違い

テーマ:

素敵な写真をツイでみました。宇治平等院鳳凰堂。(写真はyuki minami様のツイより)

日本の建築物は、同じ木造でも中韓の建物より繊細かつ合理的にできているように見えます。

だからこそ幾多の災害も乗り越えて1000年超える時間を存在したのでしょう。

2国は、木というより石という感じの方が強い。一見似通った寺社建築であって

この美しさ、繊細さ、しなやかさは日本建築のものだと思います。

日本の文化は、守る、継承すると言う形でつながってきました。時の統治者が代わっても・・・。

しかし、かの国の場合、統治するためには残っていることが不都合だったようで、壊すことが統治でもあるように見えます。だから、文化的歴史的記録等が少ないのだと思います。

守りつなげる文化と壊す文化。

 

 

 

AD