怪我にお手玉

テーマ:

スポーツ上達アドバイザイーのムラタグです。


先日、東大ラグビー部の夏合宿に行ってきました。

ラグビーに怪我はつきものとは言え、

10人ぐらい怪我人がいました。


夏合宿に怪我とは、気の毒です。

強くなりたいけど練習はできないので

気持ちは焦る。できるトレーニングも限られる。


だからって偏ったトレーニングを過剰にやっても

肝心の患部の回復が遅くなります。

気持ちもネガティブになりがちです。


気持ちをリフレッシュしてポジティブに変えていくためにも

怪我でもいいトレーニングができるように

怪我人メンツにコーディネーション・トレーニングを課しました。


「怪我してラグビーの練習できなくても、それをポジティブに考えようぜ。

 逆境もチャンスだ。今、君達はチャンスの真っ只中にいる。」


私の車の中に入ってるコーディネーション指導セットを渡しました。

いろんな種類のボールが100個ぐらい入ってます。


まずはお手玉を練習します。

お手玉は力加減の識別能力、

リズム能力、定位能力の絶好のトレーニングです。


1.2個でローリング 右回転、左回転


2.2個でクロス投げ 両手で平行投げ


3.利き手の片手で 平行投げ 右回転 左回転


4.3個でお手玉 クロス投げ


5.利き手と逆の片手で 平行投げ 右回転 左回転


6.3個でお手玉 右回転 左回転


7.3個でドリブルお手玉 壁当てお手玉


8.二人で5個のお手玉


9.ボールの種類を混ぜて行う。(テニスボールとバレーボールとラグビーボールとか)


といろいろなバリエーションのお手玉があります。


wacky beppu2 otedama



足首を捻挫してても、肩を脱臼しても

神経系を鍛えるコーディネーション運動なら

できる練習がたくさんあります。


指導者の皆様、選手の皆様。

怪我は怖いですが、しちまったもんはしょうがありません。

逆境はチャンスです。


「できない」と思う前に

「何が出来るか」「どうしたら出来るか」考えましょう。


今日も皆様に感謝。







AD

大体大女子ラクロス

テーマ:

スポーツ上達アドバイザーのムラタグです。

ラクロス1

先日、大阪体育大学ラクロスチームの女子大生に
コーディネーショントレーニングを教えてきました!


コーディネーショントレーニングは

英語で書くと、Coordination Trainingです。


Co は協力、ordinationは調和だから
脳と体の協調性のトレーニングです。


感覚受容器と脳による測定力、すなわち感覚神経系と
脳による身体の調整力、すなわち運動神経系を鍛えます。


コーディネーション能力は、7つに大別されます。


バ バランス
リ リズム
へ 変換(運動を変える)
は 反応(すばやく反応する)
し 識別(ちょうどいい力加減などを識別する)

て 定位(位置情報の測定)
れ 連結 (運動をつなげる)

っつGO!と覚えます。(^^)


いろいろな動きで、脳の神経のシナプスを繋げていきます。
すると初めての動きの習得スピードも上がっていきます。
思ったとおりに体を動かせるようになります。


スポーツのゲーム中に状況判断力と実行力が上がりますので
競技力の向上に役立ちます。


以前、バドミントンの日本女子ダブルスチャンピオンの

潮田選手にコーディネーショントレーニングが教えたときは

あまりの習得スピードの速さに驚きました。

はじめはできなくて悔しがってるんだけど、「ちょっとまって!できそう!」と

練習してるうちにできるようになってしまいます。


強くて巧い選手は、コーディネーション運動も上手です。

逆に言うと、コーディネーショントレーニングをすると

強く巧くなれます。

今回は打谷コーチがいい写真を撮ってくれましたので
実施したトレーニングの一部をご紹介します。


ぐるぐる

肩を触りながら、右肩が前回転、左肩が後ろ回転。

できますか?


心臓に近い部分を動かすので心拍数を上げて

全身の血流をよくする効果もあります。


脚の間

脚の間に前から腕を通して外側から脚の甲を触ります。

そのままジャンプしたり前後に歩いたり・・・。


頭固定

頭の位置を固定したまま、ステップを踏む練習。


人間の脳は、計測装置であり制御装置です。

だから、プレー中に脳が上下に激しく動いてしまっては

計測と制御に誤差が出てしまいます。

強い選手はプレー中の頭の上下動が少ないのです。


ポンパンパン

これは、全身後だしじゃんけん。

私がだした「グー」に対してみんな脚と手と口で「パー」を出してます。

後出しでいいからmなるべく早く勝つじゃんけんを出します。

じゃんけんポン!ポン!ポン!と次々にやります。


「じゃあ次は後だしで負けてください」と指示すると相当反応速度が遅くなります。

人間は負けようと思ってじゃんけんをしたことがないからです。


上級者編としては、

「次は下半身は勝ってください。上半身(口と手)は負けてください」

と指示します。

じゃんけん

上の写真では、私が「グー」を出してます。(^^)

上がチョキで下がグーです。声は「チョキー」が正解です。


これは超難しいです。とたんにみんな間違えだします。

私は「グー」とか「チョキー」とか適当に出すだけなので超ラクチン。

みんな「うー」とか「あー」とかいいながら四苦八苦します。

快感です。(^^)

ラクロス2
これは、私が教えたいろいろな動きのポーズ?での記念写真。


・・・。

とても楽しそうね。

本当にノリのいいかわいい娘たちでした。


体育大学の卒業生が、コーディネーショントレーニングとeコーチングを

覚えて体育教師になってくれたら日本の体育はもっと楽しく賢くなると思います。


ニッポンスポーツを強く賢く面白く。

今日も皆様に感謝。

AD

毛布バドミントン!?

テーマ:

スポーツ上達アドバイザーのムラタグです。

しばらくご無沙汰しておりました。


奈良県の生駒山地に出張していました。


全国小学生SANYOバドミントン合宿で

コーディネーショントレーニングの指導をしてました。


対象は、全国大会でトップクラスの成績を残して

日本全国から集められた子供達です。

70名余のバドミントン界の明日を担う4年生から6年生

バドミントンのエリート小学生です。

エリート小学生バドミントン

さすがに、みんなバドミントンがすっごい上手でした。

脚さばきのステップやスマッシュのスピードなど

大人顔負けですげーかっこいいです。


私の指導したコーディネーショントレーニングは、

感覚受容器と脳と身体の協調性のトレーニングです。

要するに運動神経をよくします。


まず、全体練習の前後に

全身を思い通りに動かす

「ひとりでできるコーディネーショントレーニング

を指導しました。


慣れない動きでちょっとがんばらないとなかなかできない動きを練習します。


できた人?はい拍手!


とみんなで拍手してます。


拍手は、するのもされるのも、とてもいい気持ちです


体育館に心地好い拍手喝采がこだまします。

これが指導者としての私の作戦です。

どんどん子供達のテンションが上がっていきます。


できると嬉しいので、みんなキャーキャーいいながら大はしゃぎです。

この辺は、普通の小学生と変わらないので、ムラタグは得意です。


バドミントンの競技特性に合わせて

いろいろトレーニングをコーディネートしました。


羽根とラケットで楽しく遊びながら運動神経を伸ばす

「シャトルはともだちトレーニング」

もたくさん考えました。


ラケットと羽根に慣れているトップ小学生よりも、

上手くかっこよく見本を見せなければならないので

私は、隅っこでたくさん闇練習を積みました。(^^)

そうすると近くの子がよってきて思わぬヒントをくれたりします。

これは?これは?みたいな感じで。


ラケットの面上で羽根を転がしたり、

ラケット面から羽根が離れないようにラケットを上下回転させたり、

背面や股下でシャトルをキャッチしたり、

ラケットを左右で持ち替えたり、

ヘディングしたり、キックしたりいろんな動きを創ります。


私も子供達もシャトルと友達になりました。(^^)


最後は「毛布バドミントン」でチームワークを教えました


毛布をみんなで運んでシャトルをネット越しに投げあいます。

こんな感じ。

毛布バドミントン

少しやってから集合させて


「うまくいったときってどんなとき?」


ってきいてみました。


みんなの心がそろったとき!」


と期待通りのかわいい答え!


そうです。

チームで心が一つにならないとうまくいきません。

みんなはひとりのために ひとりはみんなのために」です。


その後はシャトルをバレーボールとバスケットボールに変えて

迫力満点の毛布バレーに変えました。

毛布バレー


・・・・。すげー迫力。


笑顔と歓声が、あちこちではじけていました。

すげー楽しそうでした。


試合終了後は、きちんとネット越しに相手と握手させて

勝っても負けても相手と仲間に感謝。

とラグビーのノーサイドの精神をを教えました。


映像を駆使したeコーチングと

運動神経をよくするコーディネーショントレーニング。

組み合わせるとすごい力になります。


私のパーソナルクライアントの普天王関の躍進がいい成功事例です。

(もちろん、他にもいろいろ成功要因があっての成功ですが。)


最近は「スポーツ上達アドバイザー・ムラタグ」と名乗り始めました。(^^)

ムラタグのグは、グッドのグです。みたいな。(^^)


今後ともよろしくお願いします。


ニッポンスポーツを強く賢く面白く!

今日も皆様に感謝!

AD