こんにちは
ここ最近楽しみだったドラマ「奥様は取り扱い注意」
見てた方いますか~?

昨日最終回だったんですけど、終わり方…
え!それで終わっちゃう?!みたいな

後から知ったけど映画化されるんですね
それでか~と思ったけど、でもやっぱもうちょっとスッキリしたかったなぁ

それにしても、西島さんの正体…
知っても全く驚かないというか、知ってた感がすごい笑
これから西島さんのどのドラマ見ても実は…なんじゃないかと思ってしまう笑い泣き







さて!
先日のシュフロアさんでのWSありがとうございました

カメラWSのお写真全てシュフロアさん撮影です


お子さんの体調不良でキャンセルになった方がいて、すごく残念がってらっしゃいました
子どもが体調くずしやすい時期になってきましたよねえーん
お大事にして下さいねあせる



そんなこともあり、今回はゆったりめのワークショップ








ベースのペーパーとカップケーキの柄を悩んで…






今回はペーパーもですが、パーツをどう使うか?どれを使うか?も悩みましたね





色々置きたいけど、全部置くのは難しい?とか
カップケーキ柄の色合いとのバランスも考えたりしました







配置が決まったらペーパーを貼っていきます





普通、柄の上にペーパーナプキン貼ると下の柄や色が透けてしまいますが、透けさせずキレイに貼れました






ニスを塗って、パーツを付けて






完成~☆

こちらは立て掛けて飾ります、とのことで紐なしで


ペーパーの位置と赤い実のバランスがピッタリですね

今回、私が使いたかったゴールドのユーカリの実
これ、鈴(ベル🔔)っぽくも見えるしボタンみたいにも見えてクリスマスの雰囲気に合うと思いませんか?

その話をしたのでそんな雰囲気で使ってくださってるなってよく分かります
文字ともちょうど合ってますよね






こちらはカップケーキが目を引くボードに


文字の影を入れるかどうか悩んでらっしゃいましたが、結果的に文字がしまって入れて良かったですね

パーツとカップケーキのバランスも上手くまとまってます



今回もご参加ありがとうございました!








予告していましたとおり、シュフロアさんでのWSはこれでひとまずお休みです

シュフロアさんが春にオープンされてから、WSやコラボ企画、体験会など12回くらい(もしかしたら抜けているのがあるかも)デコパージュさせていただきました!


シュフロアさんにはオープンにあたり声をかけていただき感謝しています

舞鶴で京都北部でデコパージュの認知度はまだまだですが、このような場をお借りすることが出来て、少ーしは認知もされてきたかな





シュフロアさんはフォトショップのハレルコさんの併設ということもあり、いつもWSの様子を写真に撮ってくださるのもとても有り難かったです


いつも撮る前にお客さまに顔が写っても良いか、SNSに掲載しても良いかなど確認して下さるのですが、大体皆さん快くOKして下さるのでブログでも使わせていただいています
ありがとうございます!
(もちろん顔は恥ずかしい💦という方は配慮しますので、安心してくださいね)


こんな場所でこんな雰囲気でしてますよ~っていうのが少しでも伝われば良いなと思っているので、皆さんの真剣な表情とか楽しそうな表情を撮らせてもらえて、ほんとに有り難く思っています

いつもご協力ありがとうございます♡




デコパージュが楽しめて、初心者さんでも2時間程度で完成して、難易度が高すぎず、皆さんに興味を持ってもらえそうなもの…WSの内容を考えるのは結構大変なんですが汗

これ作りたいです!これ可愛いですねと、そんな風に言ってもらえたら、単純なので笑 また頑張って考えようと思えるんですよね

ご参加くださった皆さん本当にありがとうございました爆笑





春になったらまたシュフロアさんでのWSよろしくお願いします♪

私はお休みしてますが、他の方のWS等は開催されてますのでシュフロアさんのブログをチェックしてみてくださいね~



今回もお読みいただきありがとうございます♪

 
 


 
ポチッと応援クリック押していただけると
ブログ更新の励みになります♡


にほんブログ村


いつも応援ありがとうございます!

 

 
(以前の記事に加筆しています)
 
右下矢印読者登録していただくとブログ更新情報が受け取れます星カラフル

 

まじかるクラウンブログ更新、その他のお知らせなど右矢印 facebook デコパージュ*snipsnip* Facebook

 フォロー&いいねよろしくお願いします !

 

 

 instagram インスタグラムはこちら右矢印Instagram

 

 

まじかるクラウン お仕事の依頼、教室についてなど、お問い合わせは こちらをクリック

 

  

AD

コメント(2)