子どもが親権者を選ぶ!

テーマ:


”ささ”の法律相談
『子どもが親権者を選ぶ!』



親権者を


裁判所による調停や審判により決める場合


第一には、子供の利益と子どもの福祉を最優先に考慮されますが



子どもがある程度の年齢に達している時は


子供自身の意見を聞くことになります女の子男の子耳



年齢別にみると


かお0歳から10歳


子供の福祉を重視して、たいていは母親が親権者になります


かお10歳から15歳


子供の発育状況によって、子供の意思を尊重します


かお15歳以上

子供の意思を尊重します



兄弟がいる場合は


子どもが小さいうちは、夫婦のどちらか一人が全員の親権者となることが原則となります


ただ


てんとうむし子供がある程度の年齢に達している場合


てんとうむしやむを得ない事情がある場合


には、親権を分けることができます。





ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
日本ブログ村 広島ブログ


笹川司法書士・行政書士事務所

当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所 ////離婚相談所
”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談

AD