登記識別情報には目隠しシール

テーマ:

以前は


登記をすると登記済証(⇒権利証メモと言われるもの)が交付され


その書類を持っていることが


その不動産の権利者の証となっていました


金庫などで、大切に保管されていたりしますね



ですが、数年前の法改正により


これまでの権利証の代わりに登記識別情報通知メモが発行されるようになりました


旗登記識別情報通知には


登記識別情報という12桁の英数字が書かれていて(登記所が、無作為に選びます)


不動産の売却や、担保に入れる場合は、この12ケタの英数字が必要になります



ところが


不動産登記後に、司法書士などから渡される登記識別情報通知をみると


登記識別情報(12ケタの英数字)の場所には


目隠しシール禁止が貼ってあり


「シールは剥がさずに保管して下さい」などと書かれていると思いますパンダ


自分が権利者なのに、見てはいけないはてなマークというのは変な話です



”ささ”の法律相談
Qなぜ、剥がさない方がいいのかむっ


それは


登記識別情報の12ケタの英数字を知っている人が


その不動産の権利者とみなされるので


万が一、他人に見られてしまったら


悪用される危険があるからです!!


権利証を盗まれてしまったのと同じようなことなのです



そこで


登記識別情報は、目隠しシールによって保護され


このシールは一度剥がすと、貼りつかなくなっています


シールがはがれていなければ、誰にも見られていないOK


もしシールがはがれていたら、誰かに見られた可能性があるNG


と判断できるようになっているのです


ブーケ2シールは剥がさず、そのまま大切に保管して下さいブーケ2



目隠しシールを貼ったままで長年たつと


シールが剥がしにくくなったり


剥がす際に情報が読み取れなくなったりすることがあるともいわれ


シールを剥がして、情報を確認したうえで


何らかで封印して保管しておくのがよいともされる場合もありますが…



どちらにしても


登記識別情報は、決して人に知られてはいけない大切な情報なのです


人に見られないように、知られないように、保管して下さい



ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
日本ブログ村 広島ブログ


笹川司法書士・行政書士事務所

当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所 離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD