オシャレも子育ても悩まないママになる!ファッション×エデュスタイル

オシャレも子育ても自分らしく
「オシャレ」と「子育て」を楽しく学び
一生使えるブレない軸を築くためのメソッドをお伝えしています


NEW !
テーマ:


こんにちは

3ヶ月でオシャレも子育ても悩まないママになる!
ファッション×エデュスタイリストの出澤希帆です。


秋田県出身で
東京での子育てが初めての私は
周りのママ友が
「英語付きの月ン十万の保育園に行かせる」とか
「小学校から私立に入れる」とか
「毎週英語のレッスンに通っている」など聞くたびに


えーーーー?
今からそんなことしないといけないんですか???と
不安になり
焦り
ネットを検索しまくる日々が続きました。


でも不安にかられて検索すると
どんどん不安の種を探してしまい
安心するどころか不安が増すばかり。


今はエデュに出会い
我が家の子育ての基準や優先順位が明確になったので
グラっとすることがあっても
「いやいや
我が家はこうだった」と
我に返れるようになりました。


先日もこんなことがありました。


エデュ実践中のワーキングマザーに人気の
某学童保育つき英語教室。


我が家のプリ子(5歳)も再来年から入学希望なので
説明会に行きました。


なんと7月の時点で
来年4月入学は満員で
再来年も残席わずかなんだとか。


今後英語はさらに重要になりますから
当然の流れですね。


一時金を少し払って
再来年の入学枠を確保してほっとしていると
担当の方がこんなことをおっしゃいました。


「小学校からでも遅くはないのですが
英語の耳を育てるリミットは5、6歳位になります。


その年齢までは
母国語と同じように英語を吸収するのですが
6歳を過ぎると大人と同じインプットになり
身につくのが困難になります。


もしお子さんをバイリンガルに育てたいのでしたら
今からプリスクールとして通われるのをオススメします」と。


あなたはこんなことを言われたらどうしますか?


あまりにも論理的かつ具体的に説明されたので
正直私はグラっときました。


では私はどうしたのか?


続きは本日20時配信のメルマガに書きました。

配信後もバックナンバーからお読み頂けます。

3000人以上のママが読んでいる
オシャレと教育のお役立ちメルマガ
ファッション×エデュスタイル通信


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)