離婚を決意かおしたけれど


子どもヒヨコがいて、絶対に親権を取りたい


でも、現在


 女の子専業主婦なので、収入が無い


 女の子パートで、夫より収入が少ない


経済的な問題で


親権が取ることができないのではと不安に思われる方も多いと思います



しかし、離婚時に


・専業主婦で収入が無いから


・また収入が少ないから


という理由で


親権者にはなれないということはありませんビックリマーク



もちろん経済的な事情も、親権者を決める要素のひとつではありますが


必ずしも重視されるものではありません


  キノコ子どもの年齢(子どもが小さい場合は、母親が親権者となることが多いです)


  キノコこれまでの養育状況(現実にどちらがか監護していたか)


  キノコ離婚後、養育(監護)を補助してくれる人がいるか


など


子どもの利益と福祉を最優先に


親権者は、様々な要素を考慮して決められます

       
        ”ささ”の法律相談

特に子どもが小さい場合には


母親は働くことが難しい場合が多いでしょう


そこで


ひらめき電球一方が経済的に不利となるようであれば


 もう一方が、援助を行うべきである


という考えから


★扶養的財産分与


     離婚後、一方が生活に困ると認められる場合

     生計を立てていた(収入がある)側が、生活力のない側の生活を援助するというもの

     およそ1年から3年程度の期限があります


★養育費を多めに支払う


といった方法を取ったりします


           ぶーぶー     ぶーぶー    ぶーぶー   


◇親権者は、一度決めてしまうと簡単に変更することはできません


 夫婦間の話し合いであいまいな取り決めをするよりも


 メガネ専門家に相談する


 メガネ場合によっては、調停をして金銭面の取り決めをきちんとしておく


 など確実な対策をとっておくといいでしょうクローバー



ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村     広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD