1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

表裏一体

2017-08-07 18:44:11 Theme: ブログ

私の会社では毎朝の朝礼で、

「一般社団法人倫理研究所」発行の

「職場の教養」を読んで感想を述べ合っています。


今日は最近気になったお話を紹介します。

 

 

表裏一体

 

日々の生活は、生い立ちも考え方も

違う人との関わり合いで成り立っています。

それだけに、違う感覚を持った相手の態度や

言動が気になるものです。

 

制作部で働くSさんは、数年来デスクを並べて

働くMさんに〈資料の完成度が低い〉

〈毎日大きな声で雑談をして仕事が進まない〉

と不満を抱いていました。

 

次第に、Mさんのやることなすことで全てが

不快に思えてきて、一緒に働くことが憂鬱に

なってきました。

 

しかし、同僚は「Mさんは、 私が失敗しても

『大丈夫、大丈夫』と大らかに受け止めてくれるから、

 安心して接することができる」と言います。

 

また別の同僚は、「いつも明るく大きな声のMさんを

見ていると元気が出るよ」と言って、互いに協力

し合って仕事を進めています。

 

自分にとっては不快な所作や言動も、別の人には、

「そこが長所」と映っていることがあります。

誰にでも、プラス面とマイナス面が表裏一体で

存在しているとすれば、表と裏を分けるのは、

自分の受け取り方ひとつでしょう。

 

 

【一般社団法人倫理研究所発行

「職場の教養 2017年8月号」8月4日より転載】

 

 

人は自分と同じ考え方や言動の人と

固まる傾向があります。

これはその場が心地良いからなのだそうです。

 

プライベートはそれで良いかもしれませんが、

いざ仕事となるとそうはいきません。

むしろ合わない人の方が多いでしょう。

 

そんな中で一つ一つの行動や言動に

目くじらを立てていたらストレスで心身が

疲弊してしまいます。

いっそのこと割り切ってしまえば楽に

なるのでしょうけれど、なかなか自分の

既成概念を崩すのは簡単ではありません。

 

ただ不平や不満をため込んでばかりいても

自分が損をするだけです。

一歩引いて違った側面からみるという

意識付けをして日常生活含め全般を

円滑に過ごしていきたいですね。

 

AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

たった10分の積み重ね

2017-07-26 12:37:44 Theme: ブログ

私の会社では毎朝の朝礼で、

「一般社団法人倫理研究所」発行の

「職場の教養」を読んで感想を述べ合っています。


今日は最近気になったお話を紹介します。

 

 

たった10分の積み重ね

 

「数人で行なうべき業務を一人でこなす」

という話が、様々な業種で聞かれる昨今です。

一人で仕事を抱える人の重責は、並大抵の

ものではありません。

以前できていたことができなくなり、ストレスを

溜めてしまう人もいるでしょう。

 

映像制作会社に勤務するAさんもその一人です。

あれもこれも仕事が舞い込んでくる中で、実益と趣味を

兼ねた読書の時間がまったく取れなくなったのです。

 

〈このままでは自分がまいってしまう〉

と危機感をおぼえたAさんは、発想を変えてみました。

どんなに忙しくても、「毎日10ページだけ読書をする」

という新しい挑戦を始めたのです。

 

時間にしてたった10分ですが、

300ページの本なら1カ月で読み終わります。

1年続ければ、12冊の本を読むことができます。

読む本の数は半減しましたが、ストレスはかなり

軽減できたうえに、業務の効率も上がったといいます。

 

自分の置かれる環境は、自分ではどうにも

できないことがあります。

それならば意識を変えて、これまでとは違う見方、

やり方に挑戦してみましょう。

 

 

【一般社団法人倫理研究所発行

「職場の教養 2017年7月号」7月3日より転載】

 

 

一人に仕事が集中することは効率の面から

いっても本来は避けるべきなのでしょうが、

昨今大半の企業の状況ではそれも難しいでしょう。

 

生活の大半が仕事となり、自由な時間が取れなくなって

しまうため、心身の不調を訴える人も増えていると耳にします。

 

そんな中でほんの少しだけでも空いた時間を作り、

気分転換を行うと、能率もアップします。

むしろそれを楽しみに仕事のやり方も変わるかもしれません。

 

現状を変えるには、ほんの少し意識や見方を変えるだけでも

変わってくるといいます。そのスピードは遅かれ速かれ

あると思いますが、まず行動を起こすことから始めて

みたいと思います。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

「どうせ」をやめる

2017-07-04 12:36:49 Theme: ブログ

私の会社では毎朝の朝礼で、

「一般社団法人倫理研究所」発行の

「職場の教養」を読んで感想を述べ合っています。


今日は最近気になったお話を紹介します。

 

 

「どうせ」をやめる

 

古代の日本では、

「言葉には霊力が宿る」と考えられていました。

 

その力は「言霊」と呼ばれます。

良い言葉を発するとよい出来事が、

不吉な言葉を発すると、悪い出来事に

見舞われると信じられていました。

 

たしかに、ほんの些細な一言が人を

喜ばせることもあれば、怒らせることも

あることを思うと、良い言葉が吉事を

招くというのも頷けます。

 

今年開催された「となワールドベースクラシック」に

おいて、捕手として活躍した小林誠司選手は、

幸運とも思えるプレーで、幾度も日本を勝利へ

導きました。

 

小林選手は、インタビューで

「『どうせ』と言うのは、やめました。

 僕は下手くそなので必死にやるだけ。

それだけです」と語りました。

 

自分の言葉を一番よく聴いているのは、

自分の耳です。

言葉は周囲だけでなく、自分自身の心にも

影響を与えます。

 

前向きな言葉を発していると心が前向きになり、

その心が努力する力の源となり、良い結果にも

つながるのでしょう。

 

 

【一般社団法人倫理研究所発行

「職場の教養 2017年6月号」6月19日より転載】

 

 

「言霊」とは日本に古来からある考え方ですが、

海外にも似たようなものがあり、やはりそれらは

否定的ではなく、肯定的でやさしい言葉が多く、

まさに「言霊」です。

 

本文中にもあるように、言葉は使い方を間違えると

人を喜ばせたりも、傷つけたりもします。

いつも肯定的な言葉を発している人の周りには

自然と人が集まりますが、否定的な言葉ばかりの

人は孤立しがちです。

 

よく自分が言ったことはそのまま自分に返ってくる。

と言いますが、これは脳には主語を理解できないという

性質があり、全てを自分のこととして捉えてしまうからです。

だからたとえ他人のことでも否定的な事を言っていれば

それはすなわち自分のこととなってしまいます。

 

脳の性質を上手に活用して否定的な言葉が出そうになったら、

無理やりにでも肯定的な言葉に置き換えてみる。

これを続けてプラスの口ぐせを増やしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。