横浜市 ママと子どもの笑顔を増やす暮らし方レッスン

家事・子育て・仕事 忙しい毎日だけど子どもと過ごす時間を持ってほしい その時間を暮らしを整えることで作っていく片付け術
毎日がちょっと楽しくて楽になるをテーマにお届けします

NEW !
テーマ:

こんにちは 

「やる気アップにつながる 片付けから始める中学受験サポート」 ライフオーガナイザーの梶原あかりです
ブログにお越しいただきありがとうございます

 

いよいよ夏休みがスタートしましたね

 

 

我が家の次男も 19日に成績表を受け取り 待ちに待った夏休みがスタートしました

中学3年生の夏 部活に塾に宿題に・・・ 忙しい夏になりそうです

 

 

40日・・・たっぷりあるように思える夏休みも 

受験生には きっとアッという間です

 

塾の夏期講習はかなりのボリューム

学校別の模試の申し込みも 締め切りがあるので要チェック

学校の 宿題もしっかりあります

 

合間を使っての気分転換の時間も大切・・

 

だからこそスケジュール管理は母親の役目

みんながわかるようにカレンダーに書き込んで いつも目にする場所に貼っておきましょう

 

 

 

その際 ついつい あれもこれも・・・と詰め込みたくなってしまいますが それはNG

 

ぎっしり詰め込まれたスケジュールだと やり切れないものが後ろにずれこみます

その結果 「やり切れない 間に合わない」という気持ちにつながってしまいがち・・・。

 

たくさん予定を詰め込みすぎて「できなかった」という気持ちを味わうのは 大人だって嫌なもの   それよりちょっと控えめくらいの予定をたてて「今日の予定は達成」「頑張った~」で一日を締めくくる方がいい。

 

宿題が終わったら 遊びに行く という約束をして カレンダーに書き込んだのに

結局 ずれこんで お楽しみがなくなってしまうのは もっとNG

 

それって大人から見ると「仕方ないでしょ」かもしれませんが

子どもから考えると「約束を破られた」と感じるかもしれません

約束はきちんと守る  というか・・・やっぱり楽しい思い出 必要です。

 

 

小さくても達成感を積み重ね 頑張った後には ちゃんとお楽しみを満喫する。

その達成感の積み重ねが夏の終わりに 自信になって 成績のアップにつながると思います。

 
 
 
今日のまとめ

 

夏の終わりに慌てないために 宿題をスケジュールは 見える化しておくのがおすすめ

予定を立てる時は 欲張らない

小さくても「できた」の達成感のつみかさねが大切

 

 楽しい夏をお過ごしください

 

私ももちろん 次男のスケジュールを見える化 カレンダーに書き込みました。

思った通り 結構なハードスケジュールです。

夏バテしている暇は なさそうです(#^.^#)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました

今日もごきげんな1日になりますように

 

暮らしを見直して もったいないを解消する 

・お片づけアドバイス レッスンプラン

詳細・お申し込みはHPをご覧ください

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こんにちは 

「暮らしの中のもったいないをなくして 笑顔の時間を増やす」 ライフオーガナイザーの梶原あかりです
ブログにお越しいただきありがとうございます

 

ポケモンGO 日本でも配信されましたね

ポケモン・・・ 長男も次男も 毎週木曜日のテレビと 映画も欠かさず観ていたことを思い出します  懐かしさと 好奇心でスマホにインストール(#^.^#)

 

自宅のリビング 私も足元にいたポケモンを一体ゲット(^_-)-☆

 

でも 基本外でやるゲームのようです

歩きながらポケモンを探す となると やっぱり危険につながります。

進めていくと課金という罠もありそうです。

 

「楽しい」の範囲で楽しみましょう

 

歩きスマホはやっぱり危険ですね

 

 

とはいえ 次男はまだ ガラケーです。

 

この7月で 2年になるので スマホの購入も考えましたが

成績が 芳しくないので 見送り(^-^;

やはり 高価なものなので 理由がないと 買ってあげるわけにもいきません。

 

でも・・・周りの友達は90%がスマホとiPhone 

部活の連絡も 今ではラインが中心のようです

 

欲しかったら 頑張るかな・・・

でも・・・ 「俺はいらない」って言ってたし・・・

 

人参になってくれるといいのに と思いながら様子見です。

 

 

さて・・・次男はいつ人参にありつけるのでしょうか(^-^;

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました

今日もごきげんな1日になりますように

 

暮らしを見直して もったいないを解消する 

・お片づけアドバイス レッスンプラン

詳細・お申し込みはHPをご覧ください

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは 

「暮らしの中のもったいないをなくして 笑顔を増やそう」 横浜市 緑区のライフオーガナイザー梶原あかりです
ブログにお越しいただきありがとうございます

 

今日のテーマは 昨日の記事では書ききれなかった 小学6年生のお子さんのお部屋のことです

 

お母さまのイライラポイント

 

プリント類がぐちゃぐちゃ 

毎回 毎回 プリントを探すのに時間ばっかりかかっている

➡ 時間がもったいない

  そんなことをしているから効率が悪い 

➡ 成績が上がらない

 

机の上がゴチャゴチャ

勉強をすぐにできる環境になっていない 

➡ 上に同じ

 

画像は写真素材のサイトからお借りしたものです

 

もう一つ 隠れたイライラポイントがお子さんの成績のこと(実はこれが一番のネック)

親御さんが 「行かせたい」と熱望している中学校と 現実のお子さんの成績とのギャップ

 

「こんな成績をとっていたら どこにも受からないんじゃないか」

倍率のこと 子どもの成績のこと  親には現実が見えるだけに この焦りがイライラとなって

お子さんの勉強への 突っつきになる

そうすると 昨日も書きましたが 空回りしてしまいます

 

行かせたいと熱望している学校が お子さんの「行きたい」と一緒なら 共に目標に向かうことができますが

 

違う場合は・・・ 

誰がする受験なのか

誰が通う学校なのか よ~~く考えてみましょう。

 

受験をするのも 通うのも「お子さん」ですよね

 

 

中学受験 2人の息子経験して思ったのは

どんな受験になるかは 志望校とお子さんの成績によって様々だということ

すべてのお子さんが偏差値65を目指すわけではない ということ。

 

志望校に受かるということが第一目標です

なので お子さんの成績と目指す学校によって受験勉強がめちゃめちゃハードなものになるか そんなにシャカリキにやらなくても大丈夫かが違ってきます

 

 

とはいっても 中学受験は一発勝負。

当日持てる力を出し切るためには 日々の積み重ねはとても大切です。

頑張らなきゃならないことも 我慢しなくちゃいけないことも たくさんあります

 

「自分のため」だからこそ 我慢もできるし頑張ることもできる。

 
ですよね
 
「○○中学校に通う息子の保護者になりたい」なんて思っていますか?
そもそも誰のための中学受験なのか・・・
 
もう一度・・・言いますよ
受験をするのはお子さんです 
その学校に通うのもお子さんです 

 

 
ということで お子さんの学習スペースを整えてまいりました。
 
学校の教科書  塾のテキスト テスト プリントを分類
やろうと思った時に 探し物から始めなくていいように 
すぐに取り出せる仕組みを作り 整えてきました
 
環境を整えることで 勉強へのテンションが上がります
探し物の時間を減らして さっと宿題ができるのは気持ちがいいですものね
 
でも・・・もう一つ 隠れたイライラポイントのお子さんの成績のことは お部屋が解決してくれるわけではありません
 
どういう受験にしたいのか・・・
誰のための受験なのか・・・
 
もう一度ご夫婦で または塾の先生とお話をされてみることも必要だと思います
そして ここからの7か月 周りの大人が気持ちを一つにして 目標に向かうお子さんをサポートする(イライラをぶつけることはNGです)
その気持ちがお子さんにきっと伝わるのだと思います。
 

してよかったという中学受験 を目指しましょう。

 

 

 

もったいないを減らして 笑顔の時間を増やしましょう。

 

今の暮らしを見直して もったいないを解消する 

・お片づけアドバイス レッスンプラン

詳細・お申し込みはHPをご覧ください

 

最後までお読みいただきありがとうございました

今日もごきげんな1日になりますように

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)