離婚の争いで


裁判までもつれこむケースは全体の1%人程度といわれています



なぜ少ないのか…


それは


離婚裁判には


相当な時間費用・精神的負担石がかかるからです


          
        

青時間


 離婚訴訟を提起してから1ヵ月から1ヵ月半ほどで、1回目の口頭弁論が行われ

 審理が月1回くらいの間隔で行われます


 最低でも1年程度はかかることとになります


 

青費用


 ・手続きに必要な訴訟費用(3万円程度)


     ※収入印紙代・郵送切手代・慰謝料や財産分与の請求に対する手数料 など


 ・弁護士に依頼した時の弁護士費用


 などで100万円以上は必要になります


       ポイント訴訟費用は、負けた側が支払いますが


         弁護士費用は、裁判に勝ったとしても自己負担になります


   やられたさらに…


    裁判は公開の法廷で行われるのが原則なので


    傍聴希望者がいれば、裁判を自由に傍聴されることになります



    (例外的に非公開となる場合もあります)



離婚裁判をするには


時間・金銭的・精神的負担が大きいことを覚悟しなくてはいけません汗



ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村     広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所
  

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD