女優賞??

テーマ:

舞台「AVM」今日で最終日。

台風に巻き込まれなきゃいいな。


で、昨日公演中に妻からメールが。

たまたま昨日、このブログで書いた「福福荘の福ちゃん」が
なんとカナダ・ファンタジア国際映画祭にて

最優秀主演女優賞を
受賞したとの報告が。


日本人の女性としては史上二人目。

一人目は何年か前の満島ひかりさんだとか。

YAHOOニュースでもトップ記事の中に入ってたりして、

本当にすごいんだなと。



おっさん役ですよ。

おっさん役を演じての女優賞。
人妻がおっさん役を演じて女優賞ですよ。

なかなかないです。

この映画の監督、藤田容介監督の言葉が素敵でした。「男性の役を女性が演じると言うのはリスクの高い賭けで、そんなギャンブルに大島さんを巻き込んでしまい、自分としては大島さんに絶対に恥をかかせるわけにはいかなかった。それがこういう形で評価されて、こんなに嬉しいことはありません」と。

なんて素敵な言葉。

藤田監督、うちの妻にそんな言葉。
そして、逆に妻で勝負しようと覚悟を決めてくれて本当にありがとうございます。
本当にありがとうございます。

映画の公開は11月。

絶対絶対多くの人に見てほしいです。



もともと藤田監督が、妻にあて書きして台本書いて持ってきたの、何年も前でした。

震災前だった。

そこから、なんかいろいろあって、

そんで撮影して。

監督の執念に対して、妻も全力で「女優」としておっさん役を演じて。

それがこんな形になり、夫として本当に嬉しいです。

夫として誇らしいです。


皆さんからも昨日、温かい言葉を沢山いただいて。

お礼?ではありませんが。

妻の切ったばかりの髪型をお見せします。

写真です。

ホタルの墓の「節子」をイメージしたらしいです。

みなさんに「どうぞ!」と感謝の気持ちで作りたてのサムゲタン、差し出してます。

なぜ、節子をイメージしてこの髪型にしたのかさっぱり分かりませんが。

あらためて。
妻よ
おっさん役でゲットした女優賞
本当に本当に
おめでとーーー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結婚5~8年目を振り返った追加解説も!
文庫版「ブスの瞳に恋してる3」
¥520-  マガジンハウス

今田耕司×鈴木おさむ 第5弾舞台「AVM」
8/7(木)~10(日) @六本木俳優座

可笑しいほど痛く、哀しいほど純粋な愛の物語
「美幸-Miyuki-」
¥1365- 角川書店

サイバーエージェント新卒採用動画