盗んだミニバイクに乗って高齢女性のバッグをひったくったなどとして、警視庁石神井署は14日、窃盗の疑いで埼玉県新座市片山、無職、鈴木正義容疑者(29)=同容疑で逮捕=を追送検した。

 同署によると、鈴木容疑者は容疑を認め「不景気で仕事がなくなった。生活費や遊興費のため去年の11月ごろから、ひったくりや置引を始めた」と供述。自宅を捜索したところ、キャッシュカードなどが入った女性物のバッグが約10点見つかり、同署で関連を調べている。

 鈴木容疑者は、東京都東久留米市内でミニバイクを盗んだ疑いで昨年12月に逮捕。追送検の容疑は、同月23日午後2時35分ごろ、練馬区西大泉の路上で、無職の女性(83)の背後からミニバイクで近づき、現金約7000円が入ったバッグをひったくって逃走したとしている。

【関連記事】
22年ぶりに10万件以下に 大阪府の街頭犯罪発生件数
ひったくりを400メートル追跡、確保 京都の女性「足には自信あった」
「パンダ車」で犯罪防げ 大阪・八尾市がパトカー似の公用車導入
ひったくり、余罪50件供述 容疑の男逮捕
トホホ婦警、窃盗担当なのにひったくり被害

<鳩山首相>22億円問題「違法性ない」(毎日新聞)
<人事>財務省(毎日新聞)
派遣村200人超が2万円持ち去りか…支給後に所在不明(スポーツ報知)
新成人が佐世保市長にヤジ「一発芸しろ」(スポーツ報知)
<中央防災会議>被災地生活支援の特別立法を検討(毎日新聞)
AD