学生の就職観

テーマ:

黒澤です。

 

会員の動物病院様にお伺いする中で、

必ずと言っていいほど話題に上がるのが求人採用についてです。

 

新たな人材が集まらない、今いる人材が定着しないなどの理由から、

人手不足に悩まれる病院様がとても多く見受けられます。

 

私が就職活動をしていた頃は就職氷河期の真っただ中でして、

買い手市場での就職活動に苦労したことを覚えています。

 

もちろん業界や業種によっても異なるでしょうが、

売り手市場の傾向にある今は、

買い手の動物病院様が苦労されていることと思います。

 

獣医大学などへの就職説明会への参加、

求人サイトなど求人媒体を活用した求人募集などを継続して行っていく必要があります。

 

ただ、どんなに求人活動を頑張っても、

学生が希望とする動物病院とかけ離れていては求職者は集まりません。

そこで、今の学生の企業を選ぶポイントについて紹介致します。

 

「2017年卒 マイナビ大学生就職意識調査」によると(n=14,782)

 

【Qあなたが企業選択をする場合、どのような企業がよいと思いますか(2つ選択)】

 

1位 自分のやりたい仕事ができる(38.4%、1.8pt減)

2位 安定している会社(28.7%、2.4pt増)

3位 社風が良い会社(17.4%、0.4pt減)

4位 働き甲斐のある会社(16.0%、1.6pt減)

5位 勤務制度、住宅など福利厚生の良い会社(13.4%、1.0pt増)

6位 給料の良い会社(12.8%、1.6pt増)

(以下、20位まで)

という結果になりました。

 

仕事内容はもちろん大事ですが、

福利厚生の充実など、安定志向の学生が増えていることが窺えます。

上記のことは以前から言われてきていましたが、

その傾向が年々高まってきているということです。

 

求人採用をする際に参考にしてみて下さい。

AD