1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

「デザイナー」という言葉が氣になってまして。。

2016-01-05 12:48:44 テーマ:日記


新年明けまして、おめでとうございます。

北海道三笠市は雪一色。真っ白しろの世界。
幻想的。

このブログを書き始めて10年が経った。

恥ずかしながら、10年何かを続けたことは、これが初めてかも。

祝10年!

年数回の更新となってたけど、今年はもうちょっと頻繁に近況報告するぞっと。

今朝、孫さんとホリエモンのスピーチ動画を見て、感動。
(リンク文章最後に貼ります)

やっぱり「今」を生きるしかなかっぺ。

激動の時代。

だからこそ、「自分の心からやりたいと思うこと」を思いっきりやりきる。

昨年の11月から、岐阜県高山市に月の半分位、通い始めております。

「森林という資産を、林業以外にどうやって活かしていくのか。」

これを提案、実践するお仕事をやらせて頂くチャンスを頂きました。

こうやって文章に書くと「何?どんなお仕事?」って感じですよね。

「森林」と言えば「林業」というのが先ず一般的に思いつく言葉ですが、

「森林」と言えば「観光」とか、「教育」とか、はたまた「IT」
なんてことと組み合わせていくと、面白いことになるんじゃない?!

なんてことを、提案、実践するお仕事なんです。

南米パタゴニアの森に暮らして、「森に帰る」暮らしの智慧の学び舎、
「森かえる」のイメージが湧きました。

北海道三笠市の森で、ゆーーっくりですが、自分なりの「森かえる」活動を続けています。

岐阜の森では、森林を活用した「事業」として、収益を上げることを目標に、あれこれ智慧を絞っています。

西暦2000年にサラリーマンを卒業して以来、今一度、真剣に「事業性」を追求するステージに来ました。

森林を活用して。

経済が活性化して、森も人も豊かになる仕組み。

答えは未だ見つかってませんが、行けそうな感覚があります。

自分が心からやりたいことに標準を合わせて、それを上手く世の中の動きと同調させて行けば。

体育祭がリオのカーニバル級に盛り上がる高校に行って以来、祭りが好きになって、
ハリウッド映画の影響受けまくってアメリカに留学して、
世界を駆け巡るビジネスマンに憧れて商社に入り、
「ITを活用してビジネス革命を起こす」という社長の言葉に惚れて日本初のe-ラーニングの会社に転職して、
「地球の何処でもどんな時でも生きていける人間」になりたくて世界放浪の旅に出て、
「命の奪い合い(戦争)を辞めて、みんなで木を植えて、命を育んで人類を存続させよう。」
というポール・コールマン氏の魂の活動に続いて、日本各地を歩いて、木を植えて、
パタゴニアの森の恵みに包まれて家族で暮らすチャンスをもらって、

今、そのぜーんぶの経験から得たものを活かすチャンスが来た。

昨日、興味深い記事を読んだ。

「デザイン」が大事だって記事。
(詳しくはこちらを読んでみてくださいな)
http://blog.btrax.com/jp/2016/01/02/design-trends2016/


「デザイナー」なんて言葉は自分には縁の無い言葉だと思ってたけど、自分も「デザイナー」になれるかも知れない。と敢えて思ってみようと決意。

「自然と調和した豊かな暮らしデザイナー」
「フォレストライフデザイナー」

21世紀、ITによる産業革命で、5年後、10年後の世界は誰も予測出来ない。

新しい仕事、「志事」を創造するチャンス。

自然と共存した豊かなライフデザインを仕事にするデザイナーになりたい。

そんなことを想った、2016年1月5日の午前でした。

デザイナーである為には、「自分がこう想う!」よりも、「他人がこれを欲している」ことをきちんと把握することが肝らしい。ここに意識を集中させることが、今の自分に必要だと感じております。

そろそろ集中力のカラータイマーが。。

今朝みたホリエモンの講演映像の中で、「できれば毎日、ブログなどで発信を続けてみてください」と学生達に伝えるメッセージに感化されての、久々のブログ更新。

孫さん、ホリエモン、どちらのメッセージも珠玉でございました。

お時間ある時に是非ご覧くださいませ。

http://tobira.socialstudy.biz/business/speech

そして、写真は、岐阜県の下呂温泉で見つけた、「かえる神社」にての一枚。

みなさん、一緒に人間本来の潜在能力を甦らせる旅に出ようではありませんか。

未熟者ではございますが、今年も益々、宜しくお願い致します。

ケロっとイキイキ、
森かえる

AD
いいね!(21)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ドームテント基礎、完成!

2015-07-08 09:58:49 テーマ:日記



7月4日、アメリカ独立記念日に、無事、第一回の森かえるワークショップが終了した。

直径3.6mのKENGOMAドームテントを設置するための基礎が完成。
人生初、住居づくりのワークショップ。

2011年、チリのパタゴニアでアースバッグハウス(土嚢を積み上げた家)を創るポールと木乃実さんのお手伝いをさせてもらい、「自分で家を創る」ことに憧れを抱くようになった。

「家づくり」は誰もがロマンを感じるものの、やっぱり簡単なことじゃない。

パタゴニアの山中で、生まれて初めて、自分の土地を手にした。
2ヘクタールという広大な土地。
そこはアンデス山脈が見える絶景ポイント。
でも道路は無く、車で材料を運び込むことは出来ない。

自分の家を自由に創ることが出来る場所を得た。ものの、さて、どこから始めたものか。
アースバッグハウスは、そこにある土を使うから材料を調達する必要が無い代わりに、時間と労力が必要。
その為にも、先ずの拠点づくりが必要だ。

と、あれこれ考えているうちに、思いついた。
「そうだ、ケンゴさんのドームテントだ!」
その昔、埼玉の美しい川辺、巾着田(きんちゃくだ)でケンゴさんが仲間と越冬キャンプをする際に使っていたドームテントのことを思い出した。

インディアンのティピの様でもあり、でももっと頑丈なドームテント。

早速、南米のパタゴニアから、ケンゴさんに連絡した。

あれから2年半ほどが過ぎた。

南米から北海道に戻ってきて、森の中で拠点づくりがしたくて、その想いを講演会で話をした。

北海道の三笠市に使える場所がありますよ。

と声をかけてくれたのが、ティーバイティーガレージという中古車買取会社の社長をしている竹田さんだった。

竹田さんと一緒のその場所を下見に行き、移住を決意。

あれからまた、一年とちょっとが過ぎて、やっとその拠点づくりの第一歩を踏み出すことが出来た。

地元の消防団の先輩、高杉さんに相談して、単管で基礎をつくることに決め、その高杉さんのご縁で岩見沢の会社から安く単管を譲っていただき、三笠の林業会社、堀川林業さんでトドマツ材を切り出すところから同行させてもらい、
2007年、屈斜路湖半のアースデイ北海道を共に過ごした仲間のウッシーが大工さんとして講師をしてくれることになり。

いよいよ迎えたワークショップ当日。

ちょうどバッチリなタイミングで、道新さんが活動を紹介する記事を書いてくれたこともあり、道内各地から9名もの人が集まってくれた。

果ては東京、洞爺湖の隣町の豊浦、旭川の神居町、そのもっと先の滝上町からも。
そして更に嬉しかったのは、地元の若者が参加してくれたこと。
前日の新聞記事を読んで、連絡をくれた。

ウッシー大工の指示の元、初顔合わせの皆で、最初はなんとなくぎこちなかったものの、お昼休憩が過ぎた頃には、一体感が生まれてきた。

やっぱり10名の力は凄い。氣が付けば、ちゃんと基礎が完成。

感無量。

途中、パイプに水を通して水平を出す作業をウッシーが教えてくれた。
目で見た感覚とは随分違って皆びっくり。でも、基礎が完成してみると、バッチリ水平になってる。

単管と木材という組み合わせは簡易施設としてはこれまたバッチリだ。

出来上がった基礎の上に立つと、景色も良好。あとはドームテントを建てるだけだ。

たった1日、されど1日。一緒に汗を流してくれた記念すべき第一回のワークショップメンバーに心から感謝。

そして、ウッシー大工がいなければ実現しなかったこのワークショップ。

消防団の高杉さんと、堀川林業の正木さんたちも、重たい材料を運び入れてくれた。

ご縁が全てだな、と、つくづく感じる今日、この頃。

ケロっとイキイキ! 
森かえる。

次のワークショップもお楽しみに!

追伸:道新の空知版で掲載してくれた記事、とても分かりやすく書いてくれました。感謝。


AD
いいね!(12)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

7月11日、12日、札幌で正木高志さんトークライブのお知らせ

2015-07-02 08:15:02 テーマ:日記


「木を植えましょう」の著者で、九州阿蘇のアンナプルナ農園でお茶を栽培している舞茶(マイサ)こと、正木高志さんのトークライブのお知らせです。

ぼくは、「地球を歩き、木を植える男」、アースウォーカーことポール・コールマン氏に2003年に南アフリカで出逢い、人生が変わり、ポールとアフリカ大陸を歩き、木を植えて、2004年、ポールと共に日本に帰国しました。そして、富士山から広島、長崎と歩き終わったポールが、2004年秋、熊本県天草のイベントで正木さんとトークイベントを共にしました。その姿を見た時に、「この二人はどっちもインディアンの酋長みたいな人だな。」と思いました。

そんな正木さんが今回、empty skyという小冊子を持って、札幌にやってきます。

ぼくはこの本を読んで、改めて、やっぱりこの方は、酋長だな。と思いました。

ぜひ皆さんに、この小冊子を手にとってもらいたいし、ご都合が合えば、正木さんのトークライブに足を運んで欲しいです。

ぼくも両日、正木酋長のお供をさせて頂きます。

なーんて書くと、ちょっと堅苦しくなっちゃうかな。

えー、軽いタッチで、来週末はぜひ、正木さんトークライブへ。

7月11日の土曜日は、みんたるにて、7月12日の日曜日は、provoにて、両方とも、雰囲気抜群の、札幌のカフェ&レストランです。


=====


(その1)

正木高志さんトークライブ@みんたる
「empty sky」

と き:7/11 (土)

16:00 ~18:00 正木さんトークライブ&チコとマイサの音楽

会 場 :みんたる フェアトレード&レストラン
住所: 〒001-0014 北海道札幌市北区北14条西3丁目2-19
http://mintaru.com/2011/

会 費 :1500円(ワンドリンク付き)
(正木さん著、できたての小冊子『empty sky』付き)

(人数把握のため、出来れば、事前にお申し込みください。もちろん、当日のご参加も大歓迎です!)
*********

(その2)


7月12日、provo


正木高志さんトークライブ@PROVO
「empty sky」

と き:7/12 (日)

17:00 ~19:00 正木さんトークライブ&チコとマイサの音楽

会 場 :PROVO

住所: 〒060-0056 北海道札幌市 中央区南6条東1丁目2 KIビル 3F
tel: 011-211-4821
http://provo.jp

会 費 :1500円
(正木さん著、できたての小冊子『empty sky』付き)

(人数把握のため、出来れば、事前にお申し込みください。もちろん、当日のご参加も大歓迎です!)
*********



正木さんはインド哲学に基づき、今の地球の現状、社会のあり方、そしてこれからの社会、人間のあるべき姿を、とっても分かり易く教えてくれる方。少人数でじっくりと、お話しが聞ける又とないチャンス。また、当日配布される小冊子、empty skyは20頁ほどの小冊子ですが、一つ一つ、正木さんご自身が製本したもので、現代史を鋭く、的確に俯瞰した上で、自然体で生きる大事な哲学をこれまたとっても分かり易く教えてくれる、目からウロコの名著です。そしてそして、チコとマイサ(正木さんご夫妻)のライブは氣分ほっこり。皆さまに是非、奮ってご参加頂きたいイベントです。以下、今回のトークライブに向けて、正木さんから詩が届きました。


===


チャイナ・シンドロームとショック・ドクトリン
雲を突いてそびえるグローバリズムのピラミッド
安倍政権を生み、手繰るジャパン・ハンドラーズ
鷲づかみにされたウサギはもう逃れられないのか
このまま、血を吸われ、肉を貪られてしまうのか
だけどこれはサナギの中のイモ虫が見ている悪夢
われわれはどこから来たか
われわれはどこへ行くのか
はじまりの朝の
empty sky

正木高志




**正木高志さんプロフィール**
1945年生まれ。60年代からインドを遍歴。80年に帰農。2000年から植林活動をはじめ、阿蘇で森を育てながら、森に抱かれて暮らしている。森林ボランティアグループ「森の声」代表。憲法九条を護る巡礼「ウオーク・ナイン」を主宰。昨年から、廃村をよみがえらせて保養の場をつくる「ふくしま文庫」プロジェクトをスタート。
著書に『木を植えましょう』、『出アメリカ記』、『空とぶブッダ』、「蝶文明」など。CDに『grounding songs』。
masakitakashi.jp
*********
ご予約・お問い合わせ(当日のご参加も大歓迎です!)
メール:seedman333@gmail.com 中渓(ナカタニ)

電話の場合は、

(土曜日の会場はこちら)
電話:011-756-3600 みんたる(フェアトレード&レストラン)
住所: 〒001-0014 北海道札幌市北区北14条西3丁目2-19
http://mintaru.com/2011/

(日曜日の会場はこちら)
011-211-4821 PROVO
住所: 〒060-0056 北海道札幌市 中央区南6条東1丁目2 KIビル 3F
営業時間:18時~(月曜日定休)
http://provo.jp
AD
いいね!(10)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

7月4日だよ。三笠の森に全員集合~

2015-06-23 12:57:11 テーマ:日記


7月4日 森かえるワークショップ第一弾

三笠の森の秘密基地、ドームテントの家づくりワークショップ001

人類と森の共生プロジェクト、「森かえる」

古来、人間は森と共に暮らしてきた。

快適な住宅、便利な電機機器に囲まれた現代の暮らしの中で、古来の住処、森に帰って、今の暮らしを見つめ直す場を創りたい。

「森かえる」プロジェクトの第一弾は、三笠の森に、皆が集える「基地」として、先ずは直径3.6mのドームテントを設置することにしました。

今回のワークショップは、ドームテントを設置する為のプラットフォームづくりです。

単管と、トドマツの無垢材を駆使して、幅4m、長さ5mの長方形のプラットフォームを作ります。その上に、ドームテントを設置すれば、常設の基地が完成です。

この基地づくりのコンセプトは、「簡易で快適であること」です。

「家づくり」は誰にとってもあこがれだと思いますが、ハードルも高いですよね。

今回は、「家づくりには憧れるけど、DIY経験は殆ど無し」みたいな方達、大歓迎のワークショップです。

何を隠そう、僕自身、DIY経験、ほぼ皆無でございます。

でも、ご安心下さい。頼れる男、「うっしー棟梁」が一緒です。

美唄在住のうっしー棟梁は、今年の3月まで三笠の武部建設さん勤務後、独り立ちしました。

今回は、うっしー棟梁の指導の元、皆で楽しく「簡易なプラットフォームづくり」の智慧を学びます。



日時:
7月4日(土)
午前9時半、三笠市役所駐車場

スケジュール

午前10時~12時 単管基礎設置
昼食後
午後1時~午後3時 床板(トドマツ材)設置
午後3時過ぎ、適宜解散

*今回は、土台づくりなので、写真にあるドームテントの設置は、次の機会となります。ご了承くださいませ。

費用:千円+自由料金

持ち物:お昼のお弁当、(持っている方は)大工道具(のこぎり、トンカチなど。名前を書いておいて頂けると助かります。) 

申し込み方法:
seedman333@gmail.com  森かえるプロジェクト 代表 中渓(ナカタニ)宛にメールか、080-8120-6308(ナカタニ携帯)にお電話ください。

定員:10名

うっしー大工
後木一哉 (うしろぎ かずや)
1975年黒松内生まれの札幌育ち。環境活動、有機農業研修と販売、脱原発活動などをして来て、31歳から大工仕事を始め、現在はリフォーム・営繕などをしています。



主催:「森かえる」主宰  中渓 宏一

◆中渓宏一
丸の内での商社マン勤務を6年間した後、日本初のe-learningベンチャーに転職。その3ヶ月後に世界放浪の旅に。1年のつもりが4年続いた世界放浪の途上、南アフリカで環境平和活動家のポール•コールマン氏(通称アースウォーカー)に出逢い、人生が変わる。1年間、アフリカ大陸を共に歩き、木を植えて、帰国後は自身でも日本列島を二回徒歩で縦断、木を植える。その後、南米のパタゴニアの森で二年間暮らした経験などを基に、21世紀型森暮らしのプロジェクト「森かえる」をスタート。北海道三笠市在住。ミカサスカサ合同会社代表。鎌倉出身。海、水辺、温泉、日本酒、湧き水が好き。
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

森かえる、基地づくり、開始。

2015-06-18 10:10:48 テーマ:日記






三笠の森でクマさんに出逢ってから2週間ほどが過ぎて、いよいよ「森かえる」の最初の一歩を踏み出すことが出来た。

ぼくの住んでいる三笠市の隣町、美唄市に後木(うしろぎ)くん、通称「ウッシー」が住んでる。
ウッシーは、2007年に屈斜路湖畔の和琴半島キャンプ場で9日間の「伝説の」アースデイ北海道 in 屈斜路湖を一緒に過ごした仲間。

三笠市にある、古民家の材などを大事に扱う武部建設を3月末に退社、いまは棟梁として独立、札幌や美唄界隈でリフォームなどの仕事を手掛けてる。

そんな「ウッシー棟梁」と話し合って、6月の13日スタートで、ワークショップ形式で、先ずは直径3.6mのドームテントの基礎づくりをやろう!ということになった。そんな話をしたのが確か、5月のゴールデンウィークが過ぎた頃。

そんな訳で、初めての大工仕事に向けての準備開始。

先ずは基礎と床板で使う木材の調達。

三笠市にある堀川林業さんから、トドマツの材を購入することに。
切り出す材のサイズ、本数を決めて、原木を切り出す現場に同行。
堀川林業さんは、70年代位の年季の入った機械を大事に使ってる。

木造の、思いっきり昭和な感じの建屋内に鎮座するドデカイ機械を上手に操作する正木工場長。
丸太があっとう間にスライスされて、ホームセンターで見るような木材に変わっていく。
こういう、切り出しの現場見学からスタートするワークショップも是非やってみたい。と思った。

丸太の一番端っこの「端材」部分は、製紙用に細かくしちゃう。とのことだったので、その部分も購入することにした。チリのパタゴニアでは、壁材で使ってたりする部分。今後、何かに使えそう。

で、切り出した木材は、自然乾燥したいところだけど、ワークショップに間に合わせる為に、強制乾燥することに。

後日、改めて堀川林業に行くと、木材は丁寧に乾燥室に積まれていた。
蒸気を使った低~中温乾燥ということで、1週間位かけて、40度~70度位の温度で乾燥するとのこと。

仕上がりが楽しみだ。切り出したばかりのトドマツは、結構白っぽいけど、乾燥後はちょっと色味がつくらしい。

因みに、カラマツを乾燥させる時は、高温で先ず、ヤニを飛ばす必要があるらしく、樹種によって乾燥の仕方も違うことを知る。

ということで、床材に使うトドマツちゃんは、近日中に完成予定。

で、基礎部分はカラマツの丸太を使うつもり(これが結構安い)だったんだけど、「森かえる」の現場は車が入らず、丸太を運ぶ苦労などを考えて、ここは単管を使うことに。あの、工事現場で良くみるやつ。という位の薄い認識。

単管の素材は、今調べて初めて分かったけど、炭素鋼、鋼(ハガネ)だ。

今回建てる直径3.6mのKENGOMAドームの産みの親、阿蘇のケンゴさんのドームの基礎も単管だ。

で、ここで登場するのが、三笠市の消防団、我らが唐松分団のパイセン、高杉さん。
高杉さんはぼくより若いけど、消防団では先輩となる人。

高杉さんは単管で倉庫を自作してて、その倉庫に遊びに行ったタイミングで、ドームテント基礎の設計図を作ってくれた。
おおよそ、4mX5mの長方形の基礎を単管でつくるアイディアが浮上。うん、これなら行けそう。

話はトントン拍子に進み、高杉さんの知り合いの会社が、単管を安くで売ってくれることに。早速、高杉さんが同行してくれて、その会社を訪ねると、ちょうど欲しかった5mと4mの単管が。高杉さんの4トントラックに乗せて、森かえるの現場まで運搬終了。高杉パイセン、頼りになるっす。

ということで、(相変わらずギリギリに)準備は整った。

そして迎えた6月13日。当初予定してたワークショップは延期して、とりあえず、ウッシー棟梁と僕の二人で、作業を開始することにした。

単管パイプは、コンクリ基礎に乗せるのが理想だけど、直接地面に打ち込むことにした。

「簡易である」ことは大事だなと思う訳です。

前日、ホームセンターで買った「大ハンマー」が大活躍。
単管パイプを打ち込みまくる。

いやー、なんか、これって、「男の仕事」って感じだね~。

おや、すると、短い単管が足りなくなってきた。
これは長い単管を切るしかない。

ここで、ウッシー棟梁の電動カッターが登場。我が家から持ってきた鉛バッテリーに1500wインバーターを繋ぐと、電動カッターがバッチリ作動。よしよし。

ここからは更に男らしく、火花バチバチな感じで、単管を切っていく。

金属独特の臭い香りが漂う中、「うーん、これって悪くない」と一人悦に入る。
人生初の金属切断作業。

ウッシー棟梁との息も合い始め、夕方までには、先ずは柱部分の単管打ち込みが終了。

次回は、7月4日の土曜日に、今度はワークショップ形式で、4mx5mの単管+木材基礎づくりの続きをすることに決めて、ウッシー棟梁と握手を交わす。

ウッシー棟梁、これから宜しくお願い致します!

これから一人で出来る部分はコツコツと進めながら、次のキーデート、7月4日を目指すぞっと。

さてさて、そんな訳で、北海道三笠市での「森かえる」がスタートした訳だけど、

何故、「森かえる」なのか。

ここは長くならず、要点をズバッと書いてみます。

万が一、天変地異が起きたりして、今住んでいる便利な街から「離れなければならなくなった」として。

森には命の水があって、燃料(薪)があって、食べ物(山菜、果樹、その氣になれば、動物も)もある。
ということで、森に避難しよう。となったとして、じゃ、どこに住む?となる訳だけど、

単管パイプで基礎を作って、その上にドームテントを建てれば、意外と住み心地良いね。
ソーラーパネルで電氣創りながら、電動工具を使えば、意外に森の中でも色々と作業出来るね。

ということを、秘密基地づくりの感覚で、楽しく体験しておけば、「万が一」の時にも、あたふたしなくて済むかなと。

特に311以降は、そんなことを考えちゃう訳です。

僕は311が起こって、家族四人で、きっと日本中の誰よりも遠く、地球の裏側の南米はチリ、パタゴニアまで一時退避した。

一時退避のつもりが、パタゴニアの大自然と、その大自然をオーガニックに切り開きながら新しい生き方を提案するポールと木乃実さん夫婦の姿、そして、パタゴニアの、特にカウボーイ達の逞しい生き様に魅かれて、2年間を過ごした。

パタゴニアの暮らしは、手に入らないものが殆どで、でも、そこにあるもので工夫を凝らして生きる楽しみがあった。

欲しいものはワンクリックすれば数日内には家に届けてくれる便利な世界に帰ってきて、今までの人生経験を活かした、自分なりのアウトプットを実現させたくて、それが、これから三笠市の森で始める「森かえる」なのだ。

と、要点、ズバッと書けたかな。

ま、ま、これからコツコツと作業を進めながら、また、思いつくまま、色々書いてみることにします。

因みに、あの森に帰ってみると、クマが座っていただろう跡が地面のあちこちに。
クマの存在を身近に感じながら、緊張感持って、森に帰ってみる次第、でございます。
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ある日、森の中、くまさんに出逢った。

2015-06-05 08:53:04 テーマ:ブログ
ある日、森の中、くまさんに出逢った。

立ち姿、デカイのなんの。圧倒的な迫力だった。

北海道に移住したのが、2007年秋。
途中、2年の南米チリでの暮らしを経て、三笠市に来たのが昨年の春。

北海道ってこんなとこかな。と、日々の生活から徐々に体に染み込んでくる感覚もあるけど、
あの瞬間、全身で感じた北海道は、想像を超える巨大な獣が暮らす、野生の大地だった。

ヒグマちゃんです。

剥製ではその立ち姿は見たことあったけど、実際に、30m先、自分と目が合う形で、ヒグマが立っていた。

夕方の西日を浴びて、体毛が黄金色だった。

未知との遭遇。

直感的に、この生き物には絶対的に敵わない。って感覚と、「この距離なら逃げられる」という感覚が同時に起こって、次の瞬間には背を向けて森を駆け下りていた。

一応の知識として、ヒグマに逢ったら背を向けて逃げちゃダメ。「背を向けて逃げるものは追いかける」習性がクマにはあるから。という実験映像を見て知っていたけど、あの瞬間、そんな知識は吹っ飛んでて、本能のままに走り出してた。

5m程走って、アチラが追いかけてこないことが分かり、ちょっと冷静に。そうだ。背をむけちゃいけなんだった。

で、やや落ち着きながら、でも小走りに森を後にする。

恐怖心が消えると、「やった!野生のクマに逢えた!」という嬉しい、ちょっと誇らしげな気持ちがこみ上げてくる。

星野道夫さんが、東京で電車に乗りながら、「この瞬間にもクマは、アラスカの大地を歩いている。」みたいなことを書いていたのを読んだけど、気分は既に道夫ちゃんで、「ふんふん、そういうことか。彼らはいつも、ぼくたちと同じ大地に住んで、呼吸して、山の幸を食べて、一家団欒、楽しく暮らしてるんだ。」ってことが、感覚で理解出来る。

ぼくが出逢ったのは、ヒグマの家族だった(に違いない)。

北海道三笠市「森かえる」の森。

これからドームテントを常設する前に一度、簡易テントで森に泊まってみよう。と、夕方、楽しい焚き火用に、薪を拾いに森に入った。

手をパンパンと叩いて、森に入った。生き物の気配無し。と思っていたけど、その時すでに、ヒグマのファミリーは、同じ丘の向こう斜面でくつろいでいたはず。

しばらく倒木を集めた後、集め始めるとどんどん持ってきたくなるもんで、丘のてっぺんに薪を探しに行くことに。

もうこちらも安心していて、まさかクマなんていないでしょ。と思ってた。

「ま、でも、万が一ってこともあるからね。」
と、丘のてっぺんを目指しつつ、手を一回、「パン!」と叩いた瞬間、

「ドドドドドドドドーーッ!!!!」

と、今まで聞いたことない、デカイ生き物の群れが反対側の丘を駆け下りる音が。

『え?! デカイ鹿の群れ? であって欲しい。クマ?いや、嘘でしょ。ないない。」

ドキドキしながら、丘の向こうを覗いてみる。
丘の向こう側には、自分と同じように、こちらを覗いているデッカいヒグマの姿。

その間、僅かに3秒程。

その映像を、ここ数日間、何度も頭の中で見返している。

もうあそこでドームテントなんて、無理かな。と帰り道に思った。

相談すると、嫁さんが、こんなサイトを教えてくれた。

「北海道野生動物研究所」
http://www.yasei.com/index.html

所長と電話で話す。

所長はこれから、知床にヒグマに逢いに行くそうだ。声が弾んでいて、「ヒグマ大好き」振りが思いっきり伝わってきた。

所長曰く

・30mは、クマが許容出来る距離。(それ以上近づいた距離での遭遇は危険な時も)
・ホイッスルと鉈(なた)を持って森に入る。
・クマをこちらが先に見つけた時は、「ホッホッホッホッ」と優しく声をかけてあげると大丈夫。
・たまに向かってくるクマもいるけど、その時は、「コラーーット!」と叱ると大丈夫。

所長は毎年、知床にヒグマに逢いに行くと、お母さんクマは、自分の子供を見せにくるそうな。

そんなこと聞いちゃうと、俄然、親近感。

で、クマは無茶、記憶力が良くて、一度見た人は絶対忘れないって。

ということは、あの、お母さんか、お父さんクマは、ぼくのことを覚えているはず。

「森かえる」。

緊張感を持って、またあの森に帰ってみようと思います。

さてさて、もうあれから2ヶ月が経ちますが、
3月末には、三笠の森で、記念すべき第一回、「森かえるキャンプ」を、日帰りですが、三笠の皆さんと一緒に開催することが出来ました。

究極のエコハウス、「エクセルギーハウス」の建築家である黒岩さん、札幌のマンションで、電気代月200円!を楽しく、創造力一杯に実践するオフグリッド女史、はらみづほさん、森の「おじじ」こと、堀川林業の高篠社長始め、三笠の皆々さまのおかげで、最高の二日間となりました。

はらみづほさんが創ってくれた映像がこちらです。



そして、北海道新聞の空知版にて、記事にしてくれたのがこちら。



ヒグマに逢っても、ケロッとイキイキ!

「森かえる」。

いよいよ夏本番に向けて、動き出しますよーっと。

いいね!(9)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

アメリカよ、アメリカよ / 6/26は大阪で講演会やらせて頂きます。

2015-05-22 11:54:25 テーマ:ブログ
オレゴン州のポートランドに行くチャンスをもらった。

貝印株式会社の社内誌FACT Magazine創刊号の取材班として。

5年ぶりのアメリカ。

自分の生まれた国。

1日だけだったけど、出生地のシアトルにも行ってきた。

シアトルは23年ぶり。

逢いたかった友達家族にも逢えた。

アメリカ。

最近、ネットの情報で頭デッカチになってて、「アメリカ」はもしかして、右傾化している怖いとこなんじゃーないかと思ってた。

でも今回ぼくが感じたアメリカは、なんだか、「60年代の古き良きアメリカ」、ハリウッド映画で観る、「みんなの憧れのアメリカ」は、もしかして、こんなんだったのかも?!と思う位に、活気に溢れた、創造力に溢れた、未知の可能性に溢れた、そんなアメリカだった。

勿論、旅人目線。そこは奥深く入っていけば、日々の生活に苦悩する、隠れたアメリカもあったはずだ。

でもとにかく、アメリカから帰ってきて10日経った今も、心の一部は未だ、アメリカに置いてきた感じ。

「あんた、何なんだよ。そんなにおいらの心を奪っちまって」。って言いたいくらい。

ポートランドは、「歩いて楽しめる街」だったのがビックリした。

全てが大味(と思ってた)アメリカに、あんなに小気味良い街があるなんて。

地ビールが美味しすぎて、飲みすぎた。

それだけじゃーまずい。と、森を歩きに行ったら、流石、ナイキのお膝元。ナイキをオシャレに着こなしたレディース&ジェントルマン達が、昼間っから楽しそうに走ったり、歩いたりして、森が大人の社交場になってた。

これは新発見。

そうか、森は、イケてる街では、「大人の社交場」だったのか。

このコンセプトはいける。

と一人、ほくそ笑みながら、北海道は三笠の森に帰ってきたのでした。

ポートランドの写真は、こちらで。



そしてそして、

6月26日には、大阪にて、今年二回目となる講演会。

http://shigotoba-base.com/event-archive/#campus

「氣合い」

で臨みます。

ので、大阪界隈のご縁のある皆さまにお逢い出来ること、楽しみにしてます。

三笠の「森かえる」

いよいよのスタートです。

ケロっとイキイキ!

今日の合言葉は、

「森は大人の社交場」

でした。
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

2/14:茅ヶ崎の熊澤酒造、2/15:鎌倉のカフェ「一花屋」にて、イベントのお知らせ

2015-01-22 10:40:56 テーマ:日記

新年、明けましたね。と思ったら、あっという間にもう、1月も後半。
皆さま、今年も宜しくお願い致します。

というこのブログは、一体誰に向かって書いているのか。毎回そんなことを考えて、時には日記風に書いてみたり、誰か特定の人を思い浮かべながら書いてみたり、いろいろするわけですが、昨年9月に会社を立ち上げたこともあり、今年は広く、色んな方とのご縁を広げながら、楽しく「志事」(元気ジャパンのなべけんから教えてもらったワード)して行きたい。ということで、ま、そんな気持ちで書き進めて行く次第でございます。

最近のマイブームとしては、スノボ。

と言っても、昨日二回目に入ってきたばかり。

昨年の春に北海道の三笠市に引っ越してきて、初めての冬。
豪雪地帯と聞いていたけど、今年は比較的暖冬なのか、そこまでの積雪はなく、おかげさまで楽しい冬です。

で、三笠市には桂沢スキー場ってのがありまして、リフトは一本だけの、それは潔いスキー場なんですが、これが結構いい!
まず雪質は文句無しのパウダー。コースも小さいのに、起伏に富んでいて、中、上級者向けのやんちゃな斜面も。

そこをスノボで滑走する訳ですが、やっぱり大事ですね。この快感感覚。
アドレナリンってヤツが出てくるんでしょうか。

遠く山の稜線を見ながら「シャーーッ」と滑ってると、デカ波を捉えたサーファーな気分です。
いつかデカ波のチューブをくぐる日を夢見て、山の中で秘密特訓中です。

昔は一日券で滑りまくりなスタイルでしたが、今は3-4本滑ってサクッと終わる。(体も冷えるし)ってことで、そんな贅沢な楽しみ方が出来ちゃう三笠。なーかーなーかー、いいっすよー。

さて、2014年は”off the grid"というラジオ番組を担当させてもらい、色んな貴重な出逢いを頂きました。

その中でも忘れがたいのが、サバイバル登山の服部文祥兄貴。

地元、年代が近く、高校時代はどちらもハンドボール部だったということで、勝手に兄貴と慕っております。

いやもう、人間力がハンパない。

中学生の次男坊くんと八日間、日高の山に鹿討に来た服部さん親子の旅に、ぼくも四日間同行させてもらいました。

川を見つければあっという間に魚を釣り上げ、山に入ればキノコをとり、そして!
見事に鹿をゲット。

生まれて初めて、狩猟の現場に居合わせる体験をさせてもらいました。

かわいい目をした鹿が撃たれ、捌かれていく姿は決して愉快なものでは無かったけど、自分も肉食である以上、必要な通過儀礼だった訳です。

手際よく60kg(それ以上かも)はある鹿を木に吊るし上げ、ナイフ一本で捌き続ける服部兄貴。

そして最後に「プレゼントフォー・ユー」といって、一番美味しいと言われる部位を僕に下さり、それと、後ろ足一本と、背ロースの一部をリュックに詰め込み、服部親子に別れを告げて一人、山を越えて帰る道すがら、「なんか俺って、男?!」なんてことを感じてしまった旅でした。

服部さんに出逢い、「狩猟」という分野の扉が開き、今年はそれとどうやって付き合って行くか。春が来るまで、ゆっくり考えてみようと思います。

服部兄貴が教えてくれた、昔から変わらず人間が続けてきた、生きるための営み。

今年は真摯に、その営みを学びながら、それを仕事(志事)と出来れば最高です。

北海道のAirGさんでやらせて頂いたラジオ番組、"off the grid"は2014年で終了となりました。
最高のチームで番組創りが出来て、幸せでございました。

関係各位の皆さま、そして、スポンサーをしてくれたティーバイティーガレージに感謝。

また機会を見つけて、楽しいラジオ番組づくりにチャレンジしたいです。

近々、三笠市の隣町、岩見沢市のコミュニティーラジオ、FMはまなすで新番組を担当予定なんで、引き続き、ラジオの経験値を積み上げていきます。

そして、2月には地元鎌倉界隈で、二つのイベント情報!

