鳥取県米子市で電気自動車(EV)事業開始の準備を進める、環境エネルギーのベンチャー企業ナノオプトニクス・エナジー社は27日、EVの開発・製造に関して、元アウディのデザイナーで、SWdesign代表の和田智氏をクリエイティブデザイナーに決定したと発表した。

日産時代に担当した電気自動車『ハイパーミニ』

和田氏は、1983年武蔵野美術大学卒業後、日産自動車に勤務し、初代『セフィーロ』や初代『プレセア』、EVの『ハイパーミニ』などのデザインを担当、その後1998年に独アウディに移籍しシニアデザイナー兼クリエイティブマネージャーとして現行『A6』、現行『A5』などのデザインを担当、2009年6月に独立し、SWdesignを主宰している。

ナノオプトニクス・エナジー社は、2011年春の操業開始を目指して鳥取県米子市にEV製造工場の設置を進めている。3月に発表された将来構想としては、高級スポーツカーを生産し、数年でセル生産からライン生産にシフトするとしている。地元の企業の部材も積極的に活用しながらEV事業を同拠点から立ち上げていく予定で、2011年度から販売を開始し、2015年度の売上は、約1000億円を目指しているという。

今回、和田氏は、EVの開発・製造に関してのCCO(Chief Creative Officer)としてコンセプトから製品ラインナップの企画、デザインの統括までをおこなう。

記者会見には、和田智氏のほか、ナノオプトニクス・エナジーの藤原洋社長、平井伸治鳥取県知事、ユビテックの荻野司社長が参加。同記者会見において、設置するEV生産工場のITによるグリーン化に関してナノオプトニクス・エナジー社とユビテックの業務提携も発表された。

《レスポンス 椿山和雄》

【関連記事】
ナノオプトニクス・エナジー藤原社長「EVは20年までに3億台売れる」
鳥取県経済同友会・秦野代表幹事「願ってもないチャンス」---EV生産
米子市・野坂市長「先進的な地域になりたい」---EV生産
ナノオプトニクス・エナジー藤原社長「鳥取県には環境エネルギー革命がある」
鳥取県から第四次産業革命---EV生産工場を設置へ

<口蹄疫>行事中止相次ぐ「飛び火」警戒(毎日新聞)
刑務官暴行 「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
「ばかな会合だった」石原都知事は途中退席(読売新聞)
<民主党>公約半分は着手と自賛--集計(毎日新聞)
<普天間移設>鳩山首相、知事会に一部訓練の受け入れ要請(毎日新聞)
AD