STREET

「森のkoe」-110531_154341.jpg


久しぶりに贅沢な時間と空間の中にいる。
懐かしい本の匂いが鼻孔を擽ってくる。

束の間の心の休息に戸惑いながら、伸びをしようと身構えた背中に
幾つものしがらみがまとわりついて、少しだけ身体が重くなる。
それでも足先だけは何十年か前のこの通りのあちこちを覚えていて
軽快に歩を進めて行く。


神田神保町、駿河台下の交差点から始まる「すずらん通り」に近い

お客様の勤務先にお邪魔することになり、本当に久しぶりに

この地を訪れる機会が得られた・・・




AD

今年も

「森のkoe」-Image5411.jpg


季節はめぐり、「シャクナゲ」の花が満開です。。。


毎日のようにやってくる「地震」の揺れに、心が強く揺す振られても

身体はもうどこかで「慣れて」しまっている・・・


様々な情報の「津波」が私達の脳髄を侵して来る中でも、巡る「季節」

は、自然の生命の息吹と今を生き切る様を、私達の前いつものように

鮮やかに見せてくれる・・・


この「営み」をどう受け止めて良いのか戸惑う心にはおかまいなしに、

蕾みはもう、ずぅっと以前から「春」を準備していた。。。



しなやかで、優しく、力強い「営み」が、私達の心と身体に向かって何事

かを促すかように深く響かせて来る、そんな「季節」がやって来た・・・


今日を生き、明日の準備に努めよう、、、

そうして「季節」を生きる生命の営みに「同期」して行こう、、、


心を天日に晒し、深呼吸をして身体を伸ばしてから、ゆっくりと大きく

歩き始めることにしよう・・・




AD

ROUTE 357

「森のkoe」-110218_133235.jpg


台場のホテル「グランパシフィック」で、製造メーカー主催の

講演会と商品説明会があると言うことで、久しぶりに昼間の

357で湾岸を走り始めた。

夕暮れや夜のハイウェイから見るのとは随分ことなる景色が

車窓を取り囲む。

くすんだ灰青色の空の下で埃っぽい空気の中をゆっくり進む

車は、スピードを無くした途端に鈍いエンジン音だけが頼り

鉄の箱になる。

路肩に続く背高の金網フェンス越しに、建ち並ぶコンクリート

ビル群達が近づいて来る。

都心の高層ビルとは異なって見える人造の威圧感は、きっと

この土地の成り立ちがまだ「彼等」を飼い慣らす術を持てない

でいることの「証し」ようにも見える。。。

粗削りの荒野に聳え建つビル群の、人造の圧力から逃げるか

のように、信号機の青の向こうに見えて来たホテルに向かって、

エンジンを頼りに、僕はゆっくりとスピードを上げ始めた・・・




AD

Bay Shore Route-3


「森のkoe」-110201_172146.jpg


のにおいが立ち昇って来そうな荒川を越えて湾岸道路を進ん

で行くと、埋立地に立ち並ぶや清掃工場やOfficeビルを縫うように、

都心に通じる高架が湾曲しながら立体交差して、フロントガラスの

上をコンクリートの黒い影が次々に通り過ぎて行く。


TowerMansionを横に見ながら、台場のビル群を過ぎると、夕陽

バックに一際聳えて見える建物のシルエットがくっきりと浮かび上がる。

Bayエリアを眺望するHotelグランパシフィックLE DAIBAだ。


もうすぐ臨海の海底トンネルに入りこんで行く。

行き先には、何が待ち構えているのだろう。。。


台場の架橋の下の信号は、F-Iレースさながらに、

今、一斉に「青」のゴーサインを点灯して来た!!



「森のkoe」-110201_172215.jpg





Bay Shore Route-2


「森のkoe」-110201_172103.jpg

ザ・タワーズ ダイバとスーパーフェニックス


前方のビルの前を横切る高架のカーブは「恋射ん望、振りっ次」

通じる導入路です。

(恋を射止める人も、振られたら次!って言う人も、虹の橋を渡って来ます)('-^*)/



その向こうに立つビルが夕陽に映えて、近未来的なシルエット

を浮き立たせているのが見えます。



海底トンネルに入る少し手前で、気持ちを整えて置くには恰好

「夕景」です・・・・PO!!





Bay Shore Route-1


「森のkoe」-110201_172014.jpg


このところ、何故か「湾岸道路」を西行きの機会が増えています。


いつ通っても、心がホコホコしてくる、クルーズが出来てご満悦な


僕ですが、夕暮れ時のこのRouteの「情景」が、「夜景」に勝るとも


劣らない、僕の好きな時間帯です。


オマケに、スイスイ飛ばせる「道路状態」であることで、更に魅力


が増して来ます。


この「感覚」は、アドレナリン「全開」の状態で、脳内麻薬とも言わ


れていますから、当分このRouteの「御世話」になりそうです。。。




SUN SET


「森のkoe」-110121_164245.jpg

今日の遠出の帰り、夕陽がとても良いタイミングで撮れました。


澄んだ空気の向こうで、陽光が織り成す天地の彩色が心の中も


染め上げてくれたら良いのに!


自分の心の移ろいが、「今」を刻んでおきたい!!と願う程に、


夕景は足早に「変化」して鮮やかな閃光を迸らせて、潔い!!



何人も、この一瞬を留めて置く事など、できはしない。。。


ただ、人の「心」だけが『残像』を結んで、立ち止まるだけ。。。


さぁ!明日の準備の為に、漆黒の闇にその目を慣らしておき給え!


ゆっくりとマナコを閉じれば、時間は「自在」に操れよう・・・・


壮大な情景も、瑣末な心配事でさえも、しっかりと「等価」になる


夜の闇の中に、心を解き放つ時がやって来たのだ。。。




「森のkoe」-110101_154257.jpg

謹賀新年

新しい年は、原点回帰の時のような気がしています。
時代も、個も、全ての事柄が平面の上で
ズラリと横並び。
隅から角までを点検して
持ち駒の全部を総動員しながら
自分の心と身体と
お金と時間と
経験と思い
の全てが
結ぶ
そこから
何かを紡ぐ。
その為に何を
どのように組立て
積上げ、道筋をつけていくのか!
試されるのは、個の
思いとその深さ。
自分を取り巻く環境と
人々の関り。
それぞれが、ダイナミックにつながりながら
誘起的な展開を見せて大きなうねりを持つ世界が広がる。。。


今年も、世路志駆 尾根界視益




SKY VIEW in AUTUMN

「森のkoe」-Image5981.jpg


天空はもうすっかり秋の風が吹き過ぎて行き~~~

人の心もまた「移ろい易い」季節の本格的な到来です。

の銀杏の実もチラホラと音を立てて落ち始めました。


『森』にお出かけ下さい。

心と身体の癒しは、やはり大自然に抱かれて、

風や水の音に耳を傾け、空を見上げて天空の雲の流れを

ゆっくりと目で追う穏やかな時間の中に

己が魂を浮かべることです。。。


心の安寧は、時間の流れとその速さを認識できる魂の澄んだ

状態がもたらしてくれることでしょう。


自然の変化に比して、人の心の移ろいを感じる事が出来たとき、

心は一点に留まり、素直で小さく繊細な自分が見えて来ます。

そして「他者」もまた限りなく愛しく大切なものに思えてきます。


『森』には人の心を浄化し、鍛錬してくれる「力」があります・・・