椿油。

テーマ:



椿油



ワタクシ、固形石けんでシャンプーしてます。


すごくサッパリ洗いあがるので、脂性のワタシ、すごく気に入ってます。

もう、石けんシャンプーをやめることはないと思うんですが…


冬になってから、やっぱり、乾燥が気になるようになりました。

髪の毛の静電気がすごい!

フケも増えた!


冬場に限っては、すこし、脂分を足したほうがいいかなぁーって思って。


スキンケアは、天然成分にこだわりたいなぁーと思っているので、

スーパーに売ってるようなトリートメント等は、ここまで来たら、避けたいなぁーと。


で、らでぃっしゅぼーや でいいのないかなぁーと探していて目に付いたもの。

昔から、髪の毛にいいとされている【椿油】でした!


通常、石けんシャンプーをして、クエン酸でリンス、というコースでしたが、

椿油を垂らしたお湯で、油分を足すことにしました。

まだ、ちょうどいい濃度が分からないんだけど、

やっぱり、しっとりツヤツヤになりました!





大島椿油 40ml


髪にツヤと潤い、ハリ、コシを与える、ツバキの実から搾った100%天然のヘアオイルです。


昔から、日本人に愛用されてきた『ツバキ油』。
その主成分であるオレイン酸トリグリセリドは、私たちの皮脂にも含まれています。そのため皮膚にやさしくなじみ、また、すぐれた保湿・保護効果があるため、お肌のケアに非常に適しているといわれています。乾燥肌や敏感肌の方にもお使いいただけるオイルです

AD

【at】のクレンジングオイル

テーマ:



クレンジングオイル



それからそれから…

昆布豆をコトコト煮ながらの更新、更新…。


クレンジングオイルもらでぃっしゅぼーや で注文。

使ってた【D●C】のバージンオリーブオイルのクレンジング、

オリーブオイルの香りがプンプンしていたので、安心して使っていたら、

「界面活性体」使用ということに、後で気がつき…

気に入っていたけど、もう使うのやめよう…と。


アンナトゥモール 】というメーカーのコスメをらでぃっしゅで扱っていて、

気になってたので、これを機会に注文してみました。


早速使ってるんだけど、柑橘系の香りがほんのりで、すごーく気持ちいい!

完全に天然成分しか使ってないということなので、安心して使えます。


と言っても、ワタシの手持ちの化粧品すべてが天然成分…ってワケではないけれど、

スキンケアは、なるべく自然界のもので…ぐらいの気持ちで使っています。


それにしても、自然派な化粧品の種類が、すごく増えたなぁーって思います。

いろいろ試してみたい!



【at】ピュアクレンジングオイル


14種類の美容成分を配合した、スキンケアクレンジングオイル。

洗い流すタイプで、潤いを残しながらメイクを落とします。


AD

オリーブオイルの石けん。

テーマ:


石けん



ユウトが友だちと遊びに行ってるスキに更新、更新…。


らでぃっしゅぼーや で石けんを注文しました。

シリアの職人サンが作ってるというオリーブオイルの石けん。


洗髪と洗体には、ここしばらくボディーソープにしていて、

一番最近は【松山油脂のボディソープ 】にしてましたけど、

すぐなくなっちゃうし、洗い上がりが石けんのほうがさっぱりするので、

石けんに戻すことにしました。


ボディソープは、ダンナが使いやすいかなぁーと思って始めたんだけど、

ダンナは、香料の入った合成洗剤のほうがいい!と断固使ってくれず、

自分で「ビオレ」かなんか買ってきて使ってるので、

自分の気に入ったものを使うことにしました。


この石けんで、髪の毛も顔も、体も全部、洗おうと思ってますにこ


ちなみにリンスも松山油脂のを使ってたんですが、

なくなってからは、

クエン酸をリンスにしています!

冬場になって、ちょっと髪の毛の乾燥が気になうので、工夫しなくっちゃと思ってるんだけど…

蜂蜜がいいってきいたことがあるんだけど、

どうだろう…。


また研究しようー!




*** 追記 ***

プーペガール で、この石けん【アレッポ】というメーカーの石けんってこと知りました!

