海ゆかば

テーマ:

日本人のムラタぐです。
67年前の1941年12月8日は大東亜戦争で日米が開戦した日です。


その頃の日本人の第二国歌として
唄われていた「海ゆかば」という唄があります。


海ゆかば水浸く屍
山ゆかば苔むす屍
大君の辺にこそ死なめ
省みはせじ

大伴家持の作詞だそうです。


口語訳すれば


海で戦えば水に浸かる屍となるかもしれない
山で戦えば苔むすような屍になるかもしれない
でも日本のためにこそ私達は死ぬのだ
後悔はすまい


という意味です。 


先日
「俺は、君にためにこそ死ににいく」
という映画を見ました。
http://www.chiran1945.jp/


映画は鹿児島県の知覧飛行場から
爆弾を満載した飛行機で敵の船に体当たりしていった
特攻部隊の切ない切ない話です。


大東亜戦争は、日本が諸外国を侵略したのではなく
欧米列国からの侵略からの自衛と
欧米列国からアジアの解放という目的で
戦ったのだということがよくわかります。


そのときの日本人の切ない心をよく表しているのが
海ゆかばです。


あの時、私達の祖父母の代の日本人が
文字通り体を張ってくれたおかげで
現在の日本が繁栄があるのだということがよくわかります。

私達は、彼ら彼女達のために感謝しなければなりません。


その方たちが祀られているのが靖国神社です。


靖国神社への首相の参拝や、田母神さんの論文で
67年前の戦争についてマスコミで話題になります。


私達は、よく学んで、公正な目で、自分の頭で
歴史を正しく認識しなければなりません。


映画「俺は、君にためにこそ死ににいく」は
石原慎太郎さんが製作総指揮にあたった
事実に基づいた映画だそうです。


非常に勉強になりました。
2時間のうち1時間半は泣いてしまいました。


日本人として知っておくべき事実がよくわかります。
日本人ととして見るべき映画の一つであります。


ちなみに海ゆかばはユーチューブで聴けます。
http://jp.youtube.com/watch?v=uINoxvU03Fo


心をこめてありがとう。
今日も笑顔で働こう。
今日も皆様に感謝。

AD

チームワークの旗

テーマ:

笑顔で働く技術の

スマイルワークスのムラタぐでございます。


先日、CLAという若手のビジネスリーダーを育成する

団体の主催で、30代新任リーダー向けに

ラグビー体感型チームビルディング研修を

実施させていただきました。


先日、スタッフのみんなで打ち上げをしました。

キッチンつきのパーティ会場でホームパーティです。


料理の得意な女子がおいしい手料理を振舞ってくれました。

どうもありがとう!


チームワーク日記「心をこめてありがとう」


みんないい笑顔ですな~。


スタッフのみんながスマイルワークスとCLAのマークを

中心に染め抜き、参加者のみなさんがアンケートに書いてくれた

メッセージをプリントして大きなフラッグを作ってくれて

プレゼントしてくれました。


なんという心遣い!

どうもありがとう。


心のこもったプレゼントをもらって

目頭が熱くなりました。

嬉しくて楽しくてありがたかったです。


相手の想像を超えて、驚きと感動を生むのが

最高の配慮です。


配慮。


ラグビー体感型チームワーク研修で

私達がお伝えしたいメッセージのひとつです。


自分のところにきたボール=自分の仕事

人にパスする=コミュニケーションする(提案する。お願いする。引き継ぎをする。などなど)


仕事をパスするときは、ラグビーのように心をこめて

最高の配慮をしようというわけです。



最高のパスをもらって

本当にうれしく本当にたのしく本当にありがたかったです。


事務所の一番目立つ場所に飾らせていただきました。


チームワーク日記「心をこめてありがとう」

ありがたや。ありがたや。




心をこめてありがとう。

今日も笑顔で働こう。

今日も皆様に感謝。

AD

チームワークエンジニアのムラタぐです。


皆さんはブータンという国をご存知ですか?


チベットとインドにはさまれたこの小さな国。

アジアの最貧国の一つでありながら世界で最も幸せな国と言われてます。


その幸せをはかるモノサシがGNHです。


GNHとはGross National Happinessの略で国民総幸福量という意味で、

1976年に国王が提唱したものだそうです。


GNHが高くなるように国としていろいろな政策を実行しています。

すでに行っている調査によれば、

人口約67万人のブータン国民のうち68%が幸福であると感じています。


幸福を感じない国民への対策として、

今後10年間で貧困層縮小に向けた政策を実施、

1日1ドル以下で生活する貧困層を現在の25%から15%に削減したい

というのが国の方針だそうです。

おそらく世界でもっとも国民が幸福を感じている国

仏教国ブータン。


国王がすごいリーダーなんですね。


ブータンを愛している友人が

若き国王の就任演説を教えてくれました。


以下抜粋です。



私はあなた方を決して国王として支配しない。


私はあなた方を両親として守り、

兄弟として大切にし、

子供として仕えよう。


私はあなた方に全てを与え、

あなた方からは何も求めない。


私はこの人生をよき人として、

あなた方の子供達の手本となりうるように生きる。


私のただひとつの目標はあなた方の希望と志を実現することだ。

私は、昼も夜も、親切心と正義、公平さの精神であなた方に仕えよう。

仏教の国の王として、

私の使命はあなた方の今日の幸福を確かにするだけでなく、

あなた方が精神的追求の果実とよきカルマを得ることが

できるような豊かな土壌を作ることだ。

これが私が国王としてあなた方に仕えるやり方である。


以上


心をこめてありがとう。

今日も笑顔ではたらこう。

今日も皆様に感謝。

AD