湘南・葉山で似合う色探し☆パーソナルカラー診断×カラーセラピーのミヤモトユカ

外見(パーソナルカラー)×内面(カラーセラピー)の相乗効果でカラダもココロももっとキレイに若々しく。
色にまつわることを中心に、G.デザイン/DTP業務、フラのこと、プライベートなことなど、日々の出来事を綴っています。


テーマ:
【パーソナルカラーうんちくシリーズ❻】

「好きな色」と「似合う色」は違うことがあります。

自分が好きな色でも、似合わないケースも少なくありません。「好きな色」を決めるのは自分だけですが、「似合う色」を決めるのは自分だけでなく他人の評価も関わってくるからです。

では、自分のパーソナルカラーを知るとどんなメリットがあるのかはてなマーク

似合う色(パーソナルカラー)を身につけると

$葉山でパーソナルカラー診断☆ささやかな日々の出来事・ 肌に透明感、つや感が現れる
・ 若々しく元気に見える
・ 顔立ちをすっきり見せる
・ シワやシミ、吹き出物やニキビ跡などの欠点が目立たなくなる
・ パーソナリティに合っている

つまり、顔周り全体が調和しているというわけです。

逆に、似合わない色(タブー色)を身につけると

$葉山でパーソナルカラー診断☆ささやかな日々の出来事・肌がくすんで見えたり、赤ら顔に見えることがある
・老けて見える、疲れて見える
・欠点が目立つ
・違和感がある
・不自然に見える

つまり、顔周り全体が不調和を起こしているというわけです。

色は使い方次第で自分の魅力を存分に引き出す強い味方になります。

色をうまく使いこなせれば、人に与える印象を変えることができ、思いどおりに自分を演出することもできるのです。

次回は似合う色の見分け方についてお話します続く
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【パーソナルカラーうんちくシリーズ❺】


パーソナルカラーというと、よく「似合う色を教えてくれるやつでしょ?」と言われますが、少し違います。

例えばピンク。ピンクにも淡いパステルピンクから、ビビッドなフューシャピンク、青みよりのサーモンピンクローズピンク、黄みよりのコーラルピンクピーチピンクなどいろいろなピンクがあります。
$葉山でパーソナルカラー診断☆ささやかな日々の出来事
パーソナルカラーとは、その人自身に似合う色調のピンクのこと。

決して「赤が似合う」とか「緑が似合う」とか、色みを限定するものではありませんし、“赤系の色み”や“青系の色み”しか身に付けてはいけないというわけではありません。「似合う“赤”」「似合う“青”」、つまり、その人自身にマッチするトーン(色調)を見つけ出すことです。
※トーンについてはコチラの記事をご参照ください。
色彩知識イ●色の三属性1/色彩知識ロ●色の三属性2

一人ひとり個性が違うように、似合う色も人それぞれ違います。自分自身に似合う色を見つけることは、自分の魅力をさらに引き出すことなのです。

次回はパーソナルカラーの目的と効果についてお話します続く
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
【パーソナルカラーうんちくシリーズ❹】

色の印象と心理効果の記事でお伝えしたとおり、
色の魔法を使えば、自分をもっと輝かせることができます。

シチュエーションTPOに応じて、
そのときなりたい自分を演出することも可能です。
ほんの一例ですが、シーン別のオススメカラーをご紹介しますグッド!
$葉山でパーソナルカラー診断☆ささやかな日々の出来事


※画像はイメージです。
お借りしています。


シーン1)初対面でも親近感をもたれたい
気分を明るく元気にするや、安定効果の高いを。
は一緒にいる人の心を和らげ、話がまとまりやすくなります。

シーン2)優しい雰囲気を出したい
女性らしいイメージで人に優しい印象を与えるピンク
癒し系のラベンダーがオススメです。ピンク
気になる男性に女らしさをアピールしたいときにも使えます。

シーン3)活発なコミュニケーションがしたい
明るく親しみやすい印象を与えるがグッド。
活発・元気の象徴にも人との交流を助ける心理効果があり、
相手の決断を促したいときにも使えます。

シーン4)印象に残りたい、目立ちたい、自信をつけたい
エネルギッシュで強い印象を与えるがオススメです。
ここぞというダイナミックな行動をするときや、リーダーシップを
求められるときに使うと前向きなパワーをもらえます。

シーン5)信頼を得たい
信頼感や説得力を感じさせるがオススメです。
大事な商談やプレゼンなどのビジネスシーンでは
ネイビーのジャケットなどがよいでしょう。

シーン6)尊敬を集めたい
他人を隔てる距離感を持っているが心強い味方です。
威厳や重厚感を感じさせるも人を動かす力があります。
意志の強さ何かに取り組もうとする心理も隠されています。

シーン7)疲れ顔をカバーしたい
など顔色を明るく見せる色を選ぶことが肝心です。
白シャツやパールのアクセサリーなどを顔周りにもってくると
疲れた顔も明るくなります。

*色はこれに限ったものではありません。

しかし、同じ色でも濃淡や鮮やかさで印象は異なります。
また、好きな色=似合う色ではないことがありますあせる
そこでぜひ活用したいのがパーソナルカラーですビックリマーク

次回から本題、パーソナルカラーについて掘り下げていきます続く

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。