借金をした本人が


自己破産を申し立て…


免責許可の決定がおり…


借金の返済を免除されたおひつじ座


これで


本人の借金の返済義務がなくなったとしても…


雪の結晶連帯保証人には影響しません雪の結晶


         ↓  ↓  ↓ 

 パー自己破産により、本人の債務がなくなっても


  連帯保証人の債務はなくならないのです!!!!



債務者(お金を借りている)本人が自己破産をすると


債権者(お金を貸している)は


連帯保証人の方へ請求をしてきますDASH!


しかも


保証人へは一括での返済請求がきます叫びDASH!DASH!

      

     ※分割での返済を交渉することは可能です



連帯保証人も返済能力がない場合

(その場合が多いですが)


連帯保証人も、自己破産又は他の債務整理をする必要があります

            
                          ”ささ”の法律相談
自己破産をするにおいて


注意連帯保証人になってくれた人へ迷惑をかけてしまうことは避けられません


申し立て前に、必ず


連帯保証人になってくれた人に事情を話し


誠意ある対応を取らなくてはいけません



逆に


連帯保証人なって欲しいと頼まれた場合には


  モグラすぐに返済できるから


  モグラ絶対に迷惑をかけることはないから


  モグラ形式上だけだから


など、言われても


はっきり断るべきです


連帯保証人になるということは


 右矢印右矢印お金を借りる本人と同じ立場になります


 右矢印右矢印連帯保証人自身が、お金を借りたのと同じことになるのです


とても大きなリスクを背負うことになります


本当にその人の保証人になって、自分が責任を持てるのか


冷静な判断をビックリマークビックリマークビックリマーク




ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村     広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談


AD