ゼロリセット・・・自己を取り戻す旅

私が私自身に帰り、あなたがあなた自身であることに気づいた時、一人一人が自分自身の能力に気づき、自分自身の輝きを発揮できる、と信じています。様々な捕らわれから解放され、自由なあなた自身にかえってゆけるよう、心と身体の両面からお手伝いします。

NEW !
テーマ:

こんにちは、
人生を0リセットする
セラピスト三田純です。


なんとなーく、
梅雨を思わせるお天気。
あなたは如何お過ごしですか?


私は、
やっと、昨日で5月
の行事が終わり、
ホッとしているところです。


{BD7A495B-EB4C-4235-B2E1-F781DBE405D5:01}

東京の表参道、CTWでの
「世代間連鎖のループから抜け出し、
自分の人生を取り戻したいあなたへ」
と題してのセミナー
が終わりひと段落しました。

アシスタントに入って下さった
皆さんの温かいご協力を得て、
満足度の高いセミナーになりました。


好評だったので、
名古屋でも開催する予定です。




内容は、こんな感じです。


ハムスターハムスターハムスターハムスターハムスター


私たちは、
お母さんのお腹に入った時から、
外界に出た時の生き方を
母親を通して学び始めます。


そして、
産まれた家庭において、
私とはこんな人という
「セルフイメージ」や、
「人生とはこんなもの」
という人生の鋳型の様なものを
毎日の生活を通して刷り込まらます。

そして、
背中の見えないリュックに
無意識に背負いこんでいきます。


その鋳型は、
家庭の中心となる夫婦もまた、
その上の世代から受け継いでおり、
世代を重ねながら、
その家庭独特の世界観が
出来上がっていくのです。


この面々と続く
先祖からの連鎖伝達のことを
「世代間連鎖」と呼びます。

私たちは、
この先祖から受け継いだ
生き方のマニュアルを、
背中のリュックに詰め込んで
生きています。
(殆ど無意識ですが)


このリュクの中には、
生きる上で役に立つこともあれば、
勘違いからもつれた愛憎劇も、
先祖の成しえなかった課題も、
もうこの時代には合わなくなった価値観も、
誰かが気付いて整頓しない限り
そのまま詰まっています。


さて、
あなたのリュックの中には
何が詰まっているのでしょうか。

先祖から受け継いだ
リュックの中身が重くて、
生き辛いときは、
そろそろ
リュックの中身を点検する時
かもしれませんね。


❖セミナーの内容❖
●世代間連鎖がどうやって作られるのか
●繰り返されるループは、どうなっているのか
●自分のリュックの中身を見る(ワーク)
       ・先祖から何を引き継いでいたのか
       ・自分に何か起きていたのか
       ・何を変えていくのか 
       ・自分は家庭の中のどの位置で、
          どういう役割を担っていたのか
●そのループからどうやって脱出するのか
●変化させる恐れにどう対処するのか


❖このセミナーから
あなたが得られるものは?
●自分がどういう環境の中で何を
   してきたかに気づく
⚫︎自分が何を背負っていたかを知ることができる
●自分も相手も責めなくなる
●自分の責任と相手の責任の仕分けができる
●適切な距離を保てるようになる
●心に余裕ができる 
●家族がお互いの存在を認め、仲良くなる
●自信がつく 
●受け取り上手になる(愛情やプレゼントなど)
などなど、まだまだ沢山あります。


負の世代間連鎖を終わらせ、
自分本来の本質から生きる
人生を取り戻したい方は、
是非ご参加下さい。



ということで、
日程が決まりましたら、
また、告知致しますね。



AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{76AA004A-BF6E-4AEB-900A-907A1E65D3FF:01}
うーん、綺麗じゃー!


 
今日のセッションが終わったのは、7時過ぎ。
さあ、帰ろう!

