藤原明莉 **Hippie my Life**

●◎藤原明莉のブログ◎●

前向きに更新中ッッ!!!!
出演情報などもこちらで確認できます



$藤原明莉 **Hippie my Life**







ハート近況情報ハート





TV





10月6日(日)21:00~23:00テレビ朝日


スペシャルドラマ「事件救命医~IMATの奇跡~」





行員役 出演








MOVIE





「おー!まい!ごっど!」


林 実空役




$藤原明莉 **Hippie my Life**






9月1日(日)韓国 光州映画祭にて上映


去年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映





(正式上映は冬を予定)











STAGE





10月19日(土)


イベント出演 @R'sアートコート


詳細未定







2014年 3月


舞台出演 予定











CREATIVE





・舞台演出


12月25日~29日@シアターモリエール


musical「34丁目の奇跡」








SONG





パチスロ「七色未来」 ボーナストラック ヴォーカル


オープニング曲 七色の欠片


エンディング 曲 帰り道





各着うたサイトなどでDLできます。





本作に、保健室の先生役で声出演もしています。





$藤原明莉 **Hippie my Life**














ハート過去情報ハート


しばし。。。










テーマ:




あけましておめでとうございますー!!!!


だいぶたってるww



毎年、年末年始は少しバタバタするのですが、今年は年始2日お休みで、まるっと二日かけて大掃除に励みました。←これ年末にふつうやるのにね。


すっかりキレイになった机の上。
今年はとにかく
ホコリを積もらせない!!!!


勉強たくさんするつもりー!!!!



やっぱり気持ちが生まれ変わるから、
新年のはじまりってとっても大事ですよね。


年末は、たくさん
お世話になってる方々に会えた。












会ってちゃんと
今年はありがとう
来年もよろしくね
って言えたら一番ですよね。


初詣はやはり1日に。

いつもの明治神宮へ





日付が変わって最初に口にしたのは
おビーでしたw





年始らしい
おしごとをたくさんやらせてもらって



お着物着たり

書き初めしたり
(これはわたしの字じゃない!!)




ことし初の山登りもしてきました!!
御嶽山に!






雪道で2回も転んで足の半分が青アザになってますが、←だめやん


山頂のチョコとコーヒーは最高!

下山後温泉と、お酒と焼き鳥を楽しみましたw


ガーナの回し者かのような笑顔




わたしの今年の抱負は
「素直」と「強気」です。

あくまでも素直に素直に
誰とも真っ直ぐに素で関わっていきたい。

そして、強気でいきます。
どんどん挑戦していきます。
そして学んでいきます。


今年は既にとても楽しみなお仕事がいくつか決まっていて、さらに自分でも実験を色々やってみようと思ってます!


2017年
みんなが2016年を越えていこう。
そして、もっともっと知っていきましょう。


ことしもみんなが
素敵なことをたくさん引き寄せますように。


スイッチを切り替えよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




行く年 来る年
とうとうの2016年のおわり


あっと言う間だったけど、
いつになくゆっくりできた年末。
とても良い1年でした!


色んな人とちゃんと向き合えた1年な
気がします、総評すると。

勇気を持ってこれからも
生きていこう!!



今年一年。
世界中の皆様
ありがとうございました。

どこかで繋がってるみなさま。

また来年も
宜しくお願い致します~

もっともっとできることを増やして
できないことにも挑戦したい。

転んだら起き上がる。
たくさん笑おう。


来年。
わくわくするね。



良いお年を!!
大切な人と大切な時間をお過ごしください。

また来年会おうね~



2016*12*31 藤原明莉
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




新潟の大地の芸術祭にて
絵本と木の実の美術館を探検中。




2階建の旧校舎は隅々まで工夫されておりました。




虫を食べる植物
みたいなやつ


食べているのは虫か?!




壁に貼られたポスターに
じーんと勇気をもらえました。









明日は春





カフェはゆったりしていて
地元のおかあさんがキッチンに。






クロックマダム。
むちゃおいしそ





まどの外にはグリーンマンが!
こっち見てる。






しかもこの子利口で、
自分で自分にミストをかけています!




かわいいww


企画展示もあって
この時には 見えないいと 展






これは
かぶるタイプの万華鏡で、

天狗にしか見えないけど、、、





中ではこう見えてる。





学校まるごと、美術館。

最近、アートイベントがいっぱいあるけど、都会にポツンと展示されたアートってどうも面白くなくて、やっぱり環境と合ってないと って思っちゃう。

こういうところでしか堪能できないアートだなぁって。


だってこの環境だもん~





最高でした!!!!




で、帰りのバス停こうだもんね。





最高か!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




新潟の大地の芸術祭にて
絵本と木の実の美術館を訪れたときのことを振り返っております。




教室から教室への移動にも遊びが。





わくわく。


さあ、絵本と木の実の美術館だけあって
絵本と、木の実です。

木の実がたくさん使われている
この美術館。





うんうん。






ふむふむ、



あ!どんぐりの帽子!!!だった!!







といったかんじ。





ストーリーを想像しながら見てまわるのがたのしい。



アリスの世界のような






たまらず床にゴロゴロ。
真下から真上の作品を見上げるなんて
普通の美術館じゃできないもんね



ここは子供の目線になれるのだ




誰にも監視されてないのもすごい。
美術品なのに。


さてここは何室でしょう。




みんなが太鼓を叩きます。


手前の自転車をこぐと
太鼓をたたくからくりになってるのです。

でもここ、

保健室ですからーーーー!!!!
ざんねーん!!!






さぞ音楽室だと思ったことでしょうw


なぜに保健室で太鼓やねん


というのはご想像にお任せしますw







じゃ、音楽室はどうなのよ?

というと





音楽室には音楽室で
ちゃんとカラクリオルゴールが!!!



こいつがまた面白いの。

ピタゴラスイッチでしたね。





いろんなものが
よく見ると面白くて





いっこいっこ
じっくり観察しちゃう








43年12月  お汁給食開始♪



学校って場所がそもそも特別な場所でしたよね、ほんとに大人になってから思うのもう一度学校で勉強したいって。

勉強だけではなくて

学校ってスペシャルなことばかり起きる場所だから学校にもう一度通いたいなぁって。


水道にいたずらしたなぁ~

屋上で授業サボったなぁ~

早弁したなぁ~

廊下ダッシュしたなぁ~


むっちゃ楽しかったなぁ~学校




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





新潟の 大地の芸術祭にて
絵本と木の実の美術館を訪れたときのことを振り返っております。


時期は7月だったかな?
まだ本格的に芸術祭がはじまる前の時期なので、まあ雨もあるかもだけど、お客さんはわたしの他に一組の親子のみ。


こんだけ自由に写真が撮れたのもシーズンオフのお陰で、やっぱりアートは人にもみくちゃにされながら見るもんじゃないしね、ラッキーだった。


学校の天井を這うような
みんなの残像を追って 立体絵本を進みます。










ひんやり、しっとりした木の床を裸足で歩くのが気持ち良かった。






女子更衣室がすぐ上にあったのだけど、




中にはさっそく
あたらしいナニカが住んでいました。





手の長い
目と口の大きな子がひとり。
ちょっとさびしそうに。


みんなの教室に延びていくのと
壁を突き破ってるのとある











教室の中には
みんなの大好きな先生の似顔絵。




うみさき先生
明るそうで、なんだろうすごーくボインに見える。小学生の目だねww



そして
学校の在校生。





3人の生徒です!



細かい所まで。

そして、この空間。
すべてが美術品でありながら、すべてに触れられる距離で体感できる、その世界の中に存在できるのが面白いなぁ。






そして、生徒の他にも、、、、

実はお庭に飼育されていた
ヤギのユキちゃんがいるのです。

本物だよぉ

これ、キュンとした!





教室の後ろの棚には
置き去りのグローブやサッカーボール。


あー、
あんなことやこんなこと


キュンキュンが止まらないのです。

好きな子に意地悪しちゃったり
わざと可愛くない態度取ったり

友達と手紙を回したり
うわさ話したり


キュンキュンがとまんねーぜオイ

けんたはどんな顔してたのかな。




隣の教室は
すっかり植物が支配しておりました。





とにかく
迷路を回ってるようで
わくわく。
子供に帰っておりました。

ここはおとなの為の美術館なのかなあ!



そして
となりの教室へ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





夏に新潟に行ってきたときの
素敵なところをご紹介します~


去年、佐渡島に逃避行してたとき
帰りがけに新潟に寄って
大地の芸術祭を堪能しましたが、

今年も、泊まりで大地の芸術祭に行ってきました~!


だーけーどー、、


二日目は生憎の雨~だったのでした。
結構バシャバシャのやつ。



雨の中
行ったのは 絵本と木の実の美術館。

こういう、地域の芸術祭は、本来 車で回るべきなんだけど、わたしはバスだから、山の上までバスを乗り継いでで、結構大変なんだな。






山の上に廃校になった学校があり
そこを利用し 立体美術館に生まれ変わったのが、


絵本と木の実の美術館。



その情報だけで興味がすごいよね。
わくよね。



この美術館は
体育館から入ります。







やりぬく子。




入り口から入るともう別世界。






なんじゃなんじゃ~!!

















そう。↑読んだらわかる。





ここは空間絵本で、
ストーリーがあるのです。


廃校になった校舎にはまだ学校から出ることが出来ない在校生がいて、
彼らの思い出や みんなの魂が残像のように箇所箇所に違う形で表れているの。

わたしの主観もだいぶ入ってくるけど、





正にこれだ。






学校はカラッポにならない。




わたしこの言葉にビリビリビリッてきたの。


たくさんの子供たち、大人たちが過ごし、関わり合っている空間 「学校」。
誰ひとり居なくなったとしても
そこに足跡や残像はびっっしりとこびりついているに違いない。
笑い声や、足音は空間に居続けるに違いない!!
床の汚れや、机のらくがきに残像がはっきり残ってるに違いない。

学校はカラッポになるなんてことは絶対ないんだ。


血の通った空間ってこういうことなんだなぁぁぁ


そしてこの入り口から正に

ものすごく騒がしかったであろうこの体育館の残像と、自分の記憶の中の体育館の思い出とがぶぁああっとリンクして、
なつかしく。ちょっと物悲しく。とってもどきどきする。学生の頃にワープするのです。







わたしはすでにこの物語に入り込んでしまったようです。
体感する美術館。


とびきりわたし好みでありんした。




すごく細かいの。

元々あったものなのか、
足したものかわからないかんじがいい。










そして
みんなの残像たちが
学校を案内してくれます。







はじまりはじまり~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うっそ。1か月以上も書いてない。
おおおおお。


時間てすぐ過ぎるー
恐ろしい。
おぞましい。

を体感。





まっさきに、
今かなりモチベーションが高いということだけ、自信満々に言いたい。すっっごくモチベーションが高いです。声高らかに系。

ただ、どうも、モチベーションが高いだけである。

「根拠のない自信」
みたいなやつ。

根拠はないんだ、みたいな状態。



中身はない。
けど、モチベーションそのものだけが異様に高いのだ。
よくわからない、自分でも(笑)


なのに、ブログは書かない。
謎の行動。





モチベーションが高いけど、
インスピレーションが足りない!

ってことで、
しきりに人と会っています。
気持ち悪いほど、久々の人にも
「会わない?飲まない?話さない?」
としつこく連絡するわたし。

どうか
逃げないでほしい。


この人と話してみたいって人を手当たり次第に連絡して捕まえて 話会を開いてます。
すっごく有意義な時間です。


さし飲みでしか聞けないような話。
その人の人間味に触れてる感じがする。

年末だからって訳じゃないから、
これからもチマチマ インスピレーション探しに声かけます。

淡々と日々が過ぎると
付き合う人が決まってきちゃうもんね。




あたらしい。
頭。心。を直に感じたいなぁ、

そこからもらう
新鮮な情報やインスピレーションを

ふわふわしてる私のモチベーションに一個一個繋いでいきたい。
そういう時間だな、年末から春先までは、と思っている。



秋口はわたしすっごく素敵な時間でした。


これからの未来がキラキラするような
わくわくが止まらない素敵なプロジェクトに出会えたり、


自らあたらしい挑戦をしたいと、立ち上がるきっかけになる運命をビビビッと感じる瞬間があったり、


また別の視点からパフォーマンスに携わり、自分を磨くべくチャンスがもらえたり、


人との関わり合いや愛情表現を
いろんな角度から受け取って、そこにどう自分なりの答えを見出だせるのか考えてみたり、



とても良い時間だった。
良い一年だった。


あ、思わず振り返っちゃった!!!


そして、たくさん刺激を受けてる中


それと同時に
自然に触れたい気持ちも強まってて


ふと
先日サイクリングした、本気目のw


秋を探しにいく時間。




秋の色はやさしい。

というより、もう冬の色だね。

カサカサと音をたてる様変わりした葉っぱ。





春を待ちわびる姿。
本来の木 そのものの美しい生命線。





深いシワに
みどりの化粧。




歩むという字は
少し止まると書く

少し止まるから歩むことの意味を知る。






自然の中にいると
私の身体から生命力がざわつく感じがする。

とっても大事にしてること

自然の中に身を置く。


この中でしか感じられない
自分の強さや弱さが ありのままのわたしなんだと思う。

冬は寒いから特にね!!!



そーいえば!


最近、趣味という項目にランクインした

あみもの。


お店でほしいなぁと思ったニット帽が
7,000円だったから、作れるやろ!


と急に使ってないマフラーをほどき、
その毛糸でニット帽を作成!






すぐ3つも作っちゃうって言う
極端だよね。←これよく言われるフレーズ


しかも、割りと欲しかったニット帽に近いものができてるというwww


しかもこれ、編み棒がなくて、
えんぴつ2本で編んだんだ。



わたしって、
おばあちゃんか。


何はなくとも生きていけるタイプ。





もうすぐあっちゅーまのクリスマスなんだけど、

わたし、一足早くクリスマスを過ごしてしまった感じがして、、、


11月イベントで
トナカイに扮したので、、、





ゆかいな仲間たち。




だから、なんとなく
クリスマスとか今ごろ?って感覚になっている残念な奴す。


トナとアメリキャン





そういえば、結構早い段階で雪も降ったし。




うちの方は結構積もったの。

こうやってみるときれい。
降ってるときは

あーッ!!!
って思っちゃうんだけど、
大人になった証拠だわ、

雪そのものに感動できず、
雪が及ぼす影響を先に考えちゃうの





年末だから、
徐々に一年を振り返って、
いろいろ納めていこうと思います。


納めて、来年に向けてふんばる。


来年は素敵なことが
すでにたくさん予定されてますww





だけどまだまだぎりぎりまで、
今年を躍り続けますよ~ん



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Luna Rossa 終演からちょっと怒濤の日々でした、、、

いや、、わたし的に怒濤の日々でした。


薄々お察しいただきたいのですが、
結構 立ち回りの下手な生き物で、
バタバタし出すと、大分周りを巻き込むんです、今回も、連絡が滞ったり、
まぁ、色々滞ったりして迷惑おかけした方々がいたはずです、すみません!


そんな感じで、
やっと少し自分の時間が持てそうなので、
やっとブログを書いたりしてるわけです

しかも半身浴しながら

どうだい、このゆとり!(笑)


極端ですわ


明日は土手に寝転びながらブログを更新したいものです←何をアピールしたいやら



Luna Rossa の写真とかもいっぱいあって、舞台を見てくださった方々に紹介したいんだけど、とりあえず怒涛だった日々に感じたことを一旦整理して、あしたからまた別の日常に帰りたいと思います照れ
そこからゆーっくり過去を振り返ったりしたいですね、土手に寝転びながら。




とか、ゆーても
明後日から子供向け舞台の地方公演がチラチラあるので、あまりのんきにはしてらんないのだけど、、、。
いや、ほぼのんきになんてしてる暇はないんだと思うんだけど。むにゃむにゃ


しかし、ちゃんと立て続けにこうやって、
表現できる場があるって
幸せだなぁ、当たり前じゃないなぁって
今一度じんわり感じてます。

じんわり汗もかいてきました。(半身浴中)





Luna Rossa が終わってからのわたしは、
千穐楽の次の日に前乗りして、、つまり打ち上げで朝まで飲んだその日の内に前乗りして、、、翌日から地方で子供向け舞台の本番をやってました!





朝、7:30から仕込みで
10:00から本番一回目。
13:00から本番二回目。

やばいでしょ、
会場には元気の有り余ったキッズがぎっしりなのです。


この光景や、ここの現場は大好きなんだけど、、(一年通してのお仕事なの)

心配事は、、
前日まで、体売ってた女(役柄デス!!!)が
子供に素直な気持ちで笑いかけられんのかい?ってこと。


前日までのリツ子はん




しかし!!!!

そんな心配事は、吹き飛びました。
子供の反応はやっぱり心を洗ってくれますね!!!!しっかりすっかりと!!!
半端ないぜ!


しかも、リツ子の甲斐あってか、
むしろ今までより良い芝居できました(笑)


いやはや、びっくり。
たぶんリツ子さんに苦労した分、表現する基礎パワーが底上げされてたんだね。


いままで1が出たんだけど~って
思わず仲間に言ったくらいっすよ、


とにかくピュアーな気持ちで舞台上をいつもより軽やかめに走り回りました。


ただ、メイクはちょっとだけ
リツ子が残ってアイライン長めでしたw





そして、そっからまたバタバタし出すんだけど、次に月末にハロウィンのイベントを控えていて、そこに向けて忙しくなってゆきました。
去年メインMC をさせてもらったのだけど、今年は企画にまで頭を突っ込んでいて、3月くらいから動きだし、打ち合わせを重ねて来たイベントで、思い入れが有りすぎる割りに、直前ごろから舞台続きで穴を開けてしまった感じで、だから余計に後半詰め込んでどどどっと疲れたイベントになりましたw

疲れたって表現は雑ね。
やりきった!って感じです正に。

いろいろ、自分でも模索したし、
いままで自主企画や、舞台演出なんかもそれなりにやって来てるけど、また違う目が必要な現場でしたここは。

マーケティング力が必要な現場。


そこがまた勉強になったなぁ、ひとつ。


最低限の見栄方や、需要のある企画。
やりたいことやりゃいい訳じゃない。
ただ面白けりゃいい訳でもない。
でも制限もいろいろ出てくる。


その中でどれだけ熱いことできるか、
思いがあるものに、お客さんを巻き込めるか、それが面白かった、本当に。

きっとこれからもっと
こういうことにも興味をもっていくんだろうな自分はって思ったなあ。


何ヵ月か前に本屋で立ち読みしたマーケティングの本がガシッとここに繋がってる気がした。


ハロウィンにはわたしの知り合いにも沢山協力、出演してもらいました!



ダンス出演の
右からまいちゃん、naoちゃん、のりぴ、みやえりちゃん





臨機応変過ぎる対応に涙出ますマジに。
楽しかったダンスタイム!



パントマイムのお兄さん金子しんぺいくん






パーフェクトに出来すぎる、どこまでも良いやつでした、助かった!!出会いに感謝。



マジシャンのマルティーノ!




すごく優しいイタリア人で無理難題を笑顔で引き受けてくれた凄腕の子供に人気のマジシャンです!xoxo!


それから、最強スタッフのみんな。





あとは、一緒に1から考えた、いろいろ任せてくれた相方の上司に。xoxo!!!


むちゃくちゃ楽しいイベントになりました!!
ぐったりだけど、未来のある企画になった。
わたしも子供たちと過ごした一日、最高に楽しかったです!!
去年の倍のお客様にも結果参加してもらえました。
うれしい。


仮装はね、直前にバタバタ決めたんだけど、タイガーリリー風のインディアンにしました!
結構頑張った(笑)





そんな感じにハロウィンが終わりましたぁーぎゅぎゅぎゅっと。






その後は数日後に控えた、
お稽古をしてる日本舞踊の発表会公演に向けてお稽古お稽古の日々。

バタバタのピークですここ。




発表会といえど、
やはり公演は大変で、

躍りだけでなく、いろいろバタバタしました。




でもやはり
日本の文化っていいなぁって思った。


挨拶の仕方も、所作も
なんかこう、そっと美しい。


そしてはじめての日本髪!
自分の髪の毛で!!!
感動~!
嬉しい~!

なんか、すっとする~



日舞をそもそも始めるとき紹介してくれた加藤さんと。




なんだろう、先輩方からも
平塚らいてう先生って呼ばれる貫禄(笑)

我ながら昭和顔。似合っちゃいますw


そして、先輩から
「この人は変な色気がある」と誉め?られてここにもリツ子が生きてるなぁと感じました。

和服、本当に好きになりました。
せっかく着れるし、持ってるのだから
和装でお出かけ、したいなぁ。




日本舞踊公演、無事に終わり、
やっと一息。


またすぐはじまりますが、
一旦、わーーーっと駆け抜けた!




その間ひさびさの友達と朝まで飲んだり、
いつもいつも、私をそっと見ていてくれる大事な友達。

こうやって、高校から仲良しだけど、
すっかり大人な話題。
不思議だなぁ、

まだ結婚できそうにないメンツでしたw





ハロウィン後、金子くんのソロ公演を見に行って、パワーもらって、
フレンチカレーと赤ワインw
で上司とプチ打ち上げ。





友達と語ったり。
ここのシェイクおいしい~!

顔の作りの違いに驚愕。






とにかく愛を、すべてに愛を感じて、
自分も愛を注いできたような夏からの怒涛の日々。


とりあえず、
落ち着いたら、山に登りたいです。
ひさびさ、自然の中にいきたい。

思いっきり深呼吸したい。


まだまだ年末まで駆け抜けますよ~

へい、みんな、そこに愛はあるのかい??




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
舞台『Luna Rossa』
全日程、全員で、無事終演致しました。


少し遅いお礼になってしまいましたが、
ご来場下さった、
それこそ全国のお客様。

本当に本当に
ありがとうございました!!
心のこもった拍手や、笑い声がいつもモチベーションを上げてくれていました。
本当に本当に
ありがとうございました!!





一ヶ月半積み上げてきたものが、
どんな風に伝わったか、ひとりひとり聞いてみたいと思うほどに、この作品はきっと考える余韻のある作品だと思います。

あれは、どういうことだったんだろう、
あの後、どうなったんだろう、

役者の中でも解釈は様々です。


物語はこうやって、人の手に渡り、その人にとっての価値に変わるんだなぁと、今回私は勉強しました。


なんとなく、もやもやしている事を
数人の出演者に相談すると、それぞれの解釈でスッと新しいものが返ってくる。

それがとっても気持ちよくて、
この作品の面白さのひとつのような気がしていました。

誰かと擦り合わせる答えではなく。
個人がじわっと感じれば良い。


あくまでも、あの場所で起きた僅かな時間にすぎない。
まだまだ果てしなく時間は流れていくんだぁ、、、


その感覚は
舞台を作る過程にも重なって、
色んなことが起き、転がって、結び。

あの時間を本当に体験するけど、

当たり前のように、永遠に止まっているわけにはいかない。


寂しさや、思い入れを連れて
次の時間に歩き出している自分や、みんなの姿こそが現実で、同じようにあの舞台上に流れてた時間もすごくリアルな時間なんだって思える。

まだまだずっと13区でリツ子は続いてるんだろうなって。
みんなずっと生きてくんだなぁって。



語り出したら止まらないほどに今回書きたいことがいっっっぱいで!
言葉を書くための時間をとらないと隙間時間じゃとてもまとめられない。

でも、どんなに長くなるかわかりませんが、書きたいだけ書きます。
途中休憩挟んでください、どうかw

自分が思ったこと。
しっかり残したいって思います。




面白かったなぁ
振り返っても稽古場からほんとに面白かった。





そもそも
わたしがリツ子という役を当て書いてもらったことがおもしろい。


この作品当て書きなんですよ。
※役者に合わせて作家が役を書くこと


藤原明莉を知る人は
誰もわたしにあんな役を当てはしないとハッキリ思うもの。

自分だって、見たいと思わないもの←ゲロー



作、演出の 金房実加さんとの出会いは
数年前に出演した、農業系ロックミュージカル『いただきます!』という作品でした。





わたしがオーディションで取られた理由も『農家感』←なにそれ、

でも、わたしって本当にそこの素朴な感じが強みで、作品の中にはキャバ嬢チームが出てくるんですけど、キャバ嬢感の欠片もない私はとにかく最後まで『あかりがいると農家の空気がリアルになる』と誉められた←のか?  ものです。




あ、農家感、、、




実加さんの作品の言葉のセンスがとにかく好きで、いただきます!の時、こんなに笑える本見たことないって思ってました。
もちろん、笑えるだけじゃなく作品全体の温度というか、絶妙で、惚れ込みました。


わたし、ちょっと塞がってる時期があって
なんだかエンターテイメントに対する思いが薄れていた時期があって、何もかも面白くないって感じてたとき、思い立って一人ニューヨークに飛んだんです。


これが初海外、初一人旅だから
我ながら無鉄砲だなと思うのだけど、

ニューヨークで滝のように浴びたエンターテイメントたちがあまりにも刺激的過ぎて、31にもなる女が(←当時)誰も知らないニューヨークの街中でわんわん泣きました。
身体の内側からぐんぐん込み上げてくる感情を我慢できなくて、泣きまくりました。

感動した、というより。


自分が少女に返ってた。
お芝居という華やかな世界に心奪われて一心に夢見てた少女の頃にすっかり返っていて、エンターテイメントの本当の美しさをみた気がした。


もう、わたし大丈夫だ
って思った旅でした。





毎日とにかく、自然体でいれたあの時間があって、少しだけモチベーションが変わった私は、東京に戻ってからも お芝居とどう付き合っていこうか考えました。
あたらしいことにチャレンジしたい気持ちが生まれていたので。

それから、
まず、自分が自然体でいれることを重要視しました。
健やかな身体で、心でいること。
そういう生活をしていたい。

これは、ニューヨークの人たちがすごくヘルシーな生活を送っていたことに刺激されて、体を動かすこと、外に出ることが大好きなニューヨーカーたちが、身も心もとても澄んで見えたから


わたし自身も
時間の使い方、体と心の置き方を大事にする時間をちゃんと取ろうって思った。

で、
一ヶ月、佐渡島で生活してみたの!






この辺も
なかなか無鉄砲が過ぎるのですがww


島暮らしは思いの外自分に合っていて、
出来るだけ外に出たし、体を動かした。

食べるものも良いものばかりで

毎日温泉に浸かった。



島の人たちとの触れ合いが、いままで生きてきて感じたことないくらい温かく。
ひとりじゃ何もできないって思い知ったし、誰かを頼る勇気も身に付けた。

太陽と共に目を覚まし、
風の臭いや虫の声で天気を読むようになった←結構すごいと思う。


それで、最終的に驚いたのが
自分の良いところを知ったってこと。

東京にいて、いままで、嫌な自分ばかり目について、評価を恐れて人と接してた気がするけど、


佐渡にいる間、たくさん
自分の良いところを知れた。
これは面白い体験でした。

体と心が本当に健やかだと
濁らない目で物事が見れるのかも。






佐渡で、伝統芸能にたくさん触れたことで、東京に帰ったら、何か日本を表現する人になりたいなぁとぼんやり思うようになって、とにかく面白いと思えることをやろうって決めた。


で実際帰ってみて
まず、目についたのが
実加さんの作品だった。



あ、これ受けよう。
ってすんなり思ってオーディションに行きました。



Luna Rossa の前にも今年は3本舞台に立たせてもらって、やっぱり忙しさの中、舞台が当たり前に感じてしまう瞬間があったんだけど、

Luna Rossa が始まってから、
そんなマンネリ化はすっかり消えてました。


顔合わせで、初本読みをした後、
自分の役があまりにも自分っぽくなかったので、実加さんの元へ

「なんでわたしにこんな役を?」

実加さんが言ってくれたのは
「見たことないあかりが見たいと思って」


ものっっっっっそい!嬉しかった。


スカッとした気持ち。
もう、頑張るしかない。



まぁ、すっっごく大変だったけど。

ネット検索ワードが
「娼婦」「売春婦」「たちんぼ」

わたし、大丈夫か?

図書館で「エロスの心理学」みたいな本をかりたり、動画見たり、

ちょっと詰め込み方がヤバかったかもしれん(笑)


とにかく、参考にすべきものを漁りまくったのと、本気のジム通い。



※の割りにイマイチ痩せなかったのはご愛嬌てことで、、、


それと、タバコの練習。






   ↑
わたしって昔から極端な取り組み方するヤツなんです。


一ヶ月で、やれるだけやってみようって思った。



実際稽古中あんまり方向が見えてなくて、
同じシーンをやるリク役のつっきーと、もやもやして過ごした時期がありました。
つっきーとの絆は深まったけど!






稽古も終盤に近づいて来て、
ほんとに色んな先輩方からアドバイスをもらって、とにかく全部しっかり聞いて必要なことをチョイスしていこうって思って、自分からもたくさん声をかけて人の意見を聞いてみた。

このときたくさんみんなへの
信頼が増したんだなぁって思う。
みんな本当に愛のある意見をくれた。


作品が仕上がるにつれて、
リツ子への愛が強まっていった。

この人はどうしたら幸せになれるかなぁって。




女子は感情の生き物だから、
例え役を演じてるとしても、その役を演じる自分の状態がすごく作用してしまう←わたしはすごくこれがあるタイプ。


割りきれない思いというか。
役が幸せになるために、演じるわたしが本当にしあわせを得ないと、落とし前がつかないというか。

出来るだけ舞台上で嘘をつかない為には
いろんな方向からのアプローチが必要で(ややこしい話になってくるのですが、わたしはそういうタイプの女優なので、もやもやしたまま芝居できないんです)


アンナはとても難しい役だから
亜美はどんなふうに思ってるんだろうと思い、亜美に聞いてみたことがあった。
(実は時々アンナの代役をやっていたので)



お芝居って嘘の世界だけど、
そこで生きてる時間は本当だから、

その時間は本当にわたしが存在してるわけで、、


舞台がとても好きなのはそこです。
紛れもない、違う世界のリアルを生きる時間。が堪らなく儚くて愛しい。



苦しいなかで、亜美が導いた答えが舞台上にのってたんだろうな。
裏にいても伝わってきた。
亜美に、アンナは苦しくない?その中の亜美は苦しくない?って聞いたときの亜美の顔が忘れられない。
亜美が立派にアンナを成立させたことが、とても誇らしいし、かっこいいって素直に思う。







リツ子に関しても、、
リツ子をあまり幸せな女に作っていなかったわたしに、大きな転機がありました。

ある、本番後共演者の先輩annaさんとご飯に行ったとき、何気ない会話の中にリツ子が幸せになるヒントがふと現れました。






物知りで、的確なanna さんが教えてくれた新しい道筋が、もう、ドンピッシャーーーーーンって私に雷を落としてくれて

「リツ子が幸せになれるよぉぉ」
って泣きました(笑)

ガラスの仮面みたいな、ピシャーン!眼球抜き!みたいな、すんごい衝撃。

annaさん、本当に救いの御子。

持つべきものは愛のあるすてきな先輩。
って本当に思いました。

泣きながら頭のなかでリツ子を整理。

大筋や、芝居が大きく変わることは無いけど、心の在り方が実は途中から大きく変化していたのです。

生の舞台だからこそ あり得ることで、
もちろんその前に演じていたリツ子も紛れもなくリツ子なので、前半に観に来てくれた方、どうか気を悪くしないで。

実際、見てる側からはわからないくらいのもので、わたしの中での心の支えというか、そういうものが出来たということです。


届きそうで届かなかったところが
うっすら肉眼で見えるようになって、
より一層、リツ子を、あの世界を、愛せるようになりました。


本番が始まってからも、それぞれの役について話したりする時間がたくさんあって、みんなの役への思いとか、作品の見方とか、本当に芝居のことだけをただただまっすぐ考えてる時間が続きました。


幸せだなぁって
噛み締めてた。


あからさまに身体は正直で、
目的や意思がハッキリしてるからか
毎日シャキッと目が覚めた。

ベロベロに酔った翌日も
泣いた翌日も

スッと目が覚めて、早く家を出て
劇場付近で、時間を過ごしました。


ほんとに、藤原の性質上、どれだけ寝れるかで生きてるくらいのわたしが、
こんなこともいままで、無かったんです。

身体と心がまっすぐ作品に向いてる証拠だと思った。



そして、
こんな思いがいっぱいだった作品は
たくさんのお客さんのもとに届きました。

再演や、映像化、続編を期待してくれる声も多くて、たくさんの方が作品を深くまで読み取ろうとしてくれてることが嬉しくて、自分が思ってる以上にお客様は賢くて、心が豊だって反省した。

役者の仕事は最大限の表現を整えて、お客様を迎えること。



ほんとうに、成長できた現場でした。






終演後、実加さんから、見てはいけないあかりを引き出してしまったような(←良い意味で)というメッセージをもらって、

わたし自身
新たなわたしがぐいぐい前に出てきてるような実感がちょっと面白く、恐ろしくもあります(笑)


今はちょっと開放されてる自分を伸ばしてみてもいいのかもみたいな気分。


さて、
最後に、このカンパニーに出会えたこと
スタッフの皆様含め、一人残らず愛しかないです。
全員の大好きなところを語れるくらい、みんなみんな素敵な人でした。


いろいろ、、あったけど、

決起会で打ち上げバリに盛り上がれる
稽古場で臆せずガンガンネタをぶちこむ
どんなシーンも全力を尽くす
お互いを大好きすぎる
このメンバーが本当に大好きです。


この出会いと、経験をしっかり生かして、
もっともっと力のある俳優になれるよう、とにかく前を向きます!

