2013年10月30日 15時29分08秒

【速報】E7系北陸新幹線F1編成がついに姿を現した!~仙台港~

テーマ:鉄道の話題いろいろ
ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館 -E7系先頭車両
昨日まで、期待ばかりさせてなかなかその姿に手が届かなかったE7系が、ついに仙台港で陸揚げされました。

昨日の記事でも書きましたが、陸揚げ作業は今日の朝8時過ぎから行なわれるということで、それに合わせて撮影計画を立てました。

昨日に引き続き、社長が出かけました(ヒマですね~笑)。
************************

午前7時からその様子を見届けることができました。
作業員さんの姿がちらほらというくらいで、時折フォークリフトが動いて周辺整理などをしている様子はありました。

そして7時10分、クレーン車が旋回を始めました。
動作確認、旋回範囲の確認でしょうか。
そうしてまたしばらくは待機状態が続きました。
クレーン車上では簡単にお掃除をしていらっしゃる姿も・・・。

ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館 -クレーンの旋回  ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館 -クレーン車のお掃除

やがて、時刻は8時をまわり、スタッフさんたちがお揃いになったあと、
クレーンがビュ~~~ンと延びて、いよいよ陸揚げ開始という状態になりました。

見どころはやはり「持ち上げた状態で2台のクレーンの間を通す技術」!
熟練の操縦士さんたちの息の合った、匠の技です。

実は、先に下ろしたのは2号車なのですが、ほとんど同じ画像ということで、
このブログでは先頭車の陸揚げ作業をご覧いただきたいと思います。

ここからはコマ送りの陸揚げ画像をどうぞ。


ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館 -クレーン車による吊り上げ開始  
クレーンのフックがするすると下りて、前後2か所の持ち上げバランスを確認し、

ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館 -E7系の屋根が見えてきた!  
いよいよ持ち上げ初めて「ブルーの屋根」が見えてきました!

ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館 -上半身が姿を現す
ボディーは、屋根のインパクトとは対照的な、シンプルなストライプ。
そんなさわやかな姿のE7系が姿を現しました。

ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館 -垂直に持ち上げられたE7系
ここまで持ち上げられると全貌が見えます。
塗装表面の光沢もいい感じですね。

見どころはここから!
二つのクレーンで持ち上げて、どうやって陸側にもってくるのかな
と心配になりそうな場面。

手前側のクレーンが海方向に少し旋回。
奥側のクレーンが少しずつ陸側に旋回して、
車両の向きがほぼ90度くらい変わるのです。

ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館 -クレーンの間をスルリ!
当然ですが、一切ぶつけちゃぁいけません。

ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館 -ほぼ直角に向きを変えたまま
こうして先ほどまでとは異なり、
サイドをたっぷりとこちらに見せてくれた後、
手前側のクレーンも徐々に陸側に旋回してE7系のボディーは
すっかり陸上の空中(?へんなひょうげんかしら)へ。
ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館 -再び元の向きで陸上へ
それにしても、軽々と運んでいるように見えるのは気のせいかなぁ。
慎重に作業されているのは見ていてはっきりとわかるんですけど、
その重さが、「もしかして思ったより軽いんじゃない?」なんて思えてきます。

ヘッドマーク・鉄道デザイン博物館 -E7系着地!
無事に着陸。
まだ非公開ということでKAWASAKIと書かれたマスクをかぶっています。

おそらく今夜陸送されて新幹線総合車両センターに入ることでしょう。

12月から北陸新幹線区間での試運転を行なうのは、
E7系ではなくてE2系とのことです。
初めての車両ですから、まずはしっかり整備して
既存区間での試運転となるのかもしれませんね(あ、単なる予想です)。

情報によりますと、明日も編成後半が入港するとのこと。
作業を見ることはできるかも知れませんね。
現地でご覧になる方は安全にお気を付け下さいね。


こちらのページでは陸揚げ作業の動画を公開しています。
【ムービー】E7系・F1編成の陸揚げ作業~仙台港にて~



愛称別トレインマーク事典北陸新幹線かがやき号


PR

コメント

[コメントをする]

1 ■陸揚げ後の陸送~\(^o^)/

見てみたいですね~(*´∀`*)

日本車両から搬出されるN700Aの陸送は何度か見たことありますけど(笑)

ニュースでは東京~長野間に先行導入って報道もありましたね♪
東京~長野でのグランクラス利用はなんかもったいないな(笑)

コメント投稿

[PR]気になるキーワード