イベントその一

2月14日のバレンタインデーの午後3時から、茅ヶ崎の熊澤酒造さんのギャラリー「okeba」で暮らしの教室の講師をやらせてもらうことになりました。酒蔵でのイベント、しかもその頃は新酒が生まれる時ということで、色んな意味で、超楽しみな教室です。

高校時代の友達が嫁いだ先がこの、熊澤酒造さんで、そんなご縁でやらせてもらうこの教室、大分緊張ですが、この教室のキーワード、「あなたを幸せにするジブンノモノサシ」に惹かれました。自分なりに大事にしているモノサシのお話、良かったら聞きに来て下さいませ。で、その後は一献傾けましょう!

以下、暮らしの教室のサイトよりの抜粋文章です。


「地球を歩く、木を植える」をキーワードに、2003年より国内外を歩き、木を植える活動を続けて来ている中渓氏。インフラの無いパタゴニアでの山暮らしなど 自身の体験談や、人類と森の共生プロジェクト「森かえる」の活動などをお話いただきます。第二部では、熊澤酒造okeba gallery & shop経営者である熊澤茂吉氏との対談や著書「地球を歩く、木を植える」の販売・サイン会もございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中渓宏一 (なかたに こういち) SEED MAN
【Profile】総合商社勤務=>世界放浪=>環境活動=>パタゴニアの森暮らし=>北海道を拠点に森暮らしの事業を開始。鎌倉育ち。海、温泉、湧き水、日本酒、水辺が好き。最近、北海道で鹿撃ちに同行。猟銃は怖いので、罠の免許を取得したいと思っている。 Micasa Sucasa LLC. 代表。
人類が生き残る為に必要なこと、それは地球の自然を共に育むこと。「命を奪い合う戦争を止めて、命を育もう、木を植えよう。」というシンプルで核心を得たメッセージと彼の真摯な行動に衝撃を受け、一年半、アフリカ大陸を共に歩き、木を植えました。以来、自身でも歩き、木を植える活動を日本国内でスタート。 日本列島を徒歩で縦断、木を植える旅を続けて来ました。「木」に関わる活動は嬉しい発見の連続でした。小学校の校庭に防災林としてその地域に自生する落葉 樹を植える活動を主に続けて行く中で、日本中の志ある方達のサポートを頂き、活動を続けることが出来ました。
そして東北震災を機に、ポール・コールマン氏が環境負荷の限りなく少ない家、「アースバッグハウス」創りをしているパタゴニア(チリ南部アイセン州ラフンタ)を訪問、その豊かな自然、素朴な人々の暮らしにひかれ、移住を決意しました。
周りに誰も居ない山中の牧草地に、2ヘクタールの土地を取得することが出来、山小屋での暮らしがスタート。
木に関わる活動を続ける中、環境負荷の少ない生き方を模索してきたものの、ここまでの大自然の中での暮らしは正直予想外でしたが、魂は喜んでいました。
中渓 宏一
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご予約・お問い合わせ:okeba gallery&shopまで
※氏名、参加人数、ご連絡先(電話番号)を明記の上お申し込み下さい。
営業時間外のお申込みはメールにてお願いいたします。
TEL:090-2249-6112
メール:okeba@kumazawa.jp
http://okeba-g-s.blogspot.jp/

抜粋以上

イベントその二

バレンタインデーの翌日、2月15日の午後3時からは、鎌倉は長谷にあるカフェ、一花屋(いちげや)さんで、有言実行な姉貴、はらみづほさんとのジョイントイベント。

みづほさんには、今年1月11日に放送されたラジオ番組、"off the grid"の一時間特番、ワイルドサイドを歩けにもゲストとして出てもらい、2015年には森に囲まれた気持ち良い「はらっぱ」で、小さくて、快適なオフグリッドライフを実現しよう!と意気投合。その計画発表を兼ねたこのイベント、見逃せませんよー。

以下、一花屋さんサイトに掲載予定の告知文から抜粋。



≪オフ・ザ・グリッド!~“巨大網”に依存しない、オトクで楽しい生きカタログ≫

ゲスト はらみづほ and 中渓宏一

2015.2.15(日)15:00~18:30
参加費 1500円+自由料金(+1オーダーお願いします☆)
場所 てぬぐいカフェ 一花屋(いちげや)
鎌倉市坂ノ下18-5 (江の電長谷駅より徒歩5分) http://ichigeya.petit.cc
予約・問合せ 0467-24-9232 / ichigeya@fa.petit.cc (一花屋)

「オフグリッド」とは、電力会社の送電網や巨大な組織の網(グリッド)から外れ(オフ)ること。
木を植えながら世界と日本の各地を歩き「森かえるプロジェクト」を立ち上げた『地球を歩く、木を植える』の著者・中渓宏一と、
世界6大陸を6年旅した後に始めた札幌での“笑エネ”生活が10年目を迎える『できた!電気代600円生活』の著者・はらみづほが、
楽しいオフグリッドライフの様々な実践例と、それらが体験できる「全国オフグリッド“結う縁地”計画(仮)」について語ります。

◆第1部(15:00~17:15)
・中渓宏一の生きカタログ:★“アースウォーカー”の旅暮らし⇒★パタゴニアライフ⇒★森かえるプロジェクト(45分)
・はらみづほの生きカタログ:★世界6大陸60カ国の旅暮らし⇒★電気代月600円生活⇒★電気代月200円生活(45分)
・ふたりが影響を受けた、日本と世界の生きカタログ(45分)

◆第2部(17:30~18:30)
・「全国オフグリッド“結う縁地”」ヴィジョン共有ミーティング:
すべての「創造」は「想像」から始まり、大勢の人々が共通のヴィジョンを持つと実現が早くなる。
ふたりが計画中の「全国オフグリッド“結う縁地”」についてお話し、ヴィジョンとアイデアを分かち合う時間です。

◆中渓宏一:(アースウォーカー、シードマン)
丸の内での商社マン勤務を6年間した後、日本初のe-learningベンチャーに転職。その3ヶ月後に世界放浪の旅に。1年のつもりが4年続いた世界放浪の途上、南アフリカで環境平和活動家のポール•コールマン氏(通称アースウォーカー)に出逢い、人生が変わる。1年間、アフリカ大陸を共に歩き、木を植えて、帰国後は自身でも日本列島を二回徒歩で縦断、木を植える。その後、南米のパタゴニアの森で二年間暮らした経験などを基に、21世紀型森暮らしのプロジェクト「森かえる」をスタート。北海道三笠市在住。ミカサスカサ合同会社代表。鎌倉出身。海、水辺、温泉、日本酒、湧き水が好き。

著書:「地球を歩く、木を植える」(エイ出版社、2009年)
ブログ:「地球を歩く、木を植える」
Twitter:#seedman
◆はらみづほ(エコライフ研究家、プランナー&ライター)
10年勤めた大手広告代理店のコピーライターを退職後、日本の雑誌やラジオで世界各地をレポートしつつ、
バックパックを背に世界6大陸60カ国を6年間ひとり旅。帰国後は「エコライフとコミュニケーションの促進」がライフワークに。
★≪著書≫『できた!電気代600円生活」(北海道新聞社刊)』http://shop.hokkaido-np.co.jp/book/products/detail.php?product_id=445
『しあわせをよぶ・冬エコおみくじかるた(北海道環境財団刊)』http://heco-spc.or.jp/temp/carta/carta.html
★≪HP:旅するはらっぱ≫ http://www.milmil.cc/user/tabibito/
★≪ブログ:日々旅日記≫ http://blog.goo.ne.jp/tabisuruharappa
★≪記事掲載中のWEBマガジン≫ ほしい未来はつくろう「グリーンズ」http://greenz.jp/
・執筆記事:http://greenz.jp/2013/08/28/haramizuho/
・私のくらしぶり紹介記事:http://greenz.jp/author/HaraMizuho/
★2015年3月20日~「ラジオ寺子屋」にて講師スタート: http://www.radioterakoya.com/
★2015年3月20日~新WEBマガジン「ラブレターズ」主宰


抜粋以上


ということで、2015年のスタートは、地元の、しかもどちらも無茶落ち着く空間でのイベントとなります。
改めて、このご縁に感謝。

2015年、皆さまにとって、良き出逢いに溢れる楽しい、健康な一年でありますように。
いいね!(19)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

札幌地下歩行空間で手作り電気自動車展示中!

2014-11-09 10:29:06 テーマ:日記


昨日、今日と、札幌の地下歩行空間、「チカホ」で、手作り電気自動車を展示中です。
EVファクトリー社が制作したスズキのキャリーちゃん。

車と一緒に映っているのは、祭り太郎くん。

10周年を迎える 、さっぽろアートステージのオープニングイベントの一環で展示させてもらってます。

昨日は上田市長も視察に。

晴れた日に終日地下ってのは初体験だけど、結構賑わっております。

札幌はユネスコ創造都市ネットワークに加盟してて、地下歩行空間がアートギャラリーみたいになっとります。

そこでの車展示はチカホ史上初とのこと。

電気自動車だから出来ること。

メインステージではライブもあったりするんで、近くにお越しの際は是非!
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミカサスカサ

2014-10-28 10:52:55 テーマ:日記


北海道、初雪。

おっとっとー、外は雪景色。
予想外の早さで白い世界が到来。

氣が引き締まった処で、報告でございます。

此の度、9月16日にめでたく、

ミカサスカサ合同会社 (Micasa Sucasa LLC.) を設立出来ました。
代表、中渓宏一、氣合いを入れて、仕事します。

事業内容は、動きながら、発信していきますので、

皆さま、引き続き、宜しく御付き合いくださいませ。

最近、刺激を頂く出逢いにたくさん恵まれてます。
それって幸せなこと。

その中でも、今日のニュースは写真の方。

服部文祥さん。(釣ったニジマスの皮を、口を使って剥いでおります。)

サバイバル登山って本を友人から貰って初めてこの人のことを知り、たまげた。

「サバイバル」という、何故かその響きに無条件に憧れてしまうキーワードがこれほど似合う人もいないんじゃーないだろうか。

今回、ラジオの取材ってことで、服部さんのサバイバル登山に一泊だけ同行出来た。

電気器具、テント一切持たず、食料は米と調味料以外は全部現地調達って、どんだけストイックなの?!とビビりながら同行させてもらったけど、結果は、超愉しかった。

秋晴れ中、紅葉もバッチリで、向かった先は滝川駅近くの徳富川。

誰も居ない川辺で、二人で野宿。
服部さんは、あっという間に枯れ木を倒し、薪にして、ニジマスを二匹釣り、刺身にして、途上で捕獲していたヌメリスギタケモドキ(キノコ)をニジマスの皮と内蔵と一緒にササッと炒めて、そりゃーもうたまらない御馳走を創ってくれた。

豊かな時間だった。

「やっぱりこれだ」と思った。

ストイックという言葉とは真逆の、ゆったり、豊潤な時間が流れた。

11月初旬、服部さんの道内の旅に再度同行予定で、またボルテージが上がって来てる。

今、そこにあるもので暮らせる力。

自分自身、その力を磨き続けながら、事業としてそのことを広めて行けたら幸せ。

ミカサスカサ、そんな会社にしたい。
しますよ~。
いいね!(2)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。