本日2回目の
チームワークエンジニアのムラタぐです。


本日、日経新聞朝刊に「チームの心を一つにする技術」の広告が出ました!
3面の下に載ってます。
ありがとうございます。



チームワーク日記「心をこめてありがとう」

こうして新聞に出していただけるというのは
とても嬉しくてありがたいです。


この広告をきっかけに、
全国のどこかにいる、この本を必要としている方に
本が届くことを想像してわくわくしております。


心をこめてありがとう。
今日も笑顔で働こう。
今日も皆様に感謝。


AD

執筆の日々

テーマ:

いつもありがとうござます。
チームワークエンジニアのムラタぐです。


2007年4月、会社宛のある問い合わせメールに
私は心が躍りました。


「チーム作りに関するリーダー向けのビジネス書
 を書いていただけませんか?」


ビジネス書の老舗の出版社
日本実業出版社さんからの嬉しいオファーでした。


著書の出版は、高校生の頃からの夢でした。
私は小躍りして喜びました。
いつか書きたいと思っていました。


すぐに編集さんとお会いして快諾しました。


2007年の5月から企画会議を重ねて
9月にやっと本の企画がGOになりました。


それから私は、原稿を書き始めました。


2008年の3月が発売の予定日でした。
2008年の1月に原稿を出し終わる予定でした。


私が書きたかったのは
すべての人に必要な「感謝」という「在り方」の本です。


しかも、「神」の力を借りた宗教書ではなく、
科学に基づいた現代のビジネス書として
「感謝」という「在り方」を説くという挑戦です。


それは、とても困難な挑戦でした。


書店のビジネス書のコーナーには
「やり方」で溢れています。


どうやったら問題解決できるか?
どうやったら売れるか?
みんなそれで悩んでいるので
ビジネス書は、「やり方」本が売れます。


だけど、


部下に「感謝」を伝えるには
このタイミングでこんな言葉を言おう!

みたいなうすっぺらい「ハウツー本(やり方)」を
私は書きたくなかったんです。


私の本をよんだリーダーには
そんな在り方の伴わない「やり方」だけの
「うすっぺらいリーダー」にはなって欲しくなかったんです。


いや、私自身がそんな存在になりたくなかったんでしょう。
だから、書けなかったんだと思います。


在り方とは「にじみでる」ものであり
毎日心掛けて少しずつ磨いていくものです。


ハウツー本を書くつもりがない私(在り方を書きたい私)と
わかりやすいハウツー本を作りたい編集者(やり方を書かせたい編集者)


二つの意見は、お互いが正論であり、反論であり
水と油のように一つになれないでいました。


私は、手を変え、品を変え
事例を物語形式にしたり、私の人生を小説のように
書いてみたり、在り方を「感じる」ように
工夫してみました。


「まだまだです。どんどん書いてください。」
「締め切りが迫ってきましたよ」


執筆作業を終えて骨休みとなるはずの
2008年1月の妻との沖縄旅行中にも
私は、何時間も執筆してしまいました。


やっとの思いで書いた原稿。


「渾身の原稿できました!」


自信をもって提出。数日して

「ちょっと作りたい本と違います。
 もっと具体的なやり方を書いてください。」

とボツになりました。


 「原稿の締め切りを延長しますから。発売は後ろ倒しです。」」

また原稿と格闘です。


「締め切りに追われて、渾身の原稿」→「ボツ」→「発売後ろ倒し」

この苦しい状態が1年続きました。


いつまでも平行線のままでした。


「書けん。どう書いたら伝わるんだろう。わからん!」

悩む私に妻がいたずらっぽく笑顔で言いました。

「辛いなら、やめちゃえば?」


金銭面や契約面では、
執筆の仕事は、「やめさせてください」と
頭を下げれば、いつでもやめられる仕事です。


本にならなければ、報酬は発生しないからです。
事前にお金をもらっているわけではありません。
違約金も何も発生しないのです。契約書もありません。


単に、今までの自分の努力と編集者の努力が無駄になるだけです。


「絶対あきらめない。妥協もしない。できるまで書く。」

編集者さんもよくあきめず、いつまでたっても
自分の望む原稿を書いてこない私を見捨てなかったと思います。


「でもなんで、伝わらないだろう!こんなに一生懸命書いているのに」


・・・・。



それは私の問題でした、。


私自身が「在り方」を書きたいという
「やり方」にとらわれていたからです。


ある時期から、私自身の「在り方」が変わりました。


私自身が「やり方」と「在り方」を
アウフヘーベンできるようになりました。


正と反だった私と編集者の意見が合一するようになりました。
やっと編集者と私の心が一つになったのです。


それは、


リーダーの「在り方」を磨くための「やり方」の本を作る

という目的で心が一つになったということでした。

この境地にたどり着くのに
執筆し始めてから1年以上かかりました。


それからの作業は、比較的、楽しくて速かったです。


結局、企画から完成まで一年八か月かかりました。


執筆期間中は、いつも締め切りに追われて、
まとまって時間ができれば、すかさず原稿を書いていました。


自分の仕事も人の仕事も
自分が受けるセミナー講師として実施するセミナーも
テレビも読書もすべて原稿のヒントになることはないか
目を皿のようにして探していました。


寝ている時も夢の中で原稿を書いているときもありました。


うまく書けない原稿と
常に向き合わねばならなかった苦しかった1年でした。


無意識に「やり方」の罠にはまっていた
私には、その1年は必要な期間だったのでしょう。


こうして
「チームの心を一つになる技術」が完成しました。


私が執筆をあきらめなかった理由は、
私自身が、身近すぎて無意識だった
大きな大きな存在に対する当たり前の感謝でした。


どんな感謝だったのかは

次のブログで書きたいと思います。


心をこめてありがとう。
今日も笑顔で働こう。
今日も皆さまに感謝!

AD

いつもありがとうございます。
チームワークエンジニアのムラタぐです。


しばらく私の著書についての思いを
書かせていただきます。


「チームの心を一つにする技術」 


私が、この本で私が最も読者の皆さまに
伝えたかったのは、「感謝」するという「在り方」です。


「やり方」ではありません。
「在り方」です。


「やり方」には、その人の「在り方」がにじみ出ます。


「在り方」は、にじみ出ているので
何をやるにも、相手に伝わってしまいます。


ただ立っているだけでも、ただそこにいるだけでも
在り方は伝わります。


自分の在り方が
相手のやる気を引き出したり、やる気を失わせたりします。


自分の在り方が、自分の周囲に協力者と集めたり
減らしたりします。


「やり方」はケースバイケースで状況に応じて100万通りありますが、
「在り方」は、人間の生きる基本姿勢、原則なのでごくシンプルなものです。


「やり方」は意識できますが
「在り方」は、無意識的です。


潜在意識にある、今までの記憶や経験が私達の在り方を作っています。


上司の叱咤やお客様からのクレームに
無条件に感謝できる人もいれば、意気消沈する人もいます。

困難な状況に直面して


「やった!チャンスだ!だからこそ価値がある!」と感謝できる人もいれば、
「もう、無理!もう嫌だ!」嫌になる人もいます。


前者と後者の違いは、「在り方」です。


「感謝」が大事。


そんな当たり前のことは
みんな頭(意識)では分かっています。

でも、できないんです。

私自身を振り返ってみても
感謝すべきときに感謝できていないことの
なんと多いことか

「わかる」と「できる」は違うからでます。


感謝の「在り方」が伴っていない
感謝の「やり方」は、なんとなく薄っぺらい感じがします。


だから、私は「感謝のやり方」の本ではなくて
「感謝という在り方」の本を書きたかったのでした。

それが、本書の挑戦でした。


しかし、それは困難を極めました。


なぜなら、「在り方」とは無意識的なものだからです。


感謝が大事なことはみんな頭では
わかっています。

しかし、感謝すべきことは
だんだん「当たり前」になってくる。


たとえは今、生きて私達が呼吸しているのは
有難い奇跡です。


ある生命科学者の研究によると
地球に最初の生命が誕生する確率は
宝くじが100万回連続で当たる確率と同じだそうです。

そのアメーバみたいな生物が
分裂を繰り返して植物になり
動物が生まれ、魚類 爬虫類 両生類 鳥類 哺乳類
と進化を繰り返して人類になって
その子孫として父と母がいて私がいます。


さらに、お父さんとお母さんが出逢い、そこに愛があったからこそ
私達は、お父さんとお母さんの子供として
生まれてきて育つ環境が与えられたわけです。


また、
70年前、日本は、若者が国を守るためにと信じで
敵艦に飛行機で突っ込んていった切ない時代があります。


私の父は、あと1年戦争が長引いていれば
戦争に志願していたと言っていました。


私達の祖父や曾祖父が祖母や曽祖母が
戦争で亡くなっていたら私達はこの世にいないのです。


そうおもうととても
私達が生きていることは
とても有難い奇跡です。


そして、私達は、いつか死にます。


今を生きている

なんと有難いことか!

でもそんな有難いことは忘れて
だらだらしたり、いらいらしたりして
もったいない時間の過ごし方を無意識にしてしまっている自分がいます。


「在り方」とは、無意識なので
「考える」世界の話では、なかなか理解できません。


「感じる」世界の話です。


「感謝という在り方」


普段、それを私は、タグラグビーをしながら
感謝の心を「感じる」ことよって


無意識の自分の「在り方」について気づいてもらって
伝えていることです。


それを本というメディアで「感じる」ように
伝えるということが私と編集者さんとの挑戦でした。

私達には、そんな「感じる本」ができたという
手ごたえがあります。


心をこめてありがとう。
今日も笑顔で働こう。
今日も皆さまに感謝。

AD

ありがとうございます。
チームワークエンジニアのムラタぐです。

おかげさまで

「チームの心を一つにする技術」

全国の主要な書店さんに並び始めました。

アマゾンさんでは、一時在庫切れ、
品薄状態になるような勢いで売れているそうであります。


ありがたや。ありがたや。

発売より少し前に
見本が数冊、手元に届きました。



チームワーク日記「心をこめてありがとう」-book


初めて自分の著書が
カタチになったのを見て感無量でした。


皆がお祝いしてくれました。


妻をはじめ
両親、兄弟、師匠、仲間、お客様、
今まで出会ったすべての人々のおかげで本ができました。


チームワーク日記「心をこめてありがとう」-muras


心をこめてありがとう。
今日も笑顔で働こう。
今日も皆さまに感謝!

あけましてありがとうございます。

チームワークエンジニアのムラタぐです。


また私のブログを読んでくださって本当にありがとうございます。

この1年と数か月の間、ブログの更新回数が極端に少なく

特にこの数カ月、完全にご無沙汰しておりましたのには

わけがあります。



本を執筆していました。そして、やっと結実しました。



チームの心を一つにする技術/村田 祐造


日本実業出版社さんから、私の初の著書が出版されます。

どうもありがとうございます!

念願の夢が一つ叶いました。

こうして皆様にご報告するのを楽しみにしていました。


2010年1月21日(木)より全国の書店で発売です。

ともかくただひたすら感謝しています

心からどうもありがとうございます。



この本は、私の本気が詰まった本です。

働く人の笑顔が増える

この一点が本書の目的です。

この本を読んでくださる読者の方や

読者の職場の方や家族の方が笑顔で素敵な人生を送れるように

と願いをこめて、心をこめて書きました。


【読者の対象、本の概要】


職場のチーム作りで困っている
リーダー向けに書いた本です。

本の前半は、理論編。
後半は、実践編で具体的で楽しく役に立つ24のワークが
のっています。

私が企業やスポーツチームの研修で実際につかって

早稲田大学ヨット部の日本一などの結果を出している

ワークをたくさん紹介しました。

ちなみに、リーダーとは、見本になる人なので

役職(マネジメント権限)がついていない
若手社員にもこの本は役立ちます。

もっというと、
本書「チームの心を一つにする技術」は
自分と周囲の人の心を一つにする技術です。


仕事上のパートナー同士のチームワークや
家族や友達や仲間同士のコミュニティのチームワークや
葛藤する自分の心の中にいる「強い自分と弱い自分」のチームワーク
にも役立つ本です。

家族もチームです。
主婦のお母さんだって働いています。

子供の仕事は、勉強や遊びやスポーツです。

みんなが笑顔で働けるようにこの本を作りました。

つまり、本書「チームの心を一つにする技術」は
すべての人が「笑顔で働く技術」です。

この本は職場のリーダー向けに作られていますが

根底にある思いや理論は、人間普遍にして共通のものです。

ですからこの本は、家族やスポーツチームを

最高のチームにするために活かせます。

【本への思い】


1人でもいい。

この本を読んで、働く笑顔が増えて欲しい

心も体も健やかに笑顔で働く人が増えますように

笑顔で働くかっこいい大人達の姿は

子供達の働く夢になります。


笑顔で働く大人を増やすことが私の夢であり使命です。

会社から

「今日も元気にたのしく働いてきたよ!」
と笑顔で帰ってきたお父さん。

「あなた、今日もお仕事ありがとう。」

と出迎えるお母さん。


「こちらこそ、家事と育児ありがとうな」

とお母さんに微笑むお父さん。

子供たちが玄関まで走ってきてお父さん出迎えます。


「お父さんお帰り!僕、お父さんの会社に入りたい!」

「お父さん!大好き!」


そんな家族の素朴な会話を日本中に増やしたい

それが私のこの本の価値であり、私の思いです。

そんな願いをこめて
心をこめて執筆しました。

職場、家族、仲間、パートナー。

チームの心を一つにしたい方が

皆さんのお近くにいたらぜひこの本を紹介して差し上げてください。

きっと喜んでいただけると思います。

心をこめてありがとう

今日も笑顔で働こう
今日も皆様に感謝!