湯町窯



毎回、帰省するたびに、故郷の工芸品を買って帰ろう…と思っています!

工芸品と言っても、ふだん使いできるものがいいです。

何年か前から、このエッグベーカーの存在は知ってたけれど、

使いこなせるかなぁー、しょっちゅう使えるものなのかなぁーと、迷いに迷って…


今回、ようやく決心、買って帰りました!


このエッグベーカー、使い方があるんです!

器に卵を割りいれて、直火で3~4分、火からおろして蓋をして4~5分。

それで、半熟の卵焼きの完成!


直火だから、トースターも大丈夫だろう…と思って、

ミニグラタンを作ってみましたが、成功!

もしかして、小さな茶碗蒸しもできるかも…



日本で作ってるのに、ちょっと英国風でしょー?

この窯元さん、イギリス人の指導を受けたみたいなんですよ!

あと、柳宗理さんのお父様で、柳宗悦さんも訪れた窯らしく、民藝活動とやらの影響を強く受けてるらしいのですよ。


湯町窯のことを調べていたら知っただけで、ワタシ、焼き物、くわしくないのですが…


この湯町窯って、叔父さん(父のお兄さん)の前のおウチの近くにあるんです。

(今は、引っ越してしまいましたが…)

年の近い従兄弟がいて、小さい頃はしょっちゅう泊まりに行ってました。


叔父さんちの脇の路地で、よく遊んでたんですが、

黄色や青の、割れた器や破片が、いっぱい落ちてました。

「失敗したものは、壊して捨てるんだよー」

と、叔母さんに教えてもらいました。

それでも、中には、壊れてないものや、ちょこっとしか欠けてないものもあったりして。


それを拾って、ままごとの器に使ったりしてました(笑)

今思えば、ワタシたち、湯町焼の器で、ままごとしてたのねー(笑)


島根物産館で出会って、なんだか懐かしい感じがするなぁーと、思ったら、

そりゃそーだ、幼少のときに、すでに出会って使ってたんですよ。


エッグベーカーは、OSAMU’GOODSの原田治サンもブログ で書いてらっしゃいました!


全国、いろいろなところに出品してることも改めて知りましたー!

ネットショップでも、取り扱ってるところあります!




  • yuyujin.com

    渋谷にお店があるらしいです。湯町窯の商品だけでなく、出西窯という島根の窯元さんの商品もあるらしい…行ってみたいなぁー。

  • AD

    ぶどう狩り。

    テーマ:


    ぶどう狩り ぶどう狩り



    ユウトの保育園の同窓会で、ぶどう狩りバスツアーに行って来ました!

    もー、ぐったりと疲れましたぁー汗



    まず、朝が早かった!

    6時50分集合。


    それから、勝沼のワイナリー、ぶどう狩り、富士山五合目、霧降高原と、盛りだくさんなバスツアー。

    しかも、小学生といっしょ…


    休まる暇のない1日でした。


    とにかく、ちょろちょろと動き回る小学生一団。(特に男子)

    女子と男子の集団の違いとか、

    男子が5人集まれば、いたずら振りは5倍じゃなく、50倍だということが、

    よーくわかりました(笑)


    「あの子、どこ行った?」

    「あっちのほうで、見かけたけど!!!!」

    なんてことは、しょっちゅう。

    お土産屋の店の中で、走り回る…

    休憩のパーキングで、飛び出しそうになる…

    高速走行中のバスの中で、立ち上がる…


    あーもー、厳重注意してばかりで、おばさん、疲れちゃったよ。

    でも、当の本人たちは、すっごく楽しかったと言ってました!



    小学生の相手も大変でしたが、バスツアーの詰め込みスケジュールは、やっぱ苦手。


    いろいろなところを、バスガイドさんの豆知識をききながら回れるのは楽しいですが、

    ゆったり楽しむのが好きなので、なんせ時間が足りない。

    景色をのんびり眺める…余裕がなかったのが残念!


    でも、回ったところは、とってもいいところでした。


    今度は、家族でゆっくりと回りたいなー。

    AD

    花火大会。

    テーマ:


    花火大会



    今日は、花火大会行ってきました!

    これはもう我が家の恒例行事!!


    毎年、

    「来年はなくなるんじゃないか…」

    と噂されている【鶴見川花火大会】です。


    来年こそ、いよいよあやしい…

    今年から、毎年、花火の日の昼に開催されていた【いかだレース】がなくなってしまいました。

    予算を削られてるんだろうなぁー。

    ここ削らないで、もっと、違うところは削れないものだろうか…


    30分ほどの小さな花火大会ですが、

    家から一番近いところであがるので、迫力満点。

    家からも、充分見えて楽しめるんですが、やっぱり間近で、、、と、今年は河原まで出かけました。


    本当に小さな花火大会なので、人もそんなに混んでなくて、

    始まる時間ぎりぎりに行っても、シートをひいて座って見れるんです。

    買って行ったビールを飲みながら、風に吹かれて…サイコーです!

    出店も出ないし(今年はピザの売り子さんがいた!はじめて!!)

    打ち上げ数も少ない地味な花火大会なんで、穴場なんですよ!



    花火の写真は難しいので、ブログアップ用に昼間、近所の掲示板のポスターを写してきました…

    思い切り、ワタシの影が写り込んでるし。



    いちおうカメラを持って出かけたんだけど、

    写真に写そうと思うと、生花火を楽しめないっ!と思って、写真撮るのはやめようと思ってたけれど、

    ユウトに、

    「しまったね、カメラもってくるの わすれたね?」

    と言われました。

    「あるよー」

    と、結局、何枚か写しました。



    花火大会 花火大会 花火大会



    写した写真見て、つくづく思うわー


    花火って写真で楽しむものぢゃない!!!


    ぱっと開いてまもなく消えて、どーんという音を腹に感じて、かすかに火薬の匂いを感じて。

    やっぱ、これぞ日本の夏!って感じです。


    来年もどうか、この花火大会が存続しますように…




    AD

    帰ってきたぞ!

    テーマ:

    いやー、疲れた!!

    でも、満喫できた!!!


    とにかく、行きの渋滞でげっそり!

    22時間ぐらいかかっちゃったもんね…

    (ちなみに帰りは、まったく混まず、11時間ぐらいで到着。)


    心配だった、お留守番のトモゾウ、元気でした、、、よかった!

    猛暑だったというのに、やっぱり、ネコは暑さに強いんですねー。

    トモゾウは、場所が変わるとパニックを起こすので、

    連れて行くのは、かえって罪なことなんです。


    赤ちゃんのピッピは、連れて行きました。

    子どもなので適応力はあるし、性格が、けっこう堂々としてらっしゃるので。

    案の定、車の中にも、実家でも、すぐに馴染んでました。



    ユウトの朝顔も、5日間も留守にしてたのに、生きてました!

    ちょっとした工夫をしてから出かけたので、なんとか干からびないでがんばってくれてました!

    毛細管現象を使って、留守中の水は、なんとかなったみたい。

    初めての試みだったけど、すごいわー。

    今度から、これで行こう。


    ちょっとお昼寝しまーす!

    日記は、ゆっくり書くことにしよう…



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    鳥取砂丘



    ちゃらちゃっちゃっちゃらっちゃ…

    ってムーディーのおかげで、ちょっと全国区になった鳥取砂丘(笑)


    なんで真夏に、日陰がひとつもないここの観光をチョイスしたのか…

    自分を恨むよ…


    とにかく、暑くて暑くて。

    砂漠に来ちゃったみたいでした。



    鳥取砂丘



    ラクダに乗っちゃうもん…

    砂漠だから………


    なーんて。

    観光用にまたがっただけ…でした。

    またがって写真撮影…¥500.

    いい商売してるなーおぃ。


    国立公園だから、ラクダは入れないそうです。

    散歩をする日もあるみたいだけど、

    暑すぎたのか、風があったからなのか、この日はまたがるだけだった…ちっ。



    鳥取砂丘 鳥取砂丘



    案外、急勾配でした…

    それに、砂が、もんのすごく熱くて。


    ワタシたち、サンダルはいていったんだけど、砂が入って、足の裏、やけど寸前でした(気持ち的に)

    でも、靴をはいて歩いていた人は、

    「靴の中に、砂が入りまくって、熱すぎる!」

    って言ってた(盗み聞き)


    長靴を貸し出ししてたけど、

    砂は入らないけど、これは、蒸れて熱そう!


    夏の砂丘、なめんなよ!とでも言いたげな鳥取砂丘の砂でした。



    鳥取砂丘



    でも、砂丘の頂上の向こうには、広がる青い海!!!!!

    (ちょっと水平線が曲がった写真になってしまったが)

    絶景でした。

    登った甲斐があるってもんですぜ。


    実は、ユウトが座り込んでる向こう、絶壁(に見えた!)で、

    高所恐怖症のワタシは、前に出れず・・・・

    しかも、風が強くて、帽子が飛ばされないかと心配で心配で。


    とにかく早く下山(っていうのか?)したくて。



    鳥取砂丘



    実際、お母さんの帽子は飛ばされたし(笑)


    砂丘の向こう側は、砂浜になってました。

    降りて、波打ち際で遊んでる人も。


    でもまた、一山超えて戻らなくっちゃいけないし。

    体力は、限界に近いしー(ワタシが一番ばてていた…)



    鳥取砂丘



    でもあまりにきれいな景色の誘惑に負けて、がんばって降りちゃったの…



    鳥取砂丘



    こんなの、また、登らなきゃいけないのにさ…


    でも、海水浴場になっていないためなのか、

    本当にきれいな海岸でした!



    鳥取砂丘 鳥取砂丘



    名残惜しそうなユウト。


    隣のワンちゃんたちも、飼い主の方が「もう帰ろう」と言ってるのに、

    砂浜に座り込んで抗議!

    「まだ海に入りたいようー!」

    と。

    結局、最後は、飼い主の方の言うことをきいて、スタスタと帰って行ったけれど(笑)



    ユウトに

    「楽しかった?」

    ときくと、笑顔で

    「楽しかった!」

    って答え。けれども、

    「2度と行きたくない。」

    って(笑)


    真っ赤な顔して、全部自分の足で歩いてがんばってました。

    さすが小学生になったんだなぁー、と。


    ユウトの感想は、ワタシが、エアーズロックを登った時のと、同じ感想だわ(笑)





    いりすの湯



    午前中は、お盆なのでお寺の用事もあり、のんびりと過ごして、

    午後から、温泉に行ってきました。

    出雲いりすの丘 】の裏にある【ひかわ美人の湯 】。

    ネーミングが素晴らしく、そそります…


    本当は、【いりすの丘】の帰りに【ひかわ美人の湯】に行くのが、ベスト観光ルートなんだろうなぁー。


    島根って、日帰り温泉施設が充実してるんですよ。


    湯の川温泉といって、日本三大美人の湯と言われてる源泉からひっぱってきてる温泉には入れるんです。

    入浴料、大人¥500で…お得でしょー?


    内風呂もあるけれど、なんてったって露天風呂。

    久しぶりにお母さんといっしょにお風呂に入って、あれこれ話をしました。

    カメラを持って入れないのが残念。

    すごく気持ちいい空間でした。


    この温泉、何回か、お父さんといっしょに来たこともあります。

    ドライブとカメラが大好きなお父さんは、しょっちゅう、地元の観光スポットに出かけて、

    帰りは、日帰り温泉に寄って休憩してたので、いろんなことを、よく知ってたんですよねー。

    帰省するたび、いろんなところに連れて行ってもらってました。


    免許のないお母さんは、お父さんが生きてた頃のように出かけられず、

    温泉も久しぶり。

    ウチのダンナが、自分がぜひ連れて行きたいと、今日の温泉を計画したんです。

    いいダンナだ(笑)

    お母さんを、お父さんの代わりにいろんなところへ連れて行くのが、自分の使命だと思ってる様子。

    ワタシも免許ないから(笑)




    虹


    夕方、家に帰ると、虹!


    「お父さん、あの虹にのって戻ってくるのかねー」

    なんて、

    お母さんと、乙女なことを笑いながら話しました。


    この日ものんびり、いい1日になりました。





    帰省レポート…琴ヶ浜。

    テーマ:


    琴ヶ浜



    夏ならでは…と言えば、海水浴でしょう…。


    予定通り、【琴ヶ浜 】に行ってきました!


    【琴ヶ浜】は、世界遺産登録で有名になった【石見銀山 】にわりと近いところにあります。

    実家のある松江市からは、ちょっと遠い…車で2時間半かかりました。


    砂浜が、とにかくキレイなところ。

    ウチの実家のほうは、お盆・お盆以降は、海に入るな…と言われてるので、

    (お盆中は、「足を引っ張られる。」、お盆以降は、「くらげに刺される。」という理由です。)

    帰省日程中、海水浴に行けるのは12日のみがチャンス!




    琴ヶ浜 琴ヶ浜 琴ヶ浜 琴ヶ浜



    水遊びはスキなはずなのに、学校のプールは、あまり好まなかったので、

    心配だったのですが。

    海では、大喜びで遊んだユウト。


    浮き輪は忘れちゃったので、海の家で借りました…¥500。




    琴ヶ浜 琴ヶ浜 琴ヶ浜 琴ヶ浜


    魚(たぶんイワシの子ども)を獲ったり(拾った…か)、砂で遊んだり。

    なかなか海からあがろうとしないユウト。


    ワタシ?

    ワタシは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




    琴ヶ浜 琴ヶ浜 琴ヶ浜


    完全防備で浜の住人。

    浮き輪と一緒にパラソルも借りて(¥1000)、日陰で留守番。


    暑くなったら足だけ冷やしに波打ち際へ。

    砂を触ったり、浜辺を散歩したり、、、、、

    暑かったので、のんびりできなかったけれど、やっぱり、自然の中は、気持ちよかったです!


    来年こそ!

    ダイエットして、水着で泳ごう(笑)





    旅支度。

    テーマ:


    ケイトスペード



    もうすぐ帰省、今週の金曜日、仕事が終わってから出発します!


    そろそろ帰省の準備をしなくては…、と、旅行カバンを取り出したものの。

    まだ、中身は何も…


    まずは、計画…だなぁー。



    1度は海水浴に行こうというのは決まってるんだけど。

    琴ヶ浜 っていう海に行こうと思ってます。


    砂時計 (1)/芦原 妃名子
    ¥410
    Amazon.co.jp

    ↑この漫画にも出てきました。

    砂がきれいなので、歩くと、「キュっ!キュっ!」と鳴くので、「なき砂」と呼ばれている白浜です。


    【砂時計】つながりで、仁摩サンドミュージアム も行こうかなぁー



    夏ならではの島根を、楽しんで来たいと思います!


    しっかし、ダルビッシュおとーさんか…

    すごいなぁー、ブレークしまくりだ…


    an・an (アン・アン) 2007年 8/8号 [雑誌]
    ¥400
    Amazon.co.jp