存在の耐えられない軽さ

テーマ:

今ここにいるという、自分の存在は、

今自分がここにいるからじゃなくて、

君がそこにいるから。


「人は一人で生きてるんじゃない。」

って良く聞くけど、


今までは、色んな人に助けてもらって今の自分があるんだ。

っていう解釈だった。


でも、

何かそういう感じじゃなくて、

自分っていう、

なんていうか「物体」が

誰かがいることによって現れるんだ。

って解釈なのかって思った。


君が僕の名前を呼んでくれて初めて

僕はそこに存在する。


悲しいけど、そうなんだ。


だから人は簡単に姿を消すことができる。


だから一人の時は途方も無く長い人生に嫌気がさし、

過去を振り返り、溜息をつく。

AD

コメント(54)