本当にすべての人にありがとう。



千穐楽での
スタンディングオーベーション

本当に嬉しかったです。
長くなりましたが、わたしのLuna Rossa への思いのすべてです。


またきっと
お会いしましょう!


リツ子=藤原明莉




※ことりっちとゆうがかわいい(^^)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
あーーーっと言う間に
10月が来て、そしてすぐに本番がきてしまいそうです。


毎日、舞台『Luna Rossa』の事しか考えてない、とにかく1色の日々。

実際、やらなきゃいけないことや、考えなきゃいけないことをそっちのけて、『Luna Rossa』に染まりたいという強い願望で、ここしばらくは成り立ってます、私が。


作品のテーマは
簡単に表現できるものではなく、

ほんとうに、ひとりひとりがあの世界をリアルに受け止めないと到底作り出せなくて、今、まさに、そんな作業に取り掛かっている稽古場です。


あとはひたすらに!
この世界に生きるのみ。

ちょっと現実世界とは違うあの場所を
ほんとうの住みかにすることで、その世界の人々の暮らしや気持ちが見えてくる。

もっともっとリアルに
血を通わせたいなぁ~



ほんとうに楽しい、ワクワクする時間です。
身体使って、心使って、みんなとコミュニケーションをとってゆく。


ここからもっともっと
物語が浮き出してくるかと思うと、


ほんとうに楽しみで、
たくさんの人に見てもらいたいです。


諦めない強さを
きっと見つけられます。




そんな稽古場は
今日、出演者の誕生日サプライズ!

サプライズはこれで、3回目♪




めちゃくちゃ楽しい稽古場でーす!

度々の決起会は、いちいち打ち上げばりに盛り上がるメンツです。

みんなかわいい。
作品のキャラクター共々、ほんとうにみんな愛しい人たち。


だからこそ!!
『Luna Rossa』の世界がもっともっと自分に寄り添って、その世界でたくさんの瞬間を過ごせるように!そこから、また外の世界に発信できるように。


どうかどうか
ご期待ください!!!


~近未来、荒廃した街。月は赤く、水は褐色に濁る世界
 行き過ぎた科学に翻弄される、ある少女たちの物語。~


アリー・エンターテイメント
×THE REDCARPETS

THE REDCARPETS第五回公演

『Luna Rossa』


<会場>
シアターグリーン BIG TREE THEATER


<作・演出>
金房実加(THE REDCARPETS)


<出演者>

前島亜美 (SUPER☆GiRLS)
齋藤明里 
月岡弘一
田中稔彦

坂元宏旬
武藤心平(7%竹)
浜本ゆたか
小島ことり(Bobjack Theater / HIGHcolors)
神田敦士
吉田英成(InnocentSphere)
鈴木 翼
荒木栄人

花奈 澪
田中 良
中島愛子(張ち切れパンダ)
柴原麻里子(風ノ環~fu-ring~)
anna
藤原明莉
中野麻里奈
中西裕胡
秋山美里

川手ふきの

平島 茜(THE REDCARPETS)
金房実加(THE REDCARPETS)


※本公演に出演を予定しておりました《 ほのかりん 》は、やむを得ず降板をさせて頂くこととなりました。
 尚、ほのかりんの代役は【 齋藤明里 】が務めさせて頂きます。
 今回の降板に伴うチケットの払い戻しにつきましては、http://alii-inc.co.jp/lunarossa-news1/ (アリー・エンターテイメントHP) よりご確認ください。


<タイムテーブル>
2016年10月13日(木)~18日(火)全10回公演

13日(木) 19:30
14日(金) 14:00★  19:30
15日(土) 13:00   18:00
16日(日) 13:00   18:00
17日(月) 14:00★  19:30
18日(火) 15:00
上記★印回、平日昼割引実施!
※受付開始は開演の45分前。客席開場は開演の30分前。
※開演時刻を過ぎてのご入場のお客様は、券面のお席にご案内出来ない場合がございます。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。


<チケット料金(全席指定・税込)>
■一般:5.500円
■平日昼割(14日(金)14:00/17日(月)14:00):4,800円
■プレミアムシート(先行販売のみ):6,500円(特典:前方列確約+特典写真付き)
※当日券は各券種ともに300円増し。
※当日券は残席があった場合のみの販売となります。
※プレミアムシートの特典写真は会場でのお渡しとなります。








チケット予約はメッセージより
お願い致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。