夫婦は


同居して、協力・扶助し合わなければならないおウチ


という義務があります(民法に定められています)


もし


夫婦の一方が、正当な理由なく


同居・協力・扶助の義務を怠るようなことがあれば


鉛筆悪意の遺棄といい


法定離婚原因として認められます



NG悪意の遺棄と認められる事例


   ・同居しているが、生活費を渡さない


   ・生活費は入れているが、理由もなく出て行ったまま帰ってこない


   ・理由なく、同居を拒否する


   ・家から追い出す


   ・愛人宅に入り浸って帰ってこない


   ・故意に実家に帰ったまま戻ってこない   など


        
         


  ポイント別居については

   一概に同居義務違反になるとは言えません


       ・仕事上の長期出張

       ・転勤による単身赴任

       ・夫婦関係の修復・調整のための別居

       ・病気治療・妊娠や出産のための別居

       ・子どもの教育上の別居

       ・夫の暴力から逃げるために家を出た場合


      などは、正当な理由に基づく別居であるため

      悪意の遺棄には当たりません!

   


ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村     広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD