前原誠司国土交通相は16日の閣議後会見で、1987年の第4次全国総合開発計画(4全総)で決められた全国1万4000キロの高速道路建設計画について、「最終的には1万4000キロについてどうするんだという見直しは不可避だと思っている」と述べ、縮小する可能性を示唆した。

 さらに「(どこまで無料化するかを含め)すべての高速道路のあり方や運営方法は、年内をめどに整理をして示すことができると思う」と述べた。【位川一郎】

【関連ニュース】
前原国交相:「政治とカネが一番大きい」 支持率低下原因
前原国交相:4党案に修正必要の考え示す 国労不採用問題
個所付け通知:前原国交相を注意 鳩山首相
前原国交相:公共事業の経済効果巡り、亀井金融相と対立
トヨタ:リコール07~09年の38件調査…前原国交相

県内産日本酒で統一ブランド=熊本〔地域〕(時事通信)
<新型インフル>ワクチン接種は推定2278万人(毎日新聞)
振り込め被害、2割増加=「おれおれ」7割に上昇-警察庁(時事通信)
鳩山首相、日米合意案容認「そんな事実まったくない」(産経新聞)
東京の輸入代行業者を略式起訴 タミフル販売で(産経新聞)
AD