財産分与 将来の退職金

テーマ:
⭐将来の『退職金』は財産分与の対象になるのか?

退職金も、給与と同様に、財産分与の対象になります

(⏩全額ではなく、婚姻期間に応じた部分のみが対象となります🌿)

しかし❗
まだ退職金が支払われていない場合、退職金が、将来確実に支払われるかどうかは分かりません💦

そこで、財産分与の対象とするかどうかは、
🔹退職金が支払われる可能性の有無🔹
で判断されることになります

✒会社の就業規則に退職金規程があるか
✒会社の規模・経営状況
✒これまでの勤務状況
✒定年退職までの期間

などを考慮して、将来支払われることがほぼ確実といえるようであれば、財産分与の対象とされます

(まだ若く👔、退職金が支払われるのがあまりに遠い将来であるような場合は、認められないこともあります)
AD

財産分与 ”口座の名義”

テーマ:
👨👩名義が夫婦どちらか一方になっている口座

⭐婚姻中に築き上げた預金であれば、どちらの名義であっても、財産分与の対象になります

⭐独身の時からの口座を引き続き使用する場合もありますが、この場合、対象になるのは、婚姻中に増えた分だけで、結婚前に持っていた預金は対象にはなりません

👦👧子供名義の口座

⭐夫婦の収入の中から少しずつ積み立てていた場合は、実質的には夫婦の財産であると考えられ、財産分与の対象となることが多いです

⭐親族からの入学祝い・お年玉、国からの手当てといったものは、子供固有の財産とされ、財産分与の対象にはなりません
AD
配偶者が不倫した場合、不倫相手に対しても慰謝料請求することができます
(※不倫相手に「故意または過失」のあることが要件となります)

《どのように請求するのか》

⭐不倫相手に連絡して直接相手と協議する

⭐内容証明による通知書を送付する

⭐法律専門家に依頼して、代理で交渉してもらう

⭐訴訟する

などの方法があります

一般的には、まず最初に内容証明による通知書を送付する方法が多く利用されていますが📮……

現実には

😩相手が事実を認めない
😩相手に支払い能力がない

など、慰謝料請求が容易には進まないことも多くあります💦💦💦

相手の状況などを考慮して、適切な対応をしていく必要がありますので、内容証明通知書の内容・請求金額などについて

🌟まず専門家に相談されることをお勧めします🌟

AD