頭の中身。

テーマ:

この3月で
公演を演らなくなってから
1年が経過致しました。

公演を休止しはじめたきっかけは
体調不良でしたが
当方今はそこそこ元気に
過ごしております◎

Twitter等チェックして下さってる方は
そこそこ元気なのが
日々の呟きから伝わってると思いますので
公演まだ再開しないのか、、?
と思ってる方もいらっしゃるかも。。

実際昨年秋からこの春にかけて
A+E/topazというユニットで
曲を発表したり
SNでも音源を配信限定リリースしたりと
音楽活動は続けていますので
「いつステージ戻るの」とかいうお声が
聞こえてきたりもするし
ライブハウスやお仲間など
色々気にかけて下さる方も
居たりしてね、
とても有難いなあ、、と。



でもなかなか公演しないという。


ちゃんとお話しないとね。
適当にやってるわけではないし、
此処もどれだけの方が
見て読んで下さるのか
見当がつかないけれど
それでも応援して下さっている方が
少しでも居る限り。
Twitterだと文字数あれなので
文章沢山書けるこちらを
使いますね。


気持ちの変化がありまして。
お休みしている間に
ステージに立って表現する、
ということ より
曲を作る、
ということ に今後
重点を置いてやっていきたいなあと
思うようになったんです。

ステージに立ちたい!と思ったら
その時は演ると思う。
絶対もう立たない、
っていうわけではないので
「休止」という表現を
引き続き使わせて頂きます。
ただ今はそうは思えない、ってだけ。

公演が嫌になったわけではなく、
今自分の活動にそれが必要か?
と考えた結果なわけです。





思い返せば
時間を作りチケット代を払い
ステージで自作の歌を歌う私を
見に来て下さる方々がいらっしゃること、
そういう場所があること、
とても有難く
何年も続けていれば客席がそれはもう
ガラッガラの時も有りましたが
毎度応援して下さる方とお話出来たり
新しい出会いがあったり
時には私の歌で泣いている方や
私の影響で音楽初めたって方も現れたり
公演は宝だな。。と
思うことがとても多かったです。

だからこそ気は抜けないし、
中途半端な公演は出来ない。
全エネルギーを注ぐ勢いで
1公演1公演。
それ故に公演当日出番迄の私は
何時だってエコモードで。

昔バンドを組んでた超若手の頃に
よく聞いたお言葉「場数を踏めばいい」も
場数だけ呑気に踏んでいても意味がなく
前回より良い公演を、、!
と心掛けていかないとだし

どんな体調でも死にものぐるいで演ること
には程があり
多少の貧血や風邪程度ならば演れるものの
無理だと断念せざるをえない体調不良が起こりキャンセルをしご心配ご迷惑をお掛けすることが屡々あったり、、。

時間やお金を頂戴してる以上、
どんな状態でも公演を!という
その気持ちは凄く大事なわけですが
這って出ていった末に
結局駄目駄目な公演しか出来ないのなら
最初からしない方が良い、
という考えなのです私は。
だから美学とされがちなそれも、
一概には言えない。



出演依頼があり、
待ってる方もいらっしゃるだろうし
じゃあちょっと出てみようかな!
っていう感覚では
100%超えの公演は出来ないと思うので
(私は、ね。)
公演をするのはステージに立ちたい!と
思えた時しかないなと思っております。





そして今後の展望について少し書いてみようと思います。

*今やりたいこと!
バラエティに富んだ曲を
作れる様になりたい。
そして楽曲提供とかしてみたい。
コラボとかもしてみたい。
私も歌うし他人にも歌われたい。

あーーーー
言った、言いましたよ。
初めて言いましたねこれ。
私の野望。
あまりどうしたいこうしたいとか
口にしないで来たのですが
これについては公言した方が良いのかも!
と思ったので公言するとします。

公演で出会った、
ライブハウスが好きな方々からすると
やっぱり生が良いと思うし
公演しないとなかなか
応援しにくいなーと
思われるかもしれません。
(私も生の良さは重々承知しておりますゆえ。。)

しかし出来ることなら
ネットの中に居る私も
応援して下さると嬉しいです。
またSNの音源も新しく
作っていこうと企んでおります。
MVとか、配信とか。

楽曲製作に関しては
まだまだ甘ちゃんなので
もっと良い曲を作れるよう
お勉強にお勉強を重ね
精進していこうと
思っております、、!



SADISTIC NAIL「訣別」
配信ダウンロードして下さった方、
有難う御座います。
そして「S」MVと
A+E/topaz「苺ミルフィーユ」MVも
再生数じわじわ増えてるようで、
有難う御座います。
支えになっております。

今後共宜しく御願い致します。

ではまた





配信限定ミニアルバム【訣別】
iTunes store /Amazon music/Google play music
レコチョク/mora/music.jpにて配信中!!

1訣別
2S
3有為転変
4アウトサイダー
5ユーフォリア
6共鳴
 
■iTunes store https://itunes.apple.com/jp/album/jue-bie-ep/id1185879503
■レコチョク http://recochoku.jp/album/A1005602256/

 

 
AD

⑥共鳴

テーマ:
 
アルバムラストを飾る楽曲「共鳴」について*
配信限定ミニアルバム【訣別】収録曲の
曲紹介blogもこれで最後で御座います。
 
 

世の中確かなものなんて無くて
皆孤独で。
でも孤独だからこそ
歩み寄ってお互い手を取り合って
生きていきましょう、
という曲です。

サビの歌詞
「止まることなく歌い続ける」は
1st mini album収録の
【ループ】のサビに
「止まることなく歌い続けよう」
ってあるんですが
それとリンクしていて、、、

そう、この曲は
ループの続編なのです。

リリースから5年
経った今でも
歌に対する気持ちは変わらない、
ということ。

【ループ】での
「明日は必然じゃない
未来にも保証はない」も
【共鳴】の
「明日の事は分からないから
手を繋ごう」
に繋がっております。




作曲に関して言うと

この曲は歌詞が優しい内容なので
音も優しい音使いを心がけました◎
シンセも柔らかい印象のものを多用して。

あとは、
SN史上初、
フェードアウトで楽曲が終わっております。



歌録りは、大体いつもテイク少なめにしているのですが
この曲のCメロ以降に関しては
入り込んで、良いテンションで歌えたからか
1テイクでいけましたね、、!
 
 
------------------------------------------
 
さあ
曲紹介blog訣別篇終了!◎
 
このblogで曲紹介を読んで、
少しでも1曲1曲に
親しみを持って頂けたなら
幸いで御座います**
訣別まだ購入してないよーーという方は
是非是非ご購入下さいまし!
 
 
ではまたっ


 
配信限定ミニアルバム【訣別】
iTunes store /Amazon music/Google play music
レコチョク/mora/music.jpにて配信中!!

1訣別
2S
3有為転変
4アウトサイダー
5ユーフォリア
6共鳴
 
■iTunes store https://itunes.apple.com/jp/album/jue-bie-ep/id1185879503
■レコチョク http://recochoku.jp/album/A1005602256/

 

 
AD

⑤ユーフォリア

テーマ:
【ユーフォリア】…多幸感,幸福感
 
 
多幸感溢れるナンバー。
最早SNの曲なのか、
って思われるかもしれない。
ポップで少しジャジー。
 
 
 
友人の結婚ラッシュにより
御祝いの席にお呼ばれする
機会も多々あったりもして、
それに感化されて書いた曲であります。
SN的、ウェディングソング。
 
花嫁の気持ちは
きっとこんな感じだろうと。。
私は実体験、というか
自分が実際に思ったこと感じたことしか
歌詞として書いてこなかったのですが
今回初めて想像で書きました。
 
歌録りして暫く置いてたら
歌詞が何か違うな、、ってなってきて
書き換えてまた録り直しして
結局最初の歌詞から
半分以上は変えましたねー、、
 
 
「決めるものではなく
自然なものだとわかってきた」
という歌詞。
 
昔は一生添い遂げる人を
決めるなんて凄い事だな…とか
思ってたのですが
 
幾度と御祝いをしたりとか
私自身も大人になっていく中で
そういうのって”決める”っていうものでは無くて
”自然にそうなっていく”ものなんだって
気付いたのでそれを書きたかったのです。
気持ちが自然とそっちへ向かっていく、というような。
 
あとは
サビで「心に近い指封じた」って書いたのですが
薬指は心臓に一番近い指とされている、っていう情報を
ネットで見て
だから左手薬指に結婚指輪するのか!!と納得。
素敵だなーと思いました◎
 
 
ではまた

配信限定ミニアルバム【訣別】
iTunes store /Amazon music/Google play music
レコチョク/mora/music.jpにて配信中!!


1訣別
2S
3有為転変
4アウトサイダー
5ユーフォリア
6共鳴

 

■iTunes store https://itunes.apple.com/jp/album/jue-bie-ep/id1185879503

■レコチョク http://recochoku.jp/album/A1005602256/

 

 
 
AD