底知れぬ不安

テーマ:
退院してきました。
退院が決まってからの日々は、ただただ不安だった。
約一ヶ月病院で生活して慣れてしまったこと、家での生活が見えなくなっていた事、次入院するときの自分の体のこと、口では言い表せない物に押し潰されそうだった。でも、このまま病院にいるのは違う‼
まだ少し動ける。まだ時間がある。
家に帰ってすることがあるはず。
病院にいたら分からない、家族の支え。
家に帰れば目の当たりになる。逃げてないで見なければ。戦わなければ。
すごくすごく不安だったけど…不安だけれど…。


そして、そして退院した。
週末娘が他府県に大会で出掛けるのを、見送るのに合わせて…。何とか見送ることが出来た。無事に帰ってきた。


まだ退院して三日。
家での生活はまだ借り物のよう。支えてくれている夫は……
言葉にできない。辛くて見ていられなくなるときもある。でも、これが現実。
私が笑っていなければ。
今の私が出来ること。
自分で起きる。顔を洗う。自分で食べる。トイレへ行く。シャワー、着替えは介助が必要。
家の事は、何とか洗濯物を干す、たたむ。
茶碗を洗う。片付ける。食事の準備なんてできない。
そんな中でも、早く慣れなくては…。家での生活に慣れて、少しでも元気に笑顔でいられるようにならなければ…。
今も毎日すぐ不安に襲われる。体がおかしくなるぐらい、異常な不安。
でも、言い聞かせる。もうやめよう‼考えるのは…。もういいよ。時間が勿体ないよ…。もうやめよ‼今だけを見つめよ。まだ考えるには早いから。って言い聞かせている。必死に…落ち着くまで必死に…。

今週土曜日は娘の最後のピアノの発表会。前は諦めていたけど、行くつもり‼
禿げ頭は帽子。酸素をつけて、車イスで…。娘がそれでもいいって言ってくれたので。見に行けることを喜んでくれているので。
そして次は卒業式。私の今の姿、お母さんたち、驚くだろうなぁ。ガリガリでがい骨みたいになって、頭は……それに酸素つけての車イス。ビックリだよね。けど、娘がそれでもいいって言ってくれたので。恥ずかしいはずなのに…。来てくれるだけでいいよって。本当に…本当にありがとう。
強くならなければね。私がもっと強くならなければね。


こうやってブログを打っていても、心はギューッと不安。でも、負けません。
近状報告ができました。なかなか向き合えずにいたので、よかった。
私の暗い話を長々書いてしまいましたが、優しくここまでお付き合い頂いて、本当にありがとうございました。
ご訪問、いいね、コメントありがとうございます。本当に力になっています。
ありがとう。頑張ります!

今日もよい日でありますように。
AD