マラソンランナーのムラタぐです。


東京マラソン 今年も走りました。

6時間20分の激闘の末、今年もなんとか完走しました。


皆様のおかげです。

どうもありがとうございました。


昨年は5時間30分でしたから

50分も長くもがき楽しみ(苦しみ)ました。


去年は妻と並んで走りました。

42km中にかるく喧嘩もして3回ほど離婚しそうになりましたが

お互い励ましてあって最後は仲よく手をつないでゴールしました。


今年は、幸運にも抽選があたったのが

私だけだったので一人旅でした。


マラソンは、よく人生に例えられますが

本当です。


長く苦しいように見えて

実は嬉しくて楽しい道のりです。


不充分な準備は見事に裏切られ

それでも諦めず、見知らぬ沿道の善意の応援

ボランティアの皆様の支援と家族と仲間と声援に支えられて

チャレンジし続けてなんとかゴールに辿り着きました。


まさに人生のようでした。


仲間が撮影してくれた写真でご報告します。

出発1時間前 気合充分のムラタぐ



スタート5分前はしゃぐムラタぐ



3KM地点で

私のビジネスの師匠のハッシー・ル・ヒロシ先輩と遭遇!
併走しながらお互いに励ましあいながら走りました。


4KM地点 まだまだ元気!


5km飯田橋でまつスマイルワークスの仲間

おそろいのともだち握手Tシャツ作りました。

ムラタぐはやくこーい!


きたきた!


ハイタッチ!ありがと!


向こうでハイタッチしてるのが

ハッシー・ル・ヒロシ選手。


この後、わたしはトイレ休憩して

快速ランナーのハッシー・ル・ヒロシ選手とは

飯田橋で別れました。


飯田橋で応援してくれた皆様!


そして応援隊も移動!




私の足取りは、だんだんと重くなりますが


いつも変わらぬ笑顔で迎えてくれました。


つらい気持ちも重い足取りも

仲間の笑顔をみると私も嬉しく楽しくなります。

そして自然と笑顔がわいてきます。

(いや無理やりなときもあったかな?)



そして、疲れタグ!と

思わず安心して弱みをみせることもできました。



特製栄養ドリンク(ノニジュース)に

吸い付いて


42km一度も切れなかった

沿道とボランティアの皆様の応援と

7回も出没してくれた仲間達に励まされて

ひたすらゴールを目指して走りました。


市ヶ谷で併走してくれたなっちゃん&くまちゃん!

大門で応援してくれたハムちゃんたつぞーさん!

浅草橋の給水所で私も発見してくれたおかべさん!

日本橋で激励くださったお義父さんとお義母さん!

銀座で声かけてくれたミカさん!

東銀座で見つけてくれたミサワさん!

応援本当にありがとうございました。

ありがとう東京!


これは41km地点。

歩いてる人より遅い全力疾走です。


42km地点 ゴール寸前です。

全身でもがきます。


「嬉しい!楽しい?」と仲間に声をかれられて

「ありがとー!」と絶叫しながら走りました。



そして感動のゴールシーンはこちらです。

http://www.ntv.co.jp/tokyomarathon/goalmovie/index.html


36366と私のゼッケン番号をいれて

右側のゴールゲートをクリックしてください。


万歳して謎のスキップ?ジャンプをしてゴールしてますな・・・。

とてもうれしかったです。


ゴールの東京ビックサイトでは

新潟の皆様から粋なプレゼントが!

コシヒカリのおにぎりと米粉のパンでした。


震災復興支援のお返しに東京マラソン参加者に

プレゼントということでした。


がんばってます!新潟!

とプリントされていました。

感動です。新潟の皆様ありがとう。



コシヒカリの梅のおにぎり完全に美味しかったです。

食べ終わっておにぎりを配る係りの人に

「めちゃくちゃおいしかったです!ありがとうございました!」


とお礼を言ったら、これあまってるからもっともっていって

さらにおにぎりとパンを6個ずつ大量に頂きました。


おかげさまで応援してくれた仲間達への差し入れができました。

まさに感謝の連鎖です。。ありがたやありがたや。



完走メダルをもらってから

仲間たちと再会したときが一番うれしかったです。


本当にどうもありがとう。


おにぎりたべて元気をだして

最後にみんなで記念撮影しましタグ!


マラソンは個人競技ではありません。

一人では完走できませんでした。

みんなに支えられてチームワークで完走できました。


人生も同じです。


いざというときのために

日常から準備しておくこと。


いざというときに

仲間が自然と応援してくれるような

自分でいること。


今を大切にして

自分がとても恵まれていることに気付いて

今と自分と環境への感謝があれば

どんな辛いような状況でも

きっと人生に辛いことなんてなくなるんでしょう。


人生は、100%嬉しく楽しくありがたく幸せです。


マラソン楽しかっタグ!


走ってるときは、体中痛すぎてどうにもならなくて

来年は絶対エントリーしないぞ!と思いましたが、

もう今すでにまた走りたいです。


まだ体が痛くてヨボヨボしてます。

でも嬉しくて完走メダルを首にかけて仕事をしています。


普段住んでる町を、42kmみんなに応援してもらって

走れる東京マラソンはとても素晴らしいです。


給水所や交通整理のボランティアの方の中にも

感動して泣いている方が多かったです。


来年の東京マラソンは、皆様にも抽選で当たりますように。

心をこめてありがとう。

今日も皆様に感謝。

AD

チームワークエンジニアのムラタぐです。


私の「使命」は
eコーチング(日本eコーチング協会 )と
タグラグビー(スマイルワークスのラグビー体感型チームワーク研修
を究め、広め、家族・仲間・お客様と
喜びを分かち合い社会をよくしていくことです。(^^)


と前回の記事でご紹介しました。


1月27日に実施したタグラグビーで学ぶチームワーク体験会と
2月2日のNPO法人日本eコーチング協会認定
ベーシックパフォーマンスアナリスト講習会の模様を
ご紹介します。


■タグラグビーで学ぶチームワーク体験会


輪になってパスして交流する大人と子供
パス練習


ノーサイド「感謝」のハイタッチ


あー今日もたのしかっタグ!


集合写真
noside


次回タグラグビーで学ぶチームワーク体験会情報

■NPO法人日本eコーチング協会認定
ベーシックパフォーマンスアナリスト講習会


講義するムラタぐ


ワークショップで学ぶ受講生


プレゼンテーションする
ラグビー日本代表テクニカルコーチ
日本eコーチング協会理事長古田さん
Mr.Furuta


プレゼンテーションする
ラグビー日本代表フィットネスコーチ
日本eコーチング協会事務局長太田さん
Mr.Outa


シンポジウムに集まってくれた
日本eコーチング協会の卒業生と受講生の仲間達


次回JECA認定パフォーマンスアナリスト講習会情報

あつまってくれた皆様には、
「楽しかった!もっと学びたい!」「本当に現場に役立つことが学べました!」
とたくさんの感謝のお言葉を頂ました。


とても嬉しかったです。


本当に運ばれて宿って生まれて
命を使えてよかったなーと思います。
皆様に心から感謝申し上げます。


教えることは学ぶことです。

今回、受講者の方から教えていただいた
すばらしい言葉を皆様にご紹介します。


「耳は大きく口は小さく目は優しく」


人は一人では生きていきません。

どんな人にも支援者がいてパートナーがいます。
どんな人にもチームワークが必要です。


相手の話をよく聞いて
言葉は少ないけど的確で
優しく相手を見守ることができる
存在でいたいものですね。


つっちーさん、いい言葉を教えてくれて
どうもありがとうございました。


心をこめてありがとう。
今日も皆様に感謝。

AD

運命・宿命・使命

テーマ:

人類のムラタぐです。


46億年前に地球が生まれました。
38億年前に最初の生命が生まれました。
300万年前に人類が生まれました。


今の私達の命は
38億年かけて運ばれてきた「命のバトン」です。
それが私達の「運命」です。


この広大な宇宙で生物の存在が確認されているのは
まだ地球だけです。まさに奇跡です。


そしてさまざまな偶然と縁がからみあって
「男」と「女」が出会い結ばれて
二人の間に新しい命が宿ります。


それが、皆さんと皆さんのお父さんとお母さんの物語です。
それが私達の「宿命」です。


奇跡と偶然と縁。
今、私が私であること。
皆さんが皆さんであることはまさに奇跡です。


こうやって、みんなに運ばれてきた命、お父さんとお母さんの間に宿った命
そんな奇跡の大切な命を皆さんは、何に使いますか?


それがあなたの「使命」です。


運命・宿命・使命


命にはいつか終わりがきます。
その終わりを意識して
いまある命を大切に大切なことに使っていきましょう。


私の「使命」は
eコーチング(日本eコーチング協会 )と
タグラグビー(スマイルワークスのラグビー体感型チームワーク研修
を究め、広め、家族・仲間・お客様と
喜びを分かち合い社会をよくしていくことです。(^^)


運命・宿命・使命の話でした。


以前、この話を花園での全国大会の前日に
高鍋高校の選手のみんなに話しました。


運ばれて宿った大切な命は
自分らしく燃やして使いまくるものだよ。
明日は、きっとその時。
両親に感謝して自分に感謝して
精一杯自分の命を表現しておいで!
というメッセージでした。


この話をきいてくださった帯同トレーナーの方が
結婚式のスピーチに最高ばい!と言って感動してくれました。


今日も皆様に感謝。
心をこめてありがとう。

AD