不動産を相続したら登記する

テーマ:
不動産を相続した時、相続登記をします

👦相続登記するためには、何が必要?

《亡くなられた方に関するもの》

📄「出生から死亡まで戸籍謄本」
→相続人を確定します

📄「住民票の除票または、戸籍の附票の除票」
→登記簿上の被相続人と戸籍上の被相続人が同一人であることを証明します

《相続人に関するもの》

📄「相続人全員の戸籍謄本」
→相続人であること、そして現在も生存していることを証明します

📄「相続人全員の住民票」
→相続人の正確な住所を登記に記入するために使います

《不動産に関するもの》

📄「不動産の固定資産評価証明書」
→相続登記にかかる登録免許税を計算するために使います

📄「不動産の登記簿謄本(全部事項証明書)」
→不動産を特定し、被相続人名義の不動産であることを確かめます

**********

法定相続分以外の割合で相続する場合は以下の書類も必要になります

🔳遺産分割協議によって相続する場合
🔸遺産分割協議書
🔸相続人全員の印鑑証明書

🔳遺言書に基づいて相続する場合
🔸遺言書

笹川司法書士行政書士事務所
💻http://www.shihou-sasagawa.com/
AD

コメント(1)