リュックを背負って、前のカゴに本や書きかけのレポートの入った手提げを入れて、チャリンコで家路についた。

周りはもう薄暗い。

道の脇の田んぼの中央が盛り上がっていて、何か動いている。
よくよく見ると鳥が2匹いるらしい。

毎年カモを放し飼いにしているので、今年もカモが来たんだな~、とチャリンコを止めて見たが、薄暗くてハッキリ見えない。

自転車に乗ったまま、足でアスファルトを蹴って後ずさりして、少しでもカモに近寄ろうとした。


あー、ちょっと左に寄り過ぎたかなー。

と、思った次の瞬間に、自転車ごと田んぼに後ろから落ちていた。 


田んぼから道までの高さ約1m。

カゴに入れてた手提げが田んぼに放り出され、私自身はリュックを背負ったまま田んぼに尻餅をついていた。

自転車がそばに横たわっている。

ヒェー、落ちたんだ❗️

落ちちゃった⁉️


半分正気で、
慌てて、手提げを拾い、歩道に放り上げた。 

耕され少し水を張りかけていた田んぼの端っこに落ちた為、湿った泥が手提げについていたけど、中は大丈夫!

よっしゃ!


でも、自転車どうやって歩道に上げよう
(; ̄ェ ̄)
一人で~~、えー、どうしよう。

幸か不幸か、周りには誰もいない。


やるっきゃないよねー。


うんしょ、うんしょ、歩道の近くまで引きずって、何度か挑戦して、3度目にコツが分かった。

自転車の前輪を歩道に乗せて、残りの半分を力任せに放り上げた。


わ~~ぃ、あがったじゃん!
すご~い、怪力ー!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


残るは、背中のリュック。

背中から降ろして、水の染み込み具合を
チェーーック!

思ったほど、水気のない泥が付いてはいるものの、大したことはない。
{756F03F7-3258-48F4-BEDD-E0FD3A70F8EF:01}


思わず、

「良いじゃん!」

と大きな声でガッポーズを取って、
リュックから顔を上げた


ら、
そこに、メガネをかけ黒いリュックを背負った40代位の男の人が、自転車に乗ったまま、
こちらを見ていた。

(見られてたー(((o(*゚▽゚*)o)))ぁぁー)


そして、
小さな声で、心配そうに

「大丈夫ですか?」  って。

「鳥みてたら、田んぼに落ちたんです!」 
(誰もなにしてたかなんて、聞いとらんだろ)
と元気に答えていた。 
アドレナリン出まくりだなー、こりゃ。

帰りかけた
男の人が、また、気になったらしくて

「大丈夫ですか?」
と、ボソっと聞いてきた。

「はい、お騒がせしました。」

と、元気よく自転車に乗った。
やっと、帰れるのが、嬉しかったんだなー。

帰り道、なぜか私は微笑んでいた。

あー、水張る前の田んぼで本当に良かった~~。
田植えしてなくて、本当に良かったー。
田んぼの土、耕してたから柔らかだったし~。


自転車ごと田んぼに落ちて喜んでる自分はおかしい?(ーー;)(;´Д`A


まあ、いいや、落ちたんだもん。

やっぱり、どこか詰めが甘いんだよなー。 

反省点
オッチョコチョイは直りそうにないから、
次は、横着は止めて、自転車から降りて鳥をみることにしよう。

AD
いいね!(34)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{F31E9FB7-5465-4B5D-9396-EFA2E4EF82FA:01}
ベランダで、紫陽花が咲き始めました。



私たちは、毎日の生活が忙しく、目が外にばかりいって、自分の内側を観察するなんてことは殆どありませんね。

でも、人生で多くの苦しみに出会うとき、
ふと、
「私って何なんだろう?」
「どうしてここにいるんだろう?」
「なぜ、私なんだろう」

と、立ち止まり、周りを見回しながら、置いてきぼりにされている様な自分が惨めになって、生きる気力がなくなることがあります。

でも、そういうときでさえ、私たちの中には、最高の本質が何も変わることなく、あなたにアクセスしてもらうのを待っています。


その本当の自分に帰るコース
 「人生を変える6ヶ月集中コース」に参加してくださってる方たちは、日々の生活の中で、ご自分と向き合って、課題に取り組んだ結果を報告してくれます。

思い込み塗れの中から出発して、この短期間で、よくここまで深い気づきに到達できるな~、と皆さんからメールを頂く度に、人の限りない可能性に私自身が驚かされています。

今回も、ご本人のご許可を頂いて掲載させてもらいます。

とっても長いですが、
人はどんな人も、気づき癒していく時に、
本当の自分の本質に近づいていくのだということを知って頂きたくて、
あえて、そのままをコピー&ペーストさせてもらいました。



トロピカルカクテルここから

(1)今までに見つかったビリーフ
①私は続けなければならない
②私はうそをつかなければならない
③完成させてはいけない
④私は壁の花
⑤私はわかってもらえない
⑥心を見せるとコントロールされる
⑦私はおいていかれる
⑧私は他人に踏み込まれる人
 
(2)自分のクセ
①他人の分まで背負いたがる
②境界線がひけない
③承認欲求がある
④気持ちを言語化できない、伝えられない (わかってもらえない想いがあるから)
 
(3)よくなってきたこと
①理不尽だと思ったときは笑ってごまかさないようになった
 ガス会社の、金額を半年間間違っていたことへの対応がひどかったので淡々と「それはおかしいと思いますよ」と言った。さらにまた間違えたので、向こうは笑っていたけど苦情を伝えられた。以前なら自分も笑って済ませてしまっていただろう。
 
②お願いができるようになった
 図書館で親子連れが絵本を見て話をしていた。子どもは熱中して大きな声を出した。イライラはしなかったけど気になった。自分の心の焦点を子供にあててみたら「周りを気にせずに気持ちを表現できていいなー。」と思っていることがわかった。なので冷静に「ここは学習スペースなので静かにして下さい」と言えた。言えたら満足した。
 職場でも些細な頼み事は考えずにできるようになってきた
 
③躊躇なく話しかけられるようになった
 旅行で知らない人に「写真を撮ってください」と頼めるようになった。今までは「自意識過剰って思われないかな」と恥ずかしかった。
 英語講座で自分から話しかけたり、質問したりすることが増えた。
 (1回限りとか、継続して関係しない人に話しかけやすい)
 
④噂話〈悪口〉をニコニコしながら聞いたりしなくなった
 相手の同調してほしい期待がわかるようになった。ニコニコすると先を促しているように思われてお互いのためにならないなあとおもった。かわしかたの上手い人がいてお手本にしている。
 
⑤自分の直感?信念?が少し信じられるようになった
 どんなに経験がある先生の意見よりも、その子供たちを今担任している自分の思い〈考え〉が、当の子供たちにとって合っていたんだという体験をした。
 
 3月まで卒業生を持っていたが、二人とも非常に言葉の少ない子どもたちだった。周りの先生方は、それを問題視したり、しゃべらせようと指導したりしていた。私も最低限必要な時は指導したけど、基本的に自分と似たようなその子たちなので、無理強いしても意味ないと思っていた(そのやり方が他の先生には甘いと取られることも多々あった)。
 卒業式の日、その子たちから感謝の言葉は一つも出なくて、がっかりしたけど、数日後、一人から手紙が来た。また数日後、もう一人からも手紙が来た。一人は自閉症傾向があるので、昨年は年賀状すら出せないくらいだったのだが、その手紙には「卒業式の後実は泣いたのです、先生のことは忘れません」と書いてあった。中学に進んでからも手紙が来ている。(おそらくその子にとって手紙のやり取りははじめてなのではないか)。
 まいた種が、時間がたって芽が出るように、一人一人のペースと言うものがあると実感した。
 
⑦自分のやっていることや体の感覚を客観的に気付けるようになった
 「今、腹が立ったよね」「今、疲れているな」「のどが固い」など自分に話しかけることが増えた。
 意識して深呼吸もするようにしている。
 
⑧焦ってやらなくなった(やれなくなった)
いつも4月は焦っていて、新学期を迎えるにあたって本を買い込んだり、教室をしつらえたり、とにかくリストアップして動いていた。〈①朝やること、教室の窓開けと黒板ふき…②今日指導する事、提出物の出し方と、返事の仕方・・〉みたいな。でも、不安から動いていることがわかっていたし、今年はまったくそういうことができなかった。やる気が出なかったのもあるし、やらなくてもまあ大丈夫、と思った。本当に大丈夫だった。焦らなくなると、逆に集中して、意外と時間を有効に使えるんだなとわかった。
 
⑨EFTでエネルギーの流れをしっかり感じ取れるようになった
 
 
(4)人生を変えるコーススタート時には考えもしなかったこと
①自分が宇宙にいたこと。
 
②バシャール、ガンガジ、エックハルトトールの本を読んでいること
 
③英語の講座に通い、試験を受け、毎日の演習に取り組んでいること
 
④フルートを習い始めること
 聞いてばかり受け入れてばかりだった自分にも、表現したいことがあるんだという、その方法の一つとして無意識に選んだのではないかと思っている。今までフルートの音色は好きだったが、吹奏楽経験で「フルートは女子力の高い華やかで気の強い子がやるもの」という思い込み〈半分事実〉があって、自分がやることはまずないと思っていた。でも、やっぱり音色が素敵で、吹いてみたい!と思った。なんというか自分の心を言葉でなく宇宙にとどけたいと思った。するとちょうど素敵な先生にもめぐりあって体験を申し込み、次週から習い始める予定。楽器も買っちゃうのです。
 
(5)EFTで印象に残っていること
 エネルギーが、ものすごい圧力で第1チャクラの方へかかることがあったり、のどが絞まるような感覚があったり、心臓に来ることもある。
 
 一度だけ自分じゃないような感覚を味わいました。
 エックハルトトールの本を読んでいた時、今となっては思い出せないけど、ある一文を読んで、急に涙が出た。それもわりと嗚咽のように。悲しい、悲しい、と言う感情が出てきたのですかさずタッピングしていたら、感情が高ぶりながらも、ふと「だれが悲しいんだろう」「あれ、これ私が悲しいんじゃないみたい、なんか違う。」と感じた。明らかに涙が出て悲しんでいるのに、同時に「泣いているのは私じゃない、自分はこっち(泣いているのに気付いている方)だ」と二重の?感覚が湧いてきた。
そうしたら涙が嘘のようにピタッと止まった。不思議だった。
 
また、とても大きな癒しを感じたこともありました。
なぜかうまくいかず、疲れや哀しみが続いていた4月、どうにも自分じゃないと思うことがあった。身近なことでEFTをしているとき、傷だらけの人が浮かんできた。死んでいる自分(過去世の総合)だと思った。傷は外傷ではなく、心の傷だった。
はじめに悲しい、悲しいと出てきた感情にタッピングして、「つらかった」と自分目線で思っていたのだが、次第に「かわいそうだったね」「でもそれは、もう、私じゃない。」という今の自分の客観的な視点が見えた。長い間閉じ込めてきた想いとかエネルギーの箱のイメージが見えて、箱をあけるんだと思った。
でも、いざそうしようと思うと、かわいそうと思っていた感情はだんだんシフトして、「お別れが哀しい、さびしい」と思い、今の自分がそれを手放したくなかったんだとわかった。ずっと支えにしてきたことがわかった。「一人が怖い」「不安だ」という感情が出てきた。
タッピングを続けると、マトリックスではないけど、過去の自分から逆に「ありがとう・先に戻っているから・大丈夫だよ」と言われた。
今の自分も先へ進むことを望んでいたし、宇宙に行くロケットが分離するみたいに、今までを感謝して最終的には手放すことにした。箱を開けたら四方八方に、上に向かってすごい速さでエネルギーが飛んでいくのを感じ、それと反対に、上へ行くからこそ根本の引力みたいに、自分の体の下へと引っ張られるエネルギーも感じた。
傷だらけのお葬式から、次第に変わって、それぞれが、帰りたかったところへ帰るイメージだった。


カエル✨ここまで✨カエル
 
この方の感想はもう少し続きますが、、、。

それにしても、大いなる変化が6ヶ月の中で起こっています。

そして、この変化は、皆さんお一人おひとりに、それぞれのタイミングとその人の取り組み方に応じてその人らしく起こっています。

どの方も、誰とも比べられないその人独自の変化変容です。

なので、本当にみんな違ってみんな良い!
です。

気づきが起こったときの、
あの、「えっ?えっ!」
とキツネにつままれた様なお顔、それと同時に、クライアントさんのエネルギーがドンドン軽くなっていくのを感じます。

本当に、この仕事は、一緒に喜ばせてもらえるありがたい贈り物だと感じます。

本気で変わりたい人に、その方法があるよ!
大丈夫だよ!
と言ってあげられる方法の一つがMRマトリックス・リインプリンティング

そして、MRを使っだ「人生を変える6ヶ月集中コース」です。

興味のある方は、是非ご相談下さい。
20分間の無料相談もあります。
メールで、ご予約下さい。
mail: jun☆well-ness.net (☆を@に変えて)







AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。