1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-24 22:29:27

ストレスを感じる方は、読むのをおやめください

テーマ:ブログ
昨年、東京都小金井市で起きたストーカー刺傷事件の裁判を傍聴しました

この先のブログの内容は、怒りや嫌な気分になるかもしれません。
ストレスを感じた方は、読むのをおやめください。
お手数おかけします。
よろしくお願いいたします。

全面を覆う、ついたての中にいた
被害者に遭われた女性が
震える声で事件当日の状況を話された

ナイフで首を刺された時
クチの中にあふれ出た血を感じた
意識が失いかけてゆく中で
うつ伏せに倒れた女性は
背中を肺に到達するまで強い力で
何度も何度も刺し続けられ
全身の34ヶ所をメッタ刺しにされた

神経を切り裂かれて、いまだに麻痺が残る身体
顔を刺されたせいで、視力の低下と
顔面の神経が麻痺してしまい
歩行しても視界が遮られてぶつかってしまう
食事の際もクチも満足に開かない
水分を取る際をノドを刺された後遺症でままならない
今後、どんなにリハビリをしても
後遺症は完治しないと診断されたと
涙ながらに話されていた女性

この言葉から想像を絶する痛みと恐怖心が伝わった

その間、被告人は大きく咳ばらいをしたり
弁護人にメモを渡したり
突然、大声で叫んだり
被告人が強制退廷される時も
被害者の女性がいるついたての
真横で怒鳴り声をあげた

法廷内で被告人が怒鳴る異様な光景
被告人の悪態を見た誰もが
反省ではなく再犯を感じた

自分の思い通りにいかないとメッタ刺しにする
そんな獣が同じ敷地内にいるだけでも
女性はどんなに恐かっただろうか
恐怖心は計り知れない

憶測ですが、顔や身体をメッタ刺しにされたせいで、ニュースで見ている女性の面影は、今はもうないと思います

今現在も怪我のある箇所を
毎日、毎日、傷口の包帯を変えなければいけない
毎日、毎日、傷口を見なければならない
あの日の惨劇を忘れることは一生ない
しかも逆恨みを持つ獣が、いずれ塀から出てくる

この先、自分以外の家族や友人に危害が加えられるのではないかと思うと、、、
女性が法廷で意見陳述をされていた

その言葉を聞いた時
大切な人たちを守る為に
自らの命を犠牲にしそうな気がして
胸が張り裂ける思いだった

被害者の女性は体調を崩し、車椅子で退廷された

この先、被告人と弁護人、司法、メディア、世間と戦い
完治しない重度の後遺症と恐怖心に一生苦しむ

検察側の求刑は17年
実際は、その年数より少ないと予想してしまう
判決が出ても弁護人が上告するだろう

事件を犯した時に加害者が怪我をすれば、無償で治療が受けられる。逆に被害者の場合は、治療費は自己負担、申請しても一部しか負担してくれない日本の法律

今後、治療とリハビリに莫大な費用と時間がかかる。
怯える女性や家族を誰が守ってくれるだろう
また、あの惨劇が繰り返されるまで耐えなければいけないか
それで本当にいいのだろうか

加害者の人権が考慮されて
被害者の人権はないがしろにされる

あんな獣に狙われたら、ひとたまりもない
回避する術がない
唯一、あるとするなら
やられる前にやるしかない
それ以外に何の手立てもない
あまりにも悲しい、、、


今までの判決がこうだから、前例がないからと言う理由では判断しないでください。
今後同じような事件が二度と起きないように
私みたいに苦しむ人がいなくなるように
この事件で厳しい判決を出していただきたいです。

被害に遭われた女性の意見陳述書の最後に記された言葉です

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み