藤原明莉 **Hippie my Life**

●◎藤原明莉のブログ◎●

前向きに更新中ッッ!!!!
出演情報などもこちらで確認できます



$藤原明莉 **Hippie my Life**







ハート近況情報ハート





TV





10月6日(日)21:00~23:00テレビ朝日


スペシャルドラマ「事件救命医~IMATの奇跡~」





行員役 出演








MOVIE





「おー!まい!ごっど!」


林 実空役




$藤原明莉 **Hippie my Life**






9月1日(日)韓国 光州映画祭にて上映


去年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映





(正式上映は冬を予定)











STAGE





10月19日(土)


イベント出演 @R'sアートコート


詳細未定







2014年 3月


舞台出演 予定











CREATIVE





・舞台演出


12月25日~29日@シアターモリエール


musical「34丁目の奇跡」








SONG





パチスロ「七色未来」 ボーナストラック ヴォーカル


オープニング曲 七色の欠片


エンディング 曲 帰り道





各着うたサイトなどでDLできます。





本作に、保健室の先生役で声出演もしています。





$藤原明莉 **Hippie my Life**














ハート過去情報ハート


しばし。。。










テーマ:
Luna Rossa 終演からちょっと怒濤の日々でした、、、

いや、、わたし的に怒濤の日々でした。


薄々お察しいただきたいのですが、
結構 立ち回りの下手な生き物で、
バタバタし出すと、大分周りを巻き込むんです、今回も、連絡が滞ったり、
まぁ、色々滞ったりして迷惑おかけした方々がいたはずです、すみません!


そんな感じで、
やっと少し自分の時間が持てそうなので、
やっとブログを書いたりしてるわけです

しかも半身浴しながら

どうだい、このゆとり!(笑)


極端ですわ


明日は土手に寝転びながらブログを更新したいものです←何をアピールしたいやら



Luna Rossa の写真とかもいっぱいあって、舞台を見てくださった方々に紹介したいんだけど、とりあえず怒涛だった日々に感じたことを一旦整理して、あしたからまた別の日常に帰りたいと思います照れ
そこからゆーっくり過去を振り返ったりしたいですね、土手に寝転びながら。




とか、ゆーても
明後日から子供向け舞台の地方公演がチラチラあるので、あまりのんきにはしてらんないのだけど、、、。
いや、ほぼのんきになんてしてる暇はないんだと思うんだけど。むにゃむにゃ


しかし、ちゃんと立て続けにこうやって、
表現できる場があるって
幸せだなぁ、当たり前じゃないなぁって
今一度じんわり感じてます。

じんわり汗もかいてきました。(半身浴中)





Luna Rossa が終わってからのわたしは、
千穐楽の次の日に前乗りして、、つまり打ち上げで朝まで飲んだその日の内に前乗りして、、、翌日から地方で子供向け舞台の本番をやってました!





朝、7:30から仕込みで
10:00から本番一回目。
13:00から本番二回目。

やばいでしょ、
会場には元気の有り余ったキッズがぎっしりなのです。


この光景や、ここの現場は大好きなんだけど、、(一年通してのお仕事なの)

心配事は、、
前日まで、体売ってた女(役柄デス!!!)が
子供に素直な気持ちで笑いかけられんのかい?ってこと。


前日までのリツ子はん




しかし!!!!

そんな心配事は、吹き飛びました。
子供の反応はやっぱり心を洗ってくれますね!!!!しっかりすっかりと!!!
半端ないぜ!


しかも、リツ子の甲斐あってか、
むしろ今までより良い芝居できました(笑)


いやはや、びっくり。
たぶんリツ子さんに苦労した分、表現する基礎パワーが底上げされてたんだね。


いままで1が出たんだけど~って
思わず仲間に言ったくらいっすよ、


とにかくピュアーな気持ちで舞台上をいつもより軽やかめに走り回りました。


ただ、メイクはちょっとだけ
リツ子が残ってアイライン長めでしたw





そして、そっからまたバタバタし出すんだけど、次に月末にハロウィンのイベントを控えていて、そこに向けて忙しくなってゆきました。
去年メインMC をさせてもらったのだけど、今年は企画にまで頭を突っ込んでいて、3月くらいから動きだし、打ち合わせを重ねて来たイベントで、思い入れが有りすぎる割りに、直前ごろから舞台続きで穴を開けてしまった感じで、だから余計に後半詰め込んでどどどっと疲れたイベントになりましたw

疲れたって表現は雑ね。
やりきった!って感じです正に。

いろいろ、自分でも模索したし、
いままで自主企画や、舞台演出なんかもそれなりにやって来てるけど、また違う目が必要な現場でしたここは。

マーケティング力が必要な現場。


そこがまた勉強になったなぁ、ひとつ。


最低限の見栄方や、需要のある企画。
やりたいことやりゃいい訳じゃない。
ただ面白けりゃいい訳でもない。
でも制限もいろいろ出てくる。


その中でどれだけ熱いことできるか、
思いがあるものに、お客さんを巻き込めるか、それが面白かった、本当に。

きっとこれからもっと
こういうことにも興味をもっていくんだろうな自分はって思ったなあ。


何ヵ月か前に本屋で立ち読みしたマーケティングの本がガシッとここに繋がってる気がした。


ハロウィンにはわたしの知り合いにも沢山協力、出演してもらいました!



ダンス出演の
右からまいちゃん、naoちゃん、のりぴ、みやえりちゃん





臨機応変過ぎる対応に涙出ますマジに。
楽しかったダンスタイム!



パントマイムのお兄さん金子しんぺいくん






パーフェクトに出来すぎる、どこまでも良いやつでした、助かった!!出会いに感謝。



マジシャンのマルティーノ!




すごく優しいイタリア人で無理難題を笑顔で引き受けてくれた凄腕の子供に人気のマジシャンです!xoxo!


それから、最強スタッフのみんな。





あとは、一緒に1から考えた、いろいろ任せてくれた相方の上司に。xoxo!!!


むちゃくちゃ楽しいイベントになりました!!
ぐったりだけど、未来のある企画になった。
わたしも子供たちと過ごした一日、最高に楽しかったです!!
去年の倍のお客様にも結果参加してもらえました。
うれしい。


仮装はね、直前にバタバタ決めたんだけど、タイガーリリー風のインディアンにしました!
結構頑張った(笑)





そんな感じにハロウィンが終わりましたぁーぎゅぎゅぎゅっと。






その後は数日後に控えた、
お稽古をしてる日本舞踊の発表会公演に向けてお稽古お稽古の日々。

バタバタのピークですここ。




発表会といえど、
やはり公演は大変で、

躍りだけでなく、いろいろバタバタしました。




でもやはり
日本の文化っていいなぁって思った。


挨拶の仕方も、所作も
なんかこう、そっと美しい。


そしてはじめての日本髪!
自分の髪の毛で!!!
感動~!
嬉しい~!

なんか、すっとする~



日舞をそもそも始めるとき紹介してくれた加藤さんと。




なんだろう、先輩方からも
平塚らいてう先生って呼ばれる貫禄(笑)

我ながら昭和顔。似合っちゃいますw


そして、先輩から
「この人は変な色気がある」と誉め?られてここにもリツ子が生きてるなぁと感じました。

和服、本当に好きになりました。
せっかく着れるし、持ってるのだから
和装でお出かけ、したいなぁ。




日本舞踊公演、無事に終わり、
やっと一息。


またすぐはじまりますが、
一旦、わーーーっと駆け抜けた!




その間ひさびさの友達と朝まで飲んだり、
いつもいつも、私をそっと見ていてくれる大事な友達。

こうやって、高校から仲良しだけど、
すっかり大人な話題。
不思議だなぁ、

まだ結婚できそうにないメンツでしたw





ハロウィン後、金子くんのソロ公演を見に行って、パワーもらって、
フレンチカレーと赤ワインw
で上司とプチ打ち上げ。





友達と語ったり。
ここのシェイクおいしい~!

顔の作りの違いに驚愕。






とにかく愛を、すべてに愛を感じて、
自分も愛を注いできたような夏からの怒涛の日々。


とりあえず、
落ち着いたら、山に登りたいです。
ひさびさ、自然の中にいきたい。

思いっきり深呼吸したい。


まだまだ年末まで駆け抜けますよ~

へい、みんな、そこに愛はあるのかい??




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
舞台『Luna Rossa』
全日程、全員で、無事終演致しました。


少し遅いお礼になってしまいましたが、
ご来場下さった、
それこそ全国のお客様。

本当に本当に
ありがとうございました!!
心のこもった拍手や、笑い声がいつもモチベーションを上げてくれていました。
本当に本当に
ありがとうございました!!





一ヶ月半積み上げてきたものが、
どんな風に伝わったか、ひとりひとり聞いてみたいと思うほどに、この作品はきっと考える余韻のある作品だと思います。

あれは、どういうことだったんだろう、
あの後、どうなったんだろう、

役者の中でも解釈は様々です。


物語はこうやって、人の手に渡り、その人にとっての価値に変わるんだなぁと、今回私は勉強しました。


なんとなく、もやもやしている事を
数人の出演者に相談すると、それぞれの解釈でスッと新しいものが返ってくる。

それがとっても気持ちよくて、
この作品の面白さのひとつのような気がしていました。

誰かと擦り合わせる答えではなく。
個人がじわっと感じれば良い。


あくまでも、あの場所で起きた僅かな時間にすぎない。
まだまだ果てしなく時間は流れていくんだぁ、、、


その感覚は
舞台を作る過程にも重なって、
色んなことが起き、転がって、結び。

あの時間を本当に体験するけど、

当たり前のように、永遠に止まっているわけにはいかない。


寂しさや、思い入れを連れて
次の時間に歩き出している自分や、みんなの姿こそが現実で、同じようにあの舞台上に流れてた時間もすごくリアルな時間なんだって思える。

まだまだずっと13区でリツ子は続いてるんだろうなって。
みんなずっと生きてくんだなぁって。



語り出したら止まらないほどに今回書きたいことがいっっっぱいで!
言葉を書くための時間をとらないと隙間時間じゃとてもまとめられない。

でも、どんなに長くなるかわかりませんが、書きたいだけ書きます。
途中休憩挟んでください、どうかw

自分が思ったこと。
しっかり残したいって思います。




面白かったなぁ
振り返っても稽古場からほんとに面白かった。





そもそも
わたしがリツ子という役を当て書いてもらったことがおもしろい。


この作品当て書きなんですよ。
※役者に合わせて作家が役を書くこと


藤原明莉を知る人は
誰もわたしにあんな役を当てはしないとハッキリ思うもの。

自分だって、見たいと思わないもの←ゲロー



作、演出の 金房実加さんとの出会いは
数年前に出演した、農業系ロックミュージカル『いただきます!』という作品でした。





わたしがオーディションで取られた理由も『農家感』←なにそれ、

でも、わたしって本当にそこの素朴な感じが強みで、作品の中にはキャバ嬢チームが出てくるんですけど、キャバ嬢感の欠片もない私はとにかく最後まで『あかりがいると農家の空気がリアルになる』と誉められた←のか?  ものです。




あ、農家感、、、




実加さんの作品の言葉のセンスがとにかく好きで、いただきます!の時、こんなに笑える本見たことないって思ってました。
もちろん、笑えるだけじゃなく作品全体の温度というか、絶妙で、惚れ込みました。


わたし、ちょっと塞がってる時期があって
なんだかエンターテイメントに対する思いが薄れていた時期があって、何もかも面白くないって感じてたとき、思い立って一人ニューヨークに飛んだんです。


これが初海外、初一人旅だから
我ながら無鉄砲だなと思うのだけど、

ニューヨークで滝のように浴びたエンターテイメントたちがあまりにも刺激的過ぎて、31にもなる女が(←当時)誰も知らないニューヨークの街中でわんわん泣きました。
身体の内側からぐんぐん込み上げてくる感情を我慢できなくて、泣きまくりました。

感動した、というより。


自分が少女に返ってた。
お芝居という華やかな世界に心奪われて一心に夢見てた少女の頃にすっかり返っていて、エンターテイメントの本当の美しさをみた気がした。


もう、わたし大丈夫だ
って思った旅でした。





毎日とにかく、自然体でいれたあの時間があって、少しだけモチベーションが変わった私は、東京に戻ってからも お芝居とどう付き合っていこうか考えました。
あたらしいことにチャレンジしたい気持ちが生まれていたので。

それから、
まず、自分が自然体でいれることを重要視しました。
健やかな身体で、心でいること。
そういう生活をしていたい。

これは、ニューヨークの人たちがすごくヘルシーな生活を送っていたことに刺激されて、体を動かすこと、外に出ることが大好きなニューヨーカーたちが、身も心もとても澄んで見えたから


わたし自身も
時間の使い方、体と心の置き方を大事にする時間をちゃんと取ろうって思った。

で、
一ヶ月、佐渡島で生活してみたの!






この辺も
なかなか無鉄砲が過ぎるのですがww


島暮らしは思いの外自分に合っていて、
出来るだけ外に出たし、体を動かした。

食べるものも良いものばかりで

毎日温泉に浸かった。



島の人たちとの触れ合いが、いままで生きてきて感じたことないくらい温かく。
ひとりじゃ何もできないって思い知ったし、誰かを頼る勇気も身に付けた。

太陽と共に目を覚まし、
風の臭いや虫の声で天気を読むようになった←結構すごいと思う。


それで、最終的に驚いたのが
自分の良いところを知ったってこと。

東京にいて、いままで、嫌な自分ばかり目について、評価を恐れて人と接してた気がするけど、


佐渡にいる間、たくさん
自分の良いところを知れた。
これは面白い体験でした。

体と心が本当に健やかだと
濁らない目で物事が見れるのかも。






佐渡で、伝統芸能にたくさん触れたことで、東京に帰ったら、何か日本を表現する人になりたいなぁとぼんやり思うようになって、とにかく面白いと思えることをやろうって決めた。


で実際帰ってみて
まず、目についたのが
実加さんの作品だった。



あ、これ受けよう。
ってすんなり思ってオーディションに行きました。



Luna Rossa の前にも今年は3本舞台に立たせてもらって、やっぱり忙しさの中、舞台が当たり前に感じてしまう瞬間があったんだけど、

Luna Rossa が始まってから、
そんなマンネリ化はすっかり消えてました。


顔合わせで、初本読みをした後、
自分の役があまりにも自分っぽくなかったので、実加さんの元へ

「なんでわたしにこんな役を?」

実加さんが言ってくれたのは
「見たことないあかりが見たいと思って」


ものっっっっっそい!嬉しかった。


スカッとした気持ち。
もう、頑張るしかない。



まぁ、すっっごく大変だったけど。

ネット検索ワードが
「娼婦」「売春婦」「たちんぼ」

わたし、大丈夫か?

図書館で「エロスの心理学」みたいな本をかりたり、動画見たり、

ちょっと詰め込み方がヤバかったかもしれん(笑)


とにかく、参考にすべきものを漁りまくったのと、本気のジム通い。



※の割りにイマイチ痩せなかったのはご愛嬌てことで、、、


それと、タバコの練習。






   ↑
わたしって昔から極端な取り組み方するヤツなんです。


一ヶ月で、やれるだけやってみようって思った。



実際稽古中あんまり方向が見えてなくて、
同じシーンをやるリク役のつっきーと、もやもやして過ごした時期がありました。
つっきーとの絆は深まったけど!






稽古も終盤に近づいて来て、
ほんとに色んな先輩方からアドバイスをもらって、とにかく全部しっかり聞いて必要なことをチョイスしていこうって思って、自分からもたくさん声をかけて人の意見を聞いてみた。

このときたくさんみんなへの
信頼が増したんだなぁって思う。
みんな本当に愛のある意見をくれた。


作品が仕上がるにつれて、
リツ子への愛が強まっていった。

この人はどうしたら幸せになれるかなぁって。




女子は感情の生き物だから、
例え役を演じてるとしても、その役を演じる自分の状態がすごく作用してしまう←わたしはすごくこれがあるタイプ。


割りきれない思いというか。
役が幸せになるために、演じるわたしが本当にしあわせを得ないと、落とし前がつかないというか。

出来るだけ舞台上で嘘をつかない為には
いろんな方向からのアプローチが必要で(ややこしい話になってくるのですが、わたしはそういうタイプの女優なので、もやもやしたまま芝居できないんです)


アンナはとても難しい役だから
亜美はどんなふうに思ってるんだろうと思い、亜美に聞いてみたことがあった。
(実は時々アンナの代役をやっていたので)



お芝居って嘘の世界だけど、
そこで生きてる時間は本当だから、

その時間は本当にわたしが存在してるわけで、、


舞台がとても好きなのはそこです。
紛れもない、違う世界のリアルを生きる時間。が堪らなく儚くて愛しい。



苦しいなかで、亜美が導いた答えが舞台上にのってたんだろうな。
裏にいても伝わってきた。
亜美に、アンナは苦しくない?その中の亜美は苦しくない?って聞いたときの亜美の顔が忘れられない。
亜美が立派にアンナを成立させたことが、とても誇らしいし、かっこいいって素直に思う。







リツ子に関しても、、
リツ子をあまり幸せな女に作っていなかったわたしに、大きな転機がありました。

ある、本番後共演者の先輩annaさんとご飯に行ったとき、何気ない会話の中にリツ子が幸せになるヒントがふと現れました。






物知りで、的確なanna さんが教えてくれた新しい道筋が、もう、ドンピッシャーーーーーンって私に雷を落としてくれて

「リツ子が幸せになれるよぉぉ」
って泣きました(笑)

ガラスの仮面みたいな、ピシャーン!眼球抜き!みたいな、すんごい衝撃。

annaさん、本当に救いの御子。

持つべきものは愛のあるすてきな先輩。
って本当に思いました。

泣きながら頭のなかでリツ子を整理。

大筋や、芝居が大きく変わることは無いけど、心の在り方が実は途中から大きく変化していたのです。

生の舞台だからこそ あり得ることで、
もちろんその前に演じていたリツ子も紛れもなくリツ子なので、前半に観に来てくれた方、どうか気を悪くしないで。

実際、見てる側からはわからないくらいのもので、わたしの中での心の支えというか、そういうものが出来たということです。


届きそうで届かなかったところが
うっすら肉眼で見えるようになって、
より一層、リツ子を、あの世界を、愛せるようになりました。


本番が始まってからも、それぞれの役について話したりする時間がたくさんあって、みんなの役への思いとか、作品の見方とか、本当に芝居のことだけをただただまっすぐ考えてる時間が続きました。


幸せだなぁって
噛み締めてた。


あからさまに身体は正直で、
目的や意思がハッキリしてるからか
毎日シャキッと目が覚めた。

ベロベロに酔った翌日も
泣いた翌日も

スッと目が覚めて、早く家を出て
劇場付近で、時間を過ごしました。


ほんとに、藤原の性質上、どれだけ寝れるかで生きてるくらいのわたしが、
こんなこともいままで、無かったんです。

身体と心がまっすぐ作品に向いてる証拠だと思った。



そして、
こんな思いがいっぱいだった作品は
たくさんのお客さんのもとに届きました。

再演や、映像化、続編を期待してくれる声も多くて、たくさんの方が作品を深くまで読み取ろうとしてくれてることが嬉しくて、自分が思ってる以上にお客様は賢くて、心が豊だって反省した。

役者の仕事は最大限の表現を整えて、お客様を迎えること。



ほんとうに、成長できた現場でした。






終演後、実加さんから、見てはいけないあかりを引き出してしまったような(←良い意味で)というメッセージをもらって、

わたし自身
新たなわたしがぐいぐい前に出てきてるような実感がちょっと面白く、恐ろしくもあります(笑)


今はちょっと開放されてる自分を伸ばしてみてもいいのかもみたいな気分。


さて、
最後に、このカンパニーに出会えたこと
スタッフの皆様含め、一人残らず愛しかないです。
全員の大好きなところを語れるくらい、みんなみんな素敵な人でした。


いろいろ、、あったけど、

決起会で打ち上げバリに盛り上がれる
稽古場で臆せずガンガンネタをぶちこむ
どんなシーンも全力を尽くす
お互いを大好きすぎる
このメンバーが本当に大好きです。


この出会いと、経験をしっかり生かして、
もっともっと力のある俳優になれるよう、とにかく前を向きます!

本当にすべての人にありがとう。



千穐楽での
スタンディングオーベーション

本当に嬉しかったです。
長くなりましたが、わたしのLuna Rossa への思いのすべてです。


またきっと
お会いしましょう!


リツ子=藤原明莉




※ことりっちとゆうがかわいい(^^)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
あーーーっと言う間に
10月が来て、そしてすぐに本番がきてしまいそうです。


毎日、舞台『Luna Rossa』の事しか考えてない、とにかく1色の日々。

実際、やらなきゃいけないことや、考えなきゃいけないことをそっちのけて、『Luna Rossa』に染まりたいという強い願望で、ここしばらくは成り立ってます、私が。


作品のテーマは
簡単に表現できるものではなく、

ほんとうに、ひとりひとりがあの世界をリアルに受け止めないと到底作り出せなくて、今、まさに、そんな作業に取り掛かっている稽古場です。


あとはひたすらに!
この世界に生きるのみ。

ちょっと現実世界とは違うあの場所を
ほんとうの住みかにすることで、その世界の人々の暮らしや気持ちが見えてくる。

もっともっとリアルに
血を通わせたいなぁ~



ほんとうに楽しい、ワクワクする時間です。
身体使って、心使って、みんなとコミュニケーションをとってゆく。


ここからもっともっと
物語が浮き出してくるかと思うと、


ほんとうに楽しみで、
たくさんの人に見てもらいたいです。


諦めない強さを
きっと見つけられます。




そんな稽古場は
今日、出演者の誕生日サプライズ!

サプライズはこれで、3回目♪




めちゃくちゃ楽しい稽古場でーす!

度々の決起会は、いちいち打ち上げばりに盛り上がるメンツです。

みんなかわいい。
作品のキャラクター共々、ほんとうにみんな愛しい人たち。


だからこそ!!
『Luna Rossa』の世界がもっともっと自分に寄り添って、その世界でたくさんの瞬間を過ごせるように!そこから、また外の世界に発信できるように。


どうかどうか
ご期待ください!!!


~近未来、荒廃した街。月は赤く、水は褐色に濁る世界
 行き過ぎた科学に翻弄される、ある少女たちの物語。~


アリー・エンターテイメント
×THE REDCARPETS

THE REDCARPETS第五回公演

『Luna Rossa』


<会場>
シアターグリーン BIG TREE THEATER


<作・演出>
金房実加(THE REDCARPETS)


<出演者>

前島亜美 (SUPER☆GiRLS)
齋藤明里 
月岡弘一
田中稔彦

坂元宏旬
武藤心平(7%竹)
浜本ゆたか
小島ことり(Bobjack Theater / HIGHcolors)
神田敦士
吉田英成(InnocentSphere)
鈴木 翼
荒木栄人

花奈 澪
田中 良
中島愛子(張ち切れパンダ)
柴原麻里子(風ノ環~fu-ring~)
anna
藤原明莉
中野麻里奈
中西裕胡
秋山美里

川手ふきの

平島 茜(THE REDCARPETS)
金房実加(THE REDCARPETS)


※本公演に出演を予定しておりました《 ほのかりん 》は、やむを得ず降板をさせて頂くこととなりました。
 尚、ほのかりんの代役は【 齋藤明里 】が務めさせて頂きます。
 今回の降板に伴うチケットの払い戻しにつきましては、http://alii-inc.co.jp/lunarossa-news1/ (アリー・エンターテイメントHP) よりご確認ください。


<タイムテーブル>
2016年10月13日(木)~18日(火)全10回公演

13日(木) 19:30
14日(金) 14:00★  19:30
15日(土) 13:00   18:00
16日(日) 13:00   18:00
17日(月) 14:00★  19:30
18日(火) 15:00
上記★印回、平日昼割引実施!
※受付開始は開演の45分前。客席開場は開演の30分前。
※開演時刻を過ぎてのご入場のお客様は、券面のお席にご案内出来ない場合がございます。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。


<チケット料金(全席指定・税込)>
■一般:5.500円
■平日昼割(14日(金)14:00/17日(月)14:00):4,800円
■プレミアムシート(先行販売のみ):6,500円(特典:前方列確約+特典写真付き)
※当日券は各券種ともに300円増し。
※当日券は残席があった場合のみの販売となります。
※プレミアムシートの特典写真は会場でのお渡しとなります。








チケット予約はメッセージより
お願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
10月13日より
上演致します、

「Luna Rossa 」

稽古に合流し2日たちました。

いやぁ、すごい。
ここは戦場か?と思うほどに
みんなが技を見せ合っています。



だいたいはずっと笑ってます。


現場によって、
作品によって、
表現方法は変わってくるけど、

ここでは
ほんとにみなさんが面白くて

お芝居ってこんなに変化球投げられるんだなぁって勉強させられっぱなし。

そもそも台本が面白い上に
役者が怪物だったら、、、

うん。




どうなるの?




主役の亜美ちゃんをはじめ、みなさんすごく高いプロ意識と能力でみるみるキャラクターやシーンが彩られていきます。


そのなかで
いかに作品の味になれるか
ほんとに悩む日々!
まだ2日だってのに!!!


今回はなぜ私に?
という役を書いていただいたので、

理想は高く・・・
そのものになれるよう・・・



とりあえず!!!
全っ力で減量します!!!!


さもなければ・・・・
恐くて想像もしたくない・・・


心を鬼にしてカロリーと決別しますプリンもぐもぐカレー


どうか
どうか


どうか


わたしの勇姿を見届けて下さいまし。



新しい自分を表現できる機会を与えていただけてほんとに感謝してます!


たくさんのお客さまに見てもらい
やっとそれに価値が生まれます。

ひとりでも多くの方が
Luna Rossa の世界に潜り込めるように

毎日新世界をもくもくと作っていきますよぉぉ!!!


是非是非劇場までお越しください。






~近未来、荒廃した街。月は赤く、水は褐色に濁る世界
 行き過ぎた科学に翻弄される、ある少女たちの物語。~


アリー・エンターテイメント
×THE REDCARPETS

THE REDCARPETS第五回公演

『Luna Rossa』


<会場>
シアターグリーン BIG TREE THEATER


<作・演出>
金房実加(THE REDCARPETS)


<出演者>
前島亜美 (SUPER☆GiRLS)
ほのかりん
月岡弘一
田中稔彦

坂元宏旬
武藤心平(7%竹)
浜本ゆたか
小島ことり(Bobjack Theater / HIGHcolors)
神田敦士
吉田英成(InnocentSphere)
鈴木 翼
荒木栄人

花奈 澪
田中 良 
中島愛子 (張ち切れパンダ) 
柴原麻里子(風ノ環~fu-ring~) 
anna
藤原明莉
中野麻里奈
中西裕胡
秋山美里

川手ふきの

平島 茜(THE REDCARPETS)
金房実加(THE REDCARPETS)


<タイムテーブル>
2016年10月13日(木)~18日(火)全10回公演

13日(木) 19:30
14日(金) 14:00★  19:30
15日(土) 13:00   18:00
16日(日) 13:00   18:00
17日(月) 14:00★  19:30
18日(火) 15:00
上記★印回、平日昼割引実施!
※受付開始は開演の45分前。客席開場は開演の30分前。
※開演時刻を過ぎてのご入場のお客様は、券面のお席にご案内出来ない場合がございます。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。


<チケット料金(全席指定・税込)>
■一般:5.500円
■平日昼割(14日(金)14:00/17日(月)14:00):4,800円
■プレミアムシート(先行販売のみ):6,500円(特典:前方列確約+特典写真付き)
※当日券は各券種ともに300円増し。
※当日券は残席があった場合のみの販売となります。
※プレミアムシートの特典写真は会場でのお渡しとなります。






チケット予約はメッセージより
お願い致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、
一夜限りの野外公演

古夜  「月夜見」
が無事、行われ、終わることができました。



まず、喜ばしいのが
みんなが満面の笑みで終われたこと。




とっても素晴らしい
関係者のみなさんのお陰で、
そして、当日お越しくださった
また、成功を願ってくださった

みなさまのお陰で、

わたしたちは
満面の笑みで終わることができた~!


もう。
最高のしあわせでした。

愛しかないわ。



ツキヨミというこの作品は
伊勢神宮に祀られている夜の神様のお話です。

アマテラスが太陽の
ツキヨミが月の

姉弟であり、明暗の別れたふたりの
その根っこになる物語です。


神様の話であれど、
ふたを開ければ、悩みはわたしたちと変わりません。

偉大な力を持つ神様でさえ
恋に悩むのです。



以前、3年前になりますが、
この古夜に参加したことがあり、

知らない新しい世界を見せてもらった気がしました。
日本に生まれたことに誇りを持つことが出来たのは、この古夜との関わりがきっかけです。

あれから色々な変化が自分の中にあり、
日本の良さを伝えるひとりになりたいと今強く思っていますが、それに最適なこの古夜にまた参加することができて、本当に幸せでした。

まだまだたくさん
変化していくべきですが、

やはり
この舞台は特別な舞台です。



場所は赤坂山王日枝神社。

都会の真ん中で一夜限りの
神秘的な野外ステージです。





舞台上、そして客席には
風が吹き、見上げれば月

虫の声と共に自動車や飛行機の音


自然の中であり、現代をリアルに感じながら、遥か昔に想いを馳せる時間なのです。


それと、、
ここではしっかり時間をかけねば演じられないような役を演じさせてもらえるという自身の力を試し、更に成長できるような現場なんです。


今回は、台詞量にとにかく苦戦!!!
むちゃくちゃ楽しませてもらえました!


チームワークもとにかく良くて
女子ズ



しっかり物語を伝える役割と
おてんばな役をふたつやらせてもらいました。


一夜限りという緊張は、、、やばい。
吐きそうなレベルの緊張でした。




ツキヨミ役の田中惇之と
ウケモチ、トヨウケ役の鈴木たかこ



とっても素敵なメンバーとの
出会いの場にもなりました!
みんな大好きな人たちです。

それぞれが時間をかけ作ったキャラクターがきちんとお客さまに物語を伝えていたなら、本当にしあわせ。


そして、
大好きな笠野励さん

前は一緒に舞台に立ったけど、
今回は演出として

ずーっと熱く、優しく
作品とみんなを想い続けてくれた人。




実は昼頃まで雨に悩みました。
雨が降ってしまうと、野外では出来ないので、、、




でもみんなの想いも届き
外でできて本当によかった。

また、リハーサルがおした為、本番も少しおしてしまい、すみませんでした。


一年に一度の
一夜限り、日本の神様について知る舞台、
またきっと皆様の前に現れたいと思います!

本当に素晴らしい夜をありがとう。

大好きなみんなもありがとう。




みんなと見上げた空に綺麗な満月が顔を出してわたしたちを見下ろしてました。
ツキヨミがそうしてくれたんだろうね。




たぶんすべてが味方してくれたんだとおもう。




たっぷり余韻にひたりながら、
今日はあしたからの次の舞台の稽古の準備です。

ぼやーとした顔で図書館に行ってました。



心理学の本と哲学の本とさだまさし氏の本と天井桟敷のDVDを借りた。




安定のファミレスでの台本読み




次も中々チャレンジな舞台です!
ますます前に進むのみ!!!!


これからも
味方しててください!

目に見えない何かよ!!!!!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いろんな事がはじまってはおわり、
それを繰り返してきたけど。

その最中は
結構勢いに任せてしまいがち



今、
まさにその最中だと

今日新たな出会いがあり
ハっとなりました。



わたしをつくる1ヶ月のはじまりだす。




濃~い絆が生まれてきている
古夜がもう本番間近です!

どうしたら、伝わるか
どうしたら、よりよいか

繰り返すほどにおもしろい。

演劇は実験だまさに。
失敗を繰り返して、やっと形が見えてくる。

稽古場はビリビリしっぱなし。
電流流れてます。




人ん家で飲んで~



また飲んで~



語って~
チャレンジして~
悩んで~
またチャレンジして~


最近、思うようになったのは
作り手の想い。

誰かの想いを全部受け取って
代わりにわたしが舞台に上がってるってこと。

それを強く感じてます。




扱う題材が難しいほど
作り手の想いは考えざるを得ない



遊びでやってるんじゃないんだわ

伝える使命があるんだわ


その緊張感と一緒にいるこれからの一ヶ月。
わたしがつくられていく時間だ。


わたしであり
わたしでない

別物の、本物のわたしをつくる。




まずはこんな
愛しい仲間と。




偶然にこの記事にたどり着いたあなたも。

神秘的な一夜限りの 舞台を
ふらりと観に来てくださいね。









赤坂の日枝神社にて。

むかしむかし、遥か昔の
今となんら変わらない弱くて強い人間たちや、私たちに夜という素敵な時間や、美味しいヒントを与えて下さった神様たち。

あたりまえの生活のひとつひとつに
生まれた訳があり、物語がある。


神話から、日本の心を常々学んでます。


本番は9月16日(金)
一夜限りです。

このスペシャルは、他にないです。




11月に日舞の公演も控えています。

まさかの、小道具に
オリンピックの名残が!!!!




色気。
余韻や、音と音の繋ぎを踊る。
その難しさに、なぜこんなに汗出るの?
ってくらいダクダクで挑んでいます。

ゆっくり動いてるのに。
すごい運動量なんです。

体感の踊りなんですよね、日本舞踊。

11月5日(土)は日舞公演です。
勉強になる日々~




本日はその間の10月公演の顔合わせ!
29人?

ひさびさの大所帯な気がします。

じゃん。



(※金房実加さんのブログより)

アイドルから、イケメン俳優
面白おかしい方々の集まりで、
これはどんなものになるのか想像がまだできないです。しようがない。


ただ、ぞくぞくするほどわくわくしました。

わたしが未だかつてやったことない役で
これから先も当てられることのないであろう役でした。

今回ははじめて当て書きしてもらってます。
当て書きというのは、物語に合う人をキャスティングするのではなく、
キャスティングされた人を見て脚本を書くということなのですが。


わたしは以前
いただきます!という舞台でご一緒した
金房実加さんの脚本が大好きで、今回オーディションを受けたのですが、

当てられた役にびっくりして
本読み後に実加さんのところに行くと

「新しいあかりが見たいと思って」


と。
しびれました。

自分でもなかなか無いようなチャンスです。どんな風にわたしをつくって行こうか、もう頭がパレードです。


わたしをつくる1ヶ月がはじまってます。
どう終わるか、楽しみです。


10月の舞台
Luna Rossa
も宜しくお願い致します~!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
素敵な素敵な7月の終わりに

宮城県石巻市で、開催されている
Reborn Art Festivalというアートイベントとのコラボとして
4年ぶりに apbank festivalが開催されました。


ap bank とは
Mr.Childrenの桜井さんと小林武史さんが
主となる ミュージシャン集団で
毎年夏に野外フェスを開催していて、
わたしは YouTubeで十分号泣していたのですが、いよいよ行ってみたいと4年前チケットを購入したものの、仕事という理由で敢えなく断念して、そしたら、そのタイミングで4年前から活動休止になってしまったイベントなんです。



今回、
とっさになにも考えず(スケジュールさえも)チケットをすぐ取り、勢いで一緒に来てくれた野本に大感謝です。



天気も微妙な予報でしたが、
なんと、開催3日間とも全く雨が降らなかったようで、小林武史さんもMCで天気に祝福されたって仰ってました。


もちろん復興という大きな願いが込められたこのイベントは、アートフェスティバルから、小林さんがプロデュースされており、今後とても長いスパンで描かれたプロジェクト。

すごく
強く たくましく とびきり明るいイベントでした。

今回石巻市に足を踏み入れ、
片付いていないガレキの山を沢山見た。


何ができるかわからないけれど、
自分さえ良ければいいという時代ではない。
みんなが手を取り合って
もっと大きなものと向かい合わなければいけない時代なのだ、と感じています。



で、
そんなapfes ですが、
とにかくむちゃくちゃ暑かった!

何度だ?
わからないけど、

「今日は暑いから気をつけて!お水飲んで!」と桜井さんが早々にいうくらい、最終日は午前中から猛暑でした。

日焼け絶対しない。


という強い意思の元、
挑みました!!




当日会場手前。

キターーーーーーーー!!
小躍りです。



会場内にもたくさんのアート作品が点在していて、そのスペースでお客さんが休憩していたり、なんだかアートと共存していて面白い空間。




アート作品のひとつ

ポートレートのポスターでアートをするアーティストブースがあり、
さっそく撮ってみた!




でか!
これを部屋に飾ったりする勇気はない(笑)

が、楽しかった~



販売していたかわいい小物たちも、
漁師さんの使う網を使ったり、
鹿の角を使ったりと、
土地ならでわのものばかり
お話するのも楽しい。



美味しい地ビールも飲んだし、
牡蠣と岩海苔のソーセージとか
食材も土地のもの!








すごくたのしい~~!!!
とあるファミリーと仲良くなったり


そして
そうしているとステージでの
オープニングがはじまった。

お腹を刺激する
和太鼓の音、地元の民謡を
男性がおとこらしく響かせる

そこに美しいハーモニーが
地元の高校生の合唱部の4人

制服姿でステージで歌うのを見て
既に涙がでそうになる。


そのハーモニーや太鼓が
やがて色を変えはじめ、

聞き覚えのあるピアノが聞こえた



桜井さんとサリュの
to you が

この感動の波が凄かった。
頭から聴けるとは思わなかった。


この場所に
すべてが染み渡る。


また争いが、自然の猛威が
安らげる場所を奪って
眠れずにいる あなたに
言葉などただむなしく
沈んだ希望が崩れた夢が
いつの日か過去に変わったら
今を好きにもっと好きになれるから
あわてなくてもいいよ、






素直に。
ただ染み渡った。


歌には希望があるって思った。



当日はかなり熱くて
3日間キャンプ中のファミリーに聞いたら、雨予報だったが、一回も雨は降ってないらしい。

強靭な晴れ男 or 晴れ女が
いたのでしょーね。

とにかくマメに日焼け止めを塗り直す!
ベタベタ関係なーし
とにかく重ね塗る!



陣地を確保し
ひたすら歌い踊る。






そして
食い、飲む!そして飲む。
アルコールじゃなく
もうとにかく水をがぶがぶ飲んだ

飲まなきゃ死ぬと思いました。
くらいの暑さ。










歌を知っていようが、知らなかろうが関係ない。

ナオトインティライミと躍り
サリュや安藤裕子に癒され



15時という
一番熱い時間に ミスチルがきた。





すごかった。
歌った曲は誰もが知ってる曲ばかりのセレクト。


もうたぶん
全員が歌ってたんじゃないかな。

音楽の力を浴びすぎて
肌がヒリヒリするほどだった。

途中くらいから
すごい泣けてきた。


この時間よずっと続け~って願った。
ただただ
空は広くて
声がどこまでも延びてゆく

夏が鮮やかな色で笑っていて
ここにいる人がみんな幸せそうにしている。

世界中が今こんなふうであればいいのにと願った。


一日を外で過ごすのが好きだ。

時間の経過を
温度や色で感じれる。


一番熱い時間が過ぎ、
ゆっくりと空や空気が変わってゆく

ハナレグミの音楽がその
変わりゆく時間に良く合っていた。


そして、
MISIA

MISIAの出番中に飲み物を買いに行ったのだが、すれ違った女の子が
「え?やばい!MISIAに会えるの?すごくない?」

と言っていた。


タイムテーブル見てないのか?とツッコミたいところだけど、それどころか本当にそうだね、と言いたい。
MISIAの歌生で聞けちゃうんだもん。

MISIAが歌の前に10分以上かけて
震災への思いや今しっかり私たちが気持ちを持つことを語ってくれた。

彼女の言葉に会場は
静まり耳を貸していた。

美しい姿だと思った。


そして
大好きな歌がはじまると
フードエリアの店員さん、並んでる人までみんな踊り出した。

この光景に
泣きそうに、そしてわくわくした。


音楽の魔法にかかってしまっている。



MISIAの声はすごくて
どこまで遠くに届いてるんだろうと思うくらいだった。
声じゃなく、きっと気持ちが、だ。
どこまでも遠くに届けてるんだと思う。



そして、
sunset time。
夕暮れが近づくなかの

YEN TOWN BAND

CHARAの歌が聴けるなんて!!




愛らし過ぎる 姿、話し方、歌声
自由な彼女にメロメロになりました。

こんな可愛い人いますか?

いました。




スワローテイルバタフライが
夕暮れに溶け込んでた。


そして、
Bank Band


何よりも感動したのは
BUMP OF CHICKENのロストマンでした。


桜井さんの歌と
このメロディーと歌詞が

今の私に刺さりまくった。



わたしよ、
調子はどうだい?って。



刺さりまくった。
泣きすぎて良くわからなくなった、、

そして、
apBank fes 今回開催にあたっての思いとか
とても想いの強いお話が聞けました。

グッと来た。
終始グッと来ました。


初参加のap bank fes
もう十分過ぎるほどに満喫しました。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夏休み中盤といったところでしょうか??


だらだら過ごしがちな、学生時代を思い出しつつ、今でも割かしだらだら過ごしてます。(笑)



先日、いかん!と思い立ち8月いっぱいの計画を立てたりしましたが、
これがいつもやってるスケジュール管理とかと違って、夏休みっぽくて楽しかった!

もう、何時に起きて、何時に寝る
とか
毎日勉強する
とか
そういうレベルで、夏休みならでは!

楽しいなぁ。

まあ
計画を守れないのも夏休みならではなんですがね、、、



まだまだ
夏は続きます!
素敵で有意義なさらに暑い熱い夏を
過ごしましょう。


なんといっても
毎日のオリンピックが涙腺を熱くさせてくれるじゃないですか!

なんで泣けるんですかね、あんなに。

本当に勇気がわきます。
希望が芽生えます。



わたしも希望をもって
ただいま絶賛稽古中

9月の古夜(いにしえナイト)は
昨日通し稽古でした。

とりあえず一ヶ月前。
やれること出しきる感じで。

通し前のゆとりのポーズ



今回
いい意味で全員挑戦している作品。

とてもいい空気、居心地のいい熱量。
チームワークもいいこの座組で
あと一ヶ月どこまで登れるか。

9月16日は素敵な夜にします。






わたしの
なつやすみについても少し振り返ると




奈良に行って
鹿や奈良の人たちと触れ合って

すっごく奈良が好きになったり




新潟ではじめてゲストハウスに
泊まってみたり、(まだ記事書いてなかった)




新潟での一人旅は
相変わらずアート三昧でした。




完全なレジャーで、
はじめてap bank fes に行ってきて(まだ記事書いてなかった!!)




すっかり日焼けしたり、、
涙、涙の感動のライブ体験でした。





ラピュタを越えて




神戸で遊び
神戸牛を食べ損ねた後




ハリウッド旅行したり




うそです。
人生初のUSJ にドハマリしてしまいました。(記事書きたい!!!)


ビショビショです。




と、何やら結構楽しんでる夏休み。
あちこち行かせてもらえてるのはとても有難いし、その土地土地をちゃんと満喫してるので、去年とはまた違う良い夏を過ごしてます。

去年は  NY→九州→佐渡島
とスペシャル過ぎたからね。


どこへいっても
まずはオリンピック。

オリンピックを通していろいろ考えるようになったし、それに伴って政治や選挙にいままでより熱心になれたことは
大人として、国民としてとても良い機会だった。




そして、新しい変化として
興味を持っているものがハッキリ見えた本屋さんでの一時。


じっくり立ち読み(ごめんなさい)
してしまった二冊があります。



USJ に興味というわけではなく、
マーケティングへの興味がわいています。

物事の見方、傾向、そしてそこから新しいものを生み出す能力。

興味を持った大きなきっかけが、先日参加したワークショップで、
建築家とデザイナーの二組が行った
新しい劇場ロビーを作るというフェスティバルトウキョー企画のワークショップでした。

とにかく
わたしにとって斬新であり、
新しい風で。


まず、行ったのが街のリサーチです。
池袋を散策したのですが
わたしにとってホームグラウンドである池袋を普段と違う目で見ること、そしてホームグラウンドでは無い人から見える姿。

街は日々変わっていくけど、街をどう生かしどう血を通わせていくか

そのために人々の生活に目を向け、傾向や、生まれてきた対策に気づき、面白がる。

これが面白かった~
じっくり建築家の伊藤さんとお話できて、
俳優にも置き換えられることが多々あり、
その取り組み方にすごく感銘を受けた。


そこから、
成功への鍵はマーケティングにある!

と思い興味に至ったのですが、
それに伴ってもうひとつ。




これがとても素晴らしい本だった!
(立ち読みですごめんなさい)

興味の矛先は今、教育に少し向いていて
すべてのディレクションになってくるのですが、

充実感を得られることとして
やっぱり人を導く
というのが自分の生き方に合っている気がしています。
そこで、キラッと輝いて本棚からわたしを呼んだのがこの本。

とても面白かった!!
すごく素敵な考え方の詰まった本です。



こうやって手に取る本の変化が
はっきりと自分の変化だなぁと思うのです。


で、結局この日
我が家にやって来た本は
この二冊。



タイのトラベル本と英語教材。

予定が変化し時期は変わりますが、
英語の勉強に近々短期留学を検討中。


人生は長い。

先程の写真で見たドコモショップの本
あの中で書かれていたことの一つで、
人生を一日で表す計算式というのがある。

わたしは32で、一日で言うと
まだ午前の10:30頃だという。

年を取ったように感じる年齢でも
まだまだ午前中だ!!!

そう思うと一気に勇気がわく。



建築家伊藤さんの言葉でとても気に入ったのが、

血が通っているか
使いこなせているか

わたしも人生を使いこなし、濃い血を通わせようと思う。


さあ、
夏休みの計画を見直そうww
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
原宿をお散歩



※自分の事ですが、ギターひいてるらしい




最近ちょくちょく合う
人生の先輩であり、おともだち。
まよ氏


話せる相手ってのは
実はすごく貴重で、

仲が良いと話せるってちょっと違う部分もあって、
話が通じる相手って以外と多くない。


とくに、
話したい内容を
話したい熱量で
話したい濃度で

話せる相手となると結構貴重


まよ氏は
そんなマニアックな話ができる
貴重な存在であると今日気づく、
※今日って!!




原宿をうろうろし


わたしの目ってつまんねー目だなぁ、



こんな目に憧れたり、





行き着いた先は行ってみたいと思っていた
アボカドのお店。







アボカドドリンクにはじまり、
フルコース




結果閉店まで5時間しゃべり倒す。


まあね
30女子だものね。

いろいろ話題はつきませんが、



この体で生きていきましょ!
もはやそんな結末。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人生でスペシャルだと思える体験を
またひとつ増やしてしまった~



4年越し
apbank fes 2016
宮城県 石巻市にて。




純粋な愛や憧れだけが
存在する空間


全身をビリビリと震わせて
音楽を、夏を、この一日を楽しみました!




あー!
夢の様な時間。






また改めて写真で振り返ります。





石巻の朝日と。

ずっとずっと前を見て
ちょっとずつでもより良い方へ

前を向いて探していきましょう。
楽しいや、面白いや、しあわせを。

わたしも前を向いて
誠実に今の一歩を考えます!




最高の夏をありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。