離婚において


未成年の子どもがいる場合


どちらが親権者になるかを決めなくてはいけません



親権とは


ヒヨコ身上監護権…子どもを引き取り、一緒に暮らして身の回りの世話をする


ヒヨコ財産管理権…子どもの財産の管理・契約などの法律行為を行う


の二つを合わせたもので


通常は、子どもを引き取る方が親権者となり


親権者となった方が、この二つの権利を持つことになりますリンゴ



しかし


離婚の際、どちらが親権をとるかで


両者が譲らず、話し合いがつかないような場合あせる


雪の結晶親権者と監護権者(身上監護権だけ持つ)を別々に決めるという解決方法もあります


例: 男の子父親は親権を譲らない

女の子母親、親権を得たいが、子どもとの生活が最優先


⇒ 父親に親権を譲り、納得してもらい

母親は監護権者になり子どもと共に生活する


この方法は


ブーケ2一緒に暮らしていない親(親権者)も、親としての意識が高まる


ブーケ2親としての意識が高まることで、養育費の支払いをきちんとしてくれる可能性が高い


ブーケ2子どもは、親が離婚しても

両親がそれぞれ自分の世話をしていくれているという安心感が持てる


というメリットがあります



しかし


親権者と監護権者を分けることで


様々な問題も生じるため、注意しなくはいけません!!


監護権者は


法的な行為や子供の財産の管理についての権利は制限されるため


子どもに何かあった時には


例えば 宝石緑再婚した時、子どもと再婚相手の養子縁組の手続き

宝石紫子どもが何かを相続した時

宝石赤子どもが交通事故に遭ってしまい、損害賠償を求める訴訟をする

宝石ブルー子どもの銀行口座の開設

など


★その都度、親権者の同意が必要になります


”ささ”の法律相談  

また


親権者と監護権者を分けることで、いったんは解決しても


それぞれが権利を主張し合い


再びもめごとが起こる可能性も…爆弾



注意離婚の合意を得るために


安易に親権者を監護権者を分けるのは危険です


慎重な判断を!


※調停などでも


親権者と監護権者を分けるのは


やむを得ない特別な事情がある場合に限られています



ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ  広島ブログ
日本ブログ村 広島ブログ


笹川司法書士・行政書士事務所

当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所 離婚相談所
 

”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD