インターネット上で神戸市内の男性の殺害予告をしたとして、脅迫容疑で書類送検された「オタク評論家」で知られる宅八郎氏(本名・矢野守啓)(47)について、神戸区検は不起訴(起訴猶予)処分にしていたことが1日、分かった。処分は31日付。

 区検などによると、宅氏は昨年3月、神戸市東灘区の音楽評論家から「アキバ系」とからかわれたことに腹を立て、交流サイト「ミクシィ」内の自身の日記に名指しして「ぶっ殺す」などと書き込んだとして、兵庫県警東灘署が脅迫容疑で同年10月に書類送検していた。

【関連記事】
宅八郎容疑者を書類送検 アキバ系と揶揄されミクシィに「ぶっ殺す」
北九州市長に脅迫文 暴力団追放運動推進中、郵送で
最高裁がネット中傷を「有罪」判断 書き込みに「裏付け」必要…ネット表現の未来は?
小沢幹事長あての金属弾 5件は実弾と鑑定 警視庁
吉本興業に再び脅迫状「どこに居ても、いつでも 手は届くぞ」

京浜東北線、大宮―大船間の上下線で運転見合わせ(読売新聞)
雑記帳 西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)
国歌斉唱「声小さい」 橋下知事、任命式で一喝(産経新聞)
【1都4県週刊知事】千葉 森田健作知事 「県庁の巨匠」になれ(産経新聞)
宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件-神戸区検(時事通信)
AD