今日(11月25日)初めて使ってみましたが、洗い上がりはさっぱり。

香りは、石けん自体はスパイシーな香りがしたような気がしたんだけど、無香料、、、若干、油の香りします。



【アレッポ】石けんノーマルタイプ


アレッポの石鹸 ノーマルタイプは、厳選されたシリア産のオリーブオイルとローレルオイルからつくられた、無添加のオリーブ石けんです。

オリーブオイルとローレルオイルの、使用比率は90:10。アレッポの石鹸は3昼夜釜で焚き、ゆっくりと時間をかけてつくられます。

釜で焚いてからひとつひとつ積み上げられ、最初は緑色だった石鹸の表面が徐々にアメ色に変わっていき、1-2年の熟成期間を経て完成します。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、汚れは落としつつも脂肪酸を補います。

洗い上がりは、しっとりなめらかです。体だけでなく髪の毛も洗えます。



AD

台所洗剤。

テーマ:


台所洗剤



香水みたい…、でもこれ、台所用洗剤。


細々と、石鹸生活続けてるの。

今は、洗濯に続いて、台所用洗剤も、シャンプー、ボディシャンプーも、合成洗剤やめますた!


洗濯は、ダンナが洗濯係になって、粉石けんを溶かすところをやってくれないので、リキッド洗剤に、

そのため、台所洗剤も、専用のものを買うようになっちまって…

やっぱ、割高なんですよねー

本当に一番いいのは、粉石けんを、とろとろ石けんにして使う方法なんだけど。

惜しみなく使えるしー。


今は、いろんなメーカーのを、いろいろ試し使いしています。

なんてったって、高いので、でも、ワタシ、泡がいっぱい出ないと洗った気がしないので、

じょばじょば使っちゃって、すぐになくなってコストかかりまくり…(涙)


今日から使い始めた、このオシャレな台所用洗剤は、Marks&web というところの。

ラゾーナ に入ってたので、試しに買ってみました!

ほのかに香りがついてるような気がする…(オレンジ系…)

ルックスがすごくかっこいい!所帯じみてないっ!

ほかの、ボディーシャンプーや石けん、シャンプー類も気になるなー。


でも、ワタシの一押しはやっぱ、粉石けんをとろとろ石けんにして使う方法だなぁー




昨日は、土曜日の無理がたたって、ぐったりしてました…

本当に体力がない・・・・・


でも。


やっほーっ!

換気扇のそうじが終わったー!!


大物が、ふたつ終わったので、ほっとしました…


でもまだまだまだ…

やっぱり、12月は台所の大そうじの月、、、ってことにしようかな(消極的)


換気扇 換気扇


換気扇のそうじも石けんで。

とろとろ石けんを使いました。


さちねえサンからの質問があったので、ちょっと補足。

石けんは、洗濯用石けんと、前の記事に書きましたが。

衣服を洗濯する石けんです、、、あの、粉状の。


あの、洗濯用石けんを半カップを、お湯500mlで溶かします。

冷めると、ちょっととろとろした液体になるの。

それが、とろとろ石けん。

ちょっと、今、使い切ってなくなっちゃったので、今度作ったら、写真撮りますわ。


換気扇、全部はずして、ちょっとお湯で油汚れを溶かしてから、アクリルたわし(これも、前に写真載せたことありますが、また、写真撮って載せますね!)にとろとろ石けんをつけて、こすり洗い。

本当に、よく落ちました!


手前の網目のところ以外は…


網(フィルター)は、複雑になってたので、とろとろ石けん+歯ブラシでゴシゴシ。

ちょっと時間がかかりました。


ところで。

石けんのすごさは、汚れを包み込んでくれるところ。

油汚れのそうじの後って、使ったスポンジとかたわしが、ベタベタになって、その後使いものにならなくなった…ってこと、ありませんか?


雑巾


これ、換気扇のフードの汚れを、とろとろ石けんでそうじして、ウエスで拭き取ったもの。


雑巾


汚れウエスをお湯ですすいだだけで、これぐらいキレイになるんですー。

コレにはビックリ!

合成洗剤と違って、石けんは、汚れを包みこむからなんだそーです…



よし!

今度は、どこやろう…、次々、行こう!!

はぁー、もう…

ついでに、もう1箇所!!


やっぱり気になっていたところ。


台所の壁 miniクリックすれば、ちょっと大きくなるけど、あまりおススメしない…


ガス台、横の壁。ふぅー。

ガス台、どかして撮影しております。


汚れた!と思ったら、すぐに拭けばいいのに、ねー。


ウチの台所、ガス台~シンク周りは、ホーローになってます。

汚れが落ちやすくて、気に入ってます!

でも、ホーローは、研磨剤で磨くと、傷がすぐにつくので、要注意!!

つやもなくなるし、次からの汚れが、その細かい傷に入り込んで、落ちにくくなるそうです。

いつもは、マジックリンのお世話になってるんだけど、今回は、コレに…


アワアワ


おいしそうでしょー?…なんつって。


ホントはもっと、もっこもっこりにアワアワさせたかったんだけど。

洗濯石けん大さじ1に、お湯カップ1杯を、泡だて器で泡立てたもの。

(石けんだよ、合成洗剤じゃないよ。)

ハンドミキサー(だっけ?)を持ってる方は、それで泡立てると、もっこもっこりの泡になるらしい。


石けん水を泡立てたのには、ワケがある。


それは、壁につけた石けんを、そこにとどめるため。


このもっこもっこりのアワアワを、壁に塗って、しばらくしてから、アクリルたわしでこすりました。

アワアワの石けんが、汚れをくるみ取ってくれてます。

しつこい汚れのところは、ちょっと力を入れてこすった…


台所の壁


キレイになったガス台とともに…♪


ついでにガス台を置いてるステンレスのところも、ベトベトになってたので、アワアワもっこり+アクリルたわしでピッカピカにしときました。


石けんって、すごいよねー。

洗濯で使ってる石けんを、純度の高いものにしたのは、他でも使おうと思ってたから。

でも、炭酸塩とかが入ってても、たぶん、問題なくそうじでも使えると思います。


アワアワ石けんを知ったのは、この本から。


赤星 たみこ
気持ちよく暮らす簡単家事生活―“石けん”ひとつがキレイの味方!

イヤにならないうちに、次は、換気扇のそうじをしまーす。

でも、今日はもう、おしまいっ




年末に大そうじをするのは、反対派のワタシ。


普段のそうじが行き届いてれば、別に、あえて慌しい12月に大そうじなんてすることないじゃん!


と言うのは、理想なだけでぇ、普段のそうじが行き届いてるワケもなく…miniシュン

結局、12月に大そうじをすることになる毎年なのです。


でも今年は、ちょっと目的もあって、楽しみながらそうじができそう!

今年の大そうじは、せっけん重曹などで、ナチュラルクリーニングを試してみたいので…


まずは、一番気になってるところから。

今週は、台所をそうじしてしまおうと、思っています。



ウチの台所、想像以上にレベル高いですよ…

「また今度…」

と、そうじを溜めたために、非常に危険になっております…



ガス代 ガス台 miniクリックするとちょっと大きくなります…


吹きこぼれてもそのままにしていた受け皿と五徳。

汚れが焦げ付いて、こびりついてます…

恥ずかしいので、写真、ちっちゃくしてみました…えへへ。


この、ひじょーに汚れの溜まったガス台のパーツを、大きな鍋に入れてかぶるぐらいのお水と、大さじ1杯ぐらいの重曹を入れて、ぐらぐら沸騰させ続けること1時間。

お湯が減ったら、さし水しつつ、その間に洗濯などもしつつ…

焦げてこびりついた汚れを、ふやかして浮き上がらせてとろうって作戦。


汚れがふやけてきたら、アクリルたわしとか、プラスチックのカード(ワタシはいらなくなった病院の診察券)で、こそげ落としました。

クレンザーなどの研磨剤で磨くと、細かい傷がたくさんついて、次から汚れがとれなくなるらしい。


…たしかに。

ツルツルのところを拭く方が、デコボコのところを拭くより簡単にキレイになるものね。


なので、できるだけ五徳や受け皿よりやわらかい材質のモノで、こそげとるのがいいらしい…



ガス台 ガス台


五徳よ…お前は、灰色だったのかい?

てっきり、黒だと思っていたよ…


と、これぐらいピカピカになりました!


ここまでするのに、けっこう時間がかかりました…。

汚れは、ふやけて浮き上がったことは浮き上がったんだけど、固く焦げ付いてたので、ゴリゴリこそげ取るのに、けっこう労力が。

1箇所ずつやったから、2日間。

手、痛いよー、、、疲れたよー、、、

もー、汚れ溜めるの懲りた…。



ワタシ、今ふと思ったんだけれどね。

台所、気になってたから一番にそうじしたんだけどね、

毎日使うから、これからも、汚れる機会が多いんだよね…


さ、最後にすればよかったかな???



煮洗いについては、この本で知りました。

婦人之友社編集部
住まいの手入れ―上手な掃除のポイント

重曹を入れるアイディアは、鍋の焦げ付きをとる方法として、何かで読んだ記憶。

何だったかなぁー?



石けん生活事情…

テーマ:

最近、なかなか皆さんのところにお邪魔できなくてごめんなさいー。

コメントも、ちゃんと見てるんだけど、その場で書けずにごめんなさいー。

週末、じっくり回って読んで…ふむふむさせていただきにあがりますー。




今日は、最近の石けんで洗濯…の状況報告。


もう、石けんでの洗濯は、なんの問題もなく毎日やってまーす!

手に入りにくいこと以外は、ほんと、今までの合成洗剤での洗濯と、なんら変わりなく…


とはいっても、あわあわ洗濯法は、合成洗剤のときはしてなかったのですが、

これは、もう、洗濯する行為の一部に習慣化されて、なんの苦労もナシ。


柔軟剤を使ってないので、洗濯物が無臭…(と、ワタシは思う)

ダンナからは少し「油臭い…」というクレームがきましたが、今は、馴れたのか、何も言わなくなりました。

洗濯物の香り付け…については、ただ今図書館で関連本を予約中。

読んだら少し、ステップアップするつもり。



最近ステップアップしたことといえば。


炭酸塩と重曹


石けんを、石けん分99%、無香料のものにして、次のステップへ進もうとしております。


洗濯石けんには、石けん分と炭酸塩が添加されてるのもが多いですよね。

炭酸塩は、石けんの泡立ちを補助する役割があるそうです。

だから、洗濯石けんの場合は、何も添加されていないものよりも、炭酸塩が入ってるもののほうが、汚れが落ちるらしいのですが…


ワタシは、粉石けんを、洗濯以外のことにも使おうともくろんでいるので、何も添加していないものを選ぶことにしました。

それで。

炭酸塩は、単品で買って、洗濯のときに自分で添加することにしました。

石けんの半量弱…40%を目安に入れてます。


我ながら、いい考えやー。


エスケー すっきり炭酸ソーダ


身近な石けんブランドの中では、唯一エスケーが、炭酸塩単品を販売してるらしいです。

ちなみに、炭酸塩と炭酸ソーダは、同じもの。

言い方が違うだけみたいです。


これ、使ってます。


ガラスのビンに移し変えて、「SODA」なーんて横文字で書いたらオシャレかなぁー…なんつっってね。

文字は、ユウトに書いてもらいました。

ついでに、重曹も買って、「Baking Powder」なんつってね…

ガラスのビンは、100均ですぜ…キャンドゥーにありますぜ…


実はもう、洗濯用の石けんを使って、別の石けん生活を始めています。

まだ、実験中なのでぇー。

また、後日、書こうと思います!!



石けんで洗濯…その後。

テーマ:

洗濯石けん


石けんで洗濯…続いてますよー。

ここまでくると、もう、ずっと続くかなぁー。


ずいぶんなれてきて、9月11日の記事 のときより、ずいぶん簡単に(手を抜いて)洗濯するようになりました。


ウチの洗濯機、水位を細かく選択できるようになってるんですが、

一番低い水位は12L。

まず、12Lを選択して、水を貯めながら、洗濯石けんを洗濯槽に入れて泡立てます。

もう、5分も待たず1~2分で、泡立てつつ、洗濯物を入れていきます。

水位が足りなくなったら、洗濯物を入れるのをやめて、水位を20Lにアップ。

水位を上げると、一時泡立ちがダウンするので、泡が復活するのを待って、次の洗濯物を入れていきます。

これを、10Lずつアップしながらウチの洗濯機の水位のMAX45Lまで繰り返し。


この見守る時間は、15分ぐらいかかってるかなぁー。

なんか、洗濯物が回ってるのを見つめる時間って、ワタシにとってはけっこう癒しの時間なんですよね…。


お湯のほうが泡立ちがいいけど、お風呂の残り湯がないときは、フツウに水で。

差し湯しなくても、今の季節は支障なかったです…

やってみるもんだ。


でも、やっぱり泡立てるために、けっこうたくさんの石けんの量を使ってしまってます。

付属のスプーンに1.5杯ぐらい。

2kgの洗濯石けんが、1ヶ月、もたなかったんです…。

ウチ、ほんと洗濯物、多いからなぁー。


洗濯物を減らす工夫が必要…かなぁー、なーんて、思いついてます。


今度の石けんは、イトーヨーカ堂で買ってみました。

イトーヨーカ堂の製品みたいです。

純石けん分98%で、前のみたいに炭酸塩などが入ってません…

なので、泡立ちの補助として、↓これ、入れてます。



アルカリウォッシュ って、重曹と炭酸塩の中間のものらしいです。

今まで使っていた洗濯石けんには、40%ぐらいが炭酸塩だったので、入れる石けんの半分弱ぐらい加えて洗濯してます。


このアルカリウォッシュ、軽い汚れなら、これだけで洗濯できるらしいし、掃除にも使えるらしい。

イラストは、石けん生活で有名な赤星たみこさん

アルカリウォッシュのこと、もうちょっと研究したい。

洗濯の補助剤だけに使うのって、もったいない気がしてきた。


あ。

それから、遅ればせながら、ダンナが洗濯石けんが変わったことに気づいた様子。

なんと、「油臭さが気になる」と。

えーっ!アンタそんなに、デリケートじゃないでしょ…

でも確かに、石けんの元は油。

的は外れてないなー。


柔軟剤を使わないから、香り付け、してないものねー。

すすぎのときに、すこーしアロマオイルをたらすといい…って何かで読んだことあり。

やってみようかなぁー。

洗濯物のためだけにアロマオイルを買うのはもったいないから、この際、アロマのこともかじってみようかなぁー。


あれー。

どんどん膨らむよ…


石けんで洗濯…その後。

テーマ:

今日突然ユウトが、

「おかーさん、ジジって、なにがキライだったー?」

と…


「なんで?」

と聞くと、


「おとーさんがねぇ、スキキライしないでなんでもたべないと、しんじゃうっていうんだよー。

 ねー、ジジ、だから、なにがキライだったのー?」

と…


あまりにおもしろすぎて、すぐにでも電話して、

「ねーねー、ユウトがこんなコト言ってるんだよー。

 何を好き嫌いして、死んじゃったのー?

 ねー、お父さん!!!」

って、聞こうとして自分でもビックリ!


ワタシ、一体、どこへ電話しようとしてたんだろう…

霊界???




という話はこれぐらいとして。

石けんで洗濯しはじめて約1週間でーす!


誰も洗濯石けんが、合成洗剤から石けんに変わったと気づくような人間はおりません…(涙)

鈍感な人間ばかり…

たぶんー、石けんから合成洗剤に戻すことがあったら、そこで気づくんじゃないかと。

無農薬野菜を食べ始めたときもそうだったんだよなぁー。

おいしさには気がつかず、フツウの農薬野菜に戻ったとき、

「あら?なんかまずい…」

と、思ったんだったっけ?



石けん洗濯で気をつけてることは、石けんが充分溶けて、充分泡立ってるかどうか、見守ること。


・そのために、まず先に低水位まで水を貯めて、石けんを入れ、溶かす+泡立てる意味で5分ぐらい洗濯機を回す。


・水じゃなくて、お湯じゃないと泡立ちが悪いので、帰宅したらすぐにお風呂を貯めて、入浴し、そのお湯で洗濯するようにした。


・お風呂の残り湯が確保できない日は、洗濯機となりの洗面台から洗面器にお湯を入れて、さし湯しながら洗濯した。


・あんまり洗濯物が多いと、洗濯層の中で洗濯物が泳がず、汚れが落ちないので、様子を見ながら、ぶち込む洗濯物の量を調節した。



いやー。

こんなに真剣に(笑)洗濯したことって今までなかったー。

めんどくさそうに見えるでしょうが、、、実際は楽しめてます!!

あわあわと洗濯層の中が泡でいっぱいになるのを眺めて、なんだか幸せな気分に…

「癒されるー!」

ワタシ、変わってるだろうか…


今までの洗濯を振り返ると、洗剤入れに洗剤入れて、蓋閉めて、ボタン押すだけ…で終了。

その後は、ちゃんと洗濯物が回ってるかどうか洗えてるかどうか、確認なんてすることなく、終了するまで蓋開けることなんてなかったなぁー。

今思えば、ちゃんと汚れが落ちていたのか、疑問…。


手間がかかるようになったといえば、そうだけど、丁寧な仕事をしてる気分になって、満足してます!


しかし。

石けんだから…ってわけじゃないなぁー、この感想。



あ。

柔軟剤を、使わなくなったので、衣類やタオルの吸水性は、とってもよくなりました。

それから、作業着や靴下などの黒ずみ、、、

洗っても汚れが落ちきらなかったんだけど、

徐々に白くなっていってる感じがします。


それから、石けんの香りも好きです。

なんか、懐かしい香り。


それから、ウチの洗濯物、汗で汚れてるのが非常に多いので、泡が立ちにくい。

なんか、石けんはアルカリ性で、汗は酸性の汚れだから、中和されて石けんの効果が落ちるらしい。

汗で汚れた洗濯物は、下洗いしたほうがよい…っていう文章を見たような気がしたけど、無視して、

洗濯粉の量を規定の2倍にして対抗してるんですけど。

不経済なんですよねー。


だから、ぶりゅーちんおススメの重曹、らでぃっしゅぼーやに頼んでみました。

明日来る予定。


体にも環境にもサイフにも優しい暮らし、目指してます!!