今日は、学生時代の親友のNから、メールをもらってとても嬉しかった。

彼は、子供達にテニスを教えるコーチをしている。
この日記を参考にしてくれて、大変面白く読んでくれているそうです。
とても嬉しいことです。

頭から湯気を出していたら、子供から「ラーメン」とあだ名されたそうです。
面白いね。子供って。

彼から、子供にコーチするときのコツを聞かれました。
私の勉強した知識と経験から得たコツを書いてみます。

大原則は「具体的に褒める」ことです。
教えたことができない子をみつけて怒るのではなくて、
教えたことができている子を見つけてみんなの前で具体的に褒めてあげることです。
「はい。○○くんは、僕が教えた通り、ちゃんと何々をやって何々ができていました。偉い!拍手!」
などと褒めます。

そうするとみんな、次からは褒められたいから、コーチの話を真剣に聞くようになるし、
言われたことをきちんと実行するようになります。
子供は褒められることが本当に嬉しいのです。褒めて動かすのが基本です。

山本五十六元帥の名言を肝に銘じて指導します。

言って聞かせ、見せてやり、やらせてみて、褒めてやらねば人は動かじ。」

コーチングの本質をついた見事な名言です。
子供へのコーチングは、小学校の先生のための、参考書がとても参考になります。
跳び箱指導のカリスマの向山先生の「子供を動かず」という本が名著だと思います。


お 怒らない
と 怒鳴らない
な 殴らない


です。子供がコーチの話をきかなかったり、話を理解してなかったり、教えたことができないのは
子供のせいではありません。完全に教える側の責任です。
教え方」「話し方」「指示の出し方」「タイミング」が悪いのです。

だから怒りたくなったときは、自分に矢印をむけて
「あれ?まてよ。今までのおれの指導でよかったかな?」
と検証する必要があります。

母親的(肯定的)コーチング:励ます。褒める。優しい。
父親的(否定的)コーチング:怒る。叱る。怖い。


私は、めったに叱ることはありません。母親的コーチングが95%です。ただし、
人を傷つけたり、思いやりのない、自分勝手な言動がみられたときは厳しく叱ります。
その場合は、その子のプライドを傷つけないように、みんなの前では叱りません。
一人呼んで小声で目を見て穏やかに丁寧な言葉でかつ厳しく叱ります。

普段からガミガミ怒っているコーチからは、子供の心が離れてしまいます。
「またなんか言ってるよ」と無視されるばかりです。

普段は優しいコーチが、たまに厳しく叱る言葉は、非常によく効きます。

がんばれ!「ラーメン」コーチ!
これからもコーチングの話を書きますから続けて読んでね。

AD
今日は私の尊敬する先輩の一人である、中島修二さんから嬉しい報せをもらいました。
PowerAnalysis SimpleSportsEditionを先週納品したのですが、快適に使用しているとのこと。

「今週は早明戦だから、DVDで映像を送ってもらったんだよ。
新幹線で移動中もこれでビデオみてるよ。すごい快適。いいねこのソフト。」
「うちの娘と息子のチームでも、このソフト使ってコーチしちゃおうかな」
と嬉しそうでした。

ご購入頂いたお客様から喜びの声をもらうことはとても嬉しいことです。
修二さんのように映像と情報を有効に使いこなす指導者を日本中に増やすこと。
「映像を使って考える」指導者と選手を増やして、スポーツを面白くすることがのが、私達の志です。
AD
今日は、私達が仲間と取り組んでいるスポーツNPO「エンジョイスポーツ!駒場すいか畑」の活動日でした。
駒場のグラウンドで仲間や学生達やラグビー部のOBの家族を集めてタグラグビーをしました。
40人ぐらいの大人と子供が集まりました。

「エンジョイスポーツ!駒場すいか畑」では、私がヘッドコーチをしています。
私の今までの経験と知識を総動員して、みんなを楽しませるためにいろいろな工夫をしてます。

コツは、競争させること。遊び心を刺激すること。
たくさんの人が達成感を味わえるようなゲームにすること。
大きな声をだしたり、手をつないだり、スキップしたり日常ではありえない楽しさを演出することなどです。

このコーチングスキルは非常に役立つので、学生達に少しずつ学んでもらって
私がいなくても「すいか畑」が育つように、あとを引き継いで欲しいなと思います。

だから今日は、1番弟子の椿原君にタグのルールを説明してもらいました。
いきなり指名されてかなり難しかったと思うけど、なんとかこなしていました。
さすが弁護士を目指しているだけはあります。
人前で論理的にわかりやすくしゃべる、いいトレーニングになったと思います。

最後のあいさつで、こんなことをしました。

「楽しかった人?またやりたい人?」
「いやー全員の手が挙がりました。よかったねー。どうもありがとうございました。」
「じゃあ今から私が皆さんの心を代弁します。今日も楽しかったと今から私が言います。
文末の「た。」にあわせて、自分のタグを外して上に上げて、「タグ!」と叫んでください。」

村田「今日も楽しかっ」全員「タグー!」

最後も盛り上がってとてもすがすがしく楽しい気持ちで終了しました。
どうもありがとうございましタグー!(^^)/~

AD

仲間のGOOD&NEWS

テーマ:
今日は、東大ラグビー部でコーチをしてきました。
体力づくりのための相撲選手権とBKもまぜてのモール練習をしました。

モールのコツをFWからBKに教えさせました。教えることは学ぶことなので。
人に教えているうちに自分のなかで整理されて返って自分がよくわかることがよくあるからです。

「モールってこんなにきちーのかよ。FWってすげーな。」
とBKのみんなは感心しきりでした。
「そうだよ。FWはキツイんだよ。だからBKはミスしないでFWのためにゲインラインをきってくれよ。」
と言っておきました。

その後FWだけでモールの攻防をしたときは、みんないろいろと議論していました。
頭を使ってキツイ練習をするのは非常にいいことです。
私はいろいろとヒントを与えて、研究するように誘導しました。
「モールっておもしれーな。」と誰かがつぶやきました。 その通り。
練習すればするほど、努力すればするほど頭を使えば使うほど、上手くなるのがモールです。

練習の最後にいつもやっているGOOD&NEWSを少し変えました。
GOOD&NEWSは、チームワークをよくするドリルです。
スタッフも含めてチーム全員輪になって、今日あった良かったことを何名かがみんなに報告します。
みんなでその喜びを共有して賞賛するわけです。

次のような効果があります。

1.ポジティブに練習を振り返る。
→またあしたも頑張ろう。という気持ちになる。

2.いっしょに喜んだことで親近感が湧き、それが会話のきっかけになる。
→チームのコミュニケーション

3.みんなの前でしゃべる練習。
→観衆の前でプレーする度胸がつく。


いつもは自分のよかったこと、
たとえば「タックルのコツをつかんでよかった」とかをみんなに報告するのですが
今日は、趣向を変えて、仲間のよかったプレーをみんなに報告してもらいました。

するとみんな嬉しそうにしゃべる。しゃべる。
自分のよかったことは言いにくいけど、仲間のことは言いやすいみたいね。
名前が出た人が次の発言者になり、喜びの連鎖がチーム内に広がってとてもいい雰囲気になりました。

女子マネージャーに「○○くんの快走がかっこよかったです。」
とか言われたらもうあんた。いつ死んでも良いような気持ちですよ。

名前が出て仲間に褒められた人は本当に嬉しそうでした。
また褒められたいと明日も頑張るに違いありません。

人は誰しも他者に認められたい生き物である。自己の重要感を何よりも欲している。」

カーネギーの名著「人を動かす」に書いてありますが、本当ですね。

今日もまた、勉強になりました。どうもありがとう。

今日は関東学院大学ラグビー部の秋山コーチと春口監督にお会いしました。

関東学院大学ラグビー部は、昨季大学日本一の超強豪チームです。
昨季からPowerAnalysis Rugby Professionalを使って頂いています。
選手の個人タックルの精度、個人のアタック成功率、継続率、有効なサポート率などを
PowerAnalysisを使って細かくデータ分析しています。

