離婚において


養育費の話し合いの中で


 ◇ ローンがあるあせる


 ◇ 借金があるあせる


 ◇ 失業中であるあせる


といったことを理由に養育費支払いを拒否されるケースもあります



しかし


本来、養育費とは


経済的に余裕があれば、余力の範囲で支払えばいいというものではありませんビックリマーク


たとえ生活に余力がなくても


親として、子どもに自分と同程度の生活をさせる義務があり


借金を抱えていても…


失業中であっても…


それなりの生活ができているのであれば


養育費は支払う義務があります


     ひらめき電球自己破産した場合でも、養育費の支払い義務はなくなりません

        
    ”ささ”の法律相談


経済的な余裕がないことを理由に


養育費の支払いを拒否するのは


そもそも相手に支払う意思がないのかもしれません足あと



話し合いで解決できない場合には


調停ドアを申し立てることができます


実際、相手に支払い能力がなければ


養育費の額は低くなってしまう可能性はありますが…


借金完済の時期や、収入を考慮して


 宝石ブルー借金返済中の額


 宝石ブルー返済完済後の額


と細かく分けて決めることも可能です



ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村     広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD