アルフレッサファーマは2月22日、新型インフルエンザウイルス(H1N1)を検出するキット「Alfresa H1N1 Kit」を研究用試薬として発売した。

 鼻腔拭い液を用いて15-20分で判定できる。同社では、体外診断用医薬品でないため、診断の根拠には使えないが、迅速診断キットでインフルエンザA型とされた患者をPCR検査に掛けるかどうかの予備的な判断材料になるなどとしている。

 10回用で1万2600円(希望価格)。阪大微生物病研究所難治感染症対策研究センターの生田和良教授が開発した新型ウイルスに反応するモノクローナル抗体を用いている。


【関連記事】
依然ほとんどが新型も、B型が微増―インフルエンザで感染研
インフル患者、3週連続で減少―全都道府県が定点当たり10未満に
低い死亡率、少ない妊婦患者―新型フル、日本は特異?
基礎疾患に満遍なく注意を―新型ワクチン接種で厚労省
インフル定点4.26、2週連続で減少

小沢幹事長進退が再浮上か 長崎と町田で民主系候補惨敗(J-CASTニュース)
スイッチOTC市場、2.3%増の1571億円(医療介護CBニュース)
中央線高円寺駅で人身事故、運転見合わせ(読売新聞)
直接支払制度の猶予継続を検討―厚労省(医療介護CBニュース)
咲き誇る熱帯の花 南国気分 板橋区立熱帯環境植物館(産経新聞)
AD