データのグラフを掲示すると、誰が一番タックルしたが一目瞭然です。
男の子は負けず嫌いですから、みんな励みにして頑張るそうです。
データには映像が結びついているので、特にコーチングしたいポイントがある選手とは
マンツーマンでPowerAnalysisの画面で映像を見ながらコーチングするそうです。

自分の作ったソフトが有効に活用されているのを聞くと本当に嬉しく思います。
今回は、新しく発売したSimpleSportsEditionを紹介にきました。
Rugby Professionalと併用して使ってもらうとさらに強力なコーチングツールになる喜んでくれました。

春口監督が隣の部屋で選手たちとミーティングしていました。
映像をみながら、「今のプレーはいいプレーだねー。」
「このプレーはこの位置からこういう姿勢ではいったほうがいいねー。」
と優しい語り口で、褒める所は褒め、直すところは具体的に直すコメントをされていました。
さすが、百戦錬磨の春口先生だな。と感心しました。
コメントに具体性と情熱と愛情がこもっていました。

PowerAnalysisSimpleEditionを日本中に普及して「考えるコーチング」と「合理的なコーチング」の文化を
広めたいんです。と伝えました。
「いいね。日本ラグビーの発展のために。すごくいいよ。それ。」と春口先生も賛同してくれました。
嬉しかったなあ。

秋山コーチ、春口先生、どうもありがとうございました。

今日は、日本ラグビー協会のレフリー委員会の皆様にPowerAnalysis SimpleSEを購入いただきました。
早速、青山の日本ラグビー協会事務局で委員の皆様に使用方法の説明をしました。

日本ラグビー協会レフリー委員会の皆様は本当にラグビーを愛していらっしゃる方々でした。
皆様の情熱が私にも伝わってきました。

ラグビーの発展のため、レフリーのスキル向上は欠かせません。
トップレフリーには、アセッサーと呼ばれる評価者がつきます。
アセッサーは、レフリーを評価して、レフリーにレフリングを教えるコーチの役目を果たします。

レフリーコーチのコーチングツールとしてPowerAnalysisSSEが採用してもらえました。
PowerAnalysisSSEは、映像とデータが結びつきますから、
改善すべきレフリングの部分や模範的なレフリングの部分を映像で説明することができます。

PowerAnalysisSSEが日本ラグビーのレフリーの向上とラグビーの発展に役立つように
これからもサポートしていきたい思います。

その後は、夏からコーチしている東大ラグビー部の対抗戦最終戦の祝勝会に駆けつけました。
10本花を買っていって上級生の選手とスタッフにプレゼントしました。

ひとりずつスピーチしてもらいました。
胸がいっぱいで泣いてしまって声をつまらせる女子スタッフ。
優勝できなかった悔しさもあるけど、手ごたえと充実感に胸をはる選手。
初対抗戦出場で緊張したけど、今までの努力とひたむきさが実って嬉しそうな選手。
ひとりひとりの言葉に、心がこもっていました。

「本当にこのチームが大好きです。このチームのみんなに感謝したい。」
というスタッフの言葉が嬉しかったです。

私からも、選手とスタッフのみんなにお礼を言いたいです。
今年はたくさん君たちに感動をもらいました。
どうもありがとう。

みんな、これまで充実したシーズンが送れてよかったね。よく頑張ったと思うよ。
でも、まだ最後の京大戦まで1ヶ月あるので、今のチームで戦うチャンスがある。
もっと向上して、今のチームでまた勝って、また仲間と喜びを分かち合えるといいね。

痛かったり、気持ちよかったり。
泣いたり、笑ったり。
ラグビーは楽しいね。頑張れ!東大ラグビー部。
今日は、慶應義塾大学ラグビー部にいってきました。
慶大ラグビー部にはPowerAnalysis Rugby Professionalをお買い上げいただいているので
SimpleSports Editiionをご紹介に行ってきました。

Simple Sports Editionでは、音楽をつけて映像を編集する機能があるので
「うおーすげー。かっこえー」と学生諸君が喜んでくれたので嬉しかったです。
14800円だから個人で欲しい人とかいたら紹介してねー。と営業してきました。

その後、東大ラグビー部の練習をコーチしました。
雨がかなり降っていてグラウンドはぐちゃぐちゃでしたが、私もいっしょにプレーしながら練習しました。
たまには、コーチもいっしょに泥まみれになって選手と練習するのもいいものです。
体を張ってセービングする見本となるように心がけました。

最後に東大のスクラム練習をみて感動しました。
夏から教えてきたスクラムの技術のポイントがよくおさえられていて
いいスクラムを組めていました。

「集大成がでてるなあ、こいつらよくがんばったなあ」と思ってとても嬉しかったです。
練習の終わりにみんなにそれを伝えたら、FWの選手たちはとても嬉しそうでした。

練習は試合のように、試合は練習のように。

自信をもって次の試合に臨んで欲しい。


私達は、今日の感動を忘れない。
今週新発売したPowerAnalysis SimpleSEですが、トップレフリーの桜岡さんに紹介していただいて
東電学園のラグビー部安部先生にお買い上げいただきました。
今までいっしょに仕事を進めてきた水谷と抱き合って喜びました。
いいソフトの自信はあるから、絶対売れると思っていたけど、
本当にお客様に喜んでもらえてこういうの欲しかったんだよ!」と買って頂けたので、
めちゃめちゃうれしかったなぁ。

その後、渋谷のトータルワークアウトというパーソナルトレーニングジムを体験してきました。
ケビン山崎氏という超有名なトレーナーの方ともお話しました。
「要は重いものをもってハアハア言えばトレーニングなんだよ。すごくシンプル。」
「だけど、トレーニング方法ってたくさんあるけど、10個あったら7個までは間違ってる。」
「目標までは最短距離で集中的にただしく効率的にやらないと」
「お腹いっぱいにならないように、腹がすかないようにバランスよく食べるんだよ」
などケビン氏の言葉は、シンプルで真理を内包して説得力がありました。
今日は「すいかクラブ」というタグラグビーのチームでタググラグビーをコーチングしました。
すいかクラブは、東大ラグビー部の女子マネージャーのOGが発起人となり、
私がコーチをしてタグラグビーをして楽しくスポーツをしているクラブです。

す てきな仲間と い つも楽しく か んたんスポーツ! すいかクラブ

という理念で活動してます。
理念というのは不思議なものです。いい理念を掲げてみんなで合言葉のよういつも使っているとかならずそのチームは、理念の目指している方向に向かって行きます。
すいかクラブは理念どおり、すてきな仲間を大歓迎しています。
理念に賛同していただける方ならいつでも大歓迎。
子供達や女性たちときゃーきゃー言いながらタグラグビーをやるのはとても楽しいです。

今日は、駒沢公園を散歩していたら、ワーという熱い歓声が聞こえてました。
ふと気が向いて、駒沢陸上競技場で国学院久我山高校と実践学園のサッカーの試合を観戦しました。

高校生のサッカーのレベルが高いことに驚きました。
速いし、上手いし、スタミナがある。
サッカーは少年レベルからいいコーチングを受けているんだろうなと感じました。

両校とも応援が情熱的でした。メガホンを叩いて最後まで心から応援している姿が印象的でした。
2対1で実践が勝ちました。応援席も抱き合って喜んでいました。

スポーツはいいなーと思いました。情熱と歓喜と涙がありました。
PowerAnalysisはサッカーにも使える分析ソフトです。
ラグビー界での営業が一段落したら、近いうちに両校に営業に行こうかなと思いました。
あー楽しみ。楽しみ。