米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する県民大会で共同代表を務めた翁長雄志那覇市長らは27日午後、東京・赤坂の米国大使館でルーク公使と会い、同飛行場の県外・国外への移設を要請した。同公使は「現行計画がベターだ。市街地から沿岸部への移設は県民の利益となる」と述べ、現行計画で定めるキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)への移設受け入れを求めていく考えを譲らなかった。 

【関連ニュース】
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

バンコクの危険情報引き上げ=外務省(時事通信)
<火災>住宅3棟ほぼ全焼 焼け跡から男性の遺体…千葉(毎日新聞)
<訃報>谷本貞人さん82歳=関西外国語大総長(毎日新聞)
ひき逃げ?57歳女性死亡 群馬・高崎(産経新聞)
<普天間移設問題>鳩山首相、「職を賭す」 沖縄訪問に意欲(毎日新聞)
AD