけど、入ったとこ一番後ろのすみっこでしゃべってるのが対角線上の一番遠い前のとこに座ってるお偉いさんにまで聞こえてるご様子。



つまり全員に聞こえていると。


お偉いさんのスピーチが始まっても社長のひそひそ(のつもり)は止まらず。



社長「あんな花とかすごいお金かかってんなー。知ってる?あんなんで五千円とか一万円とかとられんねんで。あの金屏風だって借りてきたらけっこうなお金とられるからな。ほんま無駄やなー。無駄遣いや。」




うん。そうですね。

ごもっとも。

税金でしょうし。



しかし社長のヒソヒソはスピーチしてるおいちゃんにも届いている。


これはいかん と思いまだヒソヒソ中であったが


「ちょっとカメラの設定どうするか見てもらえますか。」



と連れ出した。



一応社長ということで誘導というカタチをとったが



leave

こんな風にしたかった。



身近にもうひとり声がでかくよくしゃべる人がいますがその人の場合は図1のように連れ出します。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008-04-01 17:23:18

Happy Wedding at a TE LA

テーマ:人生これ如何に

写真屋さんになって1年ちょいになりますがはじめて結婚式の撮影っちゅーのに行きました。

神社でやってる婚礼の最後おふたりと集合の写真とかを撮りに行くことはありましたが式自体に参加するのは初めてなのでちょっとわくわくして臨んだので御座います。



場所は市内某お寺。


…この時点でちょっと不安。

お寺と言えばお葬式とお通夜くらいにしか行ったことなかったのであんましイメージよくない。


いやしかし結婚式ともなれば開放的に華やかな雰囲気につつまれるに違いない。

きっとそうだ。





そしてお寺。

天気よすぎもせず曇りもせず写真屋さんには絶好の天気。


なんか閉め切ってるなぁ…。

まぁ式が始まれば…こう…開放的な雰囲気になる…はず…。



開始10分前ぐらいに参列者入場。

そして時間になるとお坊さんに誘導されて新郎そして新婦入場。



…厳か。


重い。そして閉め切ったままで光もあまり入らないので暗い。



そこへドラクエに出てくるような杖を持った坊さん登場。




ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてー



結婚式でもお経読むんかいっ。



某工務店さんの竣工式とか地鎮祭などに行ったことありますけどそんな雰囲気。

そしてアクション起こす人がほぼ坊さんなんで撮影もあまり進まず。





なんまんだーぶなんまんだぶなんまんだぶ



??

なんか…不協和音?


よく聞くと合計6人ほどいるお坊さんの中でみんなお経を「」の音で読んでんのにひとりだけ「」で読んでる人がいた。

音痴なんだろうか。それとも個性派なんだろうか。

気になった。



そして指輪交換。

なにかちぐはぐ。

お寺なのに指輪交換。そこは洋風。洋風なのかな?よく知らぬけど。



そして説教。

もう  いい。



式中終始主役のふたりに笑顔は無く笑えるようなアクシデントも無く実にどっしりと進行。




このさいお子様でもコギャルでもいいからこの重苦しい雰囲気をドカンと打破してほしかったが参列者は分別のついた成人ばかり。(最年少推定27歳)



これはこれで  というか元来日本はこんなカタチなんでしょうけどもっとこう結婚式って結婚式って。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-03-12 13:29:47

道頓堀を走る人

テーマ:人生これ如何に

幼稚園の遠足で某大手お菓子メーカーの工場案内に撮影について行きました。


ちょっと早めに現地に着いたので建物の前をぶらぶらしていたところ




受付嬢「よろしければこちらの待合室でお待ちください。」

と部屋に案内された。


薄暗く広い空間の前側中央にぽつんとテレビがあり昔やっていたCMがエンドレスで流されておりました。




CM「○リコ ○リコ。○リコのカレー。」


CM「グー○コッ グー○コッ  ウフフフフフッ  アハハハハハッ」


うーん洗脳ってこうやってされていくんやろうなぁ。

そんな企業の魔の手からわたくしを救うべく幼稚園児たち到着。


こにちわーと挨拶を交わし園児たち洗脳の間へ通される。
園児たち画面見てるだけであまり絵にならないのでちょっと退屈。


集合写真を撮っていざ工場見学へ。


ほんのり漂ってくる甘いかほり。

ハニーなら「いいにおーい」

と言うところだが若干甘いものが苦手なわたくしには

むはっ となるニオイ。
ちょっとぐったりなるわたくし。
しかも作業場所は撮影不可。


機械がういーんと働いておっちゃんらが出てきたお菓子を運んだりチェックしたり。
子供はこれ見て楽しいんかしら?


作業場を抜けるとカカオの木やらお菓子を作る行程のミニチュアやらがある場所へ。


そのお菓子を作る行程のミニチュアの前で

案内嬢「このように妖精さんがお菓子を作っています。」

と説明。


え?

さっきあんなに工場チックな場所を通ってきたのに今さら妖精?

てことはさっきのおいちゃんらは妖精って設定やろか。

疑問を残しつつ次3D映画館へ。


見てないからよくわかりませんが泣いてる子がいました。

恐いやつなのか?


そしてランチ風景を写していつもならそこで帰社。



しかし食事スペースのまわりをふと見ると発売当初からのグリ○のおまけがずらりとディスプレイ。


こ、これは見なくては。


ちっちゃいときに持ってた記憶があるプラッチックの安っぽいやつを発見。

ちょっとうれしい。


さらに年代をさかのぼっていくとおもちゃがなんかグレイドアップしていく。

昔は木とかブリキとか使ってんのな。

これほしいなーと思うやつがいっぱいあった。

鉄人某もかっこいいのあったし。



あんまり見るとこはないけど社会科見学とかならお菓子もらえるし子供は嬉しい…のかな?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-02-23 16:07:12

NOT SO KILLER CARS

テーマ:人生これ如何に

警察にカツアゲされました。



ある学校へアルバムの納品に向かう途中のことでした。



ピピピピピッ


おまわりさんが飛び出してきてはじっこへ誘導。


なんでっしゃろ?なにか事件でも?




警官「はいースピード違反ね。」



え?




警官「60キロ出てたから20キロオーバーね。」



え?




まっっったく自覚が無かった。

しょっちゅう走ってる道やし見通しも悪くないんでついスピードが出てたらしい。


かぎりなくへこみました。

わたくしの真っ白なライセンスに傷がついた。


つーか見通しもいい道で警官が飛び出してきて余裕で止まれる車になんの問題があるねんむかっ

違反なんかしとらんわっむかっ(気分的に)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-02-10 17:17:45

NOT KILLER CARS

テーマ:人生これ如何に

車で公道を走るようになってぼつぼつ1年。

免許とってから4年ほど経ちますが。


橋にめきゃっと事件や門松コツン事件を経てちょっとは運転がうまくなった今日この頃。

しかしまだクラクションというのを鳴らしたことがない。


別に気が長い というわけでもない。

ただ鳴らすときとタイミングがわからない。




そんなある日。

三車線ある道路をのんびり運転しているときのこと。

赤信号をよたよた歩いているおばーちゃんを前方に確認。


車の集団の先頭を走っていたわたくし。

余裕で避けることはできるが後続の車と危ないことになるかもしれない。

ここはひとつ危ないよってのを前後に伝えるべきだ と思いハンドルの真ん中にチョップ。



ぼすっ。




ん?

クラクションの音って中からは聞こえんのかな?


いやんなわけはないよな。

もっかい。



ぼすっ。



そのとき乗ってたのは○んだのステップ○ごん。

よく見るとど真ん中ではなくちょっと左右にずらしてひとつずつちっちゃいクラクションがついてた。



誰が見ているわけではないのですがその瞬間はなにか恥ずかしい。


2,3度チョップの素振りをしつつ、こう、ちょっとチョップの練習をしてただけよ と自分に言い訳。



そんなわけでクラクションを鳴らさない穏和な運転継続中。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-01-26 09:23:12

kurisumasshu

テーマ:人生これ如何に

ええ。2年連続クリスマスプレゼントは一緒に店行ってお互いの帽子を買っております。

今年はおそろのニットっぽいハット。ニットット。

の色違い。


ベージュっぽいのと抹茶色。

わたくしはジジくさい色が似合うので抹茶色。


hat

ハットのかたちがくずれたらイヤやから棚の上にぽんと置いてあるのだがそれをおかんが発見。


なにやら気に入ったらしい。


おかん「これどこで買ったの?色違いとかないの?」


「無い。」


あるけど。

コレをあげる気も色違いを渡す気も無い ということを要約。


ちょっとペアルックは恥ずかしいのでハニーと一緒のときはかぶりにくいけど好きなかたちなのでわりとお気に入り。

まーしかしクリスマスのときなどはふたりでかぶっててもアリ かも しれない。 かも しれない。

あからさまに浮かれたふたりっぽくて。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-01-09 11:08:03

密室にて

テーマ:人生これ如何に

エレベーターのドアが開いたら犬が待っていた という経験がおありだろうか。









会社帰りマンションに着きふーやれやれとエレベーターのボタンを押す。









dog




しばらく微動だにせずに見つめあうふたり。

・・・。



EV


ちょっと状況が把握できずにリアクションがとれず中に入れなかった。

わたくしの腰あたりの背丈のシェパード。

わりかしおっきい。

それが微動だにせず鎮座していた。


なぜ?



どうしたもんかと考え中犬を連れたおばちゃんA登場。



A「あっらーあんたなんでこんなとこおんの。こんなとこおったあかんやんあんた。公園行ってしもてたでさっき。ほんまもう心配してんであんたー。」



犬相手にしゃべりまくる。



「お知り合い(?)ですか?」


A「この子奥野さんちのボビーやで。さっき奥野さんどこ行った言うて探しててん。ほんまもーこんなとこおって。奥野さん公園行ってしもたでほんま。」



だれ相手でもしゃべりまくる。


A「ちょっと奥野さん探してくるわ。奥野さーんっ。」



そこから叫んでも奥野さんには聞こえないと思いますが。

公園に向かって行ってしまった。



取り残されて再びふたりっきりになってしまったわたくしとボビー。

そこへこれまた犬を連れたおばちゃんB登場。



B「はーっ。こんなとこおったあかん。ちょっと出てき。公園行くで。」


「知ってるんですか?奥野さん。」


B「ほらはよ出てき。」



聞けよ。人の話を。



B「ほらはよ行くでー。」




結局連れてってしまった。

まーいっか公園すぐそこやし。


しかしどういう状況で奥野さんはボビーだけエレベーターにおいてったんやろ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。