「脳トレ」×「発達遊び」×「コーチング」で前向き脳に!

小中学校で1000人以上の子どもとの触れ合いを重ねてきた元教師だから教えられる改善レッスン
一人ひとりの脳の発達・成長を促し、笑顔があふれるまでサポートします


テーマ:

学校生活になじめない、学校の勉強についていけない、
学校に行きたがらない・・・など
お子様の学校の悩みがある保護者の方に

お子様の学校の悩み解決の糸口が得られます!

5月20日(金) 水の都・大垣開催
【「みんなの学校」木村泰子先生に
なんでも聞いてみよう&ランチ会】のご案内



映画「みんなの学校」をみた人が、「うちの子もこんな学校に行かせたい」といい、
支援を必要とする子どもたちが数多く、校区内へと引っ越している「大阪市立大空小学校」

その大空小学校で校長として先頭に立ち、児童・教員・保護者・地域の人みんなで
「すべての子供に居場所がある学校づくり」に取り組まれた、
木村泰子先生を招いて、実践されたことをお聞きします。


 

ふつうの公立小学校の「大空小学校」は、不登校ゼロ。
特別支援教育の対象となる発達障害がある子も、自分の気持ちをうまくコントロールできない子も、みんな同じ教室で学びます。

映画「みんなの学校」は、
「大空小学校」の取り組みを追った教育ドキュメンタリーです。

全国各地で「みんなの学校」上映会と木村先生の講演会が行われていますが、
今回は、もっと身近に木村先生のお話を聞き、一人一人の声を直接伝えたいと、
お話+ランチ会という形で開催することにしました!

大空小学校での取り組みは、
「学校生活になじめない」「学校の勉強についていけない」「学校に行きたがらない」など
お子様の学校について悩みを持つ保護者の参考になると思います。

また、大空小学校には「4つの力」というものがあります。
● 人を大切にする力
● 自分の考えを持つ力
● 自分を表現する力
● チャレンジする力

 日々、この4つを使える子どもを育てようとしています。

これは、すべての子どもたちに必要な力であり、
その力を使える子どもを育てる取り組みは、
全ての保護者の方、子どもにかかわる全ての方に役立ちます

 

木村先生のお話は、
お子様を伸ばすためにできることのヒントを得られます。


身近で木村先生のお話を聞ける貴重な機会です。
お子様の学校のことでお悩みがある方
お子様の個性を伸ばす子育てをしたい方
ぜひ、ご参加ください。

一人一人の声が木村先生に届くように、募集人数は少なくなっています
参加ご希望の方は、お早目にお申込みください。


 

【開催のご案内
「みんなの学校」木村泰子先生になんでも聞いてみよう&ランチ会

■開催日時 平成28年5月20日(金)11:30~13:30

■場所 岐阜県大垣市(創作料理店) 
※詳細は、お申込みをいただいた方にご連絡いたします。
■料金 4,000円(ランチ代含む) 事前振込
■定員 18名 (満席となりました)
※できるだけ一人一人の声を大切にするため、少数となっています。
※「みんなの学校」の書籍お持ちの方は、木村先生のサインをいただけます。
■お申込み
→ https://ws.formzu.net/fgen/S54603477/ 



しかく 木村 泰子(きむら やすこ)先生 プロフィール
 

大阪市立大空小学校初代校長。大阪市出身。
武庫川学院女子教育学部短期大学保健体育学科(現武庫川女子大学短期大学部健康・スポーツ学科)卒業。
2006年4月の開校時から2015年春まで、大空小学校の校長を務める。
「みんながつくる みんなの学校」を合い言葉に、すべての子どもを多方面から見つめ、全教職員のチーム力で「すべての子どもの学習権を保障する学校をつくる」ことに情熱を注ぐ。
学校を外に開き、教職員と子どもとともに地域の人々の協力を経て学校運営にあたるほか、特別な支援を必要とされる子どもも同じ教室でともに学び、育ち合う教育を具現化した。2015年春、45年間の教職歴をもって退職。現在は全国各地で講演活動、取材対応などで多忙な日々。

■木村先生著書
「みんなの学校」が教えてくれたこと: 学び合いと育ち合いを見届けた3290日 (教育単行本)/小学館


■映画「みんなの学校」
大阪市住吉区にある公立小学校「大阪市立大空小学校」の1年間を追ったドキュメンタリー映画。2015年2月公開。平成25年文化庁芸術祭大賞受賞。
http://minna-movie.com/intro.php
https://www.facebook.com/minnamovie


しかく 主催者プロフィール

 
本田由美子 
岐阜県養老町生まれ 大垣市在住 

大学卒業後、13年間小中学校にて勤務。1000人以上の子どもたちに出会い、自閉傾向の子や広汎性発達障害と診断されている子と関わる機会があり、その中で、どんなアプローチがいいかを調べて実践。また、診断はついていないが、学習に困難を示す子供たちに対し効果的な方法を見つけながら指導を行う。

娘の言葉が遅かったため、発達に関する情報を調べ、実践し、効果を実感。
その中で、「毎日楽しく継続することと家で取り組めること」を前提としたIMトレーニング(脳トレ)を提供するIMトレーナー、原始反射統合の遊びを提供する発達支援コーチとして活動を2014年9月に本格開始。
2015年5月より、コーチングもメニューに加えている。

クライアントは、落ち着きがなく多動である・体の動きがぎこちない・言葉の遅れがある・初めてのことを怖がるなど学校生活や集団生活において困り感を感じているお子様を持つ保護者の方が多い。成人している方の相談も増えてきている。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

本田